サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

ACL 柏レイソル VS. 広州恒大 2013.9.25

さあ、待ちに待ったACL準決勝1stレグ。

あいにくの雨模様ですが強敵広州を下せばアジアの頂きが見える一戦。



胸踊らせて日立台までやって来ました。↓


20130925212943c64.jpg




今日の観衆は12000人。
広州のサポーターが大挙押し寄せています。↓


20130925212943e67.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


2013092521294324e.jpg


名将対決も見処の一つ。↓

20130925212943bf6.jpg




開始とともに雨もやみ、試合序盤は一進一退の好ゲーム。

そして早くも今日のハイライト、前半10分。


ジョルジ・ワグネルのセンタリング崩れのFKがそのままゴールイン。↓


20130925212943655.jpg


20130925212652bb1.jpg


20130925212652bce.jpg


喉から手が出るほど欲しかった先制点が早くも柏に転がり込む。


その後も柏ペース。

広州はカウンターに鋭さを見せるも柏も何度か追加点のチャンスがあり、柏優勢で前半終了。

今日はいけそうな気がする。


でもいい夢を見させてもらったのはここまで。


後半はまざまざと現実を突き付けられる。



後半13分にこぼれ球をムリキに決められ同点。

22分には波状攻撃の末、コンカのスーパーミドルで逆転ゴール。



これで踏ん張れれば2ndレグに望みも繋がったが37分にCKからエウケイソンが決め3-1。


勝負が決し、柏は集中も切れ45分にまたもムリキにダメ押しゴール。↓

20130925212652ee0.jpg


201309252126522af.jpg


20130925212652543.jpg


終わってみれば4-1の一方的な試合。


前半は様子見で押さえ目に試合に入ったアウェイの広州。

先制されたということもあり、後半勝負に出て一気に畳み掛け4得点。

やはりこういう試合運びが出来るのも強者のなせる技。



注意しなければいけない外人助っ人トリオ全員にゴールを決められたとあれば柏に勝ち目はありません。


下馬評どおり広州恒大は強かった!という試合でした。

2ndレグは空しいだけの消化試合になってしまいました。



来年こそはJリーグからACLチャンピオンを出すべく頑張ってもらいましょう!









  1. 2013/09/25(水) 22:12:22|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京ヴェルディ VS. ジェフ千葉 2013.9.23

今日はJ2観戦。



J2は終盤戦を迎え、ガンバと神戸で自動昇格はほぼ決定。

残り1枠を架けたプレーオフ進出も京都、千葉、徳島、長崎になりそう。

そういう意味では最後のプレーオフ以外は面白味に欠けてきたJ2。


それでも駒沢までやって来ました。



私の中では未だにジェフ千葉と言えばオシム↓


20130923_164352.jpg



今日のお目当てはついぞ浮上のキッカケを掴めなかったヴェルディではなく、先頃日本に帰還した森本。↓


20130923_164307.jpg



今日はこのためだけに駒沢に来たようなものです。


今日の観衆は丁度1万人。千葉のサポーターが多数詰め掛けました。↓


20130923_164325.jpg


20130923_164041.jpg


20130923_164248.jpg



あと、今日の見処は高原、巻VS.ケンペス、森本のJ2屈指の豪華FW対決。

と巻、森本の古巣対戦。
スタメン紹介のとき2人とも相手サポーターから温かい拍手が沸き起こり、いい光景でした。




それでは選手入場キックオフ。↓

20130923_164228.jpg


20130923_164139.jpg


20130923_164210.jpg


20130923_164119.jpg





序盤はホームのヴェルディ優勢もその後やや膠着。

それでも前半28分、ヴェルディ小池が左足一閃。
スーパーミドルを叩き込み先制。↓


20130923_164059.jpg




決して、ヴェルディがいいサッカーをしてる訳ではないのに千葉は崩せず前半終了。



後半に入っても膠着。
リードしているヴェルディは仕方ないにしても点を取りに行かなければならない千葉は攻撃が噛み合わず、ケンペス、森本の2トップも決して相性がいいとは言えず、2人とも本日はノーインパクト。


試合はそのまま1-0で終了。

多数詰め掛けた千葉サポーターをガッカリさせただけの試合でした。


私にとっては今シーズンのJ2はあとプレーオフだけ観戦すればいいかなと思った試合でした



  1. 2013/09/23(月) 17:35:25|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柏レイソル ACL ベスト4進出!

1stレグを見る限りでは柏のベスト4進出を心配していましたが、やってくれました!




アウェイのタフな戦いを征し見事ベスト4進出。↓


20130919_210519.jpg



準決勝1レグは間髪入れず早速の来週25日の水曜日です。

さすがに仕事を定時で切り上げても、柏なのでキックオフには間に合わない。


そんな訳で何とか休みをとって観に行こうと思います。


相手は実力No.1の広州恒大。
実力がズバ抜けてるだけに出来れば決勝で当たりたかった。


それと我が愛するタイのブリーラムはやはり順当にこのベスト8で散りました。

また来年頑張りましょう。
ここまでこれただけでもサプライズでした。



それにしても広州恒大は異次元の強さ。
そんな強敵にどんな形でもいいので勝ってくれることを祈って来週の水曜日を心待ちにしてます。


  1. 2013/09/19(木) 20:55:10|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. 浦和レッズ 2013.9.14 その2

さあ、いよいよ試合開始。

Jリーグ随一の人気チーム同志の対戦。

両サポーターの熱い声援の中、気合いの入ったテンションの高い試合。


中盤も非常にコンパクト。

序盤は慎重にリスクマネジメントも怠らない。
かといって、腰が引けた守備的な戦いではなく攻守も入れ替わるオープンでイーブンな試合展開。


すると前半8分、太田のFKを韓国代表のチャン・ヒョンスがピタリと合わせヘディングゴール。↓

20130914_204241.jpg


やはり、セットプレーだと集中して守っていた浦和にもちょっとしたマークのズレが生じ得点に繋がりました。


それでも、浦和は慌てずジワジワポゼッションで優位にたちペースを掴む。




しかし、前半36分またしてもセットプレーから今度は森重がゴール。↓



20130914_204300.jpg


20130914_204321.jpg


20130914_204344.jpg


これも、浦和のマークが甘く森重はドフリーでした。

それにしても、森重は今シーズンからキャプテンを任され代表でもキャップを重ね頼もしくなりました。



浦和にとっては勿体ない感じで前半終了。





後半開始からこのままではいけない浦和が攻勢に出る。

東京はちょっと受けに回ってしまって、攻撃が影を潜める。


すると6分、今度はお返しとばかりにFKを槙野がヘッドで合わせゴール。↓

20130914_204407.jpg


20130914_204425.jpg




そして続けざまに8分、那須がお得意のヘッドで同点。↓

20130914_204445.jpg





あっという間の同点劇にまたしても勝負弱いFC東京の過去の負け試合が頭をよぎる。




それでも、今日は途中出場の平山がやってくれました。


後半45分、またしても太田のFKを平山が得意のヘッドで逆転ゴール。↓


20130914_204506.jpg


20130914_204526.jpg


20130914_204610.jpg



まずは、長い間怪我に悩まされた平山選手のJ復活ゴールおめでとうございます!



それと、本日2アシストの太田選手スバラシイ左足です。
長友のバックアッパーに推薦します!




そんなこんなで今日は全5ゴールすべてヘディングゴール。

グラウンダーのパスは両チームの高い守備意識の前に分断。
こういうしまったゲーム故、地上戦ではなく空中戦勝負の試合展開となったのでしょう。

しかも、そのうち4ゴールがセットプレーから。


でも今日ばかりはセットプレーで失点した守備陣を責めるよりも互いに集中したなか上手くクロスに合わせた得点者を誉めたいと思います。

そんなギリギリの戦いを制したFC東京は私が観た中では今シーズンのベストゲームです。


今日は両チームとも実力伯仲のレベルの高い試合でした。









  1. 2013/09/14(土) 23:04:05|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. 浦和レッズ 2013.9.14 その1

今日は好カード続出でどの試合を観に行こうか悩みましたが、FC東京のタダ券を消化すべく国立競技場へやって来ました。

レッズ戦だとよく入ります。↓


20130914_203627.jpg


20130914_203710.jpg




今日はオリンピック招致記念でプレゼンターの佐藤選手や↓


20130914_203805.jpg




聖火が点灯。↓


20130914_203858.jpg




それにしてもレッズ戦はすごい集客力があります。↓

20130914_203740.jpg


今日の観衆は36000人。

最上段のパノラマ席までギッシリ。↓


20130914_203838.jpg





それでは選手入場キックオフ。↓


20130914_203928.jpg


20130914_203950.jpg


20130914_204012.jpg


20130914_204031.jpg






その2に続く。



  1. 2013/09/14(土) 21:14:03|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. 高知大学 2013.9.11

ナビスコカップのため本日にスライドした天皇杯2回戦。


今日は仕事が早く終わり急遽試合観戦を決めたので携帯画像。


格下との対戦のため注目度の低い天皇杯2回戦。しかも平日開催。

今日の観衆は2600人。




真ん中の指定席が空っぽ。↓


DSC_0951.jpg


昨日の代表戦と比べて25分の1の観客数。



それでは選手入場キックオフ。↓



DSC_0950.jpg




あっと驚くジャイアントキリングでも起きないかなと期待してましたが、メンバーを落とした川崎相手でも大学生は戦術以前にフィジカルが圧倒的に劣っています。


高知大学は自陣に釘ずけになり前半10分、アランピネイロを止められずPKを献上。

自ら決めて川崎があっさり先制。↓


DSC_0952.jpg<


その後川崎は浮き足立つ大学生を尻目に一気に畳み掛けるかと思いきやトーンダウン。

そのまま前半終了。



後半に入ると6分、高知大学がワンチャンスをものにしてなんと同点ゴール。↓


DSC_0953.jpg




これで両チームとも動きが活発になり試合のテンションが上がり面白い展開。


するとジワジワ攻勢を強める川崎は後半19分と22分に立て続けにゴールを決めて勝負あり。


試合はそのまま3-1で終了。


結局、当たり前のように力の差が出た試合でした。












  1. 2013/09/11(水) 21:46:24|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本代表 VS. ガーナ代表 2013.9.10 その2

試合序盤はホームの日本がいつもの小気味良いパスワークで優勢。


しかし、何度かチャンスを逃しているうちに次第にガーナも日本の攻撃に慣れ、カウンターを繰り出す。

いくら2軍とはいえアフリカの身体能力は侮れません。




すると前半24分、香川のパスミスをカットするとガーナが電光石火のカウンターでなんと先制ゴール。↓


20130910_221425.jpg


明らかに前半の香川のパフォーマンスは最悪。
これが試合勘のなさというものか。


その後、日本も攻勢に出るが決定的チャンスを何度も外し0-1で前半を折り返す。



後半に入ると、ガーナの守備体型も間延びしてきて5分に香川がデルピエロゾーンから起死回生の同点ゴール。↓


20130910_221246.jpg


20130910_221354.jpg



これで香川は吹っ切れたか、その後はいいパフォーマンス。

この勢いでマンUでも活躍できるといいんですが。




この同点弾で試合は完全に日本ペース。



すると後半20分、中央から遠藤がゴールをこじ開け逆転。↓


20130910_221220.jpg


20130910_221155.jpg



27分にはFKから本田がヘディングゴール。↓


20130910_221129.jpg


20130910_221014.jpg


20130910_221059.jpg


20130910_221035.jpg




その後、試合はこのまま進み3-1で見事日本の逆転勝利。


と言いたいところですが、これがこの前のウルグアイ相手だったら喜ぶべきことですが、この前のグアテマラ、と本日のガーナともにW杯レベルには程遠く調整試合の域を出ません。


しかも、今日はミスから先制され強豪相手なら致命傷になりかねないミスも幾つかありました。

そして、決定的チャンスも外しまくった。


こんなんではW杯グループリーグ1位通過は夢のまた夢。

2位通過も黄色信号。


日本代表に足りないものは中盤で体を張る選手がいないこと。

守備時における中盤のフィルターが機能しないのでDF陣に負担がかかる。


本田以外は世界レベルの物差しで測るとどうももの足りない。

香川もまだまだムラがあります。



長友は本来の姿に戻りつつあります。


それと判断のスピードアップと本田並みのプレッシャー下でのプレーの正確性が必要だと思います。





日本代表のサポーターは浦和レッズと比べると迫力はありませんが、賑やかでまた違った面白さがありました。

それにしても満員の日産スタジアム。これは迫力ありました。↓


20130910_212841.jpg









  1. 2013/09/10(火) 23:05:20|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本代表 VS. ガーナ代表 2013.9.10 その1

今日は20年ぶりに日本代表の試合観戦です。


思い起こせば、ドーハの悲劇があったアメリカW杯の1次予選?

国立競技場で行われたスリランカ戦以来。


当時は簡単にチケットが獲れました。






そんな今日のお目当ては勿論この二人。↓


20130910_213706.jpg



20130910_213644.jpg




そう言えばこのメンバー紹介の時、聞いてはいたんですが内田のときはアイドルコンサート並の黄色い声援。


客層はJリーグより断然若い!



今日の観衆は65000人オーバー。
こういう人たちがもう少しJリーグに足を運んでくれればと思います。↓



20130910_213450.jpg


20130910_213514.jpg




それでは、選手入場キックオフ。↓


20130910_213622.jpg


20130910_213555.jpg





代表戦ともなるとすごいカメラマンの数。↓


20130910_213423.jpg



20130910_213331.jpg



20130910_213309.jpg





20130910_213351.jpg






その2に続く。








  1. 2013/09/10(火) 22:00:41|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京ヴェルディ VS. Vファーレン長崎 2013.9.8

今日は天皇杯2回戦を観に西ヶ丘にやって来ました。




タイムリーな横断幕。↓


20130908_191105.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20130908_191028.jpg


20130908_190918.jpg


20130908_192236.jpg




西ヶ丘は1万人に満たないキャパシティの専用競技場。
雨でなかったら最高の観戦環境だったんですが…



J2で旋風を巻き起こしているだけあり長崎の攻撃はダイナミック!

大きなサイドチェンジも多用し観ていて新鮮!


対するヴェルディはどうも攻撃が手詰まり。
悪い時の川崎フロンターレのように真ん中に集中しパスが繋がらない。

プレーする上で選手同志、同じ絵が画かれているのが長崎。

所々、個人プレーに走りややバラツキのあるヴェルディ。



それでも前半12分、巻が先制ゴール。↓


20130908_190952.jpg





長崎は慌てず徐々にペースを握り、36分に古部が同点ゴール。↓


20130908_191134.jpg




その後も押せ押せの長崎、44分に井上が逆転ゴール。↓


20130908_191227.jpg



後半に入ると6分、ヴェルディの関が同点ゴール。↓

20130908_191309.jpg


20130908_191530.jpg




後半早々に同点に追い付いたことでホームのヴェルディが形勢逆転。



長崎は防戦一方。

それでも何とか凌ぎ延長を覚悟した後半42分、鮮やかなカウンターからまたしても巻がゴール。↓


20130908_191603.jpg



前半は長崎のゲームでしたが、後半ヴェルディが数少ないチャンスを確実にものにし勝利を手繰り寄せました。





  1. 2013/09/08(日) 21:32:08|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香港サッカー リーグ ユニフォーム

香港サッカー協会のHPを覗いていたら、2013モデルのユニフォーム画像があったので気になったものを紹介します。



まずは名門サウスチャイナ↓


20130904_195246.jpg


続いて香港レンジャーズ↓


20130904_195337.jpg



是非とも欲しい横浜FC香港↓


20130904_195541.jpg


20130904_195602.jpg



他にもこんなに↓


20130904_195439.jpg


20130904_195420.jpg


20130904_195359.jpg


20130904_195519.jpg


20130904_195457.jpg


アジアサッカーリーグでは珍しくアディダス、ナイキの率が多い。




最後に2部チームの香港FC


サッカーでは珍しくカンタベリー↓


20130904_195620.jpg




そう言えば香港はラクビーも人気スポーツ。



こんなにザクザク、マニアックなユニに出逢えるとなると俄然香港旅行の現実味が増してくる今日この頃。






  1. 2013/09/04(水) 20:16:38|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0