サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

浦和レッズ VS. アルビレックス新潟 2013.8.31

前節横浜に完敗の浦和。
中2日で立て直すことが出来たでしょうか?

対する新潟は攻守が噛み合い好調をキープ。




今日は来週からの国際マッチデーを睨み、ザックが観戦。↓


20130831_201426.jpg




夏休み最後ということもあり、今日の入りもなかなか。↓


20130831_201304.jpg


20130831_201826.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20130831_201346.jpg


20130831_201509.jpg


20130831_201450.jpg


20130831_201533.jpg




試合開始からホームの大声援をバックに浦和が攻勢に出る。


特に前節、開始早々に負傷交替した森脇が気合いが入ってて攻守に効いていた。


しかし、新潟もリーグ序盤戦とは格段にチームがレベルアップ。

コンパクトな陣形から皆が連動していいサッカーをします。


前半15分を過ぎると、浦和の攻勢も一段落。


すると、両者がっぷり四つの堅いゲーム展開。


浦和も攻めてがなく絞まった好ゲームで有りながら浦和らしからぬ0-0の展開で前半終了。

まあ、新潟がいいチームといっても前節の横浜みたいにDFラインまで強烈にプレスをかけるわけでもなく、その辺は緩い。でも中盤はタイト。

新潟のボランチ、レオシルバ効いてます。





ハーフタイムに花火。↓



20130831_201552.jpg



後半に入っても、前半同様両チームとも決定的チャンスのないまま進みスコアレスドローな展開。



しかし、後半17分柏木がいい持ち出しから裏に抜け出した興梠にドンピシャスルーパス。

興梠は難なくGKとの1対1を決め先制ゴール。↓


20130831_201728.jpg


20130831_201802.jpg




新潟の一瞬のスキを突くナイスなプレーでした。


その後は追加点とはならずまた堅いゲームに逆戻り。

試合終盤は守備を固めた浦和に対して新潟が攻勢にでるもゴールを割れず。


1-0のまま試合終了。



今日は浦和らしからぬ地味で手堅い試合運びのゲームでしたが、長いシーズンこういう試合で勝ち点3獲得は評価できると思います。

  1. 2013/08/31(土) 21:10:40|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜Fマリノス VS. 浦和レッズ 2013.8.28

2位と3位の直接対決。今シーズンを占う意味でも重要な一戦。


そんな今節大注目のカードを観に日産スタジアムへやって来ました。




注目選手は勿論。↓


20130828_213710.jpg




今日の観衆は30500人。

やはりレッズ効果か平日なのによく入りました。

サラリーマンに優しい7時半キックオフもナイスです。
でも土曜日開催だったら4万人超えてたでしょう。↓


20130828_213645.jpg


20130828_213613.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20130828_213739.jpg


20130828_213803.jpg




前節動けず鹿島に完敗の横浜。
しかも、大迫にチンチンにやられた中澤。

一方、清水に2-0で完勝の浦和。広島の結果如何では首位も。


そんな両チームの戦いは予想が外れ、横浜のコンディションがすこぶるいい。


圧倒的に寄せが早く、浦和封じのセオリー通りDFラインにも凄まじいプレスで浦和にサッカーをさせない。


対する浦和は動きが鈍く重そう。

これが2位と3位の対決かというくらい実力差がハッキリ。

浦和ファンには超ストレスの溜まる試合内容。

あとひとつ誤算があり、ミシャサッカーの申し子、森脇が前半早々に坪井に負傷交替。↓

20130828_213826.jpg



相手のプレッシャーに滅法弱い、足元のおぼつかない坪井ではなく、永田を出場させ那須をスライドすべきではなかったか?



案の定、前半27分、横浜のプレッシャーに坪井がバタツキ苦し紛れのバックパス。


さらにその処理を那須がモタツキしっかり詰めた俊輔が先制ゴール。↓


20130828_213851.jpg


20130828_213910.jpg



浦和はミスからやらずもがなの1点を横浜に献上。

ほら言ったこっちゃない!


それでも泥臭くしっかり詰めた俊輔は偉い!


今日の浦和は先制されてもスイッチが入らず、2分後の前半29分、今度は素早いパスワークとマルキーニョスの個人技でファインゴール。↓


20130828_213930.jpg


あっという間に2-0。

でもこの点も那須が簡単にマルキにかわされ過ぎ。
ちょっと軽いディフェンス。


その後も横浜に決定的な場面を何度か作られ、前半終了。

今日の浦和は一事が万事こんな感じ。

寄せきれない、体を張れない、動けない。


これでは絶好調の横浜相手に勝ち目はありません。



浦和にとって巻き返しの後半。


しかし、後半3分俊輔にいいように翻弄され追加点。↓


20130828_213949.jpg




残り時間はたっぷりありましたが今日はこれでゲームは決まりました。



浦和の攻撃は連動せず単発。

横浜に中盤を制圧されまぐれで突破しても中澤、栗原に簡単に跳ね返される。


その後は横浜がゲームをコントロールして3-0で横浜の完勝。


どちらが優勝に相応しいかがハッキリしたゲームでした。








  1. 2013/08/28(水) 22:44:16|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜FC VS. ガンバ大阪 2013.8.25

レジェンド先発。↓


20130825_200930.jpg


Jリーグ最年長出場記録更新。

ついでにゴール記録も更新してもらいたいです。



そんな訳で2週連続で三ツ沢へ。


前節7-1と鳥取を粉砕したように横浜もやられてしまうのでしょうか?


それでは選手入場キックオフ。↓


20130825_200952.jpg




新旧スターの対決もみどころ。↓

20130825_201404.jpg



今日の観衆は12600人。
メインスタンドもしっかり埋まりました。↓


20130825_201538.jpg





序盤はガンバと対戦するホームチームのもはやあるあるになりつつあるように、満員のサポーターに乗せられいつもより5割増しのテンションで試合に入った横浜。


すると前半4分、ガンバ加地のトラップミスを野崎が見逃さずかっさらいそのまま先制ゴール。↓

20130825_201428.jpg


横浜が先制した方がゲーム展開としては面白い。


そういえば前節の鳥取もその前の岡山も先制したけど逆転負けだったなあー。


もっとも、J2ではどこも太刀打ちできない選手層。
普通に戦ったら間違いなく勝ち目はありません。


案の定、徐々に横浜は押し込まれガンバペース。


すると前半29分、絶好調男の宇佐美が同点ゴール。↓

20130825_201450.jpg



ガンバに復帰後の宇佐美の決定力は恐るべし。

セレッソの柿谷同様、独特な雰囲気がありとにかくゴール前でも冷静沈着。
来年のブラジルW杯。
もしかしたらもしかするぞという感じです。




それでも、横浜は大崩れせずよく集中した守備で凌ぎ前半終了。


後半に入るとガンバは尚一層の攻勢を強め後半22分にガンバ藤春についにゴールを割られる。↓


20130825_201605.jpg


20130825_201628.jpg



その後も横浜は圧倒的な破壊力のガンバの攻撃に晒されましたがバーを味方に運にも恵まれ追加点を許しません。


そんなひたむきな横浜をサッカーの神様は見捨てず、後半43分パワープレーから途中出場の田原がヘッドで決めて同点。↓



20130825_201652.jpg



今日は試合内容云々よりも宇佐美が柿谷に負けず劣らずの逸材ということを確認できたことと久々の公式戦で躍動するカズを観れたのが収穫でした。


あとどのくらいカズの勇姿を観ることが出来るのででしょうか。↓


20130825_201511.jpg












  1. 2013/08/25(日) 21:10:44|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大宮アルディージャ VS. 柏レイソル 2013.8.24

今日は首都圏開催が珍しくここ大宮だけなので選択の余地もなくNACK5スタジアムへ。

今日の観衆は11600人。

千葉、柏、大宮は丁度いいキャパシティの専用競技場なのでホント観やすいです。↓



20130824_212617.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20130824_212650.jpg





6連敗中で最悪のチーム状態の大宮と水曜にACLを戦いレアンドロ負傷、工藤出場停止でコンディション、チーム力ともにやや不安な柏。


そんな両チームの対戦。

序盤は最近しぶとい試合運びでらしさを取り戻した柏が素早い寄せからペースを握る。


すると前半5分に工藤に代わって出場の田中順也が目の覚めるようなスーパーミドル。



柏先制。↓


20130824_212714.jpg



その後も柏が優勢にゲームを進め前半27分、またしても田中順也がゴールを決める。↓


20130824_212855.jpg





やはり大宮は元気がなく今日もダメなのか?

期待のズラノヴァは今日はチグハグ。↓


20130824_212824.jpg


20130824_212755.jpg




それでも前半45分、近藤がノヴァコヴィッチを倒してしまいPK。

ズラタンが冷静に決めて1点を返して前半終了。↓


20130824_212924.jpg



20130824_213000.jpg




後半に入ると1点を返したことで大宮が息を吹き返すと同時に柏の足が止まる。


すると後半5分、渡邉が同点ゴール。↓

20130824_213022.jpg



後半早々にホームの大宮が追い付いたことでスタジアムのボルテージは最高潮。


柏も最後の力を振り絞る感じで両者目まぐるしく攻守が入れ替わるノーガードの打ち合いの展開に。


非常に面白く見応えのある展開の中、後半20分にレアンドロの代わりに先発の澤が裏に抜け出し逆転ゴール。↓

20130824_213043.jpg



試合終盤は大宮が怒濤の攻めを繰り出すが、柏は何とか凌ぎ試合終了。



大宮はまたしても勝ち点を奪えず。

どうも大宮は磐田同様、完全に負のスパイラルにどっぷりはまっちゃってます。



今日は主役不在の柏でありましたが代役の田中順也と澤が大活躍。

ズラノヴァ不在時に連敗を重ねた大宮に対して柏の選手層の厚さや、モチベーションの高さが勝り勝敗を決した試合でした。







  1. 2013/08/24(土) 22:58:15|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ACL 柏レイソル VS. アルシャバブ 2013.8.21

本日は仕事を早めに切り上げ、いざ柏。↓


20130821_211813.jpg



いよいよACLもベスト8。

準々決勝1stレグ、柏レイソルVS.サウジアラビアのアルシャバブ。



Jリーグでは味わえないこのヒリヒリするような国際大会の緊張感。
いいです!



今日の観衆は11300人。↓


20130821_211900.jpg


20130821_211919.jpg


あいにくの空模様でしたが、奇跡的にキックオフ直前に雨が止みました。


それでは選手入場キックオフ。↓


20130821_211942.jpg


20130821_212151.jpg


20130821_212123.jpg


今日の注目選手は勿論、工藤。

本日ついに柏ファンでもないのにKAMOスポーツでユニフォームを買ってしまいました。
背番号は9。

そのくらい、柏にそして工藤に頑張ってもらってアジアチャンピオンになって欲しいところです↓



20130821_212212.jpg





試合はホームの大声援をバックに柏がポゼッションで優位に立つ。



しかし、敵は韓国や中国のフィジカル重視の肉弾戦サッカーとは違う中東の独特なリズム。

南米スタイルほど足元の技術はありませんが、密集でも数人がからんで何本ものショートパスを繋いだり、とりわけサイドにスピードのある選手がいて攻守の切り替えが早く切れ味鋭いカウンターを仕掛けてくる。



そういう意味では柏はホームとはいえ攻撃に人数をかけドンドン仕掛けられない。




それでも前半21分、FKのこぼれを工藤が冷静に狙いすましてゴール。↓


20130821_212106.jpg



やはり、主役が決めると盛り上がり方も違う。


先制されるとアルシャバブも攻勢に出るが、柏DF陣はしっかり跳ね返す。

相手が出てくるのでカウンターで追加点のチャンスもありましたが、相手も凌ぎ徐々にアルシャバブペースに。

そして前半44分、相手のパス交換に翻弄され同点ゴールを決められてしまう。↓


20130821_212040.jpg


20130821_212019.jpg



嫌な時間帯に嫌なアウェイゴールを献上してしまいました。



試合展開と同じく空模様も怪しくなり前半終了。



後半に入ると互いのスタイルもわかってきたのか守備意識も高く、がっぷり四つの展開。

どちらのボールになってもパスの出しどころがなくカウンターの応酬みたいな展開。


雨も降り、ちょっと中弛みの展開になったためスタジアムのテンションも試合開始当初と比べて下降気味に。


そうなると、ホームアドバンテージも弱まりアルシャバブが伸び伸びカウンターを仕掛けて何度か決定的なピンチも。


終盤、レイソルも盛り返すが1-1の引き分けなら御の字の敵のプラン通り試合終了。


良かったのは前半途中までで、6:4くらいでアルシャバブのほうがチャンスも作れていたので、次回の2ndレグが少し不安になるような試合でした。














  1. 2013/08/21(水) 22:15:45|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次なるターゲットは香港サッカー!

海外旅行をからめてサッカー観戦をするというスタイルがお気に入りの今日この頃。

なかなかヨーロッパまでは足を伸ばせずもっぱらアジア中心。


タイ、ベトナムときて今度は香港にでも行ってみようかと思案中。


香港のシーズンはアジアでは珍しくヨーロッパと同じ8月~5月。


暫くは仕事も忙しいのでJリーグ観戦中心で海外旅行は封印。


それでもこの冬に3泊4日位で海外旅行へ行きたいと思っているのでシーズン中の香港は大本命。



それに香港リーグのユニフォームはベトナムと違い容易に手に入りそう。



ちょっと調べるとまずは香港代表↓


0323s3.jpg



強豪の南華と書くサウスチャイナ。↓


0369s17-1.jpg


0369s39.jpg





横浜FC香港↓


0371s2.jpg



本家はヒュンメルですが、同じスポンサーロゴのナイキの香港版で三ツ沢へ応援に行くのも面白そうです。



あとはこんな感じ。↓


0303s1.jpg


0328s1.jpg


0329s6.jpg


0325s2.jpg




レベルや観客の盛り上がり度はイマイチみたいですが、ベトナムでは味わえなかったグッズの充実具合。


丁度、Jリーグがシーズンオフになる12月中旬~2月中までの間に行けたらと思います。













  1. 2013/08/20(火) 19:21:57|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜FC VS. 京都サンガFC 2013.8.18

昨日は仕事のためJ1観戦ならず。


ということで、今日は昨日のリベンジで三ツ沢までやって来ました。↓


20130818_202452.jpg



今シーズンの横浜はプレーオフまで行った去年と比べると成績は今一つの15位。

戦力も去年よりダウンしています。

カズ以外に見たい選手がいません。

そんなカズも今日はベンチ外。



それにしても山口監督はスマート。↓

20130818_202514.jpg


同年代としては羨ましい限りです。



今日の観衆は5300人。来週はガンバ戦なので満員になるでしょう。↓


20130818_202428.jpg


20130818_202252.jpg





それでは選手入場キックオフ。↓


20130818_202407.jpg


20130818_202344.jpg


20130818_202317.jpg





前半は風上の横浜が攻勢に出るかと思いきや、京都の素早い潰しの前に思うように攻められない。


対する京都は前回観たヴェルディ戦の内容が素晴らしく、人もボールも動くサッカー。
それを期待してわざわざ三ツ沢まで来た訳ですが、この暑さの中、以前のような運動量の激しいサッカーが出来ません。


京都が個人能力が高い分だけ若干押し気味に進めるも、互いに守備意識が高くチャンスらしいチャンスもなくスコアレスで前半終了。




後半も前半の流れのまま堅い試合。



いつもの点が入らない横浜FCのつまらないゲーム展開だなーと思っていたら、後半36分にCKのこぼれをペスンジンが押し込み先制。↓


20130818_202231.jpg


20130818_202208.jpg



残り10分は尻に火がついた京都が怒濤の攻め&パワープレー。


横浜は防戦一方で危ないシーンが何度もありましたが↓


20130818_202144.jpg




それでも何とか凌ぎ1-0で試合終了。


実力的には京都が上。
今日は京都の調子が今一つの中、横浜はこういう試合展開のみしか勝てないという内容での勝利。



それにしても横浜の得点力不足は尋常ではありません。

本当にJ1を目指すのであれば財政的なこともあるとは思いますが、攻撃陣に2人は優秀な助っ人が欲しいところです。



また来週も三ツ沢に行こうと思います。








  1. 2013/08/18(日) 21:20:26|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナム旅行 5日目 最終日 2013.8.14

さあ、いよいよ最終日。

ベトナムサッカーグッズに出会えず消化不良気味の中、自分へのお土産にやっぱり買ってしまいました。↓


20130814_194805.jpg



ナイキショップで73万ドン。



あとは今日もグルメ報告のみ。


午前の部のお茶はちょっと足を伸ばしてAQカフェでまたしてもシェイク。↓


20130814_194731.jpg


20130814_194748.jpg



昼飯はフランスパンのサンドイッチで有名なニューランのバインミー。↓


20130814_194712.jpg


20130814_194820.jpg




途中、店名やロゴもパチもんながら中は欧州物のパチもんユニやキーホルダーなどのパチもんずくしのロフトというサッカーショップ。↓

20130814_225609.jpg



勿論ながら何も買うもんなし。



そして最後の夕食は2日目に行ったベトナムのお袋の味的食堂ドンニャンの支店にて。↓


20130814_194900.jpg



やはり旨し!


2人で800円くらい。



最後はベトナムコーヒーでしめてこの旅終了。↓


20130814_194920.jpg












  1. 2013/08/14(水) 22:42:27|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナム旅行 4日目 2013.8.13 その2

その2は今日のグルメ?!


先ずは、スタジアム帰りの渇いた喉を潤したのはバナナシェーク。↓


20130813_205313.jpg


これはどのガイドブックにも載っている観光客御用達のアイスクリーム屋。

道路を挟んで2軒も支店が出来たファニー。↓


20130813_205329.jpg

その支店のうちの一軒に入りました。




今日の昼飯はカニ料理で有名なクアン94ではなく並びのクアン・トゥイ。

頼んだものはカニの春雨炒めと↓


20130813_205409.jpg


ライム塩で食べる蒸した蟹の爪と脱皮したての甲羅が柔らかいソフトシェルクラブの唐揚げ。↓



20130813_205436.jpg



ビールにも合い最高です。2人で2500円くらい。



午後のおやつはキムタインという牛乳屋さんのプリン。
ベトナムコーヒーと共に。↓

20130813_205454.jpg


幾ら歩き回ってカロリーを消費しているとは言え食べ過ぎの感がある中、トドメの夕食は鶏と椎茸の土鍋ご飯が美味しいタンニエンというレストラン。↓


20130813_205517.jpg


20130813_205535.jpg


20130813_205550.jpg


ここは何を食べても美味しい。
日本人の口に合います。


ここは2100円くらい。



う~む。
満腹満腹!



東京は連日の酷暑で凄い気温みたいですが、なぜかホーチミンは日本の梅雨みたいで雨が多いですが日中は薄曇り。
気温も30℃ないくらい。

その為、かなり無理なく歩けます。

明日も沢山歩こうと思います。








  1. 2013/08/13(火) 23:54:30|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナム旅行 4日目 その1トンニャット・スタジアム 2013.8.13

今日はベンタイン市場からバスに乗りスアンタン・サイゴンの本拠地、トンニャット・スタジアムへ行って来ました。↓


20130813_205224.jpg


20130813_205132.jpg




ここは一昨日のロンアン・スタジアムとは違い近いです。

バスに揺られること15分、料金は5000ドン(何と23円)。

1番路線のチョロン(チャイナタウン)行きで途中で降りて10分近く歩きましたが、2番路線に乗ればかなり近くまで行けます。



本当はこのチームのオレンジのユニフォームが欲しかったのですが↓


20130813_205202.jpg


スタジアム周辺を散策しても手がかりなし。



ホーチミン市街からかなり近いスタジアム、しかもバスも通ってて帰りも安心。
勿論、タクシーも沢山走ってて多分500円位で市街まで戻れます。


帰りもなかなかタクシーが捕まらなかったロンアンとは大違い。


次回はこのスタジアムの試合スケジュールに合わせて旅行に来ようと思います。↓


20130813_205244.jpg


その後、市内に戻りこんな風情のあるスポーツショップを見つけるも、またしてもナイキのベトナム代表のジャージが売れ残っているのみ。↓



20130813_205352.jpg


確かに、ナイキのベトナム代表ユニフォームが発売されたのは2年半位前なので追加生産もしてないようなので厳しい。同時に発売されたポロシャツ(セールで2500円くらい)やジャージ(定価で1万5千円くらい)が残ってるだけでも奇跡かも知れません。





そんなこんなで足が棒になるくらいホーチミン中を歩き回りましたがベトナム関連サッカーグッズは諦めました。


明日は最終日、マッサージにでも行ってのんびり過ごしたいと思います。






  1. 2013/08/13(火) 23:25:00|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナム旅行 3日目 2013.8.12

今日も気になるナイキショップやスポーツ店を少し中心街から外れたところまで探しあて行ってはみたもののベトナム代表のジャージ止まりで収穫ゼロ。


そんな今日のブログはグルメ?中心。


先ずは午前中に訪れたベトナム伝統スイーツのチェーで有名なブイスチアン。↓


20130812_205822.jpg


20130812_205841.jpg

20130812_205902.jpg


ちょっと底の方で練乳が固まってましたが氷と豆と寒天の絶妙なコンビネーション。

わかりやすく言うと氷小豆とあんみつを足して2で割って水分を多くした感じ。


疲れが癒されます。




そして、昼飯はこれぞベトナム!




ベトナム風お好み焼き(バインセオ)の有名店、46Aバインセオに行きました。↓


20130812_205748.jpg

オープンエアーの殺風景な食堂ですが味は確か。

まずはバーバーバー(333)ビールを頼んで。↓


20130812_205805.jpg


お次は生春巻きと蓮の茎のサラダ。サッパリして超美味。↓


20130812_205724.jpg



そして、お待ちかねのバインセオ↓




20130812_205707.jpg


米粉のサクサク感、もやしのしゃきしゃき感、そしてエビと豚肉。

たまりません。



最後に揚げたてのチャーゾー。↓
旨すぎます。



20130812_205648.jpg



ベトナム料理は大量のハーブを食べます。
とくにこのバインセオとチャーゾーは焼肉のサンチュのよにハーブでくるんで食べるので毎朝快腸です。





夕食はかねてから気になっていたハノイ名物、雷魚のハーブ炒め鍋。

チャーカーラボン。↓


20130812_205625.jpg



これはバター風味が強く、タレも口に合わずベトナム料理では珍しくイマイチでした。






  1. 2013/08/12(月) 23:30:20|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナム旅行 2日目 2013.8.11 その3 サッカー観戦続き

いよいよ試合開始。

予想はしてましたがレベルが低いです。


タイリーグよりもかなり下。


JFLよりも勿論下。



一応、両チームとも外国人助っ人がかなりいるのに助っ人になってないプレーぶり。↓


20130811_184807.jpg



スピード感がなく、周りが見えてないので展開力に欠ける試合。


チャンスらしいチャンスもないので点が入る気がしない。


昨期優勝のダナンはもう少しやるかなと思ったがロンアンと似たり寄ったり。


スコアレスで前半終了。


選手はバックスタンド側に引き揚げてくる。↓

20130811_184831.jpg



そして出てくる。後半開始。↓


20130811_184854.jpg




後半はチェックも多少ルーズになり一転して点の取り合い。



まず、開始早々ホームのロンアンが先制。↓


20130811_184915.jpg




しかし、直ぐ様ダナンが追い付く。


20130811_184939.jpg




さらに、ダナンが逆転弾。↓


20130811_185002.jpg

20130811_185028.jpg


20130811_185049.jpg




ここまでの得点パターンは大体が守備側のミスが原因。

ラインが揃わないところに裏をとられたり、単純なマークのズレなど。

攻撃側にも戦略的なものは感じられず相手のミスをついてたまたま入った感じ。



よくオフサイドにもかかるし、悪質ではないもののあからさまなファウルやシュミレーションはASEANサッカーの専売特許。


そんな試合展開なので帰りも時間がかかることだし今日は後半20分にスタジアムを跡にしました。



しかし試合はその後、ホームのロンアンが2点を獲り逆転。

なかなか後半は面白かったみたいです。





その頃、私は帰路につき帰りもやはり1時間半かかり8時にホテルに戻りました。




そんな今日の夕食はフォー。


ここ南部ホーチミンの具沢山とは違うダシが決めての北部ハノイのフォー店、カット・トゥーン。↓

20130811_204652.jpg



うーむ。美味。


今度は近場のスタジアムでの観戦にします。













  1. 2013/08/12(月) 01:23:28|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナム旅行 2日目 2013.8.11その2 サッカー観戦

土砂降りの雨の中、ホーチミンからタクシーでロンアン・スタジアムへ向かう。

今日は佳境を迎えたベトナムVリーグ19節(12チーム2回総当たり全22節)、

現在3位のSHBダナンと最近ようやく降格圏を脱出したドンタム・ロンアンの一戦。


Wikipediaだとホーチミン市街からタクシーで40分とあったが、大雨のせいか運転手が多少道を間違え途中車を停めて5回くらい人に道を聞いてたせいか1時間半もかかり78万ドン(3500円)もしました。


ベトナムのタクシーは長距離だとバンコクの3倍位する。高ぇ~!


それでも早く出発したので4時半到着。↓


20130811_184326.jpg


5時キックオフなのでちょうど選手はアップ中。

スタジアム周辺はグッズ、ユニフォームなどは一切売ってません。



なぜか、バックスタンド2万ドン(100円)の席を買ってしまいました。


お陰でサポーターと隣り合わせ。↓


20130811_184527.jpg

20130811_184551.jpg



トランペット4人、サックス1人、大太鼓2人、小太鼓2人の編成。

チンドン屋みたいで鳴り物メインで声の応援はなし。

かなりうるさかったです。


小雨になったものの私を含め狭い屋根の下に観客が殺到。↓

20130811_184640.jpg


あと驚いたことに皆、タバコを吸いながらの観戦。
かなり煙かったです。





もうひとつ驚いたのは、ロッカーがバックスタンド側にあるので入場は↓



20130811_184423.jpg


20130811_184443.jpg


20130811_184505.jpg



それではキックオフ。↓


20130811_184722.jpg


20130811_184744.jpg


その3に続く。




  1. 2013/08/12(月) 00:07:01|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナム旅行 2日目 2013.8.11 その1

今日の目玉は夕方のサッカー観戦。

それまではとくにあてもなく街をぶらつく。




南国フルーツの果物屋。いかにもアジア。↓


20130811_183902.jpg



有名なベンタイン市場。↓


20130811_184016.jpg



この雑踏な感じ。パワフルです。↓


20130811_183946.jpg


この肉屋の感じ。ワイルドです。↓

20130811_183923.jpg


そうしている間も何軒かの本屋でサッカー雑誌をチェック。

全て空振り。

ナイキショップを3軒ほどはしご。
ベトナム代表ユニは売ってませんでした。
ギリギリZENプラザ1Fのナイキショップにだけベトナム代表のジャージとポロシャツがかろうじて残っていた。


アディダスショップにはバスケットASEANリーグのサイゴンヒートというチームのユニフォームがありました。



ということで午前中はサッカー関連収穫なし。



お昼ご飯は美味しい食堂、ドンニャン・コム・バーカ。↓


20130811_184231.jpg


お惣菜を指差し注文でおかずによっては温め直してどんどんテーブルまで運んできてくれる。↓


20130811_184214.jpg



今日もオーバー発注。
画像にはのりきれなかった魚の煮付けとビールも含めて日本円で1000円。


一人500円。普通は300円位で大満足のお店。
今日は久しぶりのベトナムとあってテンションが上がってしまいました。


案の定、かなり残してしまいました。



その後、教会や↓


20130811_184251.jpg


郵便局など↓


20130811_184308.jpg


さらにこんな高いビルもありました。↓

20130811_184036.jpg



ベタに観光しながら時間を潰し、午後3時にロンアン・スタジアムへ出発。



そに2に続く。








  1. 2013/08/11(日) 23:24:59|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナム旅行 1日目 2013.8.10

ベトナム旅行1日目


今日は午前中で仕事を切り上げ一路成田空港へ。


午後5時50分発のホーチミン行き。


出国ラッシュを覚悟してましたが、午後4時頃の成田空港は意外と混んでませんでした。↓


20130810_232901.jpg



今回もJALで↓


20130810_232828.jpg



現地時間で午後10時に到着。


なんやかんやで午後11時にホテルにチェックイン。


もう今日は寝るだけなのでベトナムのサッカー番組をアップします。↓


20130810_232759.jpg



さあ、明日からどんなベトナムサッカーに触れることが出来るでしょうか?



  1. 2013/08/11(日) 01:58:57|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿島アントラーズ VS. サンパウロFC 2013.8.7 その2

その1の続き。


試合序盤は互いに様子見。


フィジカル、スピード、ボールコントロールなどサンパウロは1枚上手。

あとブラジル代表でもそうですが鹿島の攻撃をインターセプトするやいなや4~5人が一気に駆け上がりとたんに大チャンスになる。


このスイッチの入り方はJでは見られないまさにワールドクラス。



それでも鹿島は我慢のサッカー。

次第にサンパウロの圧にも慣れ、Jリーグのチームらしくゆっくりではあるが細かいパスを繋いで試合のペースを握り始める。



サンパウロはまだ時差ボケなのかペースが上がらず、前半24分混戦から大迫がゴール。↓


20130807_211400.jpg




ここから試合は鹿島ペース。
選手の動き出しがよくサンパウロは後手を踏む。


そして、前半39分にジュニーニョから大迫にドンピシャクロス。
大迫本日2点目。↓



20130807_211426.jpg



鹿島サポ大盛り上がりのなか、前半終了。



<後半>

ハーフタイムに監督の喝が入ったのかサンパウロは前半とは別のチームのように動き回り鹿島を自陣に釘ずけ。

鹿島は防戦一方でズルズルDFラインも下がる。


2ndボールも拾えなくなりラインも下がるので後半13分、ガンソがペナルティーエリア外からミドルシュート。

曽ヶ端の手をかすめゴール。↓


20130807_211319.jpg



Jリーグではパスの出してを探すところでも世界はシュートを狙ってくる。

国際試合はこうでなくっちゃという感じ。
いいもの見せてもらいました。


こうなると鹿島も黙ってはおらず両者撃ち合いの面白い展開へ。


すると、鹿島の速攻に堪らず大迫を倒してPKの判定。

これを決めれば3-1。



大迫自らセット。↓


20130807_211249.jpg


しかし、キーパーに止められる。

が、キーパーが早く動いたのかなんとやり直し。


が、今度は大迫芝を蹴って大きくふかす。


何てこった!




こうなると再びサンパウロペース。


イケイケドンドンでアロイージオが同点ゴール。↓


20130807_211230.jpg




サポーターも大盛り上がり。↓


20130807_210627.jpg




こうなると逆転されるのも時間の問題か?

なおもサンパウロの攻勢は続きゴール前でのFKではこんなシーンも。↓


20130807_211201.jpg




名物GKのFKです。
でも決められず。


それでも鹿島は苦しいながらも何とか凌ぎ残り時間もあとわずか。


しかし、ここで問題が。


延長、そしてPKともなれば終電との争いとなってしまう。

もうここはどちらでもいいから90分で勝負をつけてくれと切に願う。
それも諦めかけ、明日の仕事に響くなあ~と思ったロスタイムに柴崎が起死回生の決勝ゴール。↓


20130807_211133.jpg




鹿島にとってまさに救世主。
私にとっても帰りに余裕をもたらしてくれたので救世主です。↓


20130807_211106.jpg



柴崎が最後に美味しいところを持っていきました。
大迫がPKを決めていたらこんなひやひやしなくて済んだ試合でした。


それにしても、後半はサンパウロが全力を出してくれたので大変見応えがありました。

両者とも局面局面で熱く、激しいプレーもでていたので観にきた甲斐がありました。


鹿島はこういうぎりぎりの闘いを経験することで今後のリーグ戦にも必ずやプラスとなることでしょう。
しかも、今は世代交代の真っ最中。
ヤングアントラーズは貴重な経験を積みました。


マンUやアーセナル、デルピエロのシドニーFCなどが今夏来日しましたがそれらの興行的側面の強い試合より間違いなく熱い試合でした。



今年のヤマザキナビスコカップは只今ベスト4。

残ってるのは浦和、川崎、横浜、柏といずれも観戦可能な関東勢。


来年の夏もぜひともスルガ銀行杯を観に行きたいと思います。!

追記


その後、柴崎のゴールは最後に大迫が触れていたということで大迫のゴールに変更。

大迫のハットトリック達成となりました。































  1. 2013/08/07(水) 23:21:50|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鹿島アントラーズ VS. サンパウロFC 2013.8.7 その1

スルガ銀行チャンピオンシップ2013。


ヤマザキナビスコカップの覇者と南米のコパスダメリカーナの覇者が戦うやつです。

今年で6回目。


鹿島VS.サンパウロ。

今日はたまたま仕事が休みになったので鹿島スタジアムまで来てしまいました。↓


20130807_210515.jpg



サンパウロは主力を数人連れてきてはいないものの名門との真剣勝負を観れるまたとないチャンスとあって片道4時間かけて到着しました。


自宅を午後2時出発。
東京駅に3時過ぎに到着。
昨日決めたので高速バスの直行予約便は3本とも売り切れのため少し並んで3時40分発の途中5箇所くらい経由する少し遠回りルートで午後6時過ぎにスタジアム到着。

因みに帰りはどこも立ち寄らないので1時間40分で東京駅に着きました。



今日の観衆は26200人。


平日の割には入りました。↓


20130807_210557.jpg


20130807_211508.jpg


ブラジルのサポーターはなんかにぎやかで楽しそうです。



それでは選手入場、キックオフ。↓


20130807_210720.jpg


2013_0807_19013800.jpg


20130807_210835.jpg


20130807_210902.jpg


チケット代も良心的で前売り価格でいうとゴール裏及びバックスタンド、メインスタンドの両サイドまでなんと一般1000円。それで充分だったがなんせ昨日決めたのでそこは売り切れ。
しょうがないのでやむなく次に安い3000円のバックスタンド中央にしました。↓



20130807_210936.jpg


センターラインど真ん中をゲット。
ここなら3000円も惜しくはありません。


あとメインスタンド中央は4000円の3プライス制。
Jリーグもこれくらい安くすると客足も伸びると思います。

今日は売店も凄い大行列でした。




サンパウロのきょうのお目当てはFKも蹴る名物GKのロジェリオ・セニ。↓



20130807_211013.jpg


あと、サンパウロではまだ定位置確保に至らず控えが多いらしいが、一昨年トヨタカップでサントスの一員として来日し、ネイマールにパスを供給していた元ブラジル代表のガンソ。↓



20130807_211036.jpg


残念ながらそれ以外には、怪我で来日メンバーから外れたルイス・ファビアーノやインテルにもいたルッシオ(監督から干されているらしい)も在籍しています。





その2に続く。





  1. 2013/08/07(水) 22:02:04|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. サンフレッチェ広島 2013.8.3

浦和は優勝争いに踏みとどまるためにはどうしても負けられない一戦。


そんな今節注目度No.1の試合を観に埼玉スタジアムへやって来ました。↓


20130803_202637.jpg



今日はよく入って、42600人。

レッズファンの期待の高さが伺えます。




ザックも観戦。
再来週のウルグアイ戦の選考はどうなるのでしょうか?↓


20130803_202846.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20130803_202511.jpg


20130803_202729.jpg


20130803_202820.jpg





試合開始からどうも広島の動きが鈍い。

全然前からボールを奪いに行かない。


これは、後半勝負の省エネ作戦か?


そんな、守備を固める広島に対して前半5分に得たFKから興梠が技あり擦らしヘッドでファーストチャンスをモノにする。↓


20130803_202917.jpg


20130803_202943.jpg




1点先制されても広島の省エネサッカーは続き自陣に引いてカウンター狙い。

相手がそうなら浦和はリスクを冒さずゲームをコントロール。


それでも前半28分、鮮やかな速攻で原口がゴール。↓


20130803_203007.jpg


20130803_203031.jpg




またしてもワンチャンスをモノにする。

今日の浦和は気合いが入って、よく集中しているので効率よく点が入る。



広島は良いところなく2-0で前半終了。




後半に入りようやく広島は攻勢にでるが後半10分、浦和は速攻から平川の早いクロスに興梠が点で合わせ追加点。↓


20130803_203054.jpg




今日の浦和はホントいい時間帯に得点を挙げて勝負を決めました。

あと、浦和で良かったのはこの試合から鈴木啓太が復活し、柏木もキレていたのでここ数試合不安定だった中盤が安定。
これも広島に対して優位にたてた要因。



ロスタイムに広島はCKから水本がヘッドで一矢を報いるも、時すでに遅し。



今日は引き分けでもいいと思って試合に入った広島に対して何が何でも勝たなければならない浦和の気迫が勝った試合でした。

これで首位広島と浦和の勝ち点差は2。

優勝争いが俄然面白くなって来ました。




それにしても、ピンポイントで合わせる興梠らしいゴールを2つも観れたので今日はいいゲームでした。















  1. 2013/08/03(土) 21:43:55|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0