サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

柏レイソル VS. FC東京 2013.11.30

今日は日産スタジアムでマリノスの優勝に立ち会おうと思ってましたが、2時まで仕事があり断念。

まあ、マリノスも負けて優勝は次節に持ち越し。

そんな訳で午後5時キックオフなら間に合うと言うことで、柏までわざわざ消化試合を観に来てしまいました。



それでは選手入場キックオフ。↓


20131130192726612.jpg


201311301927260ac.jpg


201311301927265a6.jpg



ポポ監督も今シーズン限り。
いいサッカーを展開してくれたものの、ついぞ勝者のメンタリティー的なものは植え付けられませんでした。↓



20131130192726efc.jpg





試合内容は消化試合だけあり、互いに気の抜けた熱さも激しさもない練習試合みたいな感じ。

特に東京のほうが緊張感がなく、前半39分に混戦からアーリアがペナでハンド。

これを田中順也が冷静に決めて柏が先制。↓


20131130192726526.jpg


20131130192835043.jpg



さらに、前半ロスタイムにも東京のバックパスのミスからまた反則で柏にPK献上。

先程のデジャブでまた田中順也が決めて2-0で前半終了。↓

201311301928355b3.jpg




ただでさえ、覇気のない試合なので審判も空気を読んでどちらか一つでもPKを見逃してくれたら後半は幾分か面白い展開になったかもしれません。

後半も開始早々の1分にまたしても東京のGKへのバックパスのミスから権田のキックミスを誘い、工藤が難なく追加点。↓


20131130192835ea8.jpg




開いた口が塞がらない。

後半が始まったばかりで東京は3点のビハインド。
それに勝負もほぼ決している感じ。

こんなFC東京ははじめて見ました。

消化試合と言えども、いくらなんでもひどすぎる!


後半38分に途中出場の石川が一矢を報いるも↓


2013113019283526a.jpg



すぐの、後半42に田中順也の左足が炸裂。
ハットトリックで4-1↓



2013113019283546c.jpg



これで試合終了。

決して柏が良かった訳ではありません。


FC東京は最後の希望の天皇杯に不安を残す試合でした。




さあ、Jリーグは泣いても笑ってもいよいよ次週が最終節。

誰が考えたか好カードがめじろ押し。


優勝争いでは、川崎VS.横浜と鹿島VS.広島。
ACL争いでは、浦和VS.セレッソ。

しかし、あろうことか私は仕事で観戦不可。

何てこった!


この反動で12月22日の天皇杯準々決勝はFC東京を応援すべく仙台まで行こうと画策中。



  1. 2013/11/30(土) 20:09:14|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 川崎フロンターレ 2013.11.23

大詰めを迎えたJリーグ、今日は埼スタ。

祝日なので45600人。今日もコレオグラフィー。↓


20131123162903e48.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


201311231629035df.jpg



201311231629032f2.jpg



試合開始から川崎の動きがいい。

3日前に天皇杯を戦ったにもかかわらず、休養充分の浦和よりキレてる。

浦和は優勝を意識し過ぎているせいか硬い。




そんな中、前半12分CKからジェシがヘッドで先制ゴール。↓


20131123162903a13.jpg


20131123162903374.jpg




浦和は先制されても動きがぎこちなく、川崎の出足の速さもあり、いつものような流れるパスワークが封印される。



浦和の巻き返しを期待して前半終了。



後半は幾分浦和が押し戻し12分、槙野が同点ゴール。↓


20131123162807eda.jpg



しかし、その後すぐに槙野のオウンゴールで川崎再びリード。↓


20131123162807d25.jpg



ションボリする槙野。↓


2013112316280703b.jpg


今日はこの反撃の狼煙が上がった直ぐの失点が痛かった。


その後は川崎が上手くゲームをコントロール。


最後はロスタイムに浦和が前がかりになった所を抜け目なく大久保が追加点。↓


2013112316280780f.jpg


20131123162807b60.jpg





3-1で試合終了。


どうも、最近浦和は川崎と相性が悪い。

浦和は守備がもろい分、もっと前線が動き回りパスを引き出していかないといけない。
終盤戦、浦和の攻撃陣もいよいよ息切れという試合でした。


今日は横浜が勝ち、広島、鹿島も揃って敗戦。

残り2節。浦和は広島、鹿島、セレッソとともにACL出場権の確保が現実的な目標となりました。











  1. 2013/11/23(土) 16:57:03|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. モンテディオ山形 2013.11.20

今日はJ2の兼ね合いで平日開催にズレ込んだ天皇杯4回戦。

等々力までやって来ました。

客の入りは気温と同じくお寒い状況、5200人。

それでも山形のサポーターは結構います。↓


20131120212156b52.jpg


まだ本調子ではないのか、はたまた3日後のレッズ戦に温存か憲剛はベンチスタート。↓


201311202123033b6.jpg






それでは選手入場キックオフ。↓

2013112021230394e.jpg


20131120212303859.jpg


201311202121566aa.jpg


20131120212156356.jpg




序盤は山形がチャレンジャーとしての勢いそのままに、アグレッシブに動き回り、ボールへの寄せも早く球際の争いも激しい。


その為、川崎はなかなかペースが掴めずパスが繋がらない。

私を含めて、今日は早朝から日本代表の素晴らしいサッカーを目の当たりにしているだけに観客の要求が高くなっているのかヤジが飛ぶ。

それでも山形の攻撃はアイデアに乏しく、川崎の守備は安定。


焦れた展開の中、前半終了間際の44分、ようやくレナトから絶妙なスルーが出てこれを大久保が難なく決めて先制。↓


20131120212156fba.jpg





後半に入ると、山形にも2度程決定機が訪れるが決めきれず。

すると、川崎は後半途中から憲剛を投入すると攻撃が活性化。


32分には憲剛が絡み、一度はセーブされるも大久保が粘り追加点。↓

2013112021215618b.jpg


2-0となりこれで勝負あり。試合終了。



今日は川崎と山形の決定力の差が勝敗を決しました。


それにしても、今日も大久保が2ゴール。

完全に神がかってます。




川崎はこの調子で天皇杯を勝ち上がり、元旦FC東京との多摩川クラシコを是非とも実現してもらいたいです。









20131120212303e04.jpg









  1. 2013/11/20(水) 21:57:49|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市立浦和 VS. 正智深谷 2013.11.17

今日は埼スタで全国高校サッカー、埼玉予選決勝です。


昨年度代表の正智深谷は2年連続出場なるでしょうか?


それでは選手入場キックオフ。↓


20131117161741dd3.jpg


20131117161741b8f.jpg


20131117161741fb3.jpg


201311171617416c5.jpg


201311171615558ed.jpg


20131117161741884.jpg




試合内容は昨日の東京決勝とはちがい、内容に乏しい低調な展開に。


両校とも点を奪うより取られないことが戦術のようなリスクを犯さない観ていて退屈な内容。


攻撃に人数をかけず、厚みのない単発で連動性のない攻め。


途中、ちょっと居眠りをしてしまいました。



全然得点の気配のないまま時計は進み、1点勝負の様相。

後半終了間際に延長を覚悟し混む前にトイレへ。


席に戻ると浦和のCK。


なんとそれをキャプテンの4番がももで押し込み劇的ゴール。

後半39分の出来事。↓


201311171615552ef.jpg


20131117161555232.jpg



これで試合終了。


市立浦和の皆さんおめでとうございます。↓


20131117161555577.jpg





今のところ昨日観た国学院久我山がいいです!






  1. 2013/11/17(日) 16:36:22|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇杯 4回戦 大宮アルディージャ VS. FC東京 2013.11.16

今日の第3試合は、NACK5スタジアムに移動して夜7時キックオフの天皇杯4回戦。

4時過ぎに西が丘を出発したので余裕の到着。

まあ、最寄り駅の十条から大宮は埼京線で一本だからアクセスが良い。



代表で高橋、森重、権田と守備のセンターライン3人を欠くFC東京は大丈夫でしょうか?


迎え撃つ大宮は相変わらずの絶不調。



それでは選手入場キックオフ。↓


20131116212049b04.jpg


20131116212049107.jpg


20131116212049794.jpg




試合序盤はいつものように東京のパスワークが冴え渡り攻勢にゲームを進める。


しかし、決定的チャンスを何度か外すと試合は膠着。


それでも、前半ロスタイム三田が左足一閃。

スーパーゴールをネットに突き刺し先制。↓


20131116212049ed1.jpg


201311162120498e7.jpg



後半に入ると、1点の余裕からか東京は落ち着いてゲームをコントロール。

すると9分、渡邊千真がスルーに反応し追加点。↓



20131116211921632.jpg


20131116211921a17.jpg



何だか今日は安心して見ていられる。



とどめは後半37分、太田がお得意のFKを決めて勝負あり。↓


201311162119217e6.jpg


20131116211921105.jpg



20131116211921701.jpg




今日はFC東京が強かったというより、大宮が弱かったという試合でした。


それでも、FC東京はこれでベスト8。


天皇杯からのACL!

期待してます。



  1. 2013/11/16(土) 21:46:52|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駒澤大高 VS. 国学院久我山 2013.11.16

本日第2試合は東京B代表決勝戦。


それでは選手入場キックオフ。↓


2013111618224095f.jpg


20131116182240781.jpg


20131116182240082.jpg


20131116182240831.jpg




この試合は第1試合みたいな拮抗した展開にはならず、久我山が圧倒。


前半早々に松村選手が先制ゴール。↓

20131116182037acc.jpg



2013111618203711f.jpg



この松村選手は超高校級の選手です。上手いし、速いし、強い。


その後、久我山はサイドをえぐりまた松村選手がゴール。↓



20131116182240f76.jpg



久我山リードで前半終了。



後半も久我山ペースでCKからまたも松村がヘッドでゴール。

ハットトリック達成。


201311161820378b4.jpg





とどめはキャプテンの渡辺選手が中央をこじ開け4-0↓


201311161820379bb.jpg


2013111618203728f.jpg

これで試合終了。

この7番、トップ下の渡辺選手はU-18日本代表らしい。

通りで上手いと思った。

風貌、ボディーバランス、ボールタッチ、プレースタイルとも若き日のロベルト・バッジオを彷彿とさせ松村選手同様、一発で気に入りました。



全国大会は是非とも国学院久我山の試合を観に行こうと強く思った試合でした。





  1. 2013/11/16(土) 18:39:37|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成立学園 VS. 修徳 2013.11.16

今日もサッカー三昧で3試合観戦。

まずは西が丘で全国高校サッカー東京予選決勝2試合観戦。。


Aブロック、Bブロックの決勝が続けざまにあります。


早速、12時キックオフの第1試合、成立学園VS.修徳。


優勝旗はどちらの手中に。↓


20131116165132932.jpg


今日は超満員。


それでは選手入場キックオフ。↓

2013111616513208b.jpg


201311161651322c8.jpg


20131116165132db8.jpg


20131116165132946.jpg




下馬評ではインターハイ出場の成立が昨年度全国大会出場の修徳よりやや有利か。


序盤はガチャガチャした試合も次第に落ち着き、ポゼッション志向の成立が主導権を握る。

成立のパスがよく回る大人のサッカーに好感を持つ。


それでも、成立のちょっとしたスキに修徳が先制ゴール。↓

20131116165315f87.jpg


20131116165315956.jpg


やはり高校生、この雰囲気で先制された成立は少しナーバスになり、その後は修徳ペースで前半終了。



後半早々にも修徳がカウンターから追加点。↓


201311161653155bb.jpg





成立は絶体絶命。



2-0となり成立はようやく吹っ切れて1点を返す。↓


20131116165315258.jpg


この1点が成立イレブンに勇気を与え、見違えるような怒濤の攻めを繰り出しその後2点を奪い残り5分でなんと逆転。




劇的な試合だなぁと思っていたら後半ロスタイム、修徳のFKが成立DFの頭に当りコースが変わりオウンゴール。


3-3の同点で延長戦。


そして、延長後半5分、修徳がカウンターから逆転ゴール。


これで勝負あり。


決勝ゴールのヒーローインタビュー。↓



20131116165315a4b.jpg




サッカーが上手い成立と勝負強い修徳の見応えのある試合でした。






  1. 2013/11/16(土) 18:04:04|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. 清水エスパルス 2013.11.10

本日2試合目は等々力競技場。


得点王争いは新潟の川又が追い上げて来ましたが、逃げ切れるでしょうか。↓



201311102127293fa.jpg


今日の観衆は15000人。

大したカードでもないのに入りはまずまず。

やはり、日曜開催が効いたのでしょうか。

私はJ1の土曜日固定より土日分散開催希望です。その方が沢山観戦出来るし、たまに土曜日に仕事が入るので。↓


20131110212729713.jpg


それでは選手入場キックオフ。↓


2013111021272944a.jpg


20131110212729f2b.jpg


2013111021272983d.jpg


20131110212024058.jpg





試合序盤から川崎ペース。

しかし、決めきれず焦れた展開。

今シーズンの清水は怖さがありません。攻撃が単調。

若手の伸び悩みか。

昨年のナビスコ決勝に残った頃は強かったのになあー…。




後半に入ると、川崎はさらに攻勢を強めじわりじわりゴールの予感漂う。


すると、後半19分、注文通りに大久保が先制ゴール。↓


201311102120245e5.jpg



ストライカーの本能がそうさせるのか、ホントいい位置にいます。



その後も清水の反撃に迫力がなく、川崎は後半42分にPK獲得。


蹴るのは勿論大久保。
ど真ん中に決め2-0。↓


201311102120247a7.jpg


20131110212024d51.jpg


20131110212024786.jpg




なんやかんや言って今日も大久保劇場でした。


でも、レナトもいつも通り切れ味鋭くよかったよ!

レナトはボールが収まるし、相手を2人くらい引き連れても取られないし、突破もできる。

お陰で、チームメートはレナトにボールが渡ったときは無駄に近づいてサポートにいかなくてもいいので、逆に攻撃の選択肢が広がる。


味方にとっては頼もしい限りで、相手にとっては厄介この上ない存在。





  1. 2013/11/10(日) 21:53:45|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. セレッソ大阪 2013.11.10 その2

今日は大観衆。

メインスタンドも埋まってます。↓


20131110170025969.jpg


試合内容はセレッソいいです!

攻守の切り替えが早く、スピードもあるので東京は手こずりぎみ。

Jリーグでも失点が少ないチーム。

東京はなかなかチャンスを作れない。



リーグ終盤にあっても何とかACL出場をモチベーションに球際も激しい好ゲーム。



そんな中、前半31分ゴール前の混戦でちょっと東京DF陣がお見合いをした隙を南野が逃さず先制ゴール。↓

20131110170025393.jpg


20131110170025b00.jpg



セレッソはホントいい若手がドンドン出てきます。

南野も若さに似合わず落ち着いて好プレーを連発してました。


後半に東京の奮起を期待して前半終了。




後半はリードしたセレッソが受けに回ったため、東京ペース。

何度も決定的チャンスを作り、得点の予感。
しかし、前がかりのためカウンターを喰らい同時に失点の予感。


要するに、後半は攻守が目まぐるしく入れ替わり、互いに決定的なシュートまでいく面白い展開。


そして、後半25分アーリアが狙いすましたスーパーゴールで遂に同点。↓


2013111017002580d.jpg


20131110170025008.jpg




これでゲームは振り出しに戻り面白くなる。


今度はセレッソが攻勢に出るが東京も押し戻しどっちに転んでもおかしくない展開。

残り時間が少なくなり引き分けも視野に入ってきた後半42分。

セレッソが一発のゴールキックから柿谷がスルリと抜け出し気が付けば権田と一対一。



これを冷静に決めセレッソ逆転。↓


20131110170113492.jpg


20131110170113601.jpg


20131110170113e46.jpg




なんか呆気ない幕切れ。


今日は2失点ともFC東京は悪癖である集中力の欠如。

完全に崩されたわけではないのでもどかしい失点。

でもそれがサッカー。

FC東京は現在の順位はなるべくしてなったということ。


来年こそは守備を立て直して優勝争いに食い込んでもらいたいです。


あと柿谷がゴールを獲って活躍することは日本サッカー界にとっていいことだと思います。






  1. 2013/11/10(日) 18:00:22|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS セレッソ大阪 2013.11.10 その1

今日は久々の2試合観戦。

まずは味スタ。




柿谷効果で↓


2013111016301433f.jpg



今日の観衆は40300人。
味スタで4万越えは凄い。


見渡す限りの人、人、人。↓


20131110162751b3b.jpg


20131110163014065.jpg


20131110163014e23.jpg


20131110163014f81.jpg




シーズンも終盤を迎え、先だってのポポ監督の退任に続き、ルーカスの今シーズン限りでの引退も発表されたばかり。メンバー紹介のとき一際大きな声援が送られてました。↓


20131110163014c0e.jpg





それでは選手入場キックオフ。↓


201311101627513d0.jpg


20131110162751518.jpg


20131110162751afb.jpg


20131110162751b31.jpg




その2に続く。






  1. 2013/11/10(日) 16:46:29|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0