サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

天皇杯準決勝 ガンバ大阪 VS. 清水エスパルス 2014.11.26

天皇杯準決勝でも平日開催。
しかも、味スタでガンバVS.清水。
さらに雨。


観客の入りも期待できません。↓

201411262134156d6.jpg


2014112621341590a.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20141126213415b95.jpg


20141126213415458.jpg


20141126213415aa2.jpg




ナビスコ杯を獲り、浦和との大一番を征したガンバはいつものスタメン。

対する清水は降格のかかるリーグ戦を優先して控えメンバー。


これでは始まる前から勝負は決している感じ。




やはり、ガンバ優勢でゲームは進み早くも9分、宇佐美のミドルをGK櫛引が後逸。

ラッキーな形でガンバ先制。↓


201411262134154e3.jpg




今日の私的な試合観戦ポイントはできる限り清水守備陣が無失点で踏ん張り、ガンバが焦りだしてきたところを清水がカウンターから得点!

と言うものでしたが、これでは元も子もありません。


すると今度は遠藤のCKをパトリックがドンピシャヘッドで2-0。↓


201411262122360ba.jpg



もう完全なガンバのワンサイドゲーム。


しかし、この楽勝ムードがガンバにスキをもたらしたのか清水の加賀美が1点を返す。↓


201411262122365dd.jpg


そして立て続けに高木弟が同点ゴール。↓



20141126212236670.jpg


今日の清水はトップにノバコヴィッチがいない代わりに小さくアジリティに優れている選手が多くターンや切り返しなどガンバ守備陣は手こずってました。


これを見るにつけ先週興梠が万全だったらと思ってしまいました。



同点になったことでガンバは再びエンジンがかかりまたもパトリックがヘッドを沈めアッサリ逆転。↓


20141126212236bcf.jpg



前半終了。


次の1点が注目の後半。


宇佐美が技ありループで勝負を決める。↓


201411262122361b8.jpg

最後はリンスがだめ押し。5-2で試合終了。↓


201411262122360af.jpg



ガンバ3冠へまっしぐら。






  1. 2014/11/26(水) 22:56:19|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズレディース VS. アルビレックス新潟レディース 2014.11.24

久々のなでしこリーグ。

浦和の優勝を見届けるために駒場スタジアムにやって来ました。↓


2014112415244295a.jpg



今日の観衆は6000人。よく入ってます。↓


201411241524423f2.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20141124152442908.jpg


20141124152335f13.jpg


2014112415233535a.jpg


20141124152335f27.jpg


20141124152335856.jpg


2014112415233586d.jpg




なでしこジャパンと比べると、ボールが落ち着かず、バタバタとした試合展開。



観衆の入りとは裏腹につまらない試合展開。



効果的な縦パスも入らず、シュートチャンスの少ないままスコアレスで前半終了。



浦和はもし負けても得失点でも2位の日テレをだいぶ上回っているのでほぼ優勝は決定。


そんなこともあるのか後半になってもミスが多くどうも締まらないゲーム展開。


数年前のINACK神戸の方が断然面白かった。



引き分けで試合終了かと思っていたら、終盤新潟が先制。↓





20141124152335d65.jpg




試合はそのまま1-0新潟勝利で終了。



それでも浦和の優勝が決まりました。



  1. 2014/11/24(月) 15:39:53|
  2. なでしこリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. ガンバ大阪 2014.11.22

優勝決定戦と言っても過言ではないこの1戦。


埼玉スタジアムにやって来ました。

チケットは前売りが即日完売の超満員。
この試合からコレオグラフィーが解禁。↓


20141122163058ce2.jpg


20141122163024573.jpg


20141122163024fc3.jpg


20141122163024684.jpg


2014112216302411a.jpg


20141122163024b12.jpg


2014112216305889e.jpg





それでは選手入場キックオフ。↓


201411221630243ce.jpg



201411221628469e6.jpg


201411221628468a2.jpg



まるでトーナメントの決勝のような両者緊張が張り詰めたテンションの高い立ち上がり。



両チームとも攻撃、守備ともに定評があるだけに一時たりとも目が離せない展開。


それでも前半は両チームともチャンスは作るものの守備陣が要所を締めスコアレスで前半を折り返す。


後半もスリリングな展開ながらも互いに突破口が開けず引き分けの匂いもプンプンしてきましたが、終盤は両チームともフレッシュな選手が投入されややオープンな流れになり終了間際の後半43分、ガンバがカウンターから途中出場の佐藤が劇的ゴール。↓




20141122162846cad.jpg


20141122162846f13.jpg




そのご浦和が前がかりになったところをこれまた途中出場のガンバ倉田がだめ押しゴール。↓


20141122162846d8b.jpg


20141122162846289.jpg



2-0ガンバが勝利で試合終了。

浦和も惜しいチャンスを何度かはずしていたので0-0ドローが妥当な結果だったと思いますが、ガンバの底力が勝ったとも言える試合でした。



これで首位浦和とガンバの勝ち点差は2。

残り2試合、勢いはガンバ。浦和は昨シーズン同様終盤に失速して勝ち点が伸びません。


この勢いだとガンバは2勝しそうなので、得失点差を考えると浦和も2勝するしか優勝の目がなくなりいよいよ崖っぷちに立たされました。






  1. 2014/11/22(土) 16:48:23|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町田ゼルビア VS. FC琉球 2014.11.9

今日はJ3、町田までやって来ました。

J3も今日を含め残り3節。

J2自動昇格は金沢がほぼ確定。

残るはJ2の21位(今のところ讃岐が有力)との入れ替えせん狙い。

ここは長野を勝ち点差1で追う町田がデットヒート。



この試合が始まる前に長野が勝ったので望みを繋ぐためにも町田は勝利しかありません。




それでは、選手入場キックオフ。↓

201411091824534e3.jpg


20141109182453079.jpg


20141109182453fd2.jpg


201411091824530ac.jpg


201411091824533a2.jpg


20141109182453e72.jpg





序盤から町田優勢。

早速相手のハンドでPK獲得。しかし、GKに弾かれ失敗。


その後も町田が攻め続けようやく37分、得点王の鈴木孝が左サイドからニアにズドンと決めて先制。↓



20141109181520a8a.jpg


20141109181520c61.jpg




その後、前半終了間際に鈴木崇がワンツーできれいに抜け出し追加点。↓


20141109181520aff.jpg



2-0で前半終了。



後半も町田の攻勢が続き、7分、またも鈴木崇が今度は相手のミスをつき3-0に。↓


201411091815203bd.jpg


20141109181520c2c.jpg





続いて、前がかりになった琉球のスキをつき遠藤がだめ押し。↓



20141109181520fb5.jpg





その後、琉球に1点を返されましたが4-1町田の圧勝で試合終了。



残り2節。


J3は町田と長野から目が離せません。




  1. 2014/11/09(日) 18:56:19|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナビスコ杯決勝 サンフレッチェ広島 VS. ガンバ大阪 2014.11.8

ナビスコ杯決勝、埼玉スタジアムにやって来ました。↓


201411081557095e6.jpg


首都圏チームがいないからなのか、国立開催ではないからなのか若干空席が目立ち今日の観衆は38500人。


でも決勝ならではの独特雰囲気に気持ちは昂る。↓


201411081557090f8.jpg


20141108155632cd9.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20141108155632db6.jpg


20141108155632cca.jpg





序盤はパスワークの広島VS.とにかく最後はパトリックに合わせるガンバという図式。


ガンバの攻撃のほうがダイナミックで迫力があるなぁーと思っていたら、20分、逆にアンラッキーな形で広島にPKを献上。

寿人がしっかり決め広島先制。↓


20141108155632895.jpg



力的にはガンバが上でも試合運びで広島優勢か続く35分、シュートの跳ね返りまたしても寿人が決めて2-0。↓




20141108155632346.jpg


201411081556322d0.jpg


20141108155440e05.jpg


ここまでは佐藤寿人ショー!



いよいよ後がない大阪が攻勢に出てすぐの38分、遠藤のピンポイントクロスをパトリックがヘッドで沈め1点を返す。↓



201411081554403b4.jpg


20141108155440185.jpg




前半はそのまま終了。




後半は引き続きガンバ攻勢。広島防戦一方。



すると9分、またもパトリックがクロスをヘッド?肩?で決め同点ゴール。↓





201411081554402dd.jpg


20141108155440af8.jpg



20141108155440033.jpg




ゲームは振り出しに戻っても尚、ガンバが優勢。


すると26分、途中出場の大森が価千金の逆転ゴール。↓




20141108155342adb.jpg


201411081553429b7.jpg


20141108155342eca.jpg




その後、広島にゲームを引っくり返す力はなく3-2のまま試合終了。


ガンバの見事な逆転劇でした。




2014110815534287f.jpg


201411081553421bb.jpg


20141108155342941.jpg



これでガンバはまず1冠達成。


再来週の埼玉が益々楽しみになりました。

広島守備陣をしても止められなかったパトリックを浦和は如何に止めるかがポイントとなるでしょう!



  1. 2014/11/08(土) 16:55:16|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜Fマリノス VS. 浦和レッズ 2014.11.3

なぜかこの試合だけ日曜開催となりました。


今日は日産スタジアムにやって来ました。


昨日ガンバが引き分けたため浦和はそれほどプレッシャーがかからないでしょう。




今日の観衆4万人オーバー。

浦和だとゴール裏が2階席までギッシリ。↓


20141103192829e17.jpg


20141103192829f92.jpg


2014110319282995b.jpg


20141103192545d34.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20141103192545895.jpg


20141103192545afd.jpg


20141103192545a1c.jpg





ガンバが引き分けたことで浦和は逆に慎重に試合に入る。
引き分けでもいいみたいな。

サポーターは今日勝てば、次節ガンバ戦で優勝を決められるとあってイライラがつのる。


横浜もとくに何もかかっていない中位決定だけに浦和ボールの時は自陣に閉じ籠り攻めいるスペースを与えない。


そんな両チームはリスクを冒さないまま自陣でのパス回しが多い退屈な展開で0-0のまま前半終了。



後半はゲームが動くかと思われたが相変わらず点を獲るより獲られないサッカーに終始。



それでも浦和は積極的に選手交代に打って出て、後半34分、その途中出場の関根がシュートのこぼれを詰めて価千金のゴール。↓


20141103192545652.jpg


20141103192829d2d.jpg


20141103192545b28.jpg





ミシャ采配的中。

今日のような堅い試合は1点を獲ったほうが勝つ。

その後浦和は横浜の攻撃を跳ね返し、優勝へ近づく貴重な勝ち点3をゲットしました。

次節はナビスコ、代表戦などでしばらく間が空きますが11月22日のガンバ戦で浦和に優勝を決めてもらいたいものです。






  1. 2014/11/03(月) 19:56:46|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. 清水エスパルス 2014.11.2

J1も残すところあと4節。

両チームともACLと残留がかかった大事な1戦。

等々力にやって来ました。




今日の観衆は19600人。↓


20141102182444547.jpg


20141102182444e57.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20141102182508029.jpg


20141102182444c39.jpg


2014110218244451f.jpg




序盤は清水の勢いが際立つ。


前線からの素早いチェック。

川崎得意のパスワークを寸断。



それでもゲームが落ち着くと川崎ペースに。


すると、前半19分、CKを福森がニアで合わせ先制。↓


201411021824443a4.jpg


201411021824446ba.jpg




焦る清水。
ゲームの主導権は川崎にありながらも追加点を奪えないでいると前半40分、六平がズドンと決めて清水が同点に追い付く。↓


20141102182347f5d.jpg


これで清水勢いづくかに思われたが前半終了間際に小林悠がらしいゴールで逆転。↓



2014110218234795f.jpg



2014110218234770a.jpg


最近のJリーガーではFC東京の武藤とこの小林悠が見ていて絵になるし面白い。
オフザボールの動きも秀逸。




清水に流れを渡さず2-1川崎リードで前半終了。




後半はいよいよ後がない清水が攻勢に出て早くも5分、川崎守備陣がもたつく間に吉田がGKと交錯しながらも上手くかわし同点ゴール。↓


20141102182347828.jpg




その後はどうしても次の1点が欲しい両チームはノーガードの打ち合いとなりましたが決めきれず、引き分けかなと思ってたら何と後半45分、途中出場の清水、村松が手薄な川崎守備陣をかいくぐり、角度のないところから劇的さよならゴールを叩き込む。

サポーター勿論、狂喜乱舞。↓



20141102182347427.jpg



20141102182347daa.jpg




ゲーム内容では川崎優勢も執念で勝った清水でした。




  1. 2014/11/02(日) 18:49:20|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェフユナイテッド千葉 VS. ジュビロ磐田 2014.11.1

さあ、Jリーグは今日から勝負の11月に突入しました。


そんな11月一発目にはもってこいのカード。

12月7日の味スタで対戦する可能性大の両チーム。

そんなJ1昇格プレーオフ決勝の前哨戦。

フクアリまでやって来ました。

今日の観衆は16500人。立ち見多数の超満員。↓


20141101212855cda.jpg


20141101212855044.jpg


20141101212855470.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20141101212855832.jpg


20141101212855ea7.jpg


201411012128558ee.jpg


ジュビロは前田、松井、駒野、伊野波が揃い踏み。


そして監督は↓


2014110121294428e.jpg



序盤はホームの千葉が優勢も徐々に磐田が押し返し、CKの混戦から伊野波が押し込み先制。↓


20141101212944b43.jpg


2014110121294413b.jpg






前半はそのままジュビロリードで折り返す。



ハーフタイムに喝が入ったのか後半スタートから千葉の動きがいい。



動き出しが良くなったので千葉のパスが回りだし10分、磐田守備陣を揺さぶり幸野が同点ゴール。↓


20141101212944886.jpg



こうなるとスタジアムのボルテージは上がり、千葉のイケイケ状態。

磐田は防戦一方。

千葉の逆転も時間の問題かと思っていたらやはり16分、跳ね返りをよく詰めた大岩が逆転ゴール。



201411012129443b7.jpg


2014110121294407c.jpg



20141101213032268.jpg

流れは完全に千葉、磐田はこういう劣勢の時にチームをもり立てる精神的支柱が見当たらない。

J2イチの戦力を有しながら自動昇格を逃したのはこういうところかなと思っていたら、28分、千葉の裏に出たボールをGKとDFが交錯している間に山崎が上手く入り込み同点ゴール。↓


20141101213032b67.jpg



千葉はミスがらみで痛い失点。




その後は両者譲らず2-2ドローで試合終了。


千葉はこういう自分達のゲームをモノに出来ないのも今シーズンを象徴しています。


残念ながら今日は決着がつきませんでしたがプレーオフ決勝では白黒ハッキリすることでしょう!







  1. 2014/11/01(土) 21:32:18|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0