サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

バリ島 3日目 2013.1.31

インドネシアリーグのユニフォームを探すべく、観光客相手の店が多いリゾート地を離れタクシーで40分かかる州都のデンパサールへ行ってきました。


やはり、リゾート地だとインドネシア代表どまり、本屋へ行ってもインドネシア語のサッカー雑誌もありません。

まあ、バリ島へ来てまでして私みたいなオタクな観光客はそういないのでしょう。

期待を膨らまして来てはみたものの唯一検索で引っ掛かったラジャスポーツというお店は閉まっていました。
まあ、ここはサッカー用品も一部取り扱う街のスポーツ店なので、私の欲しいものがあるか定かではありません。


昨日たまたま乗ったタクシーの運ちゃんが日本語堪能、サッカー好きだったので会話しているうちにデンパサールにはあるよと言われたので期待していたんですが…


結果として本日は収穫0。
大きな地元の本屋に行ってもインドネシア語のサッカー雑誌はマンUやワールドサッカーみたいなものだけ。



そんなこんなで今日のサッカー情報はホテルのテレビで見たスズキカップ準決勝。


シンガポール VS. フィリピン ↓


20130130_162102.jpg


20130130_162123.jpg



こんな試合は日本では見れませんよね。






  1. 2013/01/31(木) 18:31:22|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バリ島2日目 2013.1.30 サッカー インドネシア代表 ユニフォーム ゲット!

とりあえず今日はバリ島いちの繁華街クタへやって来ました。

早速お目当てのクタスクエアにあるナイキショップにイン。↓



20130130_164442.jpg


20130130_164514.jpg


いわゆる欧州物のユニフォームの中に↓


20130130_164420.jpg



ひっそりとインドネシア代表の最新モデルがありました。↓


20130130_164344.jpg

私は迷わずホームの赤を購入。

649000ルピア。
今日のレートで10000ルピアが93円なので約6000円。


ここ以外ではディスカバリーモールにあるチェントロというデパートのスポーツ売場にもありました。

最低限の目標を達成したので昼食。


バリ島での楽しみであるナシチャンプルの美味しい店、ニクマットにイン。↓


20130130_164322.jpg



私は肉中心で3万ルピア(280円)↓

20130130_164301.jpg


妻は野菜中心で1万7千ルピア。(160円)↓


20130130_164238.jpg


お腹いっぱいになりホテルに戻り早速撮影。↓



20130130_164210.jpg








  1. 2013/01/30(水) 18:13:09|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バリに出発&到着 2013.1.29

1月29日(火)、成田空港11時発、ガルーダインドネシア航空にてバリへ出発です。


20130129_215602.jpg



そして、現地時間午後6時デンパサール空港着。


なんやかんやで7時にホテルチェックイン。↓


20130129_215632.jpg


20130129_215526.jpg



カジュアルなプール付きヴィラです。

やはり、ヴィラは朝食を作りに来てくれるのが良いですね。

今バリは雨季で非常に蒸し暑いので、外出先から帰ってすぐにプールにチャポンと水浴び感覚で浸かるのが最高。


さあ、明日からどんな旅行になるか楽しみです。


今日は旅の疲れを取るため早速夕食を食べに行き早めに寝ます。





  1. 2013/01/30(水) 09:16:13|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日からバリ旅行!

いよいよ明日バリ島へ出発です。

4泊6日でノンビリしてきます。

相変わらず、バリ島で買えるインドネシアサッカー関連グッズを検索し続けてますがいい情報に巡り会えません。


そんな中、最近わかったこと。


どうやら2007,2008シーズン頃にいっときバリ島にインドネシアのトップリーグのチームがあった!


その名もペルセギ・バリ↓


4.jpeg


DSCN5079_2.jpg


hl.png

どうやらユニフォームはグリーン。

しかし、現時点では消息不明。

下部リーグに降格したのか、解散したのか、本島のオーナーに買われホームタウンが移ったのか?

皆目見当がつきません。


当事のホームスタジアムはバリ島東部のギャナールというかなりの田舎。↑


結構盛り上がっていますね。↑


3枚目の画像にあるバリの伝統芸能のケチャを見ながらのサッカー観戦なんて最高ですね。


流石に、この情報だけでギャナールまでいくのは無謀なので止めときます。


それでは良いインドネシアサッカーグッズに出会えることを祈って行ってきます!




  1. 2013/01/28(月) 22:15:34|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テーラシル・ダンダ、アトレチコ・マドリード練習参加!

最近、ムアントン・ユナイテッドのホームページをチェックするのを忘れていたら連日テーラシル・ダンダの報道が!↓



130112E3Q91150.jpg


13012186509840.jpg


130122A8N23430.jpg




業務提携関係にあるスペインの名門、アトレチコ・マドリードに今月の11日から練習に参加していた。

シメオネ監督に認められれば移籍も有り得るみたい。

同じ業務提携でもジュビロではなくアトレチコ・マドリードだったんですね。


いきなりリーガエスパニョーラはさすがのテーラシル・ダンダ選手でも荷が重いのでは。

城、西澤、大久保も苦労したし。


タイリーグとヨーロッパではDFのスキルが圧倒的に違います。


それでも活躍してくれるのが本当は一番嬉しいです!


いずれにしてもタイリーグに注目が集まることはいいことです。

Jリーグのチームもいくつかキャンプするし親善試合も組まれてます。

popup.gif


テーラシル・ダンダ選手はどうやらジュビロには来そうもありませんがこれでお茶を濁します。↑







  1. 2013/01/24(木) 01:29:09|
  2. タイリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013 Jリーグ開幕カード決まる!

2013シーズンのJリーグ開幕カード、1節と2節の対戦カードが決まりました。


いつものように個人的な観戦予定を考えてみました。


まずは、第1節の3月2日のカード。


私のお目当ての浦和レッズ、FC東京はアウェイで開幕のため観に行くことは出来ません。


Dqa930-1.jpg


消去法で必然的に、横浜FマリノスVS.湘南ベルマーレになるでしょう。

早速昇格チームのお手並み拝見といった感じ。



あと驚いたのは昨年同様に広島VS.浦和!
これが一番の注目カード。
これは録画で観るべし!


試合時間はまだ発表されてませんが、デーゲームとナイターにうまく分かれれば横浜から大宮に移動して大宮VS.清水も行けるかも。



翌、3月3日はACLの関係で柏が1日遅れて開幕。

柏レイソルVS.川崎フロンターレ。

なかなかの好カード。
川崎も大久保はじめまずまずの補強をしたので楽しみ。


柏は我が家から2時間近くかかりますが開幕ということで頑張って行ってみようかな。



proxy2028129.jpg




続いて第2節の3月9日。

これは好カード連発。

まず、浦和レッズVS名古屋グランパス。
最終節の槇野の弾丸FKの記憶も新しいところで早くも再戦!



そして、FC東京VS.柏レイソル。

梶山の穴を東が埋められるでしょうか?

ラウールは本当に移籍してくれるでしょうか?

目が離せません!




Soccerking_91001.jpeg




そしてまだあります。

等々力がまだ改修中のため国立で川崎の開幕戦。

川崎フロンターレVS.大分トリニータ。

こちらも昇格チームのお手並み拝見。


この週もどれを観ようか悩みますが、キックオフ時間がずれれば2試合観ようと思います。



開幕が待ち遠しいです。!










  1. 2013/01/23(水) 00:49:08|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラウール FC東京獲得か?!

日刊スポーツにまことしやかな情報が。

実現すれば味スタに入り浸ってしまいそうです。



o0500040012367114826.jpg




梶山がギリシャのパナシナイコスに移籍したので10番も空いてるし!


なるほど、そういうわけで大宮から東を獲っても背番号は10ではなく38だったんですね。



  1. 2013/01/22(火) 00:26:44|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校サッカー 決勝 その2 2013.1.19

先程の続き。


後半4分今度は鵬翔が得意のセットプレー。
コーナーキックから芳川かヘディングシュートを決め追い付く。



しかし、後半24分ようやく京都橘らしい攻撃。

小屋松からの折り返しを仙頭が決め勝ち越し。

本当に京都橘はこの2トップで点を獲っちゃいます。↓


20130119_155136.jpg




しかし、粘りの鵬翔。

後半39分PKを獲得。

キャプテンの矢野が冷静に決め追い付く。↓


20130119_155158.jpg


準決勝の星稜戦を見ているようです。

本当に鵬翔は粘り強いです。!


試合内容は京都橘に軍配が上がりますが、ハートは鵬翔の方がどうやら上。

そして、同点のまま90分は終了。

延長では決着がつかずPK戦へ。


京都橘の仙頭が外したのに対し鵬翔は5人全員キッチリ決め優勝。↓





20130119_155228.jpg


20130119_155250.jpg



そして、表彰式。↓


20130119_155314.jpg


20130119_155338.jpg


20130119_155402.jpg


20130119_155429.jpg


OBの興梠選手も感慨深げに眺めてました。↓


20130119_155453.jpg




ずっと泣きっぱなしの仙頭選手。

間違いなく今大会のMVPだと思います。!


20130119_155517.jpg





  1. 2013/01/19(土) 17:17:22|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校サッカー 決勝 鵬翔 VS. 京都橘 2013.1.19

仕切り直しの決勝戦。

今日は天候に恵まれ最高のサッカー日和。

再び国立競技場にやって来ました。

あまり陽の当たらないところには雪がまだ残り、一部の客席は閉鎖されています。


20130119_154652.jpg


20130119_154721.jpg



決勝戦らしく試合前に今回の高校サッカーの主題歌を歌っているmiwaさんが生歌披露。↓


20130119_154747.jpg



この優勝旗はどちらの手に!↓


20130119_154813.jpg

それでは選手入場キックオフ。↓


20130119_154839.jpg


20130119_154931.jpg


20130119_154907.jpg


20130119_154957.jpg


試合内容は序盤こそ両チームともボールが足に付かない感じでしたが、徐々に互いの持ち味を出し合い攻守も入れ替わる面白い展開。


そんな中、前半41分コーナーキックのこぼれ球を京都橘林が蹴り込み先制。↓


20130119_155035.jpg


20130119_155101.jpg


そのまま前半終了。




その2に続く。




  1. 2013/01/19(土) 16:39:14|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年 Jリーグ始動

昨年の12月1日にリーグ戦が終了しましたが、その後もクラブワールドカップや天皇杯、皇后杯そして今週末まで続いた高校サッカー選手権。

私も何かとサッカー観戦に追われて慌ただしく過ごしており全然シーズンオフの気がしません。


今週末の高校サッカー決勝で私的にはようやく2012年度のシーズンオフかなと思ったのも束の間。

そろそろJリーグは新シーズンへ向けてスタートを切ります。


各チームは移籍もほぼ終了し概ね来期の新戦力を整え、新ユニフォームやキャンプのスケジュールなどが発表されてきました。


そんな中、新シーズンが待ちきれない私の今週以降のサッカー関連スケジュール。↓


1月19日
高校サッカー決勝



1月20日
FC東京 練習スタート 小平グランド


07875.jpg




1月27日
Fリーグ ペスカドーラ町田 VS. 名古屋オーシャンズ



1月29日~2月3日
バリ島旅行



2月11日
FC東京ファン感謝祭 東京競馬場



2月17日
プレシーズンマッチ ちばぎんカップ
柏レイソル VS. ジェフ千葉


c7bb8306-s.jpg



2月23日
ゼロックススーパーカップ
サンフレッチェ広島 VS. 柏レイソル


20130117_184020.jpg



このゼロックススーパーカップにはもう一つお楽しみがあって、前座試合にJリーグのユース選抜と高校生選抜との対戦があります。


そして、3月2日

Jリーグ開幕。


開幕戦の対戦相手は1月22日に発表されます。

2節以降の前半戦のスケジュールは2月1日に発表されます。



Jリーグ開幕後はまた怒濤の観戦ラッシュです。

土曜はj1、日曜はJ2、水曜はACLとナビスコ。


開幕戦はやはり強力な補強をした浦和レッズを観戦しようと思います。

20130117_183939.jpg




ご覧のように最低週に1度はサッカー関連の予定を入れないと禁断症状が出てきます。

2013年もそんなサッカージャンキーぶりを大いに発揮していきたいと思います!


ついでにまたサッカー観戦モチベーションアップのため何処かの新ユニフォームを購入しようと思います。




20130117_183957.jpg





  1. 2013/01/17(木) 19:05:39|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校サッカー 決勝 延期

いやあーっ。

雪で順延。

屋根のあるメインスタンド上段をゲットすべく12時15分に国立競技場に到着。

しかし、開門している時間のはずが外に人が溢れてる。

初詣の明治神宮といった感じ。

すると主催者側から本日中止のアナウンス。

滞在時間僅か5分でとんぼ返り。

電車が止まらないうちに家路へ急ぎました。↓


20130114-00000026-dal-000-8-view.jpg


決勝は今度の19日(土)に行われるということなのでひと安心。


まあ、そのほうが良かったでしょう。

それにしても選手たちのモチベーションや滞在費などの経費とか色々考えると大変ですね。


  1. 2013/01/14(月) 14:16:49|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校サッカー 準決勝 京都橘 VS. 桐光 2013.1.12

私にとって両チームとも今日が3試合目の観戦。

勿論、両者の勝ち試合を2試合見ている訳なので先程の第一試合よりこの対戦の方が思い入れがあります。


見所は小屋松、仙頭の京都橘自慢の2トップを桐光DF陣が止められるか?


それでは選手入場キックオフ。↓


20130112_201059.jpg


20130112_200712.jpg


前の試合がPKまでもつれたので、テレビ中継の都合もあり直ぐ様試合開始。


そのため、応援団の入れ替えがスムーズに行かず桐光側はスカスカながら試合が始まってしまいました。↓




20130112_201036.jpg





前半30分にようやく応援席が埋まりました。↓


20130112_201012.jpg



それが原因ではないと思いますが、今日の桐光は攻撃の鋭さがありません。

司令塔の松井選手の調子がイマイチ。
あと全体的にこの一週間のコンディショニングが失敗したのかキレがありません。

対する京都はいつも通り奪ったら2トップにボールを出す効率的な攻撃で桐光DFを慌てさせています。


そんな中、前半41分に京都得意のカウンターが炸裂し仙頭選手がゴール。↓


20130112_200953.jpg



前半はそのまま1ー0で終了。


後半に入っても、桐光に躍動感がなく焦り始めた後半30分京都のエース小屋松選手が決め勝負あり。↓


20130112_200931.jpg




その後も前掛かりになった桐光から京都が3点目をゲット。↓


20130112_200848.jpg







今日は桐光の良さが微塵も発揮されず完敗。

京都橘の強さが際立った一戦でした。↓



20130112_200825.jpg




今日の殊勲者はまず先制点を決めたキャプテンの仙頭選手。↓

20130112_200802.jpg


と得点王まっしぐら、2年生なので来年はJリーグ争奪戦確実の小屋松選手。↓



20130112_200738.jpg


小屋松選手はそのスピードもさることながら、動きの質、動き出しのタイミングなどが素晴らしく、決勝戦も小屋松選手の活躍が楽しみです。

  1. 2013/01/12(土) 21:04:19|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校サッカー 準決勝 鵬翔 VS. 星稜 2013.1.12

いよいよ4チームに絞られた高校サッカー。

快晴のサッカー日和。

準決勝を観に国立競技場へやって来ました。


まずは城彰二↓


20130112_180553.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20130112_180527.jpg


20130112_180442.jpg


20130112_180502.jpg


20130112_180419.jpg



鵬翔は守備が堅いとのことでしたが、前半13分サイドから流れてきたボールを星稜寺村がゴール。↓


20130112_180352.jpg

試合展開はまったくの五分。

その後、前半30分に鵬翔小原が見事FKを決めゲームを振り出しに戻す。↓


20130112_180327.jpg


前半はそのまま終了。

後半も一進一退の展開。

どちらが勝ってもおかしくない展開。
はたまたPKか!

しかし、後半36分に星稜井田が技ありのボレーを決め勝ち越し。
これで勝負ありか!↓



20130112_180253.jpg


しかし、その1分後に鵬翔東がゴール前のこぼれ球をゴールに突き刺し同点。


そのままタイムアップ。PK戦へ。

こちらも星稜が優位に進めたが鵬翔が粘りサドンデスに持ち込み、先攻の星稜が外した6人目の後攻鵬翔。↓


20130112_180225.jpg


見事決め、鵬翔の決勝進出決定。↓


20130112_180155.jpg




星稜はPKを含めると三度のリードを守りきれず、鵬翔の粘りの前に屈しました。



お互い守備がタイトできちっと締まった好ゲームでした。





  1. 2013/01/12(土) 18:57:52|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バリ島 旅行 決定 !

今月の1月29日(火)から2月3日(日)まで4泊6日でバリ島にウインター・ホリデーです。

寒い冬に行く南国は格別です。


メインテーマは単純に南国でのんびりですが…



私の使命は裏テーマであるインドネシアサッカーに関するものをどれだけゲット出来るか!



欲を言えばインドネシアリーグのユニフォームを数着ゲットしたいところですが、首都のジャカルタならいざ知らずバリ島は本島と文化・宗教も違い一種独特。

勿論、プロサッカーチームもありません。

今のところいい情報は得られてませんが現地で歩き回って頑張ってみます!

宮古島や石垣島は言い過ぎかも知れませんが、那覇のような中心街が抜け落ちた沖縄でJリーグのユニフォームを探すようなものかな。

最低でもこのポルトガル代表にも似たインドネシア代表ユニはゲットして帰りたいです。↓

INDON11.jpg



本当はこんなユニフォームが欲しいんですけど…

興味ある方はクリックしてみて下さい!↓


http://http://www.oldfootballshirts.com/en/asian-leagues-c20/indonesia-super-league-and-other-teams-s171/






  1. 2013/01/10(木) 01:25:31|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大学サッカー 決勝 早稲田 VS. 福岡大 2013.1.6

高校サッカーは一休み。

大学サッカーのレベルはどんなものかと国立競技場へやって来ました。


全国大学サッカー選手権大会決勝、早稲田VS.福岡大です。
これは大学生の天皇杯みたいなもので、早稲田は関東リーグは3位ながらこのトーナメントは決勝までたどり着いてます。

うっかりして11時キックオフの前座試合、女子大学サッカー決勝を見逃してしまいました!


それでは選手入場キックオフ。↓


20130106_160919.jpg


20130106_161030.jpg


20130106_160959.jpg



今日の注目選手は来期というか、今年の新Jリーガーたち。

まず、大宮入団のFW早稲田の富山選手。↓


20130106_161052.jpg




続いて鳥栖に入団する福岡大の清武選手。
そうです、あの清武選手の弟です。
プレースタイルもお兄さんそっくり。↓


20130106_161152.jpg


名古屋入団のDF牟田選手。↓

20130106_161115.jpg




最後は鳥栖入団のDF岸田選手。↓


20130106_161954.jpg

メンバー紹介で出身校なども発表されてましたがほとんどが今話題の高校サッカーの有名校やJリーグのユース出身者です。


試合内容はそんな猛者たちが揃うのでハイレベルな戦いを期待してましたが…

勿論、ここ数日観戦している高校サッカーよりフィジカルなど数段レベルは上ですが…

何かが足りない!

私が思うにボールがおさまるキープレーヤーがいない。

皆それぞれが自分の持ち場を実直に守りながらしっかりプレーしているのですが、一本調子でどうも面白味に欠けます。

そのため、ボールへの寄せやチェック、体を張ったプレーなどの組織だった守備戦術ばかりが目立ち、肝心の攻撃ではアイデアというかオオッ!という目を見張るプレーやプレーヤーには出会えませんでした。



期待の清武選手もまだまだお兄さんのようなスケールには遠いです。




そんな中、開始早々に早稲田がサイドを崩し先制。

前半は圧倒的な早稲田ペース。
そして、またサイドを崩したまらず鳥栖がオウンゴールを献上。

早稲田危なげなく2ー0とリード。



前半終了間際に福岡は何とかPK獲得で2ー1で前半を折り返す。↓


20130106_162021.jpg


後半になっても試合展開は変わらず、福岡DFのクリアミスを早稲田富山選手が見逃さず直接ボレーを決め3ー1で勝負あり。↓


20130106_162047.jpg


福岡大はいいところなく敗れました。↓




20130106_162116.jpg


まあ、1試合だけで大学サッカーを語るのもなんなんで、今後機会を作って観に行けたらと思います。





  1. 2013/01/06(日) 18:48:10|
  2. 大学サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校サッカー 準々決勝 帝京長岡 VS. 京都橘 2013.1.5

さあ、お待ちかねの第二試合・帝京長岡VS.京都橘です。


前回同様に帝京長岡は躍動してくれるでしょうか。↓


20130105_185926.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20130105_190031.jpg


20130105_190132.jpg


20130105_190107.jpg


20130105_190222.jpg


今日の注目選手は勿論、帝京長岡の小塚選手。
あえて和製クライフと言わせて下さい。
独特の間とセンス。来期はアルビレックス新潟の試合もチェックしなくてはと思います。↓


20130105_190200.jpg




試合は前回同様に帝京長岡はスロースターターよろしく京都に押し込まれ、前半9分に京都が先制。↓


20130105_190254.jpg

京都はスピードスターの小屋松選手と仙頭選手の2トップで帝京長岡のディフェンスを切り裂きます。

小屋松選手はさしずめ和製エトー(元カメルーン代表)です。


その小屋松選手のジャックナイフのような切れ味鋭い攻撃で再三チャンスを作り、前半29分に早くも追加点。

帝京長岡はいいとこなく前半は2ー0で終了。


先制点を決めたキャプテンの仙頭選手。↓


20130105_190321.jpg


しかし、後半は一転帝京長岡ペース。
ようやくらしさが出てきました


その勢いのまま後半5分に早速1点を返す。↓

20130105_190345.jpg

まだまだ時間はたっぷり。

その後も帝京長岡ペースで進み、京都橘は守勢一方。


同点も時間の問題か。

しかし、あと1点が遠くそのままタイムアップ。↓


20130105_190412.jpg



前半の2点が重くのし掛かり帝京長岡は敗退。
国立の切符は京都橘が獲得です。


今日の帝京長岡は前回より連動性が感じられませんでした。
とくに前半は全く機能せず、一方的にやられ過ぎました。


次の準決勝は来週の12日(土)です。
連戦続きで疲労もたまっているので、リフレッシュして好勝負を演じてもらいたいです。


私の明日は一足お先に国立で大学サッカーの決勝を観に行こうと思います。


  1. 2013/01/05(土) 19:48:29|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校サッカー 準々決勝 作陽 VS. 桐光 2013.1.5

高校サッカーもいよいよベスト8の対戦。

また帝京長岡の試合が観たくて三ツ沢にやって来ました。

その前に第一試合、作陽VS.桐光です。

地元チームのため混雑を予想し早めに到着。今日は画像を大きくしてみました。↓

20130105_161943.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20130105_163703.jpg


20130105_163756.jpg


20130105_163730.jpg

出足は作陽が優勢。

しかし、司令塔の10番松井選手にボールが集まり徐々に桐光ペースに。↓


20130105_163820.jpg




どうも、私は桐光のサッカーが好きになれません。

例えるならイタリア式。
パスワークで相手を崩すのではなく、マイボールになったらまず裏を狙い手数をかけない縦に速い攻撃。

トップの野路選手をはじめ、そういうスタイルにあった選手が揃っています。

その野路選手は言うなれば和製インザーギ。
常にディフェンスラインと駆け引きをして相手を慌てさせています。

しかし、こういうスタイルも高校レベルならでは。
逆にしっかり駆け引き、ラインコントロールの出来る優秀なDFがいるチームには手も足も出ないはず。

とにかく桐光の攻撃には緩急がありません。急急です。

サッカーは速攻と遅攻のコンビネーション、バランスが大事です。
遅攻から急にスイッチの入る攻撃などが私は大好きです。


それでも、前半34分に桐光がしっかり先制。
前半は1ー0で終了。


イタリア式ということで、先制すると桐光は強い。

試合をコントロールして作陽は万事休す。

しかし、罰が当たったのかこのまま試合を終わらせようとした後半36分にサイドを崩され同点。↓




20130105_163849.jpg



残り時間もなくなってきたので、誰もがPK戦を覚悟。

ロスタイムは3分。

ラスト1分で作陽はPK戦の準備のためか大柄なゴールキーパーにメンバーチェンジ。

しかし、このメッセージが裏目に。

PKでよしとした作陽と最後の最後まで諦めていない桐光。

キーパー投入後すぐのプレーでゴール前混戦から和製インザーギの野路選手が抜け目なくゴールを突き刺す。↓


20130105_163924.jpg


20130105_163950.jpg


そして、試合終了。

桐光は本当に勝負強いです。
最後までイタリアでした。↓



20130105_164012.jpg






  1. 2013/01/05(土) 16:35:49|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校サッカー 3回戦 帝京長岡 VS. 鹿児島城西 2013.1.3

サッカー誌が出版している高校サッカーのガイドブックを読んで、優勝候補のチームや来期のJリーガーがいるチームを観戦しようと思っているわけですが、今日はその中の1チームで来期アルビレックス新潟に入団が決まっている小塚選手のいる帝京長岡を観に来ました。

さらに、帝京長岡の触れ込みは技術に裏打ちされた技巧派軍団とある。

活字を読む限り私の好きなタイプのチームだと思い、期待も膨らむ本日の第二試合・帝京長岡VS.鹿児島城西です。↓


20130103_183312.jpg


対する鹿児島城西も4年前、鹿島の大迫選手を擁して準優勝した強豪。
今大会も鹿島学園と前橋育英という関東の強豪2校を倒しての3戦目。

楽しみな対戦です。

それでは選手入場キックオフ。↓


20130103_183406.jpg


20130103_183345.jpg


試合開始から鹿児島城西が積極的に攻め込む。

帝京長岡は噂通りの魅惑のパスワークで押し返すがどうも左サイドの守備が脆い。

はたまた鹿児島の右サイドの攻撃がいいのか再三突破されてます。

そしてついに右サイドを崩した鹿児島城西が先制。

帝京長岡は思ったほどでもないのか?
でも慌てず自分達のサッカーを貫き小塚を中心に人もボールも動くオシムのようなサッカーを展開。
14番(まん中)が小塚選手。↓


20130103_183429.jpg


そして、その小塚選手から山田選手にドンピシャなスルーパスが出てすぐさま同点。↓

もうこの時点で完全に帝京長岡に心を奪われてしまいました!


20130103_183530.jpg


本当に連動した攻撃が展開され2人目、3人目とボールを持った人をどんどん追い越していく。

この2列目からの飛び出しや流動性のある攻撃。
さらに小塚を中心とした個人技。

もう鹿児島城西は全然捕まえきれずなすすべがありません。

完全に崩されてあっという間に3ー1で前半を終了。↓




20130103_183626.jpg



20130103_183658.jpg



後半に入って少しペースは落ちたものの危なげ無く1点を追加して終わってみれば4ー1で帝京長岡の完勝。↑


今日の殊勲者は先制点を決めた山田選手(左)と本日2得点の大活躍、キャプテンの三田選手(右)。三田選手はなんと身長155センチ。一人だけ小学生が混じっていると思う体格ですが素晴らしく気転のきくいい選手です。↓


20130103_183734.jpg


初戦敗退したものの高校生離れしたパスワークを見せた野洲が今までのお気に入りでしたが、本日見た帝京長岡がそれを超えました。

例えるなら今年の野洲はバルサのパスサッカーを目指して道半ばの完成度はまだまだ低い状態。

対して、帝京長岡はオシムがいたジェフ千葉を標榜しての完成度も中々のもので高校生レベルは超越している感じ。

今大会、6試合12チームを見ましたが(あとテレビ中継で少々)今のところNo.1です。


まあ、対戦相手の鹿児島城西も攻めのメンタリティー満載のチームで噛み合わせも良かったのでしょう。


今日は2試合ともよく点の入る楽しい1日でした。


やっぱり、勝負にこだわるあまりリスクを侵さないガチガチの青森山田のようなサッカーより野洲や帝京長岡のような観ていて楽しいサッカーが今後主流になることを期待します!







  1. 2013/01/03(木) 19:39:57|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校サッカー 3回戦 京都橘 VS. 丸岡 2013.1.3

今日は、第二試合の新潟代表の帝京長岡というチームが気になり浦和駒場スタジアムにやって参りました。


その前に第一試合、京都橘VS.丸岡。↓


20130103_163104.jpg


3回戦ともなると両チームともそれなりに強豪を倒してきての対戦なので期待が持てます。

それでは選手入場キックオフ。
今日は最前列で選手入場口の真後ろに陣取りました。↓



20130103_163134.jpg


20130103_163221.jpg


20130103_163159.jpg


20130103_163245.jpg


3回戦なのに今日が一番観客が少なく、空席も目立ちます。
バックスタンドは両校の応援団がほとんどです。
地元勢や有名強豪校がいないからでしょうか。↓


20130103_163308.jpg


試合内容は、終始京都ペース。
前半は小屋松選手の1点で凌ぎましたが、後半に入るとまたもや小屋松選手のゴール。↓


20130103_163327.jpg

その後もスピードとテクニック、切れ味などで京都が丸岡を上回り退場者も出たりして終わってみれば4ー1で京都橘の圧勝。


今日の殊勲者は10番の小屋松選手(左)↓


20130103_163422.jpg


1,2回戦によくあった手堅くゲームを進め、堅守速攻で最悪PK決着も良しとする戦略ではなく、お互い攻めの姿勢を崩さない点を獲りにいくサッカーが展開されていたのが良かったです。

次のベスト8の対戦が楽しみです。




  1. 2013/01/03(木) 17:46:40|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校サッカー 2回戦 桐光学園 VS. 四日市中央工 2013.1.2

続いて第二試合。

今大会注目度No.1の一戦。

地元桐光に対するは前年度準優勝の四中工。↓


20130102_202211.jpg


スタジアムはほぼ満席。
高校サッカーはお客さんがよく入ります。


それでは選手入場キックオフ。↓


20130102_202306.jpg


20130102_202242.jpg



今日の注目選手は、前回の得点王であり来期サンフレッチェ広島に入団する浅野選手。↓


20130102_202416.jpg



と並んでポイントゲッターで来期湘南ベルマーレに入団する田村選手。↓


20130102_202349.jpg


試合内容は、前の試合同様に前半風上の桐光が優勢にゲームを進めます。

四中工が風に手こずっている間に桐光の市森選手がファインゴールで先制。↓


20130102_202442.jpg

四中工は中々反撃の糸口が掴めず浮足立っている隙をついて前半35分と36分に野路選手が立て続けに裏に抜け出しゴール。↓

20130102_202507.jpg

サッカーは恐ろしいです。
あっという間に3ー0。
浅野、田村は全くいいとこ無し。


後半に入り、四中工は風上に立ったこともありようやく落ち着きを取り戻す。

そして、コーナーキックから今度は4番の坂選手が立て続けにゴール。↓

20130102_202543.jpg

これで3ー2。
ゲームは俄然面白くなってきました。

四中工はあと1点に迫ったが、両エースにはしっかりマークがつき流れの中からいいかたちが出来ません。

そんな前がかりの中、桐光のカウンターが決まり4ー2で勝負あり。

四中工はまさかの初戦敗退。↓



20130102_202609.jpg


殊勲者は勿論、2得点の野路選手。↓


20130102_202639.jpg



やはり、勝負を分けたのは桐光が前半風上を上手く利用できたことでしょう。

桐光も優勝候補だけあり、四中工に臆することなくアグレッシブに戦っていたことに好感が持てます。
この壁を乗り越えたので決勝までいくのではないでしょうか。

次が楽しみです。


私は今回出来るだけ違う会場で色々なチームを観たいので明日は三ツ沢で桐光戦ではなく浦和駒場スタジアムへ行こうと思います。


  1. 2013/01/02(水) 21:33:45|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ