サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

東京ヴェルディ VS. ロアッソ熊本 2016.7.31

7月の締め括りはJ2。
久々のヴェルディ戦。味スタにやって来ました。↓


20160731201438f49.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20160731201438ec7.jpg


20160731201438a05.jpg


20160731201438e19.jpg



巻や清武弟がいないので熊本に知ってる選手が居ません❗

ヴェルディにはガンバから二川が加入。


ホームのヴェルディがやや優勢ながら決定的チャンスもなく焦れた展開。


スコアレスのまま前半を折り返し、2日連続でスコアレスドローは勘弁と思っていたら、後半33分、ヴェルディは途中出場のアランピネイロが持ち上がりシュート→ポスト→シュート→GKに掻き出され最後は高木善朗が押し込み先制。↓


20160731201438896.jpg


ヴェルディはこの1点を守りきり勝利しました。


  1. 2016/07/31(日) 20:28:22|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜Fマリノス VS. 名古屋グランパス 2016.7.30

関東地方の梅雨も明け夏本番。

久々の日産スタジアム、マリノス戦。↓


201607302128111b6.jpg



夏休み真っ只中だけあり回りはガキンチョばかりで騒がしい。


名古屋は今日負けるといよいよな感じ。


今日の観衆は25800人。↓

201607302128115c2.jpg


20160730212811f17.jpg


それでは選手入場キックオフ。↓


201607302128112f9.jpg


20160730212811935.jpg


20160730212811cf2.jpg




両チームとも手数を掛けないカウウターが持ち味。

名古屋はやや引き気味。

俊輔がいないので横浜の遅攻は望み薄。

そんな中、独り気を吐いていたのは横浜の斉藤学。

以前にも増してその代名詞であるドリブルに磨きがかかり、上手さと力強さがハンパない。

どうみても日本代表、欧州移籍レベル!


しかし、ピッチには斉藤学と周波数の合う選手は居らず結局孤立。


両チームチャンスと言えばゴール前のセットプレーくらい。↓


20160730212833ebf.jpg


2016073021283372e.jpg




それも生かせず結局スコアレスドローで終了。


普段なら金返せ的な展開ながらも今日は斉藤学の再三に渡る切れ味抜群のドリブルを堪能できたのでチケットの元は取れた試合でした。



  1. 2016/07/30(土) 21:50:26|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町田ゼルビア VS. 水戸ホーリーホック 2016.7.24

前節、アウェイでセレッソに勝利したことでまだまだやれることを証明出来た町田。

今日の観衆は3500人。↓

201607242109472fc.jpg


20160724210947437.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20160724210947b4a.jpg


20160724210947346.jpg


20160724210947798.jpg




今日は涼しいので観戦しやすいし、選手の動きもいい。

特に町田の方が動き出しが早くハードな守備も復活!


すると前半15分、セットプレーの流れから最後は中島がヘッドを決め先制。↓


20160724210947f42.jpg



これで勢いに乗った町田は36分、相手のパスミスからのショートカウンターで中村が追加点。↓



20160724211034e85.jpg



前半を2-0で折り返し、後半4分にはCKからカルフィン・ヨンアピンがドンピシャヘッドで3-0。↓


20160724211034672.jpg



町田楽勝ムード。



しかし、ここから雲行きが怪しくなる。



3点差に開いたことで水戸は逆に吹っ切れた感じでとにかく前に出てくる。



すると11分、佐藤が決めてまず1点を返す。↓



20160724211034269.jpg


町田はハードに動き回った前半のツケか防戦一方。


その後33分に福井にヘッドを決められ1点差。↓



20160724211034bf8.jpg



その後、町田は何とかボールをキープしゲームを終わらせようとするが力尽き、45分、またも佐藤に決められ遂に同点。↓


20160724211034203.jpg




試合はそのまま3-3引き分けで終了。


町田の後半のゲームの進め方が大変お粗末でした。


  1. 2016/07/24(日) 21:33:38|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. FC東京 2016.7.23

上海ダービーの後は多摩川クラシコ。↓

20160723210849ed0.jpg


今日の観衆は24100人。↓


20160723210849337.jpg


20160723210849c85.jpg


201607232108492a6.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20160723210849501.jpg


20160723210928080.jpg


20160723210849a3a.jpg




今日は両チームとも堅い展開。

相手の出方を探りながら点を獲るより獲られないことを優先しているみたいです。

それでもコンビネーションに勝る川崎がやや優勢か‼

東京はショートカウンター以外に攻撃の糸口が見つからない。


前半はスコアレスで終了。


後半も堅い展開で時計は進み、後半36分いい位置でFK。↓

201607232109283d7.jpg



一度は防がれたがその後左右に揺さぶり最後は小林悠がヘッドを流し込み決勝点。↓


20160723210928e99.jpg


2016072321092806d.jpg


2016072321092829c.jpg

試合はそのまま1-0川崎勝利で終了。


ズルズル引き分けに持ち込ませないそんな強さが今の川崎には有ります❗



それにしても東京は元気がなかったなぁ~。


  1. 2016/07/23(土) 21:26:48|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海旅行 3日目 最終日 2016.7.18

昨日の試合観戦の余韻そのままに本日が早くも最終日。

朝起きてテレビを付けたら。↓


20160722213312e78.jpg



ACLのFC東京VS.上海上港です。



午前中はお茶やお菓子などのバラマキ土産を物色し12時ホテルチェックアウト。



本場の足裏マッサージを満喫した後、チャーハンを食べて最後のデザートは↓



20160722213312bb1.jpg



上海は真夏。暑かった。




14時半に空港に向かいこの旅終了。




あと、試合観戦したチケットと上海申花のキーホルダー。↓


20160722213312375.jpg
  1. 2016/07/22(金) 21:49:44|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海申花ユニフォーム 中国スーパーリーグ

虹口足球場のショップで購入しました。↓

20160722000951dd1.jpg


自分用にラスト1点だったグアリン。↓


20160722000951387.jpg





201607220009516c1.jpg


中国スーパーリーグは本当は背中にネームはなく上海申花は三菱重工空洞のロゴが入ってます。

日本円で約1万円。

スポンサーロゴや背番号がないやつは7300円位でした。




中国スーパーリーグのパッチも付いてます。





同志のお土産にマルティンス。↓



20160722000951599.jpg



日本ではまずお目にかかれないレア物をゲットできご満悦❗


  1. 2016/07/22(金) 00:18:07|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海旅行 2日目 2016.7.17 その2 中国スーパーリーグ観戦 上海申花 VS. 上海上港

午後5時半を回り、キックオフまで2時間を切ったので本日3度目の虹口足球場へ。↓

201607202157259e0.jpg


かなりの人出。↓


20160720215725c35.jpg



だふ屋から買ったチケットで本当に入場出来るのでしょうか?


見事QRコードが本物と判定され中に入れました。↓





20160720215848d6f.jpg


20160720215848586.jpg


20160720215725332.jpg



軍隊も配備され物々しい雰囲気。↓


20160720215725d14.jpg




イスは汚くてボロい。↓


2016072021572510f.jpg



20160720215725cec.jpg





上海上港のサポは3階席隅に隔離。↓


201607202158480de.jpg


物を投げ込まないように網で仕切り。↓



2016072021584805e.jpg



スパイダーカメラも完備。↓


20160720215848440.jpg



汚いヤジで相手サポを罵る申花サポ。↓


201607202158482e0.jpg

Jリーグとは違い、相手選手やサポにリスペクトの欠片もない憎悪のヤジが飛んでました。



いよいよ上港がアップ。↓



20160720220031ad9.jpg




前節が初出場初得点と鮮烈な中国デビューを飾ったフッキは怪我のためやっぱり居ませんでした。残念。
ついでにコンカも居ません。




申花も登場。ついついグアリンに目が行きます。↓


201607202200310aa.jpg




ガーナ代表アサモアギャン。↓

2016072022003141e.jpg





いつの間にか満員に。↓


2016072022003122c.jpg



201607202202125a8.jpg


2016072022021263e.jpg


201607202202126bf.jpg


20160720220402634.jpg


201607202200310fb.jpg


20160720220031443.jpg


2016072022021277c.jpg



右を見ても左を見てもブルー一色。ユニフォーム率高し。しかしスポンサーロゴや背番号などのマーキング入りを着ている人は全体の2割にも満たない感じ。↓


20160720220212093.jpg


201607202202124eb.jpg







それでは選手入場キックオフ。↓


201607202204028f1.jpg


201607202205319e4.jpg

2016072022053104a.jpg




マンサーノ。↓

20160720220402b22.jpg



エリクソン。↓


201607202204029c6.jpg






エウケソン。↓


20160720220402424.jpg







それにしても奮発しただけあり、バックスタンドながらも中央寄り前から3列目。臨場感抜群。

只、難を言えば試合開始から終了までスタンド全員立ち見の総ウルトラス状態。これには驚きました。
コンサートヘ来たみたい。

かなりの熱狂度。↓



2016072022040252a.jpg





上港の選手がボールを運ぶと凄まじいヤジ。


それでも戦術、テクニックではアウェイの上港が秀でてる。


Jリーグと比べると個人戦術が多い。

攻撃も守備も組織的に戦わないので観戦の奥深さは味わえない。

でもそれが
正しく日本に足りないものかも知れない。


一対一の激しいぶつかり合い。


Jリーグの守備はteamメートで助け合いマークの受け渡しやカバーリングがしっかりしている。


その反面、仲間のカバーを待つあまりすぐにリトリートして中々個で奪う守備が出来ない。



攻撃でもJリーグは組織で崩すので一見、パスが何本も繋がり見ていて楽しいが個で勝負しないのでゴールが遠い。




この試合は雌雄を決する上海ダービーということもあり激しさも増してます。


前半はスコアレスで折り返すも後半10分に上港はワンツーで崩しウーレイが先制。↓






2016072022053158c.jpg


ACLではFC東京がこの男にかなり苦しめられました。両チームの中でこのウーレイが一番目立って、一番危険なプレーヤーでした。↓



201607202205314d2.jpg






この1点でゲームは動きだし蒸し暑さも手伝い守備もルーズになり両者激しい攻防。


そんな中悲劇が。セネガル代表のデンババが相手DFともつれ選手生命も危ぶまれる程の骨折。↓


201607202205318d9.jpg



ゲームは10分以上中断。


再開後、申花は意地を見せ怒濤の攻撃からまず同点。↓



20160720220531a0a.jpg


2016072022065602e.jpg




場内割れんばかりの大歓声。


そして試合終了前にモレノが倒され申花はPK獲得。相手DFは一発レッド。↓


20160720220656977.jpg



蹴るのはグアリン。↓


2016072022065625b.jpg



決めました。


201607202206568a5.jpg


201607202206569b3.jpg



2016072022065653c.jpg



20160720220734de0.jpg



20160720220734bc1.jpg





試合はそのまま2-1上海申花の見事な逆転勝利。


言わずもがなのスタジアムはお祭り騒ぎ。




Jリーグ発足当時みたいにサッカーバブルが吹き荒れる中国スーパーリーグ。


チケットを取れないのが納得の熱狂具合でした。




  1. 2016/07/21(木) 00:49:20|
  2. 中国サッカーリーグ観戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海旅行 2日目 2016.7.17 その1 上海サッカーショップ&スタジアム

今日は盛り沢山というかサッカー漬けの1日になりそうです。

まずは腹ごしらえ。

昨日の夕食時にあまりの行列で断念した小籠包の人気店に朝7時半の開店と同時にイン。↓

20160720001843935.jpg


気取らないお店で。↓

201607200018434fa.jpg


一個一個皮から丹念に手作りに。↓


20160720001843d44.jpg


そんな出し汁がジュワッと溢れ出る絶品の小籠包は12個約260円。

人生で一番旨い小籠包です。安さにもビックリ。↓


20160720001743595.jpg



続いてはスタジアム巡り。

最初に訪れたのは本日試合のない上海上港の本拠地、上海体育場(上海スタジアム)。
別名8万人競技場とも言われてばかでかい陸上競技場です。↓


201607200017430b1.jpg


20160720001743d66.jpg



ホテルも中に在ります。↓


2016072000174396f.jpg




数日に迫ったマンU対ドルトムントの広告。↓


2016072000174308a.jpg


20160720001632bfd.jpg



上海上港のポスター。↓


20160720001632a48.jpg



中国では上海上港がレッズと呼ばれてるみたいです。↓


20160720001632795.jpg



ちょっとピッチが覗けました。パッと見、内部は日産スタジアムみたいです。↓


20160720001632887.jpg


敷地内にスポーツショップ。↓


201607200016322f4.jpg


スポンサーなしのユニが売ってました。↓


20160720001632874.jpg


201607200015281bd.jpg





他にもスポンサーロゴなしの広州恒大、北京国安、上海申花がありました。

どうも、スポンサーロゴなしは買う気がしません。勿論、マーキングサービスもやってないとのこと。



一応、この階段の下がスポーツショップです。↓



201607200013087c2.jpg





気を取り直して、本日試合のある上海申花の本拠地、虹口足球場へ移動。
上海は地下鉄が網の目に走っていて何処へ行くにも便利。スタジアムも駅の目の前です。↓


20160720001528d66.jpg



20160720001528b88.jpg




まずはスタジアム外のショップへイン。↓


20160720001528ef3.jpg


201607200015286a9.jpg





20160720001417012.jpg



20160720001528825.jpg


こちらでは残り僅かな緑地集団のロゴ入りユニをゲット。

私はラスト1枚のグアリン13番を購入。同志へのお土産屋でこれまたLサイズラスト1枚の17番マルティンスを購入。


どうも当日券の発売がないみたいでだふ屋との交渉をしようと思ったが、まだお昼の12時。


一旦、ホテルへ戻り昼食へ。創業100年の歴史のラーメン店。↓






20160720001417b4d.jpg


20160720001417562.jpg


20160720001417d32.jpg





鶏ガラのさっぱり味で美味、さらにチャーシュー旨し。



もしや当日券が発売してないかなと思い午後3時に再びスタジアムへ。


バッタもんの露店も賑やか。↓


20160720001417216.jpg



スタジアムの階段を上りコンコースを巡ると何とサッカーショップ。↓



20160720001417096.jpg




20160720001308a66.jpg



小林ハウス。日本人経営か?

ここは欧州物もあり本格派サッカーショップ。背番号のマーキングも出来るみたい。でも上海申花のユニフォームは売り切れで応援ポロみたいのしかなかった。

向かいにはバンコクにあるようなアンofficial職人型マーキング専門店がありました。



さらに進むとまたもコンコース内にofficialショップが。↓


201607200013089f0.jpg


20160720001308997.jpg


20160720001308ad9.jpg


20160720001308faa.jpg



しかし品揃えはイマイチでここではキーホルダーのみ購入。

画像にある数年前の白のアウェイのみXLサイズだったので値段を聞いてみたら日本円で25000円と言われ買う気が失せた。値札もなく店員が適当だったかも。他も数年前モデルのMサイズのみの一点物ばかり。



コンコースからピッチを覗く。↓

201607202154030df.jpg


201607202154030dd.jpg



そろそろ午後4時。当日券の販売もない。

私も観念してだふ屋と交渉。

中国語が出来ない私はだふ屋にも煙がられましたが親分肌の人が何とか手配してくれて定価580元(9000円高っ)を850元(14000円)で購入。


中国のだふ屋は偽物を掴ますのがよくあるとのこと。


一応私はノーイミテーション?と繰り返すばかりでだふ屋を信じるしかなく。半信半疑のままお金を払い午後7時半キックオフなのでまたも一旦ホテルへ戻る。

チケットが本物かドキドキのまま時は過ぎる。

その2に続く❗


  1. 2016/07/20(水) 01:35:17|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海旅行 1日目 2016.7.16

初の中国(香港は行きましたが)、勿論初の上海。

今回もサッカー旅で毎度の一人旅・2泊3日。


午前中ちょっとだけ仕事をして羽田に直行。↓


20160718221852f7d.jpg



3連休初日だけあり、私が乗る 中国東方航空は大混雑。↓


20160718221852e27.jpg


20160718221825127.jpg


20160718221825958.jpg



日本人というよりは在日家族の里帰りが多数。

カタコトの日本語を話すお母さんと流暢な日本語を話す子供達で混雑。


14時半のフライトで約3時間。
時差は1時間で現地時間16時半に到着。

今回は節約旅行。飛行機代は28000円。3連休にしてはまずまずの安さ。
ホテルは安くて立地のいい1泊3千円のギリ許せる所。↓


2016071822182569a.jpg

冷蔵庫はありません❗
一応WIFIフリー。でも中国はネット制限がありラインがつながらず、ブログ、グーグルもダメ。


早速の街歩き。↓


20160718221825997.jpg



何なんだこの人出。

泊まっているホテルがある南京東路の繁華街。

新宿と表参道を合わせたみたいなところ。


とりあえず今日の夕食は焼き小籠包の有名店。↓


201607182218251e3.jpg



20160718221825e9b.jpg




2016071823085336b.jpg


麺はイマイチながらも店の顔だけあり焼き小籠包は絶品。

ノーマル、ニラ入り、エビチリの3種2コずつのセット。

ニラ入りが特に気に入りました。


辺りも暗くなり定番の夜景ウォッチングへ。


さっきの繁華街。夜もすごい人。↓


20160718221721a0a.jpg



20世紀初頭、イギリスやフランスのガイコクジン居留地で栄えた外灘地区の建築物。↓


20160718221721629.jpg


20160718221721e04.jpg


そして上海と言えば、上海タワーとその一連の夜景。↓


2016071822172126a.jpg


201607182217210a1.jpg


2016071822172142d.jpg



それにしてもすごい人出でした。



明日はゴールデンカードの上海ダービー。

上海申花 VS. 上海上港。
どうやら当日券の販売もないらしい。

ちゃんと観れますでしょうか❗



  1. 2016/07/18(月) 22:50:46|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. アルビレックス新潟 2016.7.13

今日は平日開催。
それでも年間順位1位に君臨する川崎だけあって今日の観衆は14400人。

ついにデジカメがぶっ壊れ携帯での撮影。
今週末に上海旅行へ行くのにえらいタイミングでデジカメ機能不全。


それでは選手入場キックオフ。↓

20160713212252933.jpg


2016071321225242e.jpg



憲剛が負傷離脱のため川崎の中盤は大島が獅子奮迅の活躍。


それでも憲剛不在の穴は大きく、川崎は決めきれずにいると35分、新潟に上手くサイドから攻撃され最後は野津田が仕留め新潟先制。


しかし、川崎はこれでスイッチが入り直ぐの38分、大島がスーパーミドルを決め同点。↓


20160713212252592.jpg




後半に入りさすがにこの蒸し暑さ。両チームの足も止まりだしゲームは膠着。


すると後半20分、川崎は自陣でのパス回しが審判に当たってしまい新潟はそれをみのがさずショートカウンターから最後はレオシルバがゴール。↓


20160713212252284.jpg






これで尻に火がついた川崎。

時間は刻々と過ぎていく。


憲剛がいなくても今の川崎は強かった❗

今風に言えば神ってる。

スタジアム一体となって攻撃を後押しした結果、後半39分にOGからまず同点。


そして、ロスタイムの後半49分、ゴール前の混戦から最後は小林悠が押し込み見事な大逆転。

3-2川崎の劇的勝利で試合終了。↓


20160713212252a5c.jpg



川崎と鹿島のマッチレースはまだまだ続く❗


  1. 2016/07/13(水) 21:47:06|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町田ゼルビア VS. モンテディオ山形 2016.7.10

未だJ2の7位に踏ん張ってる町田。
一桁台の順位でシーズンを終えられれば快挙だと思います。

昨年はJ3にいた町田とJ1にいた山形との対戦。

今日も野津田公園にやって来ました。


今日の観衆は4400人。↓


20160710200213615.jpg


201607102002138fd.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20160710200213d9c.jpg


201607102002138fa.jpg


20160710200129710.jpg




最近は町田の勝ち試合はおろか得点シーンすら見てないなぁ~と思っていたら、前半21分、いつも通り前へ早くつける町田の真骨頂でアーリークロスを中村がドンピシャヘッドで先制。↓


2016071020012978e.jpg


20160710200129381.jpg




早い時間に先制したことで町田のカウンターが冴え直ぐの25分、今度は素早くサイドを攻め折り返しを森村が押し込み追加点。↓

201607102001290fc.jpg


2016071020012962d.jpg


20160710200129422.jpg



今日は完全に町田ペース。
町田の良いところばかり目立ち、山形は為すすべなし。


町田は後半20分に退場者を出しながらもロスタイムの1失点に抑え、2-1で久々のスッキリ勝利でした❗



  1. 2016/07/10(日) 20:23:29|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 柏レイソル 2016.7.9

本日2試合目は埼スタに移動してのJ1。


それでは選手入場キックオフ。↓


20160709212228db3.jpg


20160709212228daa.jpg


20160709212228258.jpg

今日は槙野は前節退場のため出場停止。↓

20160709212149a14.jpg


序盤、意外にも柏がポゼッションで浦和を上回る。


一進一退のゲーム展開の中、32分、浦和は絶好の位置でFKを獲得。蹴るのは阿部。↓






201607092122288d7.jpg



見事、ゴール左上。ニアに決めて先制。↓


20160709212228dab.jpg



20160709212149982.jpg



20160709212149361.jpg




これでゲームは浦和ペース。


後半、立ち上がりの5分、浦和はらしいパス交換から最後は李が決め追加点。↓


2016070921214902c.jpg


20160709212149247.jpg


20160709212149a6c.jpg



浦和は圧倒的な強さを見せ付けた訳ではありませんが!終わってみたら2-0危なげない勝利でした❗


  1. 2016/07/09(土) 21:34:11|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京武蔵野FC VS. 栃木ウーヴァFC 2016.7.9

久しぶりのサッカー観戦なので2試合観ようと思います。

今日は涼しいので昼間から観戦。

武蔵野陸上競技場でJFL。↓


2016070916531144f.jpg


それでは選手入場キックオフ。↓



20160709165311f7a.jpg


201607091653112ea.jpg


2016070916523699f.jpg


2016070916523649d.jpg


20160709165236c31.jpg


20160709165236eaf.jpg



ホームの武蔵野が押し気味にゲームを進めるも前半の早い時間帯に栃木がセットプレーから先制。↓

20160709165236e6a.jpg



ゴール前の混戦からリフレクションでボールがゴールに吸い込まれる。武蔵野にとってはアンラッキーな失点。



その後も武蔵野がゲームの主導権を握るが攻めきれず、後半またも武蔵野はアンラッキーなジャッジで一発退場をくらい終了間際にとどめを刺され2-0栃木勝利で試合終了。↓


20160709165236bd3.jpg




  1. 2016/07/09(土) 17:11:26|
  2. JFL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0