サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

浦和レッズ VS. FC東京 2016.6.22

今日も過密日程、平日開催J1。

埼スタにやって来ました。


今日の観衆は24300人。↓

2016062221554829f.jpg


20160622215548f12.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓



20160622215548149.jpg


20160622215504d0f.jpg


20160622215548410.jpg




過密日程なのでやや落ち着いた立ち上がり。


東京はムリキがようやくチームにフィットしてきて浦和の脅威になってます。

浦和は上手くいってないときはこんなもの。

前半13分に自陣でパスミス。コレを東京にカットされショートカウンターから最後はムリキがゴール。↓


201606222155045bb.jpg


201606222155043d0.jpg


20160622215504945.jpg



浦和はこのミスが響きその後もバタツキ攻守がチグハグ。


すると31分、今度もカウンター気味に最後は橋本がゴール。2-0↓



201606222155049e0.jpg


201606222155042b5.jpg


20160622215411634.jpg





浦和良いところなく前半終了。



後半も東京の術中にはまり突破口が開けない浦和。


それでも選手交替を交え徐々に東京を押し込む。



後半、21分、クロスに槙野がヘッドであわせて反撃の狼煙を上げる。↓



20160622215411b7a.jpg




その後は引き気味なった東京に対して浦和は一方的に攻め立て27分にはまたも槙野が今度はグラウウダーで決め同点ゴール。↓


20160622215411d0c.jpg


2016062221541191a.jpg





こうなると押せ押せの浦和はさらに6分後の33分、シュートがバーに当たりその跳ね返りを李がヘッドで押し込み逆転ゴール。↓




201606222154115a0.jpg



20160622215411654.jpg




東京は前半のゲームの進め方は完璧でしたが、覚醒した浦和の怒濤の攻撃を抑えきれず終わってみれば3-2で見事な浦和の逆転劇でした。

やはり槙野の気迫がドン底状態の浦和を救った気がします。





これで浦和はACL敗退の負の呪縛から逃れることが出来たのではないでしょうか?



東京はムリキ&バーンズのコンビネーションが良かったので今後は得点力不足が解消されそうな予感がします❗

  1. 2016/06/22(水) 22:22:15|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町田ゼルビア VS. 愛媛FC 2016.6.19

大方の予想通りジワジワと順位が落ちてきた町田。

懲りもせずそんな町田に望みを託して野津田公園へやって来ました。↓



20160619200435e02.jpg



今日の観衆は3500人。

それでは選手入場キックオフ。↓


20160619200435fb0.jpg



2016061920043502d.jpg


20160619200435e3c.jpg








町田の貧打ぶりは相変わらずながらも最近はお得意の我慢の守備に綻びが。


開幕当初のハードにアタックする守備ができていない。
疲れと迷いがあるのでしょうか?


町田は足元が上手い訳ではないので少しでも迷いみたいなものがあるとチーム力がガクッと落ちる。


そういうわけで球際が激しい愛媛ペースでゲームは進む。


前半はスコアレスで折り返したものの後半6分愛媛は中央を突破し内田が先制。↓




201606192004353de.jpg


20160619200435fe1.jpg




町田はボールを繋げないので得点の入る気配なし。

ようやく残り15分からパワープレーに切り替えたので少し気配が。


それでも愛媛に上手くしのがれ1-0愛媛勝利で試合終了。


パワープレーしか攻め手がない町田。
まだまだ順位を落としそうです。


  1. 2016/06/19(日) 20:27:23|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. アルビレックス新潟 2016.6.18

今日は1stステージ優勝争いとは全く関係ない試合。

それでも今日の観衆は24800人。↓


201606182136200f8.jpg




急性白血病で離脱を余儀なくされた新潟早川選手を励ます横断幕が東京側からも。↓


201606182136204d8.jpg



新潟は背番号のコレオ。↓

201606182136204d4.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


201606182136207e2.jpg


2016061821362035b.jpg



20160618213620a0b.jpg




ポゼッションでは東京有利もシュビヲ固める新潟を崩せない。



前半23分、東京GKの秋元が6秒ルールの反則を取られる。これはちょっと厳しい。

東京が抗議している間に新潟が抜け目なくリスタート。
ペナの中なので呆気なくゴール。↓


20160618213653c0e.jpg



何か狐につままれた感じ…
当然、東京サポは大ブーイング。


前半終了。



後半、東京は猛反撃。

9分、久しぶりに平山がゴール。↓


20160618213653f6f.jpg


201606182136530bb.jpg



その後も東京の攻勢が続いたが決めきれず、終了間際の絶好のFKも決まらず1-1ドローで終了。↓


20160618213653055.jpg





  1. 2016/06/18(土) 22:41:21|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. サンフレッチェ広島 2016.6.15

今日はサッカー観戦しない予定でしたが、仕事がはかどり急遽味スタへ。

それでも前半10分からの観戦。↓

20160615210443e72.jpg


観戦する予定ではなかったのでデジカメはなく携帯画像。


今日の観衆は15300人。↓



2016061521044300d.jpg


両チームともACL出場故の過密日程。

そう言うわけでアウェイの広島はいつも以上に省エネサッカー。

そんな広島に東京もお付き合い。

非常に熱量の少ない退屈な展開でスコアレスのまま前半終了。



後半、待ってましたの広島は浅野を投入。


これでゲームに動きが出る。


均衡が破れたのは後半24分。

ピーターウタカがサイドで粘りクロス。それを浅野が技ありヒールで決め広島先制。↓



201606152104437a3.jpg


これでゲームは激しさを増し、今度は3分後の27分、東京は橋本がクロスに滑り込み同点ゴール。



しかし、今日のハイライトはここまで。



その後は両者パットせず試合はそのまま1-1ドローで終了。



  1. 2016/06/15(水) 21:39:02|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 鹿島アントラーズ 2016.6.11

本日2試合目は先程以上に注目の一戦。

埼スタにやって来ました。


この一戦の重要性を認識してか今日の観衆は51700人。


ギッシリ入りました。

久しぶりのコレオ。↓


2016061121255669f.jpg


201606112125564b0.jpg


20160611212556fa3.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20160611212556b6a.jpg


2016061121255660d.jpg


20160611212556c36.jpg



ウ~ン🎵
今日はイイ試合。
スタジアムの雰囲気も最高😃⤴⤴

それにしても鹿島強い❗

球際強い❗


プレスも激しい❗


相手の寄せが早いので、浦和はいつものように上手くボールを繋げずミスも目につく。



浦和サポの大歓声の中、アウェイの鹿島は熱くならずに冷静にファイト。

返って、浦和の方がテンションを上げすぎチグハグ。


浦和はACLの敗退から勝者のオーラが消え、攻撃も守備も噛み合わない。



前半は見応えのあるスコアレスで終了。


後半、浦和サポにとっては心配していたことが現実に。

後半7分、攻撃が噛み合わずパスミスからカウンターを喰らい、最後は金崎Kanasakiが滑り込み鹿島先制。↓



2016061121235456d.jpg


201606112123545b4.jpg


20160611212354166.jpg





重要な一戦で先制点の持つ意味は大きく、その後浦和は焦るばかり。


前がかりになっている所に時折、鹿島のカウンターを喰らう。仕方ないとは言えいつものように最後の砦、西川がナイスセーブを連発。


浦和が中々チャンスを活かせないでいると、後半43分、駒井がペナで鈴木を倒しPK献上、万事休す。↓



20160611212354a2e.jpg


201606112123542c5.jpg


2016061121235440b.jpg





鈴木が自ら決め勝負あり。



2-0鹿島の完勝でした。


これで浦和は1stステージの優勝争いから一歩後退。


タレントでは浦和が数段上ですが鹿島の伝統、チームスピリットみたいなものが色濃く出たゲームでした。





  1. 2016/06/11(土) 21:51:56|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜Fマリノス VS. 川崎フロンターレ 2016.6.11

代表ウィーク明けのJ1再開。

今日はちょっと無理して2試合観戦。


まずは日産スタジアム。

ユニフォーム付き格安チケットを仕込んだ横浜営業サイドの努力と首位を走る川崎との神奈川ダービーということもあり、今日の観衆は46400人。


かなり入りました。↓


20160611171015e97.jpg


20160611171015d12.jpg


201606111710403e6.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓



2016061117101569c.jpg


2016061117101532a.jpg


20160611171015308.jpg



今の順位を反映するような展開。

川崎がいつものように小気味良くパスを繋ぎ、横浜は我慢の守備。


時折、斎藤学の切れ味抜群のドリブルが炸裂するも横浜の攻撃は単発。

相変わらずのセットプレー頼みか?



川崎の攻撃の方が意図があり怖さもある。


すると、前半27分、川崎は厚みのある攻撃から最後はこぼれ球をエドゥアルドネットが決め先制。↓



20160611171015446.jpg


20160611170918ec2.jpg


20160611170918280.jpg


2016061117091808a.jpg


順当な展開で前半終了。


後半も川崎やや優勢。


横浜は駒不足か。斎藤学以外パッとしない。



そんな中、後半34分、川崎はPK獲得。大久保が冷静に決めダメオシ。↓



20160611170918608.jpg


20160611170918de2.jpg


2016061117091869d.jpg


ゲームはそのまま2-0川崎勝利で終了。


安定した戦いぶりで川崎は首位をキープ。



  1. 2016/06/11(土) 17:35:51|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイからの便り

昨夏のタイ旅行の際にユニフォームショッピングとサッカー観戦を共にした同志からお土産を頂きました。


先頃、同志はハネムーン❤💑✈でタイを訪れ私がリクエストしたサッカー雑誌↓


20160609080257b0e.jpg


20160609080419648.jpg



と、サプライズでチョンブリのユニフォームを頂きました。

しかも、背番号4、タイ代表のクルークリット選手のマーキング入り。↓

201606090802570df.jpg


2016060908025711f.jpg



早くもAriでは売り切れになっていた模様で我々イチオシのトゥルースポーツで購入&マーキング。


同志から届いたトゥルースポーツの最新画像。↓

2016060908025761c.jpg


2016060908025751a.jpg


20160609080257e54.jpg


20160609080400dff.jpg


201606090804004b4.jpg


20160609080400431.jpg


20160609080400323.jpg


201606090804008e3.jpg


20160609080400b95.jpg



やはり、トゥルースポーツは最強です❗


ありがとうございます❗




  1. 2016/06/09(木) 08:19:44|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大宮アルディージャ VS. 鹿島アントラーズ 2016.6.5

今日はナビスコカップ予選リーグ最終節。

前節で予選突破が確定した大宮と敗退が確定した鹿島との戦い。

手っ取り早く言うと消化試合。

なので両軍控えメンバーのオンパレード。




今日の観衆は9300人。↓



20160605162515122.jpg


201606051625157aa.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


2016060516253104a.jpg


201606051625150dd.jpg


20160605162515ec1.jpg





若手のアピール合戦みたいな様相を呈しながらもなかなか攻撃が形作れずスコアレスのまま前半が終わり、後半も時計は進むばかり。



試合終盤、両チームともプレスが効かなくなりカウンターの応酬。


すると42分、大宮がサイドをえぐり中央で待ち構えていたネイツペチュニクがゴール。↓



201606051625158d4.jpg


201606051625152a5.jpg




最後は予選突破を決めている大宮が勢いの差を見せ付け勝利しました❗



  1. 2016/06/05(日) 18:34:32|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0