サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

川崎フロンターレ VS. 湘南ベルマーレ 2013.7.31

東アジアカップを挟んで今日からJ1再開。

今日は仕事帰りなので会社から近い等々力にしました。↓



20130731_211818.jpg




只今、絶好調の川崎と降格がチラついてきた湘南。

湘南は新戦力の助っ人が早くもスタメン。



それでは、選手入場キックオフ。↓


20130731_211512.jpg


20130731_211723.jpg


20130731_211539.jpg





前半はこれまでのリーグ戦の勢いそのままに川崎が見事なパスワークで湘南を自陣に釘ずけ。


しかし、時間の経過とともに元来カウンターに冴えを見せる川崎なので帰陣が早くすぐに守備ブロックを形成する湘南の前に攻めあぐね、ただボールを持たされているといった感じ。


これはもしや湘南のプラン通り?


それでも膠着した展開から前半44分、相手のクリアミスがこぼれたところを大久保がすかさずゴール。↓


20130731_211601.jpg


20130731_211623.jpg



1-0で前半終了。



ハーフタイムは西城秀樹のYMCAショー。↓


20130731_211703.jpg


20130731_211644.jpg



後半に入るとなぜか湘南の動きがいい。

川崎は前半に攻め疲れたのか受けに回る。




そんな中、後半11分にCKから遠藤がドンピシャヘッド。↓


20130731_211741.jpg


これでまず同点。


さらに後半21分に湘南が川崎のお株を奪う見事なカウンターでキリノがサイドを切り裂き高山が折り返しを胸で押し込み逆点ゴール。↓



20130731_211758.jpg




2-1と逆転されて川崎はようやくお目覚め。

終盤は一気呵成の怒濤の攻撃。


ゴールの匂いプンプン。


そんな中、いつもの個人技ゴリゴリドリブルでレナトが倒されPK獲得。


しかし、なんと大久保が外してしまう。


これで万事休す。



湘南は川崎をよく研究してきたみたいで前半我慢の後半勝負。

見事、貴重な勝ち点3をゲット。


あと、湘南の新戦力?の外人GKが再三のピンチを防ぎ私的には今日のMOMです。










  1. 2013/07/31(水) 22:05:50|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レ・コン・ビンが札幌加入

ベトナムの英雄、レコンビン選手のコンサドーレ札幌レンタル移籍が決定しました。↓




721796912.jpg


85abd78c.jpg




8月にベトナム旅行を予定して、今後はタイサッカー以外にも触手を広げていこうとしてる私にとってもタイムリーなニュースです。




レコンビン選手は現在、Vリーグのソンラム・ゲアンというチームで優勝争い中。
しかも現時点で得点王。


さらにベトナムで3度のMVPに輝く。


言うなれば、佐藤寿人が海外に移籍するようなもの。


タイで言うなら勿論、ティーラシンがJリーグにくるということ。

年齢は27才、サッカー選手にとってもっとも脂の乗りきった状態。



札幌はベトナムリーグのドンタムロンアン(ついでにタイのコーンケーンとも)と業務提携関係にあり、今年からベトナム国営放送でJリーグの放映も始まりました。


多分に、マーケティングの匂いがプンプンしていますがベトナムサッカーもなかなかやるなというところを見せてもらいたいです。


Jリーグと私の大好きな東南アジアサッカーの今後の発展に期待します!
  1. 2013/07/23(火) 08:01:02|
  2. ベトナムリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 横浜Fマリノス 2013.7.17 その2

その1の続き。


試合序盤は大方の予想を裏切り、マリノスペース。

ポゼッションで浦和を上回り、相手ボールになっても前から積極的に奪うアグレッシブな守備。
走力でも浦和を上回る。ちょっと驚き。
過密スケジュールなのに、ベテランが多いのに…


浦和は横浜の出足の良さにタジタジ。
ボールがうまく繋がらない。

そして前節大宮を一蹴した勢いそのままに前半10分にマルキーニョスがヘディングシュート。↓

20130717_213043.jpg





横浜強えー!っと思ったら、次第に浦和のカウンターがはまりだし17分に那須が同点ゴール↓


20130717_213101.jpg


20130717_213134.jpg



こうなると今度はホームの浦和ペースで形勢逆転。


すると、28分に混戦から槙野が逆転ゴール。↓

20130717_213201.jpg


20130717_213242.jpg


槙野もしっかりザックにアピール。




後半に入ると今度はマリノスが息を吹き返す。


すると、後半18分ついにお目当ての斎藤学が上手いトラップからの同点ゴール↓

20130717_213329.jpg



今日は主導権が行ったり来たりで大変見応えのある試合。


どちらも一歩も引かず、交代のカードを切り決勝点を奪いにいく中、ついに後半37分俊輔のCKに栗原がドンピシャヘッド。↓


20130717_213356.jpg


20130717_213419.jpg



これまた代表効果か、ザック効果か栗原までもゴール。



20130717_213441.jpg



これで勝負あり。


3-2、横浜勝利で試合終了。

ホント、スリリングで面白い試合でした。




それにしても、マルキーニョス37才、ドゥトラもうすぐ40才、中澤に俊輔。
ホントよく走ります。

オヤジの星。



ザックさん、若手も良いけどベテランの中にも代表でまだまだ活躍出来る選手がいますよ。↓


20130717_213306.jpg



今日の試合はどちらに転んでもおかしくない試合でしたが、戦術の徹底度からいうとやはりスコア通り横浜の試合でした。
















  1. 2013/07/18(木) 00:39:35|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 横浜Fマリノス 2013.7.17 その1

いつの間にか広島が2位に浮上。

大宮、広島の挑戦権を得るためにどうしても負けられない戦い。



好ゲームの予感漂う雨の埼玉スタジアム。↓


20130717_212643.jpg



一昨日、Jリーグ主体の日本代表が発表されたばかり。



今日の注目選手は代表にも選ばれ前節スーパーゴールを決め乗りに乗っている斎藤学↓


20130717_212547.jpg



対するレッズも代表選出の↓


20130717_212617.jpg



そんなニュー代表戦士たちをしっかりチェック↓


20130717_213010.jpg




今日の観衆は23700人。↓



20130717_212742.jpg


20130717_212810.jpg


平日の雨なのでこんなもんでしょう。




それでは選手入場キックオフ。↓


20130717_212713.jpg


20130717_212909.jpg


20130717_212846.jpg


20130717_212937.jpg




その2に続く。








  1. 2013/07/17(水) 23:01:28|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンハー・オールスターズ VS. マンチェスター・ユナイテッド

今日は相模原でJFL観戦か味スタでヴェルディVS.札幌という選択肢もありましたが、連日の猛暑のため自宅+クーラー+スカパーと言うことでTV観戦。



マンUのアジアツアー初戦でタイプレミアリーグのオールスターズとの対戦です。↓


20130714_154929.jpg



20130714_154902.jpg



上の画像のティーラシン、シアカをはじめムアントンの選手が7名出場していました。



試合はバンコクグラスのティーラテープのゴールでまさかの1-0でシンハーオールスターズの勝利。



マンUは香川、ルーニー、ファンペルシら多数の主力がおらずコンディションも整わず多分に調整試合。

それでもチケット代は日本円で3千円~1万2千円だとか。

会場のラジャマンガラスタジアムは真っ赤なマンUのユニフォームで埋まり超満員。


タイの観衆は満足できたのでしょうか?

サッカーはやはりどんなカテゴリーであっても真剣勝負じゃないとつまらないと思います。





それにしてもシンハーオールスターズのナイキのユニフォーム欲しいです。!



  1. 2013/07/14(日) 16:01:14|
  2. タイリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜Fマリノス VS. 大宮アルディージャ 2013.7.13

今日は等々力で川崎VS.浦和と迷いましたが、今シーズンまだ首位の大宮を見ていなかったので日産スタジアムにやって来ました。



残念ながら先程またしてもデジカメデータを削除してしまい残ったのはどうでもいい2枚。↓


20130713_212559.jpg


かろうじて大宮感のある1枚と


20130713_212624.jpg



試合前にレ・ミゼラブルの合唱があったので。

ちなみに中央にいるのは森久美子。



そういう訳で、今日はあと文章のみ。



中2日の過密スケジュールの中、走るサッカーを信条とする首位大宮とベテランが多い故、この夏場をどう切り抜けるかが鍵と言われ実際ここ2試合1敗1分で調子を落としている横浜。


そんな感じでリーグを面白くする意味でもマリノスに勝ってもらいたいながらも大宮有利かなと思いキックオフ。



試合内容は私の心配をよそにマリノス好調。

逆に大宮は大したことはない。
やはり、ズラタンに加えてノヴァコヴィッチも欠場とあれば前線で起点となる選手がいない。



今日は完全にマリノスの試合。
俊輔中心に緩急織り交ぜ、大宮を守備に奔走させる。



そんな中、前半22分サイドの崩しからマルキがヘディングシュート。
マリノス先制。


その後もマリノスは攻撃の手を緩めず、前半36分に斎藤学がメッシを彷彿とさせる細かなステップからのスーパードリブルシュート。

名ゴールシーンに必ず選ばれるであろう素晴らしいゴールで2ー0。

今日はこのゴールを観れたのでチケットの元が取れました。



後半に入ると、試合巧者のマリノスはゲームをコントロールしカウンター狙い。

試合のペースは落ち、マリノスは積極的に仕掛けなくなったので点が入る気がしませんでしたが、されとて全く大宮に点を獲られる気もしませんでした。


後半ロスタイムに大宮の今井に1点を返されましたが、今日はマリノスの良いところばかりが目立ち、大宮は全く良いところなし。

まるで下位にいるチームみたいな試合内容。

今度は外人2トップが揃った試合を観たいと思います。




追伸

今日の帰り道、東横線で家路に向かう途中、武蔵小杉からは大勢のレッズサポやフロンターレのユニを着た人達に遭遇。(私はマリノスのユニを着用)


今度は渋谷で乗り換えるときは国立で試合があったのでレイソルの黄色が目につきました。



一時、私の乗っている山手線の車両に何チームものJリーグのユニフォームがありました。ついでに広島カープも。


Jリーグの収入減でファンをなえがしろにして2シーズン制導入問題が騒がれていますが、毎週のJリーグを心待ちにしているこんな私達ファンを大切にして欲しいものです。





  1. 2013/07/13(土) 22:25:05|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. FC東京 2013.7.10

J1が再開したと思ったら、今月末に東アジア選手権があるのでちょっと中断。

その為、この15日間で5試合の過密スケジュール。

お陰で私のサッカー観戦も過密スケジュール。


という訳で、仕事を定時で切り上げ埼スタへ。


7時半キックオフ。
滑り込みセーフ。



それでは選手入場キックオフ。↓




20130710_214342.jpg


20130710_214417.jpg


20130710_214441.jpg


20130710_214558.jpg




たぶんレッズが勝つだろうと思ってましたが、前節に引き続きFC東京の三田が好調。


ポゼッションでは浦和が上でも東京は浦和のスキをつき少ないチャンスをものにする。


前半11分にFC東京で今一番キレている男、三田がゴール。↓


20130710_214511.jpg


20130710_214534.jpg



その後は両者決め手を欠き前半終了。




後半、浦和の巻き返しを期待するも11分に浦和鈴木の負傷退場のスキをつきアーリアが抜け目なくワンチャンスをものにして追加点。↓



20130710_214620.jpg


20130710_214642.jpg


2-0と東京リード。
相手のスキをつくしたたかな攻撃。
逆に東京らしくない。



浦和は2点をリードされようやくエンジンがかかり、選手の動きが良くなる。


そして後半36分に興梠がゴール。↓


20130710_214659.jpg



こうなると、ホームの浦和は押せ押せ。

東京は防戦一方。


そして、ついに後半41分原口がゴール。↓



20130710_214718.jpg




やはり最後はいつも通りの守りきれないFC東京でした。



今日はどうみても浦和の負け試合。

何とか勝ち点1を拾った感じ。

それにしてもエンジンがかかるのが遅すぎた。
今日は大宮が勝ったためまた勝ち点差は5。

一応、FC東京ファンですが今シーズンの出来から言うとレッズが優勝に相応しいと思います。

出来ればFC東京は厳しいと思いますがACL圏内で。


まあ、大宮、横浜、川崎、柏の関東勢にも頑張ってもらいたいです。
















  1. 2013/07/10(水) 22:29:25|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェフ千葉 VS. ガンバ大阪 2013.7.7

今日の第2試合はお楽しみのガンバ戦。


武蔵野陸上競技場を3時前に出発してバス、中央線、京葉線と乗り継ぎもうまくいき4時半過ぎには到着。




意外と近かったフクダ電子アリーナ。↓


20130707_210347.jpg


20130707_210410.jpg



今日のお目当ては勿論この2人。↓


20130707_210431.jpg



日本代表のチケットがプレミア化している昨今、代表レギュラーを間近で観れるのは貴重です。






今日は前売りでチケット完売。満員御礼。↓


20130707_210522.jpg


20130707_210458.jpg



それでも観衆は17000人。

でも満員で2万弱というキャパシティはサッカー観戦にとって理想的。
勿論、サッカー専用競技場でほとんどが屋根に覆われています。


どんなに悪い席でも観やすい!







それでは選手入場キックオフ。↓

20130707_210544.jpg




確かに遠藤は上手い!
俊輔、憲剛と並びわざわざお金を払ってでも観たい選手。↓


20130707_210611.jpg



それでも今日のガンバはチームとして機能不全。
ここのところ楽勝続きだったのでゲームに何となくふわーっと入ってしまった感じ。

そこを千葉は見逃さず前半12分に米倉がゴール。↓

20130707_210645.jpg


今日の千葉はよく集中して気合いが入ってました。

満員慣れのガンバに対して千葉はフレッシュな気持ちでこの満員をプラスにしたと思います。


そして今度は前半23分にもたつくガンバDF陣に大塚が追加点。↓


20130707_210712.jpg



今日のガンバは気合いの入った千葉守備陣の前にこれを跳ね返す力がありません。


ガンバはいいとこなく、後半も時間が進み後半13分今度はセットプレーから千葉の山口が古巣相手にヘディングシュートをお見舞いして万事休す。↓



20130707_210736.jpg



今日のガンバは全く良いところがなく、千葉のプラン通りに進行したゲームでした。




  1. 2013/07/07(日) 21:41:35|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横河武蔵野FC VS. AC長野パルセイロ 2013.7.7

今日は張り切って2試合観戦。

第1試合は武蔵野陸上競技場でJFL。

横河VS.長野。

長野は来シーズンのJ2昇格へ向け讃岐と首位争い中の強豪。


この前の町田ほどではありませんが、相変わらず横河よりサポーターは多い。↓


20130707_145407.jpg


今日の観衆は丁度1000人。

この暑さですからねえ。


それにしても何なんだこの暑さ!


屋根の下の日陰にいても風がないせいか汗が止まらない。


いくらナイター設備が無いからとはいっても午後1時キックオフ…

観客よりも選手が可哀想。




それでは選手入場キックオフ。↓

20130707_145430.jpg


20130707_145526.jpg


20130707_145501.jpg


20130707_145626.jpg


20130707_145600.jpg


20130707_145650.jpg





今日はこのくそ暑い中よく走って頑張っている選手達を誉めたいと思います。

足元、スピードなどは長野が上でも順位の差ほど違いは感じられずイーブンな展開のまま進む。



このような暑さでは戦術云々よりも集中を切らしたほうが負け。


そういう意味ではどちらも失点につながるような大きなミスはありませんでした。


攻撃面でも取り立てて素晴らしいというプレーもなくただただ消耗戦のままスコアレスで試合終了。




私は只今、第2試合のフクアリに移動中のためうだるような暑さから解放され電車の中でブログの更新中。



フクアリは午後7時キックオフ。
昨日の味スタみたいに気温が下がり風も出て絶好のナイター日和になってくれることを願います。

そして、ビールでも飲みながらガンバ遠藤の妙技に酔いしれたいと思います。










  1. 2013/07/07(日) 15:35:52|
  2. JFL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. サンフレッチェ広島 2013.7.6

さあ、今日からJ1が再開です。

各チームは中断期間にチーム力を底上げできたでしょうか。


再開一発目は中断前に鹿島相手に情けない負け方をしたFC東京。 ↓


20130706_204208.jpg



対する広島もナビスコ敗退で調子は今一つ。




味スタ恒例のちびっこチアリーダー。↓


20130706_204232.jpg




今日の観衆は27800人。


水曜日のヴェルディ戦と比べて一桁違います。↓



20130706_204143.jpg


20130706_204117.jpg






それでは、選手入場キックオフ。↓


20130706_204055.jpg


20130706_204008.jpg


20130706_204033.jpg


20130706_203939.jpg




試合内容は両者ともリスクを冒さない消極的な立ち上がり。


効果的な縦パスが入らず観ている方は退屈な展開。


FC東京は李が退団、目下得点王の渡邊千真がけがで欠場。
そして、代表にも選出された東の調子は今一つ。

なので攻撃に迫力がない。


FC東京唯一の救いは只今売り出し中の三田が素晴らしかったこと。


とにかくボールをもったら常に仕掛ける姿勢が際立っていた。


でも、前半は大した見せ場もなくスコアレスで後半に。



後半になると多少ボールが回り互いに決定的チャンスが訪れるが決めきれず今日は0-0で引き分けかな。


ロスタイムは2分。

混む前に家路を急ごうと席を立ち移動。


そおしたら、広島がゴール正面の絶好の位置でFK。


まさかと思ったが、そのまさか。



パクが決めて試合終了。↓


20130706_203846.jpg


20130706_203913.jpg



またまた勝負弱いFC東京でした。

今日はFKを決められたことより、全然東京らしい小気味いい攻撃を繰り出せなかったのが問題。

広島は本調子ではなかった。


それなのに。



今日は今シーズン私が観たFC東京の試合の中では一番つまらない試合でした。


すべてにおいて勝負してない感じ。(三田選出だけはよかった)



シーズン開始当初のパスサッカーが懐かしいです。












  1. 2013/07/06(土) 23:47:39|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お盆休みはベトナムへ!

8月10日~15日の日程でベトナム旅行へ行ってこようと思います。

本日何とか航空券が取れたのでひと安心。

行先はホーチミン。


今回も妻の了解をとりサッカー観戦をしてこようと思います。


ベトナムに決めた理由も11日(日)に試合があるから。



他にも試合観戦出来る国という理由でシンガポールと韓国も候補に挙げたんですが敢えなく却下。

妻のベトナム雑貨ショッピングと私のサッカー観戦。それと勿論ベトナム料理。

互いの利害が一致してホーチミンに決定。

ベトナムリーグの名称はVリーグ。

ホーチミンにはスアンタン・サイゴンというチームがあり、スタジアムもホーチミン中心街からタクシーで10分程の好立地。↓


sg-1372382305_362x0.jpg

新宿~国立競技場くらいの近さです。


難なく観戦出来ると余裕をこいて、今日改めてベトナムサッカー協会のVリーグのホームページを覗いてみると。



なななんとスケジュールが変更に。

1週後ろにズレて8月11日はアウェイに。


大ピンチ。




ダメ元で変更になったその節に開催されるホームスタジアムを調べたら偶然にもホーチミンの隣の県のロンアンでドンタム・ロンアンというチームの試合があることがわかった。↓


20130704_200952.jpg


ホームスタジアムであるロンアン・スタジアムはホーチミン市街からタクシーで40分くらいとのこと。



天は我を見捨てなかった!



ちなみに、ドンタム・ロンアンは去年2部で優勝し1部に昇格。
しかし、現時点では最下位。


対戦予定のダナンは去年の優勝チームで現時点でも優勝争い中。


意外と楽しみな対戦カードです。




あとドンタム・ロンアンはJリーグのコンサドーレ札幌と提携しています。↓


chouinshiki-1.jpg



ベトナムはタイと違いユニフォームが手に入りづらいみたいですが、出来る限りベトナムサッカーに触れていこうと思います。





  1. 2013/07/04(木) 23:25:03|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京ヴェルディ VS. 京都サンガFC 2013.7.3

6月は3試合しか観戦出来なかったので7月はガンガン攻めて行こうと思います。


先週の土曜日に観たブリーラムのサポーターにサッカー観戦の熱を思いださせてもらい、また今日から初心を忘れずサッカー観戦に真摯な姿勢で臨もうと思います。


7月一発目は平日開催のJ2。

ヴェルディVS.京都

下り坂11位のヴェルディに対して自動昇格も挑める4位の京都。



それでは選手入場キックオフ。↓


20130703_213947.jpg


20130703_213848.jpg





今日の観衆は2500人。

なでしこリーグやJFL並。↓


20130703_213927.jpg


20130703_213909.jpg



試合内容は京都ってこんなに強かったっけ?

という内容。


まるでコンフェデのブラジルVS.日本。


勿論、ヴェルディが日本。
全くもってサッカーをさせてもらえません。


試合開始から京都はヴェルディにプレッシャーをかけヴェルディはミスを連発。
パスも繋がらない。

球際の強さでも京都が圧勝。

京都ボールになると、FW、2列目の選手がどんどん裏へ抜け出す。

素晴らしいフリーランニング。
ヴェルディDFのギャップをつき、嫌らしいところに顔を出しボールを受けます。


今日の京都はブラジルと言いましたが勿論、前からの奪う守備はコンフェデのブラジルそのもの。

でも攻撃は解りやすく言うと、香川や岡崎が3~4人くらいいるイメージ。


なので、ヴェルディを応援しに来ましたがすぐに京都のサッカーに釘ずけになりました。



そんな訳で、ヴェルディの守備は後手を踏み全然京都の攻撃に対応出来ず前半7分、駒井がゴール。↓

20130703_213824.jpg


ヴェルディは守備は混乱しながらもギリギリのところで何とかファイトして凌ぎ前半終了。


ハーフタイムに亀田弟登場。↓

20130703_213800.jpg




後半に入り、過密日程のためか前半温存の高原、飯尾が出場。↓

20130703_213736.jpg


巻き返しを図りたいヴェルディであったが、ブラジルVS.日本よろしく後半開始1分に京都が山瀬のゴールで追加点。↓

20130703_213711.jpg


この1点でガックリきてやや集中が切れたか、すぐの後半8分セットプレーから酒井がゴール。↓


20130703_213626.jpg


その後は京都がゲームを落ち着かせてコントロール。




最後はトドメとばかりに前がかりになったところでロスタイムに途中出場の原が立て続けに2得点。↓


20130703_213512.jpg


トータル5ー0で京都のワンサイドゲーム。

京都はポストに嫌われるなど決定的チャンスをはずしまくってたので、もっと点差が開いていてもおかしくないゲームでした。


ヴェルディは前回観た時よりもチーム状況が悪化。
ヤバイです。


粋のいい若手が躍動し、ベテランの山瀬もうまく噛み合ったチームとしてまとまりのある京都に対して、巻、高原、西、飯尾らやや峠を過ぎたベテランが走れず、精神的支柱にもなれず、チームとしてもバラバラになりつつあるヴェルディとの差が如実に表れた試合でした。



今後の京都に要注目です。














  1. 2013/07/03(水) 23:47:33|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回の旅行で買ったもの

今回の旅行で買ったユニフォーム以外のものを紹介します。



まずは、TOTスタジアムで買ったキーホルダー。↓


20130702_223918.jpg


価格は忘れましたが多分日本円で100円くらい。

ラバー素材の柔らかいやつ。



続いて、何回来てもこの4種類しか本屋では見付けられません。↓


20130702_224002.jpg





上から時計回りでムアントン・ユナイテッドの雑誌。55バーツ。
バックナンバーまでゲット。

次はムアントン・ユナイテッドのマッチデープログラム。10バーツ。
セントラルデパートの本屋で最新試合号が手に入る。


次はお馴染みのサイアムスポーツ。20バーツ。
多分、毎週金曜発売で私は金曜到着。
大半のコンビニ、本屋は今週号に入れ替わり今回は先週号を手にいれるのに苦労しました。

前回みたいにバックナンバーを複数ゲットならず。

行く先々で目につくセブンイレブンに30件ほど立ち寄りましたがバックナンバーはおろかほとんど取り扱いなし。

それでも前回同様、ビクトリーモニュメント駅近くのセブンイレブンで先週号を見付けました。


ここのセブンイレブンは店員が怠慢でいつも雑誌コーナーが散らかっている。
しかし、それが幸いして売れ残ったバックナンバーが沈澱していき私がゲット出来る。
今後もこのコンビニをご贔屓にしたいと思います。




最後はバンコクグラスの月刊誌99バーツ。





話しは変わって、今回はタイ料理を食べ過ぎ1キロ増で帰国。


そのため、ただいま近所の公園で2キロのジョギングコースを走って来ました。

すると、チンタラ走っていた私を軽快に抜き去ってった若者がなんとネイビーのブリーラムのユニフォームを着ていました。

ちなみに私は一昨日買ったパタヤシティを着ていました。


声をかけようにも追い付きません。


着々とタイサッカー、タイユニは日本に浸透してきていることを実感。











  1. 2013/07/02(火) 23:34:10|
  2. タイリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バンコク旅行 3日目(最終日) 2013.6.30

今日は最終日。
ツアーのお迎えは夕方6時半。

夜9時45分のフライトで翌朝6時に羽田に戻ります。


初日、2日目とアクティブに行動してやりたいことはほぼ達成。


そのため、今日は全くのノープラン。


カフェでお茶してブログの更新などしていたらもうお昼過ぎ。


辺りをぶらつき、午後3時に昼・夕食兼用で前回も来たクアン・シーフードというお店にイン。


頼んだものは勿論↓


20130630_171316.jpg


20130630_171338.jpg



青菜の炒めものとプーパッポンカレー。


間違いない味。



早めにホテルに戻り、出発まで部屋でゆっくりしようかな?

と思ったが、最後に一応確認でチットロムにあるセントラルデパートへ。


目的は本屋でタイ語のサッカー雑誌のチェック。


しかし、その前に一応4階のスポーツ売場へ。



すると↓


20130630_171358.jpg


20130630_171416.jpg



あるではないですか、タイユニコーナー。

前回までは伊勢丹と繋がっている、セントラルワールドにあるだけだったが、ここにも登場。

これも何かの縁とばかりにバンコクグラスのホームを購入。


もうこれで打ち止めとばかりに本屋へいこうとすると、プーマコーナーに目が釘ずけ。↓


20130630_171503.jpg


20130630_171524.jpg


20130630_171439.jpg

プーマのタイユニはなかなかお目にかかれません。


お財布の中はあと1着分買える金額。


ナコンラーチャーシマーのネイビーかパタヤシティのブルーか悩みましたがレア度が高そうなパタヤシティを購入しました。

プーマだけあり定価995バーツ。
なぜか値引きして886バーツでした。


ナコンラーチャーシマーは795バーツ。


そんなこんなで今回の旅行では9枚購入。


ホント、お財布にバーツがあればあるだけユニフォームを買ってしまう自分を責めながらバンコク旅行は終焉を迎える。











  1. 2013/07/01(月) 19:36:03|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0