サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

川崎フロンターレ VS. ジュビロ磐田 2019.9.14

今日は等々力。↓


201909142124504ca.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


20190914212131c6b.jpg


2019091421212732b.jpg


2019091421212750a.jpg


2019091421212394e.jpg


20190914212122713.jpg


今日も川崎のベンチメンバーは豪華。

憲剛、家長、レアンドロダミアン、田中碧、チョンソンリョン、登里。

代わりの先発陣も躍動。

磐田は最下位というだけあり、全体的にクオリティが低い。


川崎は選手の動き出し、距離感、ポジショニングが絶妙なのでパスが繋がるし、たとえカットされたにしてもセカンドボールも高確率で回収。

そんな厚みのある攻撃を仕掛け続けた結果、前半22分に脇坂、35分に山村が決め2-0で後半へ。↓



2019091421212032f.jpg


20190914212119f7d.jpg


20190914212133ef5.jpg



後半は開き直って攻勢に出た磐田の前に川崎はやや守備的になりながらも、要所を締めて、ゲームはそのまま2-0川崎勝利で終了。

やはり、上位陣のプレーは見ていて楽しい。

FC東京、鹿島、横浜、川崎。

この4チームの中ではFC東京がちょっと調子を落としている感じです。


リーグ戦はあと8試合。またも混戦の様相を呈して来ました❗️



  1. 2019/09/14(土) 21:43:52|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. セレッソ大阪 2019.9.13

来週の火曜日にホームでACLを控えている浦和。

その為、リーグ戦は金曜日開催。↓



201909132208090f2.jpg



今日の観衆は平日であることと、最近の浦和の不甲斐ない戦いぶりと相まって22600人。↓



20190913220821c28.jpg


20190913220822bfb.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


20190913220807919.jpg


2019091322080600a.jpg


20190913220819621.jpg


2019091322081827c.jpg


序盤は堅い展開。

セレッソは最近の好調が継続。

ラインコントロールが絶妙で浦和に付け入る隙を与えない。

ロティーナサッカーの真骨頂。

まずは守備から。守備戦術の浸透が伺える。

前半は両者決め手を欠きスコアレスで後半へ。


後半、ゲームはいきなり動く。


2分にセレッソがカウンターから最後は松田陸がゴールを決め先制。↓



20190913220816b58.jpg


20190913220815ed7.jpg


浦和は汰木に代え荻原を投入。

15分にその荻原のポスト直撃のシュートの跳ね返りを興梠が押し込み同点。↓



20190913220813dac.jpg



ゲームは俄然面白くなるが、やはり今シーズンの浦和は攻撃の仕掛け、崩し、コンビネーションがイマイチで攻めあぐねる。



すると、ゲームはオープンな展開に。

セレッソの勢いを止めるべく浦和の阿部が2枚目のイエローで退場。


これで浦和のバランスが崩れたところをセレッソは見逃さず、39分に田中亜土夢が価千金の決勝ゴール。↓



2019091322081261e.jpg


20190913220810412.jpg



ゲームはそのまま2-1セレッソ勝利で終了。

細かいディテールまで突き詰めるロティーナ監督のいい仕事ぶりが垣間見えたゲームでした。


  1. 2019/09/13(金) 22:34:59|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. ガンバ大阪 2019.9.8

今日はルヴァンカップ準々決勝2ndレグ。

味スタが使えないので、NACK5スタジアムにやって来ました。↓


20190908185616dae.jpg


さらに、本日は夜に台風接近ということで、18時キックオフを16時30分キックオフに前倒し。

なので、まだ暑い。

それにしても、NACK5はピッチが近くて最高。

バックスタンド上段でも前から10列目でこの眺め。↓


20190908185613058.jpg



それでは、選手入場キックオフ。↓


20190908185610d99.jpg


201909081856294fc.jpg


20190908185628f10.jpg


20190908185627eb8.jpg


2019090818562554e.jpg



初戦をアウェイで0-1で落とした東京は無失点で凌ぎ、2-0で勝ちたいところ。

とにかく得点が必要な東京は序盤から攻勢に出る。

永井、橋本が代表で不在もディエゴ・オリベイラは健在。


前半20分、裏に出たイーブンのボールに一度はガンバDFが身体を入れボールをキープしたかに見えたが持ち前のフィジカルでディエゴ・オリベイラが吹き飛ばし、ボールを奪いGKとの一対一を股下シュートで先制。↓



20190908185622ca7.jpg

20190908185623e2b.jpg


201909081856208f0.jpg


20190908185619d89.jpg


これで、2戦合計でイーブン。


後半へ。


今日は雨が降ったり止んだり。

図った様に、ハーフタイムに豪雨。

後半開始にピタリと止み、虹が出ました。↓



20190908185617a4c.jpg




後半も勢いに乗る東京が優勢。


22分に途中出場の田川が決め2-0。↓



20190908185614f91.jpg


201909081856119b4.jpg


その後、東京はディエゴ・オリベイラを下げ逃げ切りを図るが、31分にパトリックがヘディングシュートを決め、2戦合計2-2ながらもアウェイゴールの差でガンバがゲームをひっくり返す。↓



201909081856323cc.jpg


その後はガンバが逃げ切り、東京はここで敗退。

ホーム&アウェイのトーナメントはスリリングな展開になるので面白いです❗️

  1. 2019/09/08(日) 19:25:17|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. 名古屋グランパス 2019.9.4

今日はルヴァンカップ準々決勝1stレグ。

等々力にやって来ました。↓


201909042117453d5.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


20190904211743ce1.jpg


20190904211741910.jpg


201909042117406b7.jpg


2019090421175051b.jpg

選手層の厚い川崎はリーグ戦から半分くらい入れ替え。

川崎は知念など久々の先発出場となった選手たちが奮起。


序盤から名古屋を圧倒。

名古屋の最終ラインはかなり高めの設定のため、川崎に面白い様に、裏を取られピンチの連続。

川崎の決定力不足もあったが、15分、知念の裏抜けにドンピシャなパスが通り先制ゴール。↓



20190904211749d73.jpg


20190904211748797.jpg


劣勢の名古屋は31分に温存していたジョーを早くも投入。

これで少し息を吹き返し後半へ。


後半は一転して名古屋が押し込む展開となったが、16分に川崎の電光石火のカウンターが炸裂。

レアンドロ・ダミアンが持ち込み、最後は脇坂が決め2-0。↓


20190904211746389.jpg


その後は川崎が上手くゲームをコントロール。

アウェイゴールを奪われることなく、ゲームをそのまま終わらせる。


控え中心 ながら、久々に川崎のスッキリした勝ちゲームが見れました。

対する名古屋はどうも守備に難があるようで、最近のゲームでは失点が多いのも納得。

シミッチとエドゥアルドネットのダブルボランチはボールを配給するのは得意だが、ボール奪取やスペースを埋めたり、最終ラインとの連携などあまり機能していないようでした。

米本が怪我から復帰すればバランスが取れそうです❗️

  1. 2019/09/04(水) 21:38:23|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湘南ベルマーレ VS. 浦和レッズ 2019.9.1

早いもので今日から9月。
サッカー観戦数も順調に伸び8月末で89試合。

何とか今月中に100試合到達したいところ❗️

今日は湘南BMWスタジアムです。↓


2019090121173396e.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



20190901211731bb4.jpg


2019090121173096b.jpg


20190901211728375.jpg


20190901212510b36.jpg

20190901211726078.jpg


前半2分、ゲームはいきなり動く。
武藤がサイドに開きながら裏に抜け出しボールを呼び込み、中央に走り込んだ興梠にグラウンダーでドンピシャの折り返し。

興梠はちょこんとボールに触れて角度を変えただけの先制ゴール。↓



20190901211725da5.jpg


20190901211723fc8.jpg



今日のレッズは久々に面白く楽しいサッカーを見せてくれるのか⁉️



しかし、その後はいつものレッズ。


相手のハイプレスにボールを上手く繋げず、どちらかというと湘南の方が優勢。

ただ湘南とて、浦和を脅かす程の切れ味はない。


浦和1点リードで後半へ。

後半も浦和はのらりくらりでピリッとしない。
攻撃のオートマチズムは皆無。

行き当たりばったり感が半端ない。


そんな感じなのでサッカーの神様は浦和に微笑まず。
後半45分、土壇場で浦和はPKをとられる。

蹴るのは梅崎。↓

201909012117228a8.jpg


201909012117217f4.jpg


見事決め同点。↓

20190901211734eaa.jpg


まぁ、Jリーグの10位(湘南)、11位(浦和)対決という様に、内容の薄いゲームでした。

  1. 2019/09/01(日) 21:24:58|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ