サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

チェンライユナイテッド VS. PTプラチュアップFC 2019.8.14

本日はタイリーグカップ準決勝、ポリステロの本拠地ブンヤヂーダスタジアムにやって来ました。↓


20190816105748b5d.jpg

準々決勝でバンコクに本拠地があるチームが全て敗退してしまったので、本日の準決勝の観戦は諦めてましたがどうやら準決勝はセントラル開催でめでたく観戦出来ることになりました。

本当はもう一方の試合の細貝がいるブリーラム戦を見たかったのですが、同じバンコクでも非常に遠くアクセスが悪いので、中心地から近いこちらの試合にしました。

ポリステロの本拠地なので。↓


20190816105744b80.jpg


チームバス。↓

20190816105747606.jpg


19時キックオフですが!17時半にスタジアムに到着。

スタジアム周辺は両チームのサポーターでそこそこ盛り上がってます。↓

20190816105743b08.jpg


20190816105740f02.jpg


20190816105732179.jpg


20190816165057823.jpg

歩道から中が丸見え。↓

20190816105743b49.jpg

メインスタンドのチェンライ側、170バーツの席を購入。↓


20190816105752896.jpg


こちらでタイ在住の友人と合流してスタンドに入ります。↓


201908161057519ba.jpg



選手のアップが始まりました。↓


201908161057543a0.jpg

お目当ては目下売り出し中のチェンライユナイテッドのエカニット。今回の旅行でチェンマイFCとチェンライユナイテッドのユニフォームをエカニットのマーキング入りでそれぞれホーム、アウェイ、3rd計6枚も買ってしまったので俄然応援にも力が入る。↓

20190816105757adc.jpg

20190816105755476.jpg


若干19才ながら、今シーズン大ブレイク。

タイリーグの得点ランキングでタイ人の中では現時点トップの8得点。

この夏にブレイクしたチェンマイFCからチェンライユナイテッドにレンタルバック、即活躍中。

第二のチャナティップとなりうるかチェックしたいと思います。

あと、元ムアントンで元タイ代表のピヤポンにも注目。↓

20190816105749d39.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓

201908161057485b4.jpg


201908160656558a2.jpg



201908161057438f6.jpg


201908161057435a6.jpg


201908161057458c7.jpg


20190816105743cfa.jpg



サポーターに挨拶。↓


201908161057588b3.jpg


20190816105800fcb.jpg


20190816110005500.jpg


2019081611000404d.jpg


20190816110011881.jpg


リーグ戦では首位のブリーラムと争っている2位のチェンライだけありボールを支配し、プラチュアップを自陣に釘付け。

生エカニットを初めて見ましたが、プレースタイルはさしずめ広範囲に動く香川真司みたい。相手の嫌がるところにうまくポジショニングをして、ボールを引き出して受けてはたいて積極的にゴールに絡んでます。

好印象❗️

しかし、チェンライDFのクリアがプラチュアップの選手に当たり、プラチュアップのFWの前に出て難なくゴール。

チェンライはミスからプラチュアップに先制を許す。↓


201908161100080f6.jpg

チェンライの方がいいサッカーをしていてチャンスも多いがポストに嫌われたりしてゴールが遠い。

前半終了間際にセットプレーからヘッドでようやく同点に追い付く。↓


2019081611000741a.jpg



後半に入ってもチェンライの優勢は変わらず。


プラチュアップの方が先に動き、タイ代表のシローチャットーンを投入。↓


20190816110002858.jpg


今日はイマイチだったのか後半途中でエカニットが下げられ、シワコーンを投入。

シワコーンはエカニットと比べると同じトップ下でも左足でパスを供給する司令塔タイプ。

さしずめ中村俊輔か名波浩といったところ。

今日のように対戦相手に守備を固められ、スペースを消されるとエカニットの良さが出づらい。

シワコーンが入った方が攻撃が活性化され、そのシワコーンが左足で巻いて見事な逆転ゴール。↓



20190816110001397.jpg


20190816105959ead.jpg



これでチェンライの勝利がぐぐっと近くなる。


後は上手くゲームをクローズする事。

しかし、それが出来なかった。
後半42分に同点ゴールが生まれ、勝負は延長戦へ。↓


20190816105958743.jpg


延長戦になると戦術云々ではなく体力と気力の勝負。

両チームとも動きが鈍くなるなか、プラチュアップが上手く攻勢をかけ1点をもぎ取り3-2。↓

2019081610595594d.jpg


20190816105956842.jpg


いよいよ後がなくなってきたチェンライは延長前半ロスタイムにいい位置でFK。

蹴るのは途中出場のピーラポン。↓

2019081611002214d.jpg


20190816110020359.jpg

201908161100194bb.jpg


20190816110016064.jpg



見事直接決めて3-3で延長後半へ。

今度は俄然チェンライに勢いが出るがそろそろ両チームともスタミナ切れ。

120分で勝負がつかずPK戦。↓


201908161100143eb.jpg

PK戦はあろうことか、殊勲のチェンライ、ピーラポンが外してしまい、結果4-3でプラチュアップの勝利。↓


20190816110013747.jpg


2019081611001145d.jpg

全体的に今日のチェンライは内容的にはいいサッカーをしてましたが運が無かった感じです。

エカニットはちょこまか動いて相手のマークを外すのも上手く、パスコースを作り、自らもゴールに向かい非常にいい選手でした。

今後に期待です。



帰りは5分程歩いて大通りに出たらすぐにタクシーが拾えるのですんなり帰れました。


  1. 2019/08/16(金) 18:00:21|
  2. タイリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青山直晃ムアントンユナイテッド加入

2015シーズンもタイプレミアリーグにJリーグから有名選手が移籍。↓

2015011408004902a.jpg



清水エスパルスから横浜Fマリノス、ヴァンフォーレ甲府を経て私の大好きなムアントンユナイテッドに加入します。

オリンピック日本代表歴もあり、ムアントン日本人選手は財前以来。
DFでは岩政、茂庭と並ぶビッグネームです。

岩政選手はファジアーノ岡山に復帰しますが、今年もバンコクに行く楽しみが一つ増えました。


今年はムアントンの試合スケジュールに合わせて旅行を計画し、SCGスタジアムで背番号5をマーキングしてもらおうと思います!


  1. 2015/01/14(水) 08:13:26|
  2. タイリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今年もやっぱりタイ・プレミアリーグ!

先日の高校サッカー決勝をもって今シーズンのサッカー観戦も一段落。


Jリーグ各チームも来期へ向けて戦力を整えるべく補強に余念がありません。

そのため活発な移籍報道が飛び交っています。


ところで、大物選手が引く手あまたである一方、今年はいつも以上にJリーグからタイ・プレミアリーグに参入しています。


20140116235937927.jpg


201401162359374f0.jpg


例年ならJ2でほとんど出場機会に恵まれない若手や中堅が多かったんですが今年は、


鹿島の岩政がBECテロ、セレッソの茂庭が提携関係にあるバンコク・グラス、ヴェルディの西がポリス・ユナイテッド、横浜FCの田原がサムットソンクラームというように今まででは考えられないくらいに豪華な顔ぶれ。


それだけタイサッカーがレベル的にも経済的にも上がってきたという証拠でしょう。



それでなくてもタイサッカーファンの私にとっては見逃せないシーズンとなりそうです。


タイリーグのマッチスケジュールの発表が待ち遠しい今日この頃。



今年もタイサッカーを観戦しにタイへ行くぞ!

  1. 2014/01/17(金) 00:10:39|
  2. タイリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シンハー・オールスターズ VS. マンチェスター・ユナイテッド

今日は相模原でJFL観戦か味スタでヴェルディVS.札幌という選択肢もありましたが、連日の猛暑のため自宅+クーラー+スカパーと言うことでTV観戦。



マンUのアジアツアー初戦でタイプレミアリーグのオールスターズとの対戦です。↓


20130714_154929.jpg



20130714_154902.jpg



上の画像のティーラシン、シアカをはじめムアントンの選手が7名出場していました。



試合はバンコクグラスのティーラテープのゴールでまさかの1-0でシンハーオールスターズの勝利。



マンUは香川、ルーニー、ファンペルシら多数の主力がおらずコンディションも整わず多分に調整試合。

それでもチケット代は日本円で3千円~1万2千円だとか。

会場のラジャマンガラスタジアムは真っ赤なマンUのユニフォームで埋まり超満員。


タイの観衆は満足できたのでしょうか?

サッカーはやはりどんなカテゴリーであっても真剣勝負じゃないとつまらないと思います。





それにしてもシンハーオールスターズのナイキのユニフォーム欲しいです。!



  1. 2013/07/14(日) 16:01:14|
  2. タイリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回の旅行で買ったもの

今回の旅行で買ったユニフォーム以外のものを紹介します。



まずは、TOTスタジアムで買ったキーホルダー。↓


20130702_223918.jpg


価格は忘れましたが多分日本円で100円くらい。

ラバー素材の柔らかいやつ。



続いて、何回来てもこの4種類しか本屋では見付けられません。↓


20130702_224002.jpg





上から時計回りでムアントン・ユナイテッドの雑誌。55バーツ。
バックナンバーまでゲット。

次はムアントン・ユナイテッドのマッチデープログラム。10バーツ。
セントラルデパートの本屋で最新試合号が手に入る。


次はお馴染みのサイアムスポーツ。20バーツ。
多分、毎週金曜発売で私は金曜到着。
大半のコンビニ、本屋は今週号に入れ替わり今回は先週号を手にいれるのに苦労しました。

前回みたいにバックナンバーを複数ゲットならず。

行く先々で目につくセブンイレブンに30件ほど立ち寄りましたがバックナンバーはおろかほとんど取り扱いなし。

それでも前回同様、ビクトリーモニュメント駅近くのセブンイレブンで先週号を見付けました。


ここのセブンイレブンは店員が怠慢でいつも雑誌コーナーが散らかっている。
しかし、それが幸いして売れ残ったバックナンバーが沈澱していき私がゲット出来る。
今後もこのコンビニをご贔屓にしたいと思います。




最後はバンコクグラスの月刊誌99バーツ。





話しは変わって、今回はタイ料理を食べ過ぎ1キロ増で帰国。


そのため、ただいま近所の公園で2キロのジョギングコースを走って来ました。

すると、チンタラ走っていた私を軽快に抜き去ってった若者がなんとネイビーのブリーラムのユニフォームを着ていました。

ちなみに私は一昨日買ったパタヤシティを着ていました。


声をかけようにも追い付きません。


着々とタイサッカー、タイユニは日本に浸透してきていることを実感。











  1. 2013/07/02(火) 23:34:10|
  2. タイリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ