サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

タイ・サッカー・リーグ・ユニフォーム・スポンサーロゴ・CP

スポンサーシリーズ第6回目も比較的よく目にするCPを紹介します↓


20110520210527.jpg


これはチャルーン・ポーカパン・フーズの略で、タイの食品会社です。


cp-products.jpg

上の画像でもわかる通り、冷凍食品やインスタント食品などの加工品を主力としています。


このチャルーン・ポーカパンという意味はグループ発祥の園芸店の名前。



このチャルーン・ポーカパン・グループの凄いところは農業・食品事業(ブロイラーはトップクラス)以外にも不動産・工業・石油・流通・通信などを展開するタイでも指折りの大財閥です。

ちなみに、通信事業はtrueを傘下におさめてます。

流通部門ではセブンイレブンと提携しています。↓


201109Bangkok_Ayutthaya-311s.jpg


00df630015deb135_S2.jpg


タイへ行ったことのある人はおわかりだと思いますが、タイでコンビニと言えばセブンイレブンです。
私の感覚でいうと90%以上のシェアではないでしょうか。

ファミリーマートも見かけましたが、セブンイレブンはワイキキのABCマート以上にあります。

おかげでタイではコンビニのことをセブンと呼ぶそうです。



それではCPをメインスポンサーロゴにしているチームを紹介します↓

まずは、アーントンFC↓


ANG-THONG-FC.jpg


20120831_091313.jpg



続いてトラットFC↓


TRAT-FC.jpg


hizoyqg2.jpg



最後に、メインではありませんがアーミーユナイテッド↓


shop_banner2.jpg



thumbs_8585nev-polis-army_260855.jpg











  1. 2012/08/31(金) 08:35:55|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MTU TV

ちょっとムアントンユナイテッドのホームページの動画を見てたら私がチラッと映ってたのでご報告します。


30-1.jpg


7月28日(土)、チェンマイの700年記念競技場でのTTMチェンマイとの試合前の映像。


チェンマイ700年記念競技場↓

133aff73ea3118a70a12d30c4f34ee07.jpg



まずはこのMUT TVをクリックして↓

home-vdo-over-2.gif


今(8月30日)だと7ページの7月28日の試合前映像。
赤いシャツのインタビュー画像のヤツ↓

120731G7T90851.jpg


しばらくすると、選手到着のシーン↓

20120809_110541.jpg


ここで、ムアントンの赤いサポーターの中に1人だけグリーンのTTMチェンマイの3rdユニを着てベージュのキャップをかぶった挙動不審なオヤジが一瞬映ってます。
それが私です。客観的に見るとマヌケです。
ちょっと浮かれてます。

こうしてMUTTVに出演してしまうと(大げさ!)心なしか敵のユニフォームを着ていても、ムアントンユナイテッドのファミリーになれた気がします。

new suit ttm chiangmai

これからも、ムアントンユナイテッドを応援していこうと思う今日この頃。

ホームページを見たい方はこちらをクリック↓

ムアントンユナイテッドのホームページ



  1. 2012/08/30(木) 18:40:54|
  2. 試合観戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイ・サッカー・リーグ・ユニフォーム・スポンサーロゴ・imobile

スポンサーシリーズ第5回目もいろいろなチームに協賛しているimobileを紹介します↓


fd6532bfdbdbeeece96b8665910afbf1.jpg


読んで字の如し。タイの携帯電話会社です。trueとはライバル関係になります。


shop-01.jpg


imobile_s352.jpg



前回のAIAと同じく、メインスポンサーロゴのチームは筆者集計では1チームのみですが、袖ロゴなどもろもろの協賛をしているチームはプレミア、D1だけでも7チームあります。


中でも、ブリーラムユナイテッドのimobileスタジアムは有名です↓


FINAL-CD_BURIRAM-PEA-FC_2010-09-24_20-X-30_PLATE-03_1_.jpg



それでは唯一のメインスポンサーロゴのソンクラーFC↓


Songkhla-FC.jpg


hotpic.jpg

index-3.jpeg

553612_133955810079972_136913200_n-1.jpg

index-4.jpeg


私は今回の旅行で一番下の白×青の3rdを購入しました。

ポイントは赤いロゴと襟の開き具合です。

インテル風のホームもいいです。






  1. 2012/08/29(水) 16:55:37|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイ・サッカー・リーグ・ユニフォーム・スポンサーロゴ・AIA

第4回目もやたらと目にするこちらを紹介します。↓


banner-aia.png


1ce9004a2d56b48e8e752253b1f23a6b.jpg


AIAとはAmerican International Assurance Companyの略で、タイで約50%のシェアを誇る生命保険のビッグカンパニーです。

日本のAIU生命と業務提携をしています。


筆者集計によるとメインスポンサーロゴのチームは1チームと少ないですが、ユニフォームの袖などちょこっとしたところの登場が半端ないです。

プレミア、D1の計36チームだけを見てもスポンサー登録しているチームがなんと15チームもあります。
これは前回紹介したエアアジアの13チームをしのぎます。


メインスポンサーロゴのチームは少ないが、されどタイサッカーを影で支える大企業なのです。

確かに、今夏4試合を観戦した会場ではよくAIAのイベントブースを見ました。
キックターゲットだったり、空気で膨らます応援用のスティックボンボンを配ってたりしてました。

ビアチャン、ビアリオ並みの貢献度です。


それでは今のところ唯一のメインスポンサーロゴ・チームのパッタニーFCを紹介します。↓

397844_274493065937471_264266093626835_724910_1663987321_n.jpg




404428_328353397197444_202812689751516_1091196_1713557939_n-1.jpg


Zf8Af.jpg


ozQip.jpg


デザインはちょっといただけませんね。

常々思うことですがユニフォームのデザインとスポンサーロゴの相性って絶対ありますよね!

上みたいなデザインだとどんなスポンサーロゴがきても厳しいですが…




  1. 2012/08/28(火) 16:21:01|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイ・サッカー・リーグ・ユニフォーム・スポンサーロゴ・エアアジア

第3回目はエアアジアを紹介します↓


banner_43.jpg

201112020024346c5.jpg


近頃、日本にも就航した勢いのあるLCCです。

タイユニでもよく見掛けるのでてっきりタイの航空会社だと思っていたら、実はマレーシアの会社でした。

筆者集計では3チームがメインスポンサーロゴに使用しているので紹介します。



まずはクラビFC↓

24.jpg

s8.png

s10.png


ユニフォームのデザインはいただけませんが、エアアジアのロゴはユニオタクの私の心をくすぐります。

次は、サムット・プラカーン・カスタムズ・ユナイテッドFC↓


Forza T-Shirt 004


Forza T-Shirt 001


これはなかなかでマルです。


最後はトランFCです。↓


120624B9L73720.jpg


420447_182162625229687_100003078517274_273737_1353659328_n-120x120.jpg


423120_182163011896315_100003078517274_273738_1535713618_n-120x120.jpg


紫ベースに白字のエアアジア。

これは売っていたら買ってしまいます!









  1. 2012/08/27(月) 22:30:01|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイ・サッカー・リーグ・ユニフォーム・スポンサーロゴ・ビアリオ

第2回目はビアチャンと覇権を争っているビアリオを紹介します。


タイ語だと↓



partner_01.png



Banner_Web_Leo_950x140-px.png


英語だと↓



head_leo.jpg




ビアチャンの象に対抗して虎を打ち出してますが、ユニフォームのロゴになるとタイ語か英語の文字のみなので、インパクトではビアチャンに劣ります。



もともと、ビアリオは高級化路線に走ったシンハービールが10数年前に低価格ブランドとして発売した庶民派のビールです。↓



singha-logo.jpg



singha.jpg



leo-beer-calender-scaled600.jpg


leo_beer_small.jpg


飲み口は軽いのでゴクゴクいけます。


タイのビールをランク付けすると

高級店はシンハーのみ

中級レストランはシンハーとビアチャン

大衆食堂はビアチャンとリオ

屋台はリオのみ

大雑把にいうとこんな感じです。


大衆食堂で食事の多かった私の注文の仕方はその時着ているユニフォームのロゴを指差して、リオだのチャンだのと言ってしょうもないことをして楽しんでました。



筆者集計によるとビアリオをメインスポンサーロゴにしているチームは11チームとビアチャンの8チームをしのいでいます。
ムアントンのようにメインではないが袖だけ入っているチームを含めると集計不能なほどたくさんあります。



とにかく、タイユニに石を投げたらビアチャンかビアリオに当たるというわけです。


バンコクグラスのリオスタジアムとムアントンユナイテッドのSCGスタジアムはリオビールを販売してました。



最後にビアリオ対決、バンコクグラスVs.チェンライユナイテッド↓




419366.jpg









  1. 2012/08/27(月) 17:38:48|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイ・サッカー・リーグ・ユニフォーム・スポンサーロゴ・ビアチャン

今回からは、タイリーグのユニフォームでよく見掛けるスポンサーロゴを紹介していこうと思います。

第1回目は言わずと知れたビアチャン!↓


475f74bdf14dc8940cd13ced29f1c8b9.jpg


3d78d2a8d35279dcf8d6c0931da72ebd.jpg


チャンはタイ語で象という意味なので、象印のビールという意味です。↓

他のビールと比べて、アルコール度はやや高く苦味もあり手っ取り早く酔っぱらいたい方向けのタイでもっともポピュラーなビールです。↓


p8j3k0em.jpg


Chang-Beer-3.jpg


chang-beer-330-ml1-198x300.jpg


changbeer1.jpg

筆者集計によると、胸のメインスポンサーロゴにビアチャンを付けてるチームは8チーム。
その他、肩や袖口、背中、エンブレムの横など小さく付けているチームも含めるとたくさんありすぎて集計しきれません。
タイサッカーにおけるビッグスポンサー、それがビアチャンです。
ちなみに、タイ代表もサポートしています。


当たり前の話ですが、スタジアムの外の屋台で売っているビールもチームスポンサーロゴのものを販売しています。

私が試合観戦したアーミーユナイテッドは勿論ビアチャン!

大瓶で50バーツ(125円)。安い!
これを大きめのプラスチックコップに移して、さらに氷をたくさん入れてもらってストローでいただくのが格別!
丁度45分ハーフで氷が溶ける感じなので、1試合に2杯いや試合前をいれると3杯飲んでしまいます。


最後にビアチャンロゴの代名詞、チョンブリFCの2012年3rdモデルが発表されたのでアップします。


w01-4.jpg

e66ca1f4c2f61511178f2157a5cae94c.jpg


  1. 2012/08/26(日) 15:10:54|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイ・サッカー・リーグ・ユニフォーム・サプライヤーその2

前回の続きで早速6位の発表から。

6位は同率で2つあります。

先ず1つ目↓


k_back1.jpg


皆さんお馴染みのイタリアのブランドKappaです。

6位でようやく海外ブランドのお出ましです。

Kappaとタイリーグの結び付きは古く、以前から進出しています。

プレミアだとチャイナートがそうです。


続いて、もう1つは↓

egosp001.jpg


EGO SPORTといい今回の旅行で知りました。
ユニフォームはあまり見かけませんでしたが、普通のスポーツウェアはよく見ました。

まだD2メインのマイナーなチーム限定ですが今後に期待のブランドです。


筆者集計6チームです。


続いて第8位も同率で2つあります↓


先ず1つ目↓

83432275b2617b889328827dd2295623-1.jpg

TTMチェンマイでお馴染みの中堅メーカーMAWINです。


そして、2つ目↓

logo.png

こちら今回サプライヤー調べをしていて知ったブランドのPOOM PLANETといいます。

D2のみのマイナーなブランドです。


筆者集計3チームです。



以下、10位は2チームづつで5つのサプライヤーが並んでます。


umbro-logo.jpg


diadora-logo.jpg


pan.png

acono.jpeg

kronos-logo.jpg


アンブロやディアドラは数年前までは結構あったんですが大分減りました。
国内メーカー隆盛の犠牲かな。

PANのスポーツウェアはよくみました。

Kronosは今回、プラチンブリというD2のマイナーなチームを購入させていただきました。




後は1チームのみの訳のはからないメーカーや、プライベートブランドみたいなヤツ。

有名どころではナイキはチョンブリのみの1チーム。

アディダスは2012年に関しては見当たりません。

プーマに至っては今まで見たこともありません。

国が違うとスポーツ・メーカーも様々ですね。











  1. 2012/08/25(土) 12:40:20|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイ・サッカー・リーグ・ユニフォーム・サプライヤー

今回は目先を変えて、タイプロサッカーリーグ、TPL・D1・D2全117チームの2012年度ユニフォーム・サプライヤーを紹介していこうと思います。

どうしても情報が乏しく、20チーム程調べ切れなかったので約100チームのユニフォームのサプライヤーをランキング形式で発表していきたいと思います。


まずは栄えある第1位↓

fbt-logo.png

タイの国民的ブランドFBT(Foot Ball Thaiの略らしい)
とは言っても、サッカー以外にも様々なスポーツウェアを手広く取り扱っている。
中でもムエタイ関連は有名。

過去にタイ代表のサプライヤー経験あり。(現在はナイキ)

筆者集計によるとダントツの20チーム



続いて第2位↓

ad-partner-kela-1.png

私も意外でしたが、中堅メーカーのKELAが入りました。

メジャーなチームはポリスユナイテッドくらいですが、D2で票を伸ばし堂々の2位
筆者集計13チーム。


続いて第3位↓


kool sport


私の憧れのブランド(まだ1着も持っていない)でプレミアはサムットソンクラームのみでこちらもD2で票を伸ばし、3位に食い込む。

何かのネット記事でKOOLは品質がいいと書いてあった。


筆者集計9チーム。


続いて第4位↓

partner_gray_14.png


クワガタマークのチェンライユナイテッドでお馴染みの中堅メーカーDEFFO。

筆者集計で8チーム。


続いて、前半戦最後の第5位↓

GrandSport_logo.jpg

意外や意外!

FBTに次ぐタイのビッグブランド、グランドスポーツがようやく出てきました。

プレミアとD1で6チームとFBTに次いで2位をキープしていたが、D2で票が伸びずまさかの第5位。

ムアントンをはじめ、メジャーなチームが多いのでユニフォームの売上枚数なら2位に入るかも。
グランドスポーツも過去にタイ代表のサプライヤー経験有り。

筆者集計で7チーム。

3~5位は団子なのでまた来年度どうなるかわかりませんね。




6位以降はその2に続く…












  1. 2012/08/25(土) 02:06:10|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユニフォーム独り言 カンペンペットFC

Kamphaeng_phet_2011-1.png


第21回目もビアチャン繋がりで、D2北地区に所属するカンペンペットFCを紹介します。

まずは2012年↓

576334_384345124944481_100001069893747_1116202_538055000_n-1.jpg

Yy6T61.jpg

2QEm9w.jpg

sI11Uo.jpg


サプライヤーはKELA。

ホームのオレンジもいいですが、アウェイの白×水色もさわやかでいいですね。


続いて2011年↓

1212_resize.jpg

dsc00202_resize.jpg

dsc00116_resize-1.jpg


ホームのオレンジは画像なし。

やはり、サプライヤーはKELA。少々アレレなデザインもビアチャンが来ると途端に収まりがいいです。


アウェイのブルーと3rdの白は2012年よりいいですね!




バンコクのチットロムにあるセントラル・ワールドというデパートには過去記事にあるようにタイユニが6チーム程品揃えしてある。
私が見ていたときも欧米人のカップルがブリーラムを色違いで買っていた。

欧米人が多いせいか私のサイズであるXLはことごとくサイズが切れていた。

比較的残っていたのはオーソットサパーの黄色や赤。
カッコいいやつはSかMしかない。

そこで、思うのだがタイのデパートでタイリーグのサッカーユニを買うのは欧米人を中心とした観光客なので、XLなどの奥行きもさることながらタイらしいものが欲しいはずなので、おみやげTシャツ屋みたいにビアチャン、リオビール、シンハービール、レッドブルのロゴチームの品揃えを充実させればもっと売上は伸びる!

タイのデパートの方々、ユニフォーム担当バイヤーに私はいかがでしょうか?
今からタイ語は一生懸命勉強しますので。








  1. 2012/08/24(金) 22:20:54|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユニフォーム独り言 ヤソートーン・ユナイテッドFC

220px-Yasothon_United.png


第20回目はD2東北地区のヤソートーン・ユナイテッドFCを紹介します。

ビアチャンファンの方お待たせしました。

それでは2012年↓


banner.gif


576748_340340692697822_1075823015_n.jpg


9-1.jpg


388481_2779472720289_1062296485_3027846_1925352399_n.jpg


395781_2916988958109_1062296485_3094059_755804901_n.jpg



サプライヤーはKELA。意外にD2ではKELAが幅をきかせてます。

スポンサーロゴは言わずと知れたビアチャン。これぞタイユニの真髄。

ピンクは激しいですが、いい具合にサックスブルーがストライプとともに中和してくれてます。
そこに白のビアチャンロゴ。完璧です。


4分割のイラスト画像の下2つはGKユニです。
右上がアウェイです。ピンクがチョットという方はこのブルーはおすすめです。


続いて、2011年はあまり変化がありません(画像なし)

最後に2009年か2010年の画像↓


k8V0gq745771-0p.jpg

またしても商売敵のリオビールです。





  1. 2012/08/23(木) 23:44:25|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユニフォーム独り言 アユタヤFC

LOGO-FC.jpg


第19回目はD2の中東地区で目下首位争いを演じているアユタヤFCを紹介します

アユタヤ遺跡で有名なアユタヤだけあって、エンブレムの戦士も歴史を感じさせます。

それでは2012年↓


DSC_0465-1.jpg


DSC_0195.jpg

DSC_0487.jpg

news_1334539262.jpg


なかなか正統派のブルーのユニフォームで好感が持てます。

サプライヤーは今年からPOOM PLANETというマイナーなメーカー。

スポンサーロゴのGulfは発電事業の会社です。(ガルフ・エレクトリック社)

スポンサーロゴもシンプルでマルです。

赤はアウェイ。


続いて、2011年↓
110310F1S12400-2.jpg

img_9526medium.jpg

P1012576-1.jpg


こちらのサプライヤーはアーミーユナイテッドでお馴染みのPAN。

アウェイは黄色です。


来期はD1に昇格してもらい、ユニフォームが出回るといいな。



  1. 2012/08/23(木) 08:53:29|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユニフォーム独り言 サムットサコーンFC

head-logo.png


第18回目はまたマイナーどころに戻って、D2バンコク地区に所属するサムットサコーンFCを紹介します!

あまり情報がないので2012年の画像から↓


SKFC-3250-750-1.jpg

SKFC - KTFC1

CTRFC-SKFC.jpg

SKFC-GBFC.jpg

skfc-shirt-1.jpg

Home Shirt

Away Shirt


かなり派手なカラーリングですが、何枚も購入するうちに他との差別化のためつい手が出そうな1着です。


サプライヤーはKELA。

スポンサーロゴのTUFはタイ・ユニオン・フローズン・プロダクツの略で大手水産会社です。
日本ならマルハニチロかな。

洗剤みたいなポップなロゴが全体の派手な感じにマッチしてます。
それにプラスして英語ながらリオビールのロゴもにぎやかでマル。


赤やピンクはちょっとという方向けの3rd↓

ASS - SKFC 3-2

ASS - SKFC 9

ASS - SKFC 10


大人しめのユニが好きな方にはただの悪趣味に思われるチームですが、私的には結構ツボに入ってます。

あまりにもマイナーのため試合会場まで足を伸ばさないと入手できそうもありませんが、バンコク近郊なので頑張ってみる価値があるかも。


ちなみに、2011年もホームはほぼ同じ。ただし、リオビールのロゴはなし。
アウェイは少し違ってストライプになります。↓

lTASu.jpeg









  1. 2012/08/22(水) 16:29:36|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユニフォーム独り言 ブリーラム・ユナイテッド

BuriramUnited-FC.jpg

第17回目は前年度のチャンピオンチーム、ブリーラム・ユナイテッドを紹介します。

ムアントン、チョンブリと並びタイのビッグ3と言われてます。

ブリーラムはタイ東北部の田舎ですが、とにかくスタジアムが素晴らしいです。↓

ImagesTitle_20120223114357-1.jpg



fan-1.jpg

現時点ではタイNo.1のスタジアムでしょう。

1度は訪れてみたいスタジアムです。


それでは、2012年↓


BURIRAM00.jpg

ImagesTitle_20120520094948.jpg



13250540221.jpg

13300989441.jpg

なんと言ってもシンプル・イズ・ベスト。

全てのロゴをシルバーに統一しているところにセンスを感じます。

ブリーラムのユニはプライベートブランドなので、サプライヤーは無しです。

シルバーに輝くビアチャンも素敵です。

私はアウェイのオレンジを購入しました。
画像ではわかり辛いですが、前面全体にエンブレムの透かし柄が有ります。


続いて2011年↓

ImagesTitle_20120209230048.jpg

13220167311.jpg

13221680941.jpg


右胸のキングパワーのロゴはタイの免税店です。
2012年モデルは背中に付いてます。

ちなみに、キングパワーはイングランドのレスター・シティーを買収したのでタイの空港の免税店には場違いなレスター・シティーのグッズコーナーが有ります。


そして、2010年↓

12901346601.jpg
s_12901346781-1.jpg


ネイビー+ビアチャンと毎年大きく変わらないのがいい!

2012年のアウェイがオレンジになったのはたぶん、オレンジがチームカラーのブリーラムFCが前身のブリーラムPEA(電力会社)に吸収合併され今年からブリーラム・ユナイテッドになったからだと思われる。










  1. 2012/08/21(火) 18:37:03|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユニフォーム独り言 ムアントン・ユナイテッド

PhotoHenshu_20120814090126.jpg

第16回目は前回のSCG繋がりで、タイ全土で人気実力ともにNo.1のビッグクラブのSCGムアントン・ユナイテッドを紹介します。

あまり説明の必要がないと思いますので画像中心でコメントはポイントだけで。

まずは2012年↓


thm-8989-scgmt-hatyai_01.jpg

thm-8918-ttm-scgmt_04.jpg

8151-thaihonda-scgmtu_18.jpg

showall_100001.jpg

showall_100002-1.jpg

showall_100003-3.jpg

13335407911.jpg

13375393131.jpg

13360620871.jpg


サプライヤーはグランドスポーツ。

スポンサーロゴは今年からSCG。

SCGはサイアム・セメント・グループの略でセメントを含め建築資材全般、パルプ材、石油燃料などを手広くやっているタイ随一の企業です。

一般的にタイの政治・経済は元々いるタイ人ではなく、中華系タイ人が牛耳っていますがSCGは唯一と言っていいくらいの王族が絡んでいるタイ人系の大財閥です。

そんな大企業故に今年からチーム名にもSCG、スタジアム名もヤマハスタジアムからSCGスタジアムに変わりました。

まあ、タイのNo.1企業とNo.1チームの結び付きはもはや必然だったのではないでしょうか。


ユニフォームは今年からストライプになりかっこよくなりました。
よく見ると赤とグレーのタイプの肩口はグラデーションになってます。

ちなみに私はネイビー×グレーの3rdを購入して応援しに行きました。


とにかく私はユニフォーム以上にこのチームそのものが好きです。

とくに、テーラシル・ダンダ選手が大好きです。(上の赤を着ている人・下の真ん中の人)

thm-8979-ttm-scgmt_65.jpg


FWなのに周りも見えて、センスのあるパスも出せる。
ファンタジスタで点取り屋。一時も目が離せない選手です。

勿論、タイ代表のスーパースターです。


続いては2011年↓

banner1-1300953190.jpg

13220119481-1.jpg

13220133511.jpg

13220130931.jpg<
この年からサプライヤーはグランドスポーツになりました。

スポンサーロゴはヤマハということもあり、タイらしさもなくユニフォームとしてはイマイチかと。
一応去年、赤を購入しましたが、今見ると黒にしておけば良かったかなと思います。
そういえば、私はあまり赤ユニは好きではないのです。


2009年と2010年のプレミア連覇の時はアディダスで結構2011年と大差なくタイらしさはありません。
2009年は襟つきでした。(画像なし)


2010年↓

muangthong-utd-kit-2010.jpg










  1. 2012/08/20(月) 20:16:14|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ユニフォーム独り言 サムットソンクラームFC

SCG-SAMUTSONGKHRAM-FC.jpg

TPL#Match20#0159

第15回目は久々にプレミアリーグのサムットソンクラームFCを紹介します。

ブルーのカラーのユニフォームは数あれど、水色となるとあまりお見かけしません。

水色だとオシャレに見えるのは私だけでしょうか?

世界の水色ユニフォームで有名どころといえば、マンC、ラツィオ、ジュビロ磐田かな。

私はスペインのセルタが好きでした。シトロエンがスポンサーロゴのヤツ。


それでは2012年↓

s_13387992081.jpg

c9b002fe1bb0320831a8ae78670fdb6f_Generic.jpg

今年からサプライヤーはKOOL社。

スポンサーロゴはgenu foodといって健康食品の企業名です。

タイ語のスポンサーロゴは本当に素敵ですね。

私にとって馴染みがあるのは去年までチーム名にもなっていたSCG(サイアム・セメント・グループ)です。
今年はムアントンにとって変わられました。

それを踏まえて2011年↓

SCG-SAMUTSONGKHRAM-FC00.jpg

s_13041932601.jpg

t_13086167801-1.jpg

t_13241355111-1.jpg

t_13241357881-1.jpg

集合写真と下の2つはカップ戦ユニフォームです。

タイユニ収集のキッカケとなった去年のバンコク旅行のFBTショップでのひとこま。

期待に胸膨らませ、ビアチャンのロゴのチョンブリが欲しくてFBTショップに行ったがあいにくチョンブリは売り切れ、ビアチャンロゴも見当たらない。

そこで店員にエレファント・マークと尋ねたら、裏から出してくれたのがこの2011年のカップ戦タイプのブルーでした。確かセールで半額の250バーツくらいでした。

その時は妥協して買った感じですがSCGのマークはタイっぽくて、今となっては非常に気に入ってます。
SCGがムアントンになった今、レア物度も上がった気がします。


最後に、2010年↓

16bhbhy.jpg

football_shirt_21555_1_376x450x0-1.jpg

football_shirt_21556_1_600x560x0.jpg


こちらのサプライヤーはカッパです。

タイユニで外資系サプライヤーはカッパ、ディアドラをよくみかけます。







  1. 2012/08/20(月) 14:57:22|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ユニフォーム独り言 ピサヌローク TSY FC

logo-small.png

第14回目もまたまたD2の北地区ピサヌロークTSY FCを紹介します。

TSYはタイのトラクターの企業名です。日本ならヤンマー・ディーゼルですね。
セレッソ大阪の前身チームだし。


余談ですが、セレッソ大阪はバンコクグラスと業務提携しています。ヴィッセル神戸はチョンブリと業務提携しています。あとスポンサーのヤマハ繋がりでムアントンの上層部がジュビロ磐田に視察に来ていたのが最新号のMUTUDに載っていた。




話をもどして、

カラーは紫、スポンサーロゴはビール会社。

私の好みが集約されたようなチームです。

まずは2012年↓

564671_452032844821099_802753955_n.jpg

217830_451909768166740_864664164_n.jpg


เสื้อแข่ง+ช้าง7-260x229


今年からサプライヤーはグランドスポーツ、スポンサーロゴはビアチャンになりました。
色、デザイン、スポンサーロゴ、サプライヤー、私の大好物ばかりで三位一体どころか、四位一体です。

アウェイもいいです!


面白いことに2011年↓
11small.jpg

02small.jpg

dsc04274small.jpg

dsc04302small.jpg


サプライヤーは中堅メーカーのDEFFOです。

スポンサーロゴがビアチャンの商売敵のリオビール。
何年か続いたのに今年からビアチャンにのりかえました。


これは、フィーゴがバルサからレアルに移籍したくらいの掟やぶりではないでしょうか?

でも、カッコイイ!

続いて、2010年↓



1269250024.jpg

scaled.jpeg

Aw_leaflet-PLFC-ChonburiFW.jpg


アウェイは地味ですが、ホームは依然としてカッコイイ!
サプライヤーはDEFFO。

最後に2009年↓

2400032164_95415af2fa.jpg


こちらはFBT社製。スポンサーロゴはリオビール。

ユニフォームだけを見れば、どの年代もD2に置いておくのはもったいない程の完成度です。




追伸

こういう画像を見ると胸が高鳴るのは私だけでしょうか? ↓

dsc04303small.jpg












  1. 2012/08/19(日) 23:10:54|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユニフォーム独り言 タークFC

Tak2010_fc.png


第13回目もD2の北地区のマニアックなところからタークFCを紹介します。

前回のチェンマイFCのくだりでちょこっと画像に写っていたチームなのでもう一度↓

11062012.jpg

M0008.jpeg

あまり情報がないので、集合写真はありません。
ちなみに最初の画像の紫がホームです。

それでは、2012年↓

s_13332171981.jpg

s_13332166291.jpg

このチームの売りは、以前紹介したチェンライFC同様珍しい紫のカラーリングです。

サプライヤーはMAWIN。今年からスポンサーロゴもMAWIN。中堅スポーツメーカーです。
ラームカムヘーンのFBTショップのMAWINコーナーでTTMチェンマイと一緒に売っているのを見ました。

今考えるとレア物度が高かったので購入しておけば良かったと後悔。
その時はスポンサーロゴがサプライヤーと一緒なんて、ユニフォームっぽくないと敬遠してしまいました。
次に紹介する2011年↓があったら即買いだったのに!


s_13208593501.jpg

s_13208605511-1.jpg

s_13208599511.jpg


もう、素晴らし過ぎます。タイ語のリオビール最高!

2010年もいいです↓

s_12934103901-1.jpg

こちらはアンブロ。数年前は結構アンブロもあったんですね。









  1. 2012/08/19(日) 08:15:39|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユニフォーム独り言 チェンマイFC

chiang-mai-fc-badge-1.jpg


第12回目は前回に引き続き、D2の北地区のチェンマイFCを紹介します。

前回のチェンライと紛らわしいですが、あえて連チャンで。

どうやらD2の北地区に私の好きなユニフォームのチームが固まってます。


まあ、チェンマイはこの夏初めて訪れた街ですので、そりゃもう思い出やら思い入れやらが半端ないです。

今回は長くなりそうです。

まずはエンブレムの上にある3人の像はチェンマイの象徴である3人の英雄像と思われる。
私も実物見ました。そうチェンマイはとっても歴史のある街なんです。
古いお寺もたくさん見てきました。

象にも乗りました。

ついでに、北タイ料理もたらふく食べました。

1335179410.jpg


それでは2012年↓

002.jpg

003.jpg


サプライヤーはKELA。メジャーではないがチラホラ見かけるメーカー。

スポンサーロゴはシンハービールのミネラルウォーター。
ブルーのストライプに良くマッチしてます。

ついでに集合写真の方で細かいですがピンクのワッペンはイサーン・ユナイテッドでもお馴染みの保険会社、胸の小さな黄色い丸はノックエアーと言って、タイ航空系のLCCです。

俄然、2012年モデルからオシャレになりKELAやるなあって感じです。

さらにバックショットも秀逸です↓

1336993442.jpg

1336558133.jpg



アウェイの黄色も黒とのバランスが絶妙。
イラストの黄色より実写のほうがいい!↓

11062012.jpg

ちなみに、一緒に写ってるタークFCもいい。


続いて、2011年↓

s_13147398131.jpg

s_13149876571-3.jpg

こちらのサプライヤーはクール社、悪くないです。

最後に2010年↓

chiang-mai-fc-shirts-1.jpg

こちらもまずまず。


ホーム、アウェイともに2012年モデルがサイコー!

来期D1の昇格をかけたプレーオフには進出間違いないチェンマイFC。
今回の旅行ではプレミアのTTMチェンマイの試合観戦でしたので、またチェンマイに行けたらD1の舞台でさらにかっ
こよくなったユニフォームを着て応援したいものです。

27042012_kt.jpg













  1. 2012/08/18(土) 18:41:15|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユニフォーム独り言 チェンライFC

Chiangrai_2011.png

第11回目はD2で最下位争いをしているチェンライFCを紹介します。

今まで紹介した中で最弱のマニアックなチームです。

タイの地名はチェンライだのチェンマイだのただでさえ似たような地名が多いのに、チェンライにはもう一つチェンライ・ユナイテッドというメジャーなチームがあります。

複雑ついでに私はインドのチェンナイも含めて3チェン混同地名と認定します。

バンコクユナイテッドとバンコクFCみたいに同じ地名にユナイテッドとFCというパターン、タイでは枚挙に暇がない!



前置きが長くなりましたが、そんなチームでもユニフォームはカッコイイ!

img-94-1319290835.jpg


このチームの売りは、サンフレッチェ広島ばりの綺麗な紫とこれまた私のお気に入りのリオビールのタイ語バージョンのスポンサーロゴです。


2012年の画像が手配出来なかったので2011年↓

chiangrai_home001.png

chiangrai_away001.png


サプライヤーはFBTです。
2012年モデルもあまり変わってない模様。
情報不足の為、入手困難と思われる。


白ベースのユニは個人的には好きではないのですが、このアウェイのタイプは紫のラグラン袖と組み合わせおり、途端にタイプに変わりました。


続いて、スポンサーロゴのない2010年↓

hualek3_037.jpeg

20100719_345a9082e4dc6f49370eG5JRKZHQAODS.jpg

PhotoHenshu_20120818093120.jpg


やはり、スポンサーロゴなしはいただけません。
代表チームじゃないんだから。
魅力半減どころか4分の1です。

D2はマイナーなためかスポンサーロゴのないチームがいまだに結構あります。


意外に紫のカラーは貴重です↓

110319120235acc04857dc0203.jpg









  1. 2012/08/18(土) 10:20:47|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ