サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

浦和レッズ VS. アルビレックス新潟 2015.6.27

1stステージ最終節。
味スタでサヨナラ武藤という選択肢もありましたが、埼スタでおめでとうレッズにしました。

今日の観衆は43600人。↓


20150627214321ed8.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20150627214321578.jpg


20150627214143de4.jpg


20150627214143602.jpg


さすがに、優勝決定したレッズはフワッと試合に入り序盤は新潟に押し込まれる。

それでも10分を過ぎたあたりからいつもの強いレッズに。


するとまず21分、シュート体制の平川が倒されPK獲得。
興梠が決めレッズ先制。↓


20150627214143a63.jpg


201506272141434f2.jpg


20150627214143ee0.jpg


20150627214143843.jpg




続いて35分、クロスバーの跳ね返りを武藤が反応して追加点。↓


20150627214005b95.jpg


20150627214005460.jpg


2015062721400529b.jpg




後半に入っても浦和の勢いは止まらず、5分またも武藤が得点3-0。↓



201506272140058c5.jpg



続いて12分は興梠も本日2点目で4-0。↓


201506272140059ed.jpg


20150627214005cef.jpg



23分はアンラッキーなPKで新潟に得点を許す。↓


201506272138027aa.jpg




しかし、32分柏木のFKを那須がドンピシャヘッドで5-1↓



20150627213802377.jpg


201506272138028b0.jpg


20150627213802e55.jpg


20150627213802db3.jpg




36分にマークが甘くなり指宿に決められ5-2↓


20150627213802785.jpg



やや大味な試合展開ながらも浦和が貫禄の圧勝。

お祭り騒ぎ的な賑やかなゲームでした。



1週おいて2ndステージが始まりますが、ACLなどは年間順位で決まるので2ndステージともども目が離せません。





浦和、FC東京、広島、ガンバ、川崎上位陣の対戦
川崎VS.東京、浦和VS.広島と序盤から立て続けに好カードが!

気温同様、7月のJリーグも熱いです!






  1. 2015/06/27(土) 22:20:42|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柏レイソル VS. ガンバ大阪 2015.6.23

ACLの関係で消化できなかった対戦。

8月に控えたACL準々決勝で互いに広州恒大、全北現代を打ち破ると準決勝で対戦することになる両チーム。


その前哨戦というにはまだ早すぎ。

柏は降格圏がもう目の前。とにかく勝利しかありません。


対するガンバも最近は元気がない。


今日の観衆は1万人。↓


2015062321260980e.jpg




それでは、選手入場キックオフ↓


20150623212609df0.jpg


20150623212609f76.jpg


20150623212657242.jpg


201506232126098a9.jpg



1stステージは土曜にレッズが優勝したので、ちょっと弛緩した雰囲気のなかゲームは始まる。

それでも降格圏から是が非でも抜け出さねばならない柏の方が必死。


そんな気迫に勝る柏が前半、大きくファーに流れたFKをエドゥアルドが角度の無いところから強引にヘディングシュート。
東口のミスも相まって柏が先制。↓


201506232126098ea.jpg


201506232126091cd.jpg



このDFはスピードは無いがヘッドは滅法強い!





その後はガンバが惜しいシュートを放つも総じて好調時より迫力がなく柏に上手くしのがれ後半はスコアレスで試合終了。


あまり見せ場のない試合でしたが柏1-0で勝利、久し振りに勝ち点3ゲット。



まぁ、両チームともピークは8、9月のACL準々決勝でいいのでこれから徐々に調子を上げていって下さい。




特にガンバは昨シーズン終盤のような強さを発揮してアジアチャンピオンになってもらいたいです。



その為にはこの2人の活躍は不可欠。

今日はお疲れ気味でした。↓



20150623212657d2a.jpg


201506232126571e9.jpg





  1. 2015/06/23(火) 21:34:08|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嗚呼、残念無念

ロシアW杯2次予選の初戦である対シンガポール戦。

スコアレスドローも残念なのですが、仕事が長引き何よりも観戦に行けなかったのが残念無念!


201506170758103bd.jpg


せっかくのチケットを無駄にしてしまいました。



まあ、スポーツニュースを見る限り試合内容もストレスの溜まる展開だったみたいだし、ここはスタジアム往復の電車賃が節約出来た!というポジティブシンキングで行こうと思います(>_<)(泣)
  1. 2015/06/17(水) 08:08:27|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本代表 VS. イラク代表 2015.6.11

ROAD TO RUSSIA いよいよ来週からW杯予選が始まります。

今日はその前哨戦。キリンチャレンジカップ。


日産スタジアムまでやって来ました。


今日のスタメンはケガの内田以外で現時点のベストメンバーでしょう。↓


20150611215841eb4.jpg


20150611215841405.jpg



今日の観衆は64000人。電車から、駅からの道すがら、スタジアム周辺、とにかく人が多い。軽く人酔い。↓


20150611215841632.jpg




この人込みは、12月にあと1回経験するかな。

クラブW杯決勝!

メッシ、ネイマール、スアレス!


絶対にチケットをゲットせねば。




話を戻して、それでは選手入場キックオフ。↓


201506112158413f7.jpg


20150611220247875.jpg


20150611215841431.jpg




序盤から日本は飛ばしてます!


菱形に位置する岡崎、本田、香川、宇佐美。
みんな上手いからプレーを見ていて惚れ惚れします。

あと今日はその4人にパスを供給する柴崎が良かった。レギュラー当確!


というわけで前半5分、本田が抜け出し早くも先制。↓





20150611215841894.jpg




20150611215936e88.jpg


ミランと違い、代表だと本田にいいパスが出ます。




続いてすぐの前半9分、CKのこぼれを槙野が押し込み追加点。↓






20150611215936187.jpg


20150611215936baa.jpg




20150611215936a4d.jpg



今日は何点入るの?なイケイケ状態。


前半20分を過ぎるとゲームが落ち着いてきたが33分、宇佐美のお膳立てから岡崎がゴール。3-0↓


201506112159362ef.jpg


201506112159360c0.jpg





前半終了。


客席に香川のそっくりさん。↓


2015061122024774d.jpg





後半は少しペースダウン。


主力は続々とお役ごめん。

日本が誇るスピードスター3人が一気に投入される。



20150611220247fae.jpg




その中で結果を出したのは久々の代表召集の原口。


後半39分、スピードに乗ったらしいゴールでとどめを刺しました。↓






2015061122024702b.jpg


2015061122024763c.jpg


20150611220247295.jpg





宇佐美の台頭が日本代表のカンフル剤となり本田、香川、岡崎もウカウカしていられないというチーム内の競争が一回り代表を強くしているような気がします。

私的には武藤の更なる飛躍に期待です!












  1. 2015/06/11(木) 22:39:56|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 清水エスパルス 2015.6.7

今日、浦和が勝ってガンバが負けると浦和のファーストステージ優勝が決まります。

浦和の優勝を期待して集まった観衆は44424人。あと20人でゾロ目。↓


20150607182206b1d.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓



20150607182143563.jpg


20150607182143821.jpg


20150607182143478.jpg


20150607182143784.jpg




開幕無敗記録を続けている浦和が序盤からゲームを圧倒。



最近の浦和は中盤でパスをこねくり回す悪癖から完全に脱却し、スピーディーで縦に早いシンプルな攻撃が多くなった。

もともと、足元の技術が高い浦和がテクニックに溺れることなく球際も激しく、ハードワークもいとわず、そして要所要所で心憎いテクニカルなプレーも織り混ぜる。



確かに今の浦和は盤石。Jリーグで太刀打ちできるチームは無さそうです。




それでも、前半圧倒的にゲームを支配しながらもシュートが枠を捉えずスコアレスで後半へ。





後半も浦和の気迫と集中が清水を上回り、後半7分、興梠が狙いすましたゴールで先制。↓




2015060718214385d.jpg




201506071821430fa.jpg





その後の浦和は闇雲に追加点を奪いに行くと言うよりは試合巧者ぶりを遺憾なく発揮。



きちんとウノゼロで試合を終わらせました。


あと気になるのは他会場の結果ですが、ガンバは神戸と引き分けたため浦和の優勝は次節に持ち越しとなりました。




ウ~ン、浦和強し。

今日は前節柏戦で失態を演じた西川は再三の好セーブでチームを救い面目躍如。





  1. 2015/06/07(日) 18:41:48|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0