サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

浦和レッズ VS. 蔚山現代 2019.6.19

今日はお楽しみのACL。決勝トーナメント1stレグ。

埼スタにやって来ました。↓



20190619215519489.jpg


20190619215519bab.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



20190619215519fa9.jpg


20190619215519491.jpg


20190619215614efa.jpg


20190619215519de3.jpg


201906192156144ef.jpg



今日は久々先発の杉本健勇に注目。

いい加減、浦和にフィットしてくれないと…↓



20190619215519b4c.jpg


今日は良くも悪くも今シーズンの浦和を象徴するようなゲーム。

いい感じでボールはキープ出来ても決定的チャンスは作れず。

攻撃にキレがない❗️



それでも、37分にサイドを攻略し最後は杉本がヘッドで押し込み浦和先制。↓



201906192156146a1.jpg


20190619215614b4c.jpg


20190619215614f65.jpg


お目当ての健勇が決めたので自分的にもニンマリ。

スタジアムもヒートアップ。


しかし、この後が頂けない。

せっかく先制してゲームの主導権を握った浦和が42分にエベルトンの集中を欠いたミスパスから速攻を食らいすぐに同点に追い付かれる。↓



201906192156147cf.jpg



後半へ。


後半、浦和サポーターは再度チームに奮起を促す。↓


201906192156436f8.jpg



浦和は惜しいところまでは行くんですが決めきれずにいると、35分、またも浦和のミスからボールを奪い高速カウンターから逆転ゴールを許す。↓


201906192156435b0.jpg


ゲームはそのまま1-2浦和の敗けで終了。

浦和はアウェイゴールを2点も奪われての痛恨の敗戦でした。
来週の2ndレグはかなり厳しいものとなりました。


要は蔚山の攻撃はキレがあり、浦和は攻撃、守備共に今シーズンのJリーグ同様に噛み合わず、キレもなくといった感じ❗️

  1. 2019/06/19(水) 22:16:52|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿島アントラーズ VS. 山東魯能 2019.5.22

今日は鹿島でACLグループリーグ最終節。↓


20190522210327332.jpg


2019052221032756d.jpg


引き分け以上で突破が決まるとはいえ、相手はグループ1位抜けが決定している強豪の山東魯能。


メンバーを落としてくれると助かるんですが…
でもせっかく来たんだから助っ人3人衆も見たい。



まずはスタグルで腹ごしらえ。


鹿島スタジアムと言えばスタグルが充実。しかもリーズナブル。↓





201905222103272dd.jpg


今日はもつ煮込みでなくハラミ飯にしました。600円。↓

2019052221032744e.jpg

ボリューム満点。



スタジアムに入ります。↓


20190522210327268.jpg


20190522210433e40.jpg



今日は急遽観戦を決めたので当日券。
それでも鹿島のACLは良心的プライスでバックスタンド中央の指定席でも2000円。前売りだったら1500円でした。


というわけで、本日はデジカメがなくスマホで撮影。


ペッレ、フェライニ、ジウの助っ人トリオがいると思うんですが…↓


201905222103272ed.jpg



それでは、選手入場キックオフ。山東の助っ人3人衆は揃ってスタメン。勝ちに来てます❗️↓



20190522210433381.jpg


20190522210433f4f.jpg


まずもって山東は中国チームあるあるで外国人助っ人のペッレ(センターFW)、フェライニ(セントラルMF)、ジウ(センターバック)の力が飛び抜けている。

他の中国人選手のレベルは総じて低い。


ただその3人がチームの背骨であるセンターラインを固め、特にペッレとフェライニは大きいのでボールがよくおさまる。

アントラーズの選手がヘッドで競りに行っても余裕で胸トラップ(笑)


それでも序盤の攻防を見る限り、アントラーズが負ける気はしません。


しかし、一番恐れていたことが😱

前半11分、山東のCKでジウが競り勝ち折り返したところをゴール前で待ち構えていたフェライニにヘッドで押し込まれ山東に先制を許す。↓



20190522210433db7.jpg


そう言えば、日本代表もロシアW杯のベルギー戦でこのフェライニに打点の高いヘッドを決められたなぁ~



鹿島早くもピンチ。
それにしても山東の助っ人3人衆は特別背が高いので制空権は山東に軍配。鹿島はもう少しカラダをぶつけるなど工夫をしないと厳しい。


しかし、その後は山東も前に出てこないので、ゲームは鹿島が支配。

惜しいシュートも数本放ちいずれ得点が入るだろうなと思いながらも決めきれず前半は0-1で折り返す。


後半も鹿島は山東をあと一歩のところまで追い詰めてはいるんですがゴールが遠い。

18分にストライカーの伊藤翔を投入。

すると早速仕事をしてくれました。

23分にCKからの混戦から最後は伊藤翔が押し込み同点ゴール。↓


20190522210433156.jpg

この得点で重い呪縛から解き放たれた鹿島は2分後にカウンターからレオシルバが持ち上がり、伊藤翔にスルー。

伊藤翔はGKとの一対一を冷静に決め2-1逆転。

伊藤翔は投入後僅か7分で2ゴール。決定力が半端ない。

その後は山東の足も止まり鹿島が余裕のゲーム運びで試合を締めくくり見事勝利して地力でグループリーグ突破を決めました。

残念ながら2位通過なので決勝トーナメント1回戦の相手は広島になってしまいました。

鹿島はこの前の慶南とジョホールに連敗したのが痛かった。どっちか勝っていれば広州恒大との一戦が見れたのに…



それにしても、昨日の浦和にしろ本日の鹿島にしろちょっともたつきましたが最後はナイスゲームで締めてグループリーグ突破。

今後に期待が持てます。



  1. 2019/05/22(水) 22:00:53|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. 蔚山現代 2019.4.23

今日は平日のお楽しみACL。

等々力にやって来ました。↓



20190423212114b67.jpg



それでは、選手入場キックオフ。↓


20190423212114b39.jpg


20190423212114222.jpg


2019042321211426b.jpg


2019042321211440f.jpg


4日前の湘南戦で完璧なゲームを見せて昇り調子の川崎。
崖っぷちのACLなので是が非でも勝ち点3が欲しいところ。


序盤から川崎は攻勢に出て、8分に小林悠が角度のないところから目の覚める様なゴールをサイドネットに突き刺し早くも先制。↓



20190423212114a40.jpg


201904232122119f8.jpg


今日はいけそうな気がする。

しかし、ちょっと早すぎたか。
蔚山もまだまだ元気。
先制されたとあって、得意のフィジカルを活かしてどんどん前線にボールを入れてくる。

こういうシンプルな攻撃って日本のチームは苦手なんだよなぁ~。



案の定、17分にCKからパクヨンウに決められ早くも同点。↓



20190423212211460.jpg



川崎の攻撃に恐れを抱いているのか引き分けで御の字の蔚山はその後中央の守備をガッチリ固め、カウンター狙い。

スペースが無く、球際も強い蔚山相手に川崎はただボールを持たされるだけで、時折カウンターでピンチにも。

そんな中、31分ジュニオールグランに中央をゴリゴリ割られ追加点を許す。↓


201904232122114fe.jpg


2失点とも川崎DFはちょっと淡白。

後半へ。


後半は蔚山の足も止まりはじめ、川崎はほぼ相手陣内でゲーム。

惜しいシュートもちらほら出て来て川崎押せ押せムード。

37分、ようやく川崎は途中出場の知念が泥臭く押し込み同点弾。↓


201904232122119a9.jpg




その後はイケイケの川崎がいつ逆転ゴールが入ってもおかしくないくらい相手を押し込み数多くのチャンスを演出。


しかしながらアップアップの蔚山に逃げ切られ試合は2-2の引き分けで終了。


川崎は痛い引き分けとなりました。
残り2試合で勝ち点6が絶対条件の厳しい展開。


今日の川崎は序盤の淡白な2失点以外は良かったと思います。
  1. 2019/04/23(火) 21:47:46|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 全北現代 2019.4.9

今日はお楽しみのACL。
埼スタにやって来ました。↓

20190409214114f06.jpg

サラリーマンに優しい7時半キックオフ。
でもその分、帰りが遅くなるので明日の仕事に響く(笑)


平日でも2万人オーバー。↓

201904092141147d6.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



20190409214114f42.jpg


2019040921411447e.jpg


20190409214114658.jpg

全北の中心選手、リカルドロペス。↓


2019040921411494d.jpg

一応、今月の26日(金)から30(火)まで4泊5日で韓国旅行を予定。

勿論、目的はサッカー観戦。

4/26 浦項VS.蔚山
4/27 仁川VS.城南
4/28 全北VS.FCソウル

の3試合を観戦予定。

今日はその予習も兼ねて全北の戦力チェック。
グリーンのACLユニフォームも是非とも買って帰りたい。


やっぱ韓国チームはフィジカルが強い。球際強い。ゴリゴリ来る❗


序盤、浦和はJリーグのチームではお目にかかれない全北の肉弾サッカーに手こずり防戦一方。

パスが繋がらない。シュートも沢山打たれた。
よく浦和は無失点でしのげたなという内容で前半はスコアレスで折り返す。


後半、全北の攻勢も一段落。

浦和は武藤の動き出しが良く、ようやくチャンスらしいチャンスや惜しいシュートシーンも出て来た。


そんな矢先の32分に、浦和はちょっとした隙に中央のマークがルーズになり途中出場のアドリアーノに先制を許す。↓



20190409214138799.jpg


201904092141385bc.jpg



こういう展開だと先制点が大きくものを言う。
残り時間も刻々と少なくなり、相手にしのがれゲームはそのまま1-0の全北勝利で終了。

どうも浦和はリーグ戦同様、得点力不足に悩まされピリッとしません。


  1. 2019/04/09(火) 22:15:17|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. シドニーFC 2019.3.13

春先の週の真ん中はACL観戦。

等々力にやって来ました。↓


201903132115037bc.jpg


さすがに今日は客の入りが悪く1万1千人ちょっと。

それでは選手入場キックオフ。↓



20190313211503bac.jpg


2019031321150362f.jpg



川崎はホームなのに何故かアウェイユニフォーム。↓


20190313211503a05.jpg


201903132115035ec.jpg


川崎はゼロックス後、勝ち星から見放され本調子ではない。


今日も大事に行き過ぎて、攻撃に切れがない。

シドニーFCは昨今のオーストラリアサッカーを象徴するように戦術が古いというか、オーソドックスでこれまた怖さがなく川崎はよっぽどのへまをしでかさない限り失点は無さそう。

と言うわけで❗川崎はボールを支配するも決定的チャンスは作れず、スコアレスで後半へ。


後半も川崎はピリッとせず、交代カードを切り出した辺りから、攻撃のギアが上がり相手を押し込み一方的な展開に持ち込む。

後半38分に、ようやく途中出場の齋藤学が値千金の決勝ゴール。↓


20190313211503ff3.jpg


20190313211524a0a.jpg


20190313211524a45.jpg



まだまだ寒いナイター観戦。
これで0-0だったら憤懣やるかたないところでしたが、取り敢えずの勝ち点3ゲット。

まぁ、良しとしておきましょう❗


年中行事のように大島が怪我で離脱。
川崎は今年もスロースターターのようです。

  1. 2019/03/13(水) 21:34:18|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ