サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

松本山雅 VS. コンサドーレ札幌 2014.9.28

新宿から高速バスで3時間20分。

松本までやって来ました。↓


20140928182853f34.jpg





松本バスターミナルから無料シャトルバスでさらに30分、我が家を出てから丁度5時間かかってアルウィンに到着。↓

201409281828530ac.jpg




201409281828533cc.jpg


南アルプスも一望出来る風光明媚なナイスビュースタジアム。

おまけにサッカー専用。


やっぱり来て良かった。↓



20140928182932131.jpg


20140928194522f0d.jpg


空港がすぐ近くなので飛行機との2ショットも撮れます。↓


201409281828535a6.jpg





今日は秋晴れで最高のサッカー観戦日和。


午後1時キックオフ。メインスタンドは殆ど屋根に覆われているので日陰でさらに最高の観戦環境!

文句なし。


今日の観衆は13200人。J2では立派な数字。


湘南にしろここ松本にしろやはり強いと集客力が違います。


それにしてもここアルウィンのサポ&観客、一体感ありますねぇー。

試合前から大盛り上がり。

ゴール裏のみならず、バック、メインすべてがタオルを振り回し大声援。↓



20140928182733c0d.jpg



札幌は完全なるアウェイ。↓



2014092818285349a.jpg





松本はJリーグの理念を象徴するようなチーム。そしてスタジアム。





スカパー、Jリーグラボでお馴染みの札幌の野々村社長。↓



20140928182853040.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20140928182733b1b.jpg



201409281827332b8.jpg



2014092818273302a.jpg



前節、当然の如く湘南の昇格が決まり残る自動昇格の枠は1つ。


松本が頭2つほどリードしている感があるがあと9節何が起こるか分かりません。



初のJ1昇格が現実味を帯びてきた松本にとってはこれからは未知の領域。






20140928182733a83.jpg


その松本の一挙手一投足を見届け、少しでも昇格への後押しをしようとスタジアム全体が松本イレブンをもり立てる。。



しかし、それが裏目に出たか松本の動きは固く、逆にこちらもプレーオフ圏内に割って入るべく監督交代も断行した札幌。

札幌は迷いなく1トップの都倉にボールを預け攻勢に出る。


すると、前半12分、都倉がその身体能力を発揮してヘッドで先制!↓



201409281827334a0.jpg


201409281826379c8.jpg





札幌攻勢のまま今度は24分、絶好の位置のFKを上里が沈め予想外の2-0札幌リードで前半終了。↓


20140928182637214.jpg





後半、ようやくエンジンのかかってきた松本は8分、エース船山が相手のスキをつきこぼれ球をミドルで突き刺し1点を返す。



201409281826379f0.jpg



まだ時間はタップリ。

これから松本の反撃開始かと思ったがその後1点が遠く2-1で試合終了。


名波監督に代わった3位ジュビロが勝利し、差は縮まってしまいましたが残り8節、松本有利には変わりありません。


さあ、これから秋本番。J1、J2とも優勝、降格、プレーオフ、ACLと様々な争いから益々目が離せなくなります。



最高のロケーションで観やすいスタジアム。
しかし、片道5時間。高速バス代は往復6100円。
スタジアムまでのシャトルバスが無料なのは良心的。


そうそう気軽に来れるスタジアムではありませんが来期J1に昇格した暁にはまた来たいと思います。↓



20140928182637472.jpg





おまけ。



せっかく松本まで来たので帰りがけに松本城を見学して帰りました。↓





201409281826371e9.jpg


201409281826375f1.jpg




  1. 2014/09/28(日) 19:24:34|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. ベガルタ仙台 2014.9.27

味スタから等々力まで何とか1時間で移動してキックオフに間に合いました。


そんな本日2試合目の観衆は18100人。↓


20140928000851a57.jpg


201409280008511a5.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20140928000851132.jpg


2014092800085165b.jpg


20140928000851766.jpg






今シーズンは悲願のタイトルも手の届く位置にある川崎。

序盤はいつも通りの小気味よいパスワークで川崎先制も時間の問題か?


しかし、降格争い真っ只中の仙台も意地をみせ積極的に押し返す。


それでも両チームとも連戦の疲れか運動量、動き出しが少ない。
先程の東京VS.柏の方が試合のテンションが高かった。



そんな中、川崎が何度かチャンスを逸していると41分、カウンターからウィルソンが先制ゴール。↓


201409280009443de.jpg


20140928000944e4f.jpg




前半終了。




後半は先制した仙台が守備を固めてきたということもあり、川崎は前半以上に攻めあぐねる。



時間の経過とともに今日は川崎勝ち目なしかなと思った後半45分、終盤にパワープレー要員で投入されたデカモリシが価千金の同点ゴール。↓


201409280009446b7.jpg


20140928000944b0d.jpg




風間采配的中。

川崎が何とか勝ち点を拾ったゲームでした。
仙台サポにはお気の毒としか言い様のないゲームでした。












  1. 2014/09/28(日) 00:29:13|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. 柏レイソル 2014.9.27

久しぶりのJリーグ観戦 。先週の遅れを取り戻すべく今日は2試合観戦。


まずは味スタ。


それでは選手入場キックオフ。↓

2014092718163029d.jpg



201409271816303f6.jpg


20140927181630d42.jpg


201409271816300e6.jpg


2014092718163078c.jpg



今最もFC東京で観客を魅了する男と言えば勿論武藤。


その武藤が前半4分、勝負に出た徳永のクロスをピンポイントで合わせ早くも先制!↓




2014092718163011a.jpg

201409271817206e0.jpg


2014092718172075b.jpg


FC東京は堅守速攻のゲームプラン通りの展開。



その後の東京は柏にボールを持たせながらの要所を押さえたマッシモサッカー炸裂。

柏の詰めの甘さも手伝いもう前半のロスタイム。

するとまたもやスルスルと武藤が抜け出しGKとの1対1を冷静に流し込み2-0で前半終了。↓


20140927181720998.jpg


20140927181720cde.jpg




武藤のハットトリックを期待して後半スタート。

柏は前半ロスタイムの失点が効いたか意気消沈。

それでも前がかりにならざるを得ないところを今度は後半5分と28分にエドゥが追加点。↓


2014092718172069b.jpg


20140927181720f7b.jpg


2014092718180195a.jpg


201409271818019e1.jpg


201409271818019ab.jpg




今日はFC東京の完勝。4-0で試合終了。


柏の敗因は前半のチャンスを活かせなかったこと。

まあ、2点差ついたらFC東京は負けません。



それにしても武藤キテます!
スピード、テクニック。雰囲気。そして首の筋肉。
まるでマンUに移籍してきた当初のクリスティアーノ・ロナウドを彷彿させます。
今後、そんな世界的プレーヤーになってもらいたい!
















  1. 2014/09/27(土) 18:31:04|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

専修大学 VS. 明治大学 2014.9.14

本日第二試合は、関東大学リーグ1部の上位対決。

すなわち、大学サッカーの最高峰の試合と言っても過言ではありません。

それでは選手入場キックオフ。↓


2014091418355452a.jpg


20140914183554790.jpg


20140914183505974.jpg


20140914183554381.jpg





やはり、先程の2部のゲームと比べるとミスも少なく、スピーディー。

出だしは明治優勢。


そんな中、早くも6分、明治が先制!↓


2014091418350577d.jpg


20140914182628bd4.jpg



暫くして今度はゴール前絶好の位置で明治にFK。↓


20140914182628716.jpg



見事に決めて2-0。↓


201409141826280b5.jpg





前半は王者の専修を明治が圧倒して折り返す。




後半は売って変わって専修が攻勢に出る。


その甲斐あって1点を返す。↓


201409141826280b6.jpg



しかし、専修の時間帯を1点でしのいだ明治は追加点を決めて勝負を決定付けた。↓


20140914182628574.jpg




専修は首位陥落。してやったりの明治。





  1. 2014/09/14(日) 21:19:11|
  2. 大学サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学芸大学 VS. 日本大学 2014.9.14

今日は大学サッカー、西ヶ丘。


まず、第一試合は関東大学リーグ2部の学芸大学VS.日本大学。

ちょっと遅刻で前半3分からの観戦。↓


20140914165812517.jpg


20140914165812989.jpg



2部でも下位の両チーム。

確かにパスミス、プレゼントボールも多い。


それでも前半は学芸が優勢。
惜しいチャンスも数度。
しかし、決めきれずスコアレスで前半終了。


後半も学芸が押していると10分を過ぎたあたりに学芸大学が先制ゴール。↓


20140914165812842.jpg



この1点でゲームが動き出し、数分後には日大が取り返す。↓



20140914165812e5c.jpg


2014091416581200a.jpg





その後は一進一退の拮抗した展開になるも終盤、日大が立て続けにゴールで勝負を決める。↓


2014091417033975f.jpg





20140914170339418.jpg



勝利の日大イレブン。↓


20140914170339f5e.jpg






3-1で日大の勝利。


ハーフタイム抽選会で学芸OBの高橋秀人のサイン入りスパイクが3足も出てたので当たりたかったです!





  1. 2014/09/14(日) 17:16:43|
  2. 大学サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇杯4回戦 愛媛FC VS. 大宮アルディージャ 2014.9.10

大宮は監督が代わり心機一転の大事な初戦。

天皇杯で私が観戦出来るチームの火を絶やさないためにも是非とも大宮には勝って欲しいところ。


本日、奇跡的に雨に降られなかった大宮NACK5スタジアム。↓


20140910212821fc3.jpg




今日の観衆は2700人。

最近の大宮の出来と平日。致し方ない。

一応、サポーターが少ない方が愛媛。見分けがつきません。↓


20140910212821fb6.jpg



20140910212821c58.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20140910212821ef5.jpg


20140910212821f85.jpg


20140910212821172.jpg


20140910212918572.jpg




大宮はターンオーバーしている場合ではないと思いますが、家長以外はほぼ控えメンバー。

お目当てのムルジャはベンチ。ズラタン、菊池、高橋、渡邊兄、金澤はベンチ外。
勝つ気あんの?

まあ、降格争いをしているので週末のリーグ戦の方が大切なのでしょう。納得。




序盤は大宮がボールをキープするも、愛媛は川崎を倒した時と同じく寄せが早くアグレッシブ。

早速の5分、愛媛が目の覚めるカウンターから河原が先制ゴール。↓


20140910212918a94.jpg


20140910212918520.jpg


20140910212918c55.jpg



愛媛のゆるキャラ、カエルの一平くんもサポーターに混ざって応援。↓


201409102129185d3.jpg




大宮、監督が代わってもダメなのか?
愛媛の守備を崩せず0-1で前半終了。




後半も大宮にとってもどかしい展開が続いたが18分、ややラッキーな形でPK獲得。


富山が決め同点。↓


2014091021291843f.jpg




ゆりかごダンス。↓


20140910213152bcd.jpg


2014091021315200f.jpg





これで、ホームの大宮が勢い付き23分には愛媛を完全に崩し橋本が逆転弾。↓


2014091021315228b.jpg


20140910213152c11.jpg




その後は大宮が上手くゲームをコントロールし2-1で試合終了。



大宮は何とかベスト8に駒を進めました。











  1. 2014/09/10(水) 22:10:06|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本代表 VS. ベネゼエラ代表 2014.9.9

アギーレジャパンの初得点、初勝利をこの目で見るために日産スタジアムへやって来ました。


今日の座席は2階席の最上段。
東京ドームで観たマイケル・ジャクソン以来の豆粒状態。↓




201409092156594f4.jpg





今日の観衆は64000人。相変わらずの代表人気。↓




20140909215019b88.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓



20140909215659480.jpg


20140909215019494.jpg


201409092150199a7.jpg


2014090921464313f.jpg


20140909214643f5a.jpg


今日は柴崎がスタメン。要注目。






序盤の日本代表は硬い。


相手の出足の良さも手伝って、パスが繋がらない。

シュートもベネゼエラの方が多く放ち、完全に日本が劣勢。



運動量、アグレッシブさともベネゼエラに劣る。



全くもって退屈なまま0-0で前半終了。





後半開始から岡崎と武藤が投入される。

前半は動きの少なかったゲームだっただけに交代した大迫と柿谷にとっては不運だったかも知れません。



彗星のごとく現れたスーパールーキー武藤には大いに期待しております。


観客の反応も岡崎より真っ先に武藤コール。

ニューヒーロー誕生前夜って言う感じ。



20140909214643e05.jpg



すると、すぐに交代効果が!


岡崎、武藤は動き出しがいいので前半とは売って変わってベネゼエラが後手に回り日本ペース。


そして、後半6分、武藤がJリーグでもよく決めているドリブル、切り返しからのシュートで先制ゴール&アギーレジャパン初得点。↓




20140909214643aed.jpg



2014090921464322e.jpg


201409092146438f0.jpg


20140909214441917.jpg




これで日本は押せ押せとなるが、13分、不用意なパスミスからカウンターをくらい最後は水本が後ろから引っ掻けてしまいベネゼエラにPK。


同点。↓



20140909214441e80.jpg


2014090921444166b.jpg




それでも、後半の日本は押せ押せ。相手が疲れてきたといのもある。


22分、今度はもう一人の若武者柴崎がゴール。↓



201409092144414c6.jpg


20140909214441862.jpg


20140909215659c29.jpg




さらに日本は勢いずき、ゴール前絶好の位置でFK。↓


20140909215659289.jpg


本田の弾道は惜しくもポスト。↓



2014090921565918f.jpg





決めるべき時に決めておかないと直ぐの26分、何でもない正面のシュートを川島がファンブル。↓


201409092144415c1.jpg



またも同点に追い付かれる。




その後も日本が優勢にゲームを進めるも、追加点が奪えず2-2ドローで試合終了。


アギーレジャパンの初勝利はお預けとなりました。



試合終盤だけ長友がいい攻撃を仕掛けましたが、試合全体を通じてサイドバックの攻め上がりはザックジャパンの半分もなく真ん中中心の攻撃で相手に読まれてました。

内田の不在もデカイ。



それにしても武藤、柴崎の活躍。

内田を加えて日本代表イケメンさわやかトリオがここに誕生しました。


これで少しはFC東京と鹿島の動員が伸びるのではないでしょうか。







  1. 2014/09/09(火) 22:35:44|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇杯 4回戦 FC東京 VS. 清水エスパルス 2014.9.7

今日はナビスコ2ndレグの埼スタや柏ではなく味スタ。


201409072128163fb.jpg





最近FC東京を見ていなかったので。

レッズばかり観ている間にFC東京はかなり調子を上げてきたみたいで。

しかし今日はその立役者、武藤は代表で不在。



季節がら、お月見ドロンパ。↓


20140907212720cb2.jpg





それでは選手入場キックオフ。↓


201409072127200bf.jpg


20140907212720e4f.jpg


201409072127205c3.jpg


201409072127203ba.jpg





ボールを繋ぐ東京とカウンター狙いの縦に早い清水。



東京は森重、太田が不在も新外国人助っ人のDFがまずまずの働きで守備は安定。

太田の攻め上がりに比べると久々出場の椋原はちと物足りない。


両者の持ち味を出しながらも、スコアレスで前半終了。




後半も東京は攻めながらも最後の崩しが今一つで敵にボールを奪われると、清水は切り替えが早く24分、カウンターから大前が先制ゴール。↓



20140907212816f2c.jpg







するとゲームは途端に動きだし、本日も絶好調の河野が同点ゴール。↓



201409072128161ef.jpg


20140907212816c47.jpg





しかし、すぐに清水が押し返しイ・キジェがゴール。再びリード。↓


201409072128165b2.jpg




東京にとっては同点に追い付きさあこれからというときの失点。

これが尾を引き、その後は清水に上手くしのがれ試合終了。



清水は大榎監督になってチーム全体が迷いなく吹っ切れた感じ。

難しいことはせず、シンプルな攻撃に撤している。


今後清水は降格争いはせず中位を維持しそうです。




それにしても、ベスト8を前に在京J1チームがことごとく敗退。


私の今後の天皇杯観戦スケジュールに響きます。


頼みの綱が大宮だけというなんとも脆弱な感じ。









  1. 2014/09/07(日) 22:03:00|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜Fマリノス VS. 柏レイソル 2014.9.3

今日は三ツ沢でナビスコ杯準々決勝1stレグ。


久々のマリノス観戦。


サラリーマンに優しい7時半キックオフ。
会社を定時で上がったら7時に到着。



それでは選手入場キックオフ。↓


2014090321482721d.jpg


20140903214827c35.jpg


2014090321482700c.jpg



1stレグだけあり互いに慎重な立ち上がり。

ホームのマリノスがボールをキープするも柏もしっかり守って時折カウンター。


チームの完成度は柏が上。守備もタイトでマイボールになると素早く動き出し、相手が嫌がるところにボールを入れてくる。

無駄のない攻撃&守備。


マリノスはちょっと攻撃の方向性が定まっていない感じ。

斉藤学は欠場で俊輔はトップ下ではなくサイドに張っていているので怖さは半減。


それでも前半は膠着状態で0-0のまま終了。




後半になると、柏も前に出てきて、後半18分、中澤の不用意なバックパスのヘッドが弱くレアンドロにかっさわれ柏が先制!↓


20140903214827bcf.jpg


2014090321482710d.jpg


20140903214827431.jpg


2014090321491468b.jpg



横浜はミスから貴重なアウェイゴールを献上してしまいました。

しかし、これが呼び水となりゲームが動き出す。

直ぐの後半20分、1段ギアを入れたマリノスがゴール前に押し寄せ中町が体ごとゴールに押し込み同点。↓


2014090321491451e.jpg



この時間帯のオープンな両者の攻防は大変見応えがありました。


終止符を打ったのはやはりエース。



なぜか前半でベンチに下がった俊輔と対照的に柏のエースは決めて欲しいところで決めてくれます。



後半29分、うまい持ち出しから工藤がらしいゴール。↓


201409032149142c9.jpg


20140903214914310.jpg




横浜は意地を見せたいところですが2分後の後半31分、栗原が本日2枚目のイエローで敢えなく退場。



この時点で勝負あり。


ゲームは壊れてしまいました。


試合はそのまま1-2で柏の勝利。


横浜は2ndレグ大変不利になりましたが今日の展開では1-3にならなかっただけでも良しとすべきでしょう。




柏はリーグ戦でも順位を上げてきたように、ようやくしぶとく嫌らしい本来の柏が戻ってきて今後が楽しみです。



対する横浜は去年の勝負強さはどこえやら。
今シーズンはリーグ戦もこのまま浮上しないだろうなぁというチーム状態でした。

とにかく点が入る気がしない。












  1. 2014/09/03(水) 22:26:06|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0