サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

川崎フロンターレ VS. アビスパ福岡 2016.3.27

今日はヤマザキナビスコカップ予選リーグ第2節。

今シーズン絶好調のフロンターレを観に等々力にやって来ました。


水曜日の前節、憲剛、大久保を温存していたので淡い期待を胸にスタメンえお確認。

2人ともスタメンはおろか控えにも入ってません❗

何てこった❗

代表召集の小林悠とU-23代表召集の大島もいないのでリーグ戦の快進撃を支える4人がいない。

試合前から外れ試合の予感が…

今日の観衆は11500人。↓

20160327171832efa.jpg


201603271717579d4.jpg


それでは選手入場キックオフ。↓




20160327171832946.jpg


201603271717574b7.jpg


201603271717574ab.jpg


2016032717175782e.jpg





予感的中。

中心選手不在の川崎は全く別のチームで全く点の入る気がしない。


外れ試合決定!


後半36分、自分達のミスから招いたCKから福岡がヘディングゴール。↓


20160327171757947.jpg


20160327171757ec4.jpg





川崎が負けるべくして負けたゲームでした。


  1. 2016/03/27(日) 17:31:51|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京ヴェルディ VS. 町田ゼルビア 2016.3.26

J2で実現した東京クラシコ。

味スタにやって来ました。↓

2016032618084336e.jpg



今日の観衆は町田の動員も手伝い5100人。

それでは選手入場キックオフ。↓




20160326180825e86.jpg


20160326180825a0b.jpg



201603261808250ea.jpg



意外と健闘している町田。

なるほど、チーム一丸となり高い位置からのプレスが徹底されヴェルディに攻撃の糸口を作らせない。

これは開幕戦で見たセレッソ戦から変わっておらずブレてない。

相馬監督はいいチームを作りました❗


前半は町田が押し気味にゲームを進めるも決定的チャンスは作れずスコアレスで折り返す。



後半も半ばを過ぎるとさすがに町田のプレスが弱まりようやくヴェルディの時間帯に。


それでも町田は踏ん張り最後の力を振り絞って後半45分、サイドからのボールに鈴木孝司が反応し価千金のサヨナラ決勝ゴール。↓





20160326180825ae1.jpg


20160326180825719.jpg


20160326180825600.jpg




今シーズンの町田はこういう劇的なゴールが多い。


しぶとく、いいチームに仕上がってます。


今年のJ2は町田を追いかけて見ようかなと決意させるゲームでした。




  1. 2016/03/26(土) 18:36:52|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本代表 VS. アフガニスタン代表 2016.3.24

ロシアW杯アジア2次予選。

仕事を休み、万全の態勢で埼スタへ。↓


_20160324_214719.jpg


世間の関心もやや薄れ今日の観衆は49000人。

5万人を割ってしまいました。↓


_20160324_214741.jpg


今日の座席は2階席の45列目。

選手が豆粒に見えます。↓

20160324220121861.jpg



鳥籠に本田、香川。どうやら2人はベンチスタート。↓

_20160324_214820.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓



_20160324_214852.jpg


_20160324_215339.jpg


_20160324_215359.jpg


_20160324_215444.jpg


_20160324_215424.jpg



相変わらず日本代表の出だしは硬い。

予想通り、専守防衛のアフガニスタンを崩せない。

そんな重い空気を前半終了間際に岡崎が払拭。

ぺナでパスを呼び込みトラップ&ターンで股抜きからのシュート。↓

_20160324_215506.jpg


_20160324_215522.jpg




頼りになります。



前半は1-0で終了。




後半、早い時間に清武がゴール。↓


20160324220121121.jpg


20160324220121e0b.jpg




これで勝負あり。

その後は戦意喪失のアフガニスタン相手に日本のワンサイドゲーム。


酒井(宏)の得点にしてあげたいオウンゴールで3-0↓


201603242201216f4.jpg



CKから吉田がヘッドで4-0↓


20160324220121b24.jpg


締め括りはとにかく結果が欲しい金崎がハーフナーの落としに反応し5-0↓


20160324220121f0b.jpg


前半の停滞を後半に巻き返し帳尻を合わせ予定通り大量得点5-0で試合終了。



相手のレベルから前半3-0くらいで勝負を決めて欲しいところですが、9月から始まるアジア最終予選にピークを迎えればいいのでまぁいいかっていう感じ。


そんな中でも長友と岡崎はレベルが違う。
早く彼らを脅かす若手が台頭してこないとなでしこの二の舞もあり得ます。



  1. 2016/03/24(木) 22:41:19|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大宮アルディージャ VS. サンフレッチェ広島 2016.3.20

ACLの関係で今日もJ1観戦。

大宮までやって来ました。


今日の観衆は13500人。NACK5スタジアムではこれで満員御礼。↓


20160320182701dcb.jpg


20160320182701863.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


201603201827019c0.jpg


20160320182701fb2.jpg


20160320182701666.jpg



ACLとの連戦続きでなかなか調子のでない広島でしたが、水曜日、浅野の2得点でブリーラムに勝利しチーム状態は上向き。


そして、その浅野が今日はスタメン。


浅野のスピード恐るべし。

ドリブルで仕掛けたりで裏に抜け出したりと獅子奮迅の活躍。

すると前半22分、浅野が裏に抜け出しウタカのパスを呼び込みゴール前に詰めたウタカにまた折り返しウタカがゴール。↓


20160320182701fb7.jpg


20160320182757006.jpg



2人の素晴らしいコンビネーションで広島先制。大宮DFは2人に翻弄され為す術なし。



続いて39分、またもウタカのパスに浅野が裏に抜け今度はそのままシュート。

GKの頭上を射抜きゴール。↓

20160320182757468.jpg



そしてジャガーポーズ。↓




20160320182757d02.jpg


201603201827571c0.jpg



大宮は浅野にかき回され0-2で後半へ。



後半は、広島が受けに回ったことと大宮が右MF、DFの2枚代えをしたことにより攻勢を強める。


すると15分、サイドを崩し横谷がゴール。↓

20160320182757209.jpg


その後も大宮の攻勢は続き、スタジアムはヒートアップ。

しかし、広島はJ1きってのカウンターが上手いチーム。

前がかりになった大宮を嘲笑うかのように22分青山、28分柏、とどめは44分柴崎。↓


20160320182757bc2.jpg


20160320182836004.jpg


20160320182836182.jpg


201603201828364e0.jpg





5-1で広島圧勝。
広島サポにとってはこの上ないゲームとなりました。

広島にはこの調子でACL予選リーグを突破してもらいたいたい。

  1. 2016/03/20(日) 19:31:08|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜Fマリノス VS. サガン鳥栖 2016.3.19

早いもので、もう4節。
三ツ沢にやって来ました。↓


201603191529367f1.jpg



まだまだ衰え知らずの俊輔。

彼を見るだけでチケットの元は取れます。



キックオフ前に雨も止み、嬉しい限り。↓

20160319152936a7b.jpg


20160319152936d1d.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20160319152936968.jpg


20160319152936c4b.jpg


201603191530278a6.jpg








20160319152936967.jpg



試合開始直後の前半3分、横浜は目下売り出し中の富樫が裏に抜け出しGKとの一対一を冷静に決め先制。↓


20160319153027d27.jpg


20160319153027d7f.jpg


20160319153027992.jpg



スピードがあり、バネもある。
マインツの武藤がFC東京にデビューした頃とだぶって見えます。



その後は互いに決めきれず前半終了。





後半はゲームのテンポも上がり見応えのある内容。

すると鳥栖が18分、FKからのこぼれを谷口がヘッドで押し込み同点。↓







201603191530272fe.jpg




20160319153027306.jpg


しかし、決勝点はマリノス。

25分、中町が技ありゴールで2-1。↓



201603191531276ff.jpg



20160319153127795.jpg





  1. 2016/03/19(土) 15:56:09|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京武蔵野シティFC VS. ホンダロックFC 2016.3.13

今日のJ2首都圏開催は千葉しかないので近場のJFLに決定。

生涯アマチュアを貫くかと思われた横河武蔵野が本年度から路線変更。

Jリーグ百年構想クラブに認定され本格的にJ3参入を目指すことになりました。


やっぱりサッカークラブはこうでなくちゃ❗
今まで以上に応援にも力が入ります。

そんなJFL第2節、武蔵野のホーム開幕戦にやって来ました。



それでは選手入場キックオフ。↓



20160313160132ba9.jpg


201603131601150fc.jpg


201603131601159f3.jpg


20160313160115c36.jpg



武蔵野のユニフォームは今年からヨネックス。何か柏レイソルの練習用みたい。
対するホンダロックはカッパの黄色✖黒。
ちょっと前のドルトムントみたいで強そうだ❗



序盤はホンダロックがアグレッシブに攻め、武蔵野は受けに回る。


ホンダロックの時間帯に先制。↓


20160313160115f85.jpg


20160313160115bd3.jpg




しかし、武蔵野も前半のうちにCKから同点に追い付く。↓


20160313160115be0.jpg





後半はホンダロックの足も止まり、さらに退場者も出て武蔵野が圧倒的に有利になり攻勢を仕掛けるも一歩及ばず、試合は1-1ドローで決着。

J3の昇格条件はJFLでの成績以外にも平均入場客数2000人というハードルもあります。

色々な意味で武蔵野のJ3参入はまだ先のようです。


今後も長い目で応援していこうと思います。



  1. 2016/03/13(日) 16:22:29|
  2. JFL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柏レイソル VS. ジュビロ磐田 2016.3.12

柏に移動しての本日2試合目。↓


20160312205553ebb.jpg


今日の観衆は10500人。↓


201603122055369e1.jpg


20160312205536590.jpg



今日も寒い。

それでは選手入場キックオフ。↓


201603122055368f5.jpg


20160312205536f50.jpg


201603122055360b6.jpg






前節浦和に勝って勢いに乗る磐田。

調子のでない柏相手にスタートからプレッシャーをかける。

これでは90分持たないだろうというくらいの磐田の猛プレス。

柏タジタジ。

そんな中、前半14分の磐田のCK。

ただふんわり上げたただけなのにジェイが競り勝ちヘディングシュート。コースも絶妙で磐田先制。↓



20160312205536609.jpg


20160312205438992.jpg


2016031220543838a.jpg


2016031220543855b.jpg


20160312205438085.jpg



ジェイの強さ恐るべし。

ヴェルディ、レッズにいたワシントンみたい。



磐田の攻撃はスピーディーでモダンな感じ。

柏いいところなく前半終了。



後半、流石に磐田の猛プレスは影を潜め柏ペースに。


すると、後半10分、混戦から秋野がヘッドで押し込み同点。↓



20160312205438f6c.jpg


201603122054380f4.jpg



これで息を吹き返した柏は33分、途中出場の田中順也がボレーを決め手逆転。↓


20160312205338487.jpg


20160312205338f1f.jpg


20160312205338735.jpg


20160312205338004.jpg






それにしても、磐田はタフでしぶといチームに仕上がってます。

敗色濃厚な試合終了間際、磐田は総攻撃を仕掛け櫻内が起死回生の同点ゴール。↓



20160312205338308.jpg


201603122053381e6.jpg




柏はサポはがっかり寸前のところで今期初勝利がこぼれ落ちました。


  1. 2016/03/12(土) 21:19:24|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. アビスパ福岡 2016.3.12

今日は頑張って2試合観戦。

まずは埼スタ。

今日の観衆は少な目の26500人。↓


201603121629164ae.jpg


20160312162916c60.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20160312162916428.jpg


20160312162916b63.jpg



20160312162916bc3.jpg




昨日、長いボールの蹴り合いを見ているだけにボールを大事にするポゼッション重視の浦和は見ていて楽しい。

福岡は昇格最後尾という事でJ1を戦い抜くには戦力的に厳しい感じ。

浦和は前節の負けを反省してか、ピリッと引き締まっていい感じ。

特に興梠と関根がキレてる。

そんな中、前半18分、関根の落としに興梠が反応し浦和先制。↓


201603121629169b4.jpg


20160312162814d4e.jpg


201603121628149ab.jpg


20160312162814ddd.jpg


20160312162814ec2.jpg





得点は1点ながらも浦和が圧倒的にゲームを支配し前半終了。



後半もすぐの6分、またもや興梠がボレーを決め2-0と突き放す。↓


201603121628149c4.jpg


201603121628149fc.jpg


試合はそのまま2-0浦和勝利で終了。


ゲームを通じて浦和が格の違いを見せ付けました。
  1. 2016/03/12(土) 16:47:26|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. ヴィッセル神戸 2016.3.11

今日は夕方上手いことに外出。そのまま直帰で味スタへ。
通常業務では間に合わない味スタ7時キックオフ、何か得した気分。

今日の観衆は11500人。↓



20160311212254b94.jpg


20160311212254a44.jpg


それでは選手入場キックオフ。↓


20160311212254548.jpg


20160311212254340.jpg


20160311212254858.jpg






気温同様、今日のゲームはお寒い内容。

両チームともパスが繋がらず、FWにボールが納まらない。


互いの守備がいいというよりミスも多く攻撃が情けない試合。


前半は見応えのない0-0。



後半も相変わらずの凡戦。


こりゃ0-0ドローだなと思って帰りかけた終了間際に東京がサイドを崩し阿部が劇的ゴール。↓

201603112122548b6.jpg


ゲームはそのまま1-0東京勝利で終了。


この得点で寒さの中、頑張って観戦したことが救われた気がします。


  1. 2016/03/11(金) 21:38:55|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. ジュビロ磐田 2016.3.6

レッズのホーム開幕戦。
埼スタにやって来ました。↓


2016030622481962a.jpg


今日の観衆は43800人。流石に4万人超え。↓


201603062248199ff.jpg



2016030622481940b.jpg



それでは選手入場、キックオフ。↓



201603062248197f6.jpg


20160306224819408.jpg


20160306224819824.jpg




火曜日、槙野のハンドでACLを落としているだけに、ホーム開幕戦は是が非でも勝ちたいレッズ。

対する磐田も開幕戦を落としているだけに勝ち点が欲しいところ。



そんな中、ボール支配率は圧倒的に浦和に軍配。
それでも磐田はボールに食らいつき、森脇のバックパスに西川がもたついているところを太田が詰めて磐田先制。↓







2016030622463010a.jpg


20160306224630685.jpg





なんとミスから磐田に先制点を献上。




前半は1-0磐田リードで降り返す。



後半浦和は守備を固める磐田に苦労するが、中央を抉じ開け柏木が同点ゴール。↓




20160306224630fa0.jpg


20160306224630e1c.jpg





しかし、すぐさま、磐田は途中出場の松浦の突破からこれまた途中出場のジェイが押し込み再びリード。↓



201603062246300a5.jpg



20160306224630dd4.jpg



2016030622352159e.jpg




試合はそのまま2-1磐田勝利で終了。


浦和は点のとられ方が悪かった。

浦和が負けるべくして負けたゲームでした。


今日は森脇、宇賀神の調子が今一つでブレーキになっていました。





  1. 2016/03/06(日) 22:48:43|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0