サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

浦和レッズ VS. 柏レイソル 2013.10.27

11日ぶりのサッカー観戦&ブログ更新。

Jリーグも佳境を迎え今日を含めてあと5試合。

埼玉スタジアムへやって来ました。




今日の観衆は34800人。


レッズは優勝を目指すにはもう負けられません。↓

20131027182431058.jpg


20131027182431c58.jpg



面白いことに今度の土曜日は同じカードでナビスコの決勝。


それでは選手入場キックオフ。↓


201310271824310b3.jpg


20131027182431246.jpg


20131027182431b8a.jpg


20131027182328ee3.jpg




試合開始からホームの浦和が攻勢に出る。


浦和はここ数試合の好調そのままにボールがよく回り、早速の前半5分、原口の思いきりのいいシュートをGKがはじいたところを柏木がヘッドで押し込み先制ゴール。↓


20131027182328416.jpg



さらに前半11分、槙野がサイドから冷静にフリーの柏木に送り、柏木も冷静にゴールに流し込み早くも2-0。↓



20131027182328e79.jpg


20131027182328ed9.jpg



柏木絶好調。

この前の国立の柏戦のように浦和大量点の予感。


しかし、浦和はこのリードで気が緩んだかすぐの前半14分、ミスから工藤に決められ2-1。↓


2013102718232851b.jpg




まだ勝負の行方はわかりません。


乱打戦か?と思いきや、序盤バタついた試合展開もようやく落ち着き、今度は一転して膠着状態。


互いに守備意識が高く攻手がない。


そのまま前半終了。


後半に入っても膠着した堅い展開。


浦和は少しヒヤッとするシーンもありましたが何とか凌ぎこのまま2-1で試合終了。


浦和は勝ち点3ゲットでミッション完了。

今節は横浜、広島も勝利し残り4試合。まだまだ優勝争いから目が離せません。



  1. 2013/10/27(日) 18:57:31|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. 東京ヴェルディ 2013.10.16

今日はナビスコカップのためスライドした天皇杯3回戦。

横浜、浦和、柏といろいろ選択肢はありましたが、以前ここ等々力をホームにしていたヴェルディとホームのフロンターレの観戦に決めました。↓


20131016215547144.jpg





台風のせいか今日の観衆は5043人。少ない!↓

20131016215547bff.jpg


20131016215547d91.jpg




20131016211609529.jpg





それでは選手入場キックオフ。↓


20131016211609cfe.jpg


20131016211609a0d.jpg


20131016211609dd2.jpg


20131016211312556.jpg



序盤は川崎が猛ラッシュ。

川崎の素早いパス回しにヴェルディはただ指をくわえて見ているだけ。


ヴェルディはなすすべなく、前半4分、早くもサイドをえぐられ矢島が先制ゴール。。↓


20131016211312626.jpg


20131016211312222.jpg




今度はすぐの前半9分、CKの混戦からヴェルディがたまらずファウル。
川崎にPK献上。


大久保があっさり決めて、あっという間に2-0。↓


20131016211312e97.jpg



その後も川崎の攻勢が続き3点4点ともっと入ってもおかしくないくらいチャンスを繰り出すが惜しいところで追加点はならず前半終了。


ある程度川崎優勢は予想していましたがここまで差があるとは。

まるで大人と子供。

川崎はまるで高校生相手に練習試合をしているみたいでした。



しかし、後半に入るとハーフタイムに気合いが入ったのかヴェルディは前線からのチェックが早く激しくなり今度はヴェルディペースに。


これを前半からやればよかったのに。ゲームは急に絞まった展開。
逆に川崎の攻撃はタイトに生まれ変わったヴェルディの中盤に潰されチャンスは皆無。



しかし、このヴェルディ優勢の時間帯に得点出来ればよかったんですが幾つかチャンスを潰しているうちに後半32分、カウンターからレナトに決められ3-0。↓


20131016211312917.jpg



これで勝負あり。

ナビスコは負けてしまったので川崎には天皇杯のタイトルを目指して頑張ってもらいたいです。







  1. 2013/10/16(水) 21:46:08|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アヤックス

只今、アムステルダムにいる妻からの便り。


まずは、蚤の市でポーチとステッカーをお土産物にゲットしてくれました。↓


20131014232503a0c.jpg



20131014232503998.jpg





偶然トラムで移動中にオフィシャルショップを発見したみたいで、夫想い?!の妻は後日わざわざ訪れてくれました。↓


20131014232422fcb.jpg


20131014232422c9e.jpg


20131014232422373.jpg


2013101423242261b.jpg


20131014232422453.jpg


さすが、歴史あるクラブは街中のオフィシャルショップも格式高い。

こんなところにもヨーロッパサッカーの奥深さを感じます。


こんなショップを見せられると、まだまだJリーグは足元にも及ばないことを痛感。




こんな素敵なショップではキーホルダーを買ってくれた模様。↓


201310142325030d7.jpg



  1. 2013/10/14(月) 23:36:24|
  2. ヨーロッパリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェフ千葉 VS. FC東京 2013.10.13 その2

その1の続き。


ルーカスの得点後、ゆりかごダンス。↓


20131013225239a35.jpg


2013101322523907b.jpg



いい時間に先制出来ました。



しかし、後半に入っても東京はなかなか追加点が獲れません。


いいところまでは行くんですが決定力不足。

セレッソみたいにJ1の力を見せ付けられません。


すると、あろうことか後半45分、千葉の深井に同点ゴールを許す。↓


201310132252392f8.jpg


201310132252398d2.jpg




完全に嫌な流れ。


延長戦に突入。↓


2013101322523920b.jpg


こうなると互いに精神力勝負。
実力では東京が上なので延長戦に入っても東京が押しぎみに進めるも、千葉も時折押し返す。


しかし、決着付かず遂にPK戦へ。↓


20131013225551db6.jpg




千葉側ゴールでのPK戦。東京はやりずらそう。↓

20131013225551dc7.jpg



途中、2ずつ外しサドンデス8人目。

千葉が外し後攻の東京はこれを決めれば勝ち。


緊張の8人目徳永が見事決めゲームセット。↓


2013101322555166b.jpg


20131013225551e7c.jpg


20131013225551591.jpg




FC東京にとっては決して誉められた試合内容では有りませんが、一応4回戦に駒を進めたといことで善しとしましょう。

昨年は1回戦敗退だったし。



しかしながら、7時キックオフのこの試合。

スタジアムを出たのが丁度10時。
只今、帰りの車中でブログの更新中。

どうやら、家に着くまでに日付が変わりそうです。


明日も休日だからまあいいか!










  1. 2013/10/13(日) 22:51:11|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェフ千葉 VS. FC東京 2013.10.13 その1

今日は天皇杯3回戦。フクアリまでやって来ました。


まずはストーンズ対決。↓


2013101322250288b.jpg


201310132225021ff.jpg



ミック・ジャガーは永遠に不滅です。




今日の観衆は9300人。

日曜日でJ1チームとの対戦。

少な過ぎるぞ千葉の皆さん!


それでもサポーターは熱い。↓


20131013222502088.jpg


20131013222502b92.jpg


それでは選手入場キックオフ。↓


201310132225022fe.jpg


20131013222743658.jpg


201310132227437b9.jpg


20131013222743eac.jpg


20131013222743488.jpg


昼間の試合でセレッソがJ2首位の神戸を4-0で一蹴したようなので、ここは我がFC東京にも同じように千葉にJ1の洗礼を期待して試合に臨む。


そうはいっても千葉はホームだけあり、そう簡単には東京の思うようにやらせてはくれません。


FC東京が押しぎみでゲームを進めるも決めきれず、気が付けば前半は残り僅か。



それでも前半41分、スルーに抜け出したルーカスが倒されPK獲得。


これを自ら冷静に決め東京先制。↓


20131013222743b03.jpg





その2に続く。









  1. 2013/10/13(日) 22:42:06|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 川崎フロンターレ 2013.10.12

今日はナビスコカップ準決勝2ndレグ。

1stレグはホームの川崎が3-2で勝利という実に面白い展開。


埼玉スタジアムにやって来ました。


今日の観衆は27000人。

リーグ戦のシーズンチケットが使えないせいか、ナビスコカップの人気のなさが原因かいつもより少な目。


それでも両サポーターは熱い。↓

2013101219454633c.jpg



20131012191951959.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


201310121919516cd.jpg



20131012191951f38.jpg


20131012191951038.jpg


20131012191750136.jpg




攻撃的なメンタリティの両チーム。
そのため、1stレグのような派手な撃ち合いを期待してましたが、ここは決勝を架けた大一番。

両チームの目的もハッキリしており、引き分けでもいい川崎は慎重な立ち上がり。


兎に角、勝たなければいけない浦和がホームの大声援をバックに圧倒的にボールを支配。



それでも川崎は守備ブロックを形成し浦和の攻撃を跳ね返す。


出だしは浦和の先制も時間の問題と思っていたが前半をスコアレスで折り返し、後半に入っても浦和は決めきれず、時間の経過とともに暗雲垂れ込める。


それでも、ようやくの後半35分、サイドを崩し興梠が価千金の先制ゴール。↓


20131012191750135.jpg


20131012191750a21.jpg


20131012191750340.jpg




これでゲームが動いたのでロスタイムを含めた残り15分は一時も目を離せない死闘となり、まさにトーナメントの醍醐味。


それでも試合はこのまま終了。


死闘を物語るように、終了の笛とともに大きく喜ぶ浦和イレブンとへたりこむ川崎イレブン。↓


201310121917502ee.jpg


川崎の守備は浦和の攻撃を無失点に抑えるほど強くない。

タラレバになるが川崎はもっと前半から攻撃的に行っていたら結果は変わっていたかも知れません。



やはり、ホーム&アウェイのトーナメントは1stレグにアウェイゴールを許しての1点差勝ちというのは次の試合のゲームプランが難しいというの感じさせてもらった試合でした。







  1. 2013/10/12(土) 19:44:13|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HOSOGAI 7

ベルリンにいる妻からの便り第2段。


ヘルタベルリンのユニフォーム。↓

201310071932244b4.jpg


20131007193224fcb.jpg


20分待って、細貝のマーキングもしてくれました。



あと、市街のデパートにもヘルタベルリンコーナーがあったと連絡が来ました。↓




201310080028082a9.jpg



20131008002808ba4.jpg



ここではノートを買ってくれたみたい。



ウ~ン。俺もベルリン行きたいなあ~。
  1. 2013/10/08(火) 00:36:25|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. 柏レイソル 2013.10.6

今日は等々力です。

今日の観衆は14000人。↓


20131006162931df9.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


201310061629314ad.jpg


2013100616293164f.jpg


20131006162931c1f.jpg




水曜日に中国でACLがあった柏。

惨敗による喪失感と疲労感が柏イレブンに重くのし掛かり、動きが鈍い。

そんなことお構い無しにいつものイケイケで川崎早くも前半6分に大久保がゴール。↓


201310061627587c8.jpg


ホント、今の大久保はキレキレ。



それでも前半は柏が何とか凌ぎ1-0で折り返す。


後半に入ると6分、もはや川崎あるあるとなっているレナトの高速ゴリゴリドリブルに柏DFはたまらずファウル。

川崎にPK献上。


蹴るのは勿論、大久保。↓


2013100616275871b.jpg



冷静に決め追加点。↓


20131006162931bde.jpg



2-0となりスタジアムは大盛り上がり。↓


20131006162758516.jpg




それにしても今日は柏のファウルが多かった。そのためよくゲームが止まり、そこはやや不満なところ。
審判のコントロールが問題かも。



過密日程のため体が言うことを利かないのと、大久保への過剰なまでのケアがそうさせたのだと思います。(とくに大久保が削られていた)


やや試合が荒れぎみになり今度は後半12分、柏がPK獲得。


ジョルジ・ワグネルがこれを沈め1点差。↓


20131006162758610.jpg




それでも、今日の柏はこれ迄。


その後、後半41分にレナトがスーパーゴラッソを決め勝負あり。

ゴールと同時に負傷交代のレナト。↓


20131006162758965.jpg




得点王まっしぐらの大久保。

こう言う確固たるエースがいるチームが優勝争いに絡むと面白いんですが。



序盤の大不振が悔やまれます。











  1. 2013/10/06(日) 17:09:23|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. 鹿島アントラーズ 2013.10.5

本日2試合目の試合観戦。

ちゃんと試合前に到着しました。


絶好調の両チーム。

楽しみな一戦。

今日のお目当ては

この前の国立の浦和戦で大活躍の太田選手↓


20131005212913c3c.jpg



と前節ハットトリックのルーカスと最近絶好調の平山選手↓


20131005212913094.jpg






またまたおっちょこちょいな私は画像を消去してしまいこの2枚で画像終了。
あしからず。



試合の方は鹿島の強さばかりが目立ち、東京はいいとこなく敗れ去りました。



まずもって、試合の入り方からして違う。

鹿島からは何がなんでも優勝してやるという気概が感じられ、東京は4連勝中の上にあぐらをかいてフワッと試合に入った感じ。


その差は歴然。

開始早々の6分、9分に遠藤とダヴィに決められいきなり東京は2点のビハインド。


その後、後半に入っても小笠原、大迫に決められ、最後に平山が一矢を報いるも1-4で東京の完敗。


鹿島は攻守の切り替えも早く4位対5位の対決とは思えないくらいチームの完成度や実力の差が悲しいけどありました。


これで今シーズンのFC東京は完全に脱落。


鹿島は最後まで優勝争いに残る気がした試合でした。


  1. 2013/10/05(土) 21:48:08|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 大宮アルディージャ 2013.10.5

今節の注目カード、埼玉ダービー。

あいにくの雨模様ですが埼スタまでやって来ました。


最近、他チームからの浦和対策を恐れやや消極的ならしくないサッカーで勝ちきれない浦和ともうどうにも手の施しようのない大宮。

それでも埼玉ダービーどんな戦いを魅せてくれるでしょうか。



今日の観衆は48000人。
やはりダービーだと両サポーターの気合いも違います。↓


2013100518184104d.jpg




今日は特別な試合ということで赤白のコレオグラフィー。↓



2013100518184171a.jpg



20131005181841570.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20131005181932817.jpg


201310051819322e2.jpg




今日はアグレッシブに攻める浦和が復活!
と喜んでいたら、前半9分にはやくも大宮DFのニールが興梠を倒し一発レッドで退場。↓


2013100518193218b.jpg



しかも、PK!

阿部が冷静に決め、浦和が呆気なく先制。↓


20131005181932d3a.jpg


20131005181932571.jpg




残り時間を10人で戦わなければならない大宮には痛い代償。


ニールはいくらオーストラリア代表主将といっても全盛期を過ぎた感は半端なく興梠のスピードに全然ついていけず、2度程ぶっちぎられていたのでこのPKも必然だったのかも知れません。



しかし、その後は浦和が攻めあぐね試合は支配するものの決定的チャンスを何度も外し後半20分過ぎまでゲームは動かず、浦和ファンにとってはもどかしい展開。



それでもようやく、後半27分に柏木の素晴らしいスルーから宇賀神が抜け出し最後は原口が決め追加点。↓



2013100518184192a.jpg


20131005181841b5d.jpg



こういう試合展開は2点目が入るとどんどん追加点が入るもの。

しかし、私はここで時間切れ。

只今、5時36分、7時キックオフのFC東京VS.鹿島を観るため国立競技場に移動せねば。


スタジアムを出るとすぐさま大歓声。
どうやら4分後の後半31分に興梠がゴールした模様。

そして駅まで歩みを進めたらまた微かに大歓声が。

7分後の後半38分に関口がゴールした模様。


これでトータル4-0で試合終了。


前半早々の退場劇により浦和のワンサイドゲームになってしまったこの試合。

惜しむらくは11対11のまま甦った浦和の怒濤の攻撃が見たかったです。




  1. 2013/10/05(土) 18:24:48|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘルタベルリン

只今、仕事でベルリンにいる妻から画像が届きました。↓

201310032111299c1.jpg


201310032111297ee.jpg



ベルリンに行くのであればとリクエストしたヘルタベルリンのユニフォーム。

どうやら注文通りわざわざオフィシャルショップまで行ってくれた模様。


一応、背番号7の細貝をリクエストしたのだが画像が2枚しか届かず詳細不明。



ナイキで青白ストライプ、なかなかカッコイイと思います。


モンテディオ山形とは大違い。


スポンサーロゴのDBはデーべーの愛称で呼ばれているドイツの鉄道会社。

国鉄が民営化された鉄道会社という意味では日本で言うとまさしくJR。

そうなるとジェフ千葉とも繋がる。
まあ、去年までヘルタベルリンも2部だったしなあ。


古くは東洋のコンピューターことあの奥寺氏も一時在籍していたヘルタベルリン。


奥寺氏もジェフ(古河)出身。

色々と縁があるものです。


妻はその後、アムステルダムに寄って今月中旬に帰国予定。

ついでにアヤックスもリクエストしようかな?!


  1. 2013/10/03(木) 21:29:20|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0