サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

川崎フロンターレ VS. 鹿島アントラーズ 2016.11.23

チャンピオンシップ準決勝一発勝負。

等々力にやって来ました。↓

20161123162320896.jpg



今日の観衆は前売りでチケット完売、満員御礼の24200人。↓


2016112316232033a.jpg



201611231623205e0.jpg



20161123162408f29.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓



20161123162320999.jpg


2016112316232045f.jpg


201611231624084a6.jpg


20161123162320514.jpg


201611231624089b3.jpg


20161123162408bba.jpg


J1昇格プレーオフもしかりですが、引き分けでも勝ち抜けという立場は実に難しい。


そんな心理的状況を反映してか今日の川崎はいつもと違う。

慎重にゲームを進め最悪0-0ドローでもいいよ的な感じ。

こういった場合、点を獲るしかない鹿島の方がやるべきサッカーがはっきりして、ある種開き直ってプレーできる❗



それでも、両者とも決定的なチャンスは作り出せず前半はスコアレスで折り返す。


そうは言っても先制点が欲しい後半は一転して両者激しい攻防。

すると5分、金崎がクロスに対して上手く体をひねりヘディングシュート。

見事決まり先制ゴール。ストライカーらしいゴールでした。↓












201611231624084b0.jpg


20161123162408603.jpg


2016112316250918c.jpg



まだ残り時間はたっぷり。
同点でも勝ち抜けの川崎。
川崎が追いかける方が面白い❗

さすがに川崎は1点くらい獲ってくれるだろうと思ってましたが、時間は刻一刻と進む。

時間の経過とともに鹿島は守備を固め、上背がある鹿島DF相手にはこの前の浦和戦みたいなパワープレーも効き目なくロスタイム5分も終了し鹿島の下克上成立。

どうも去年の浦和といい、今回の川崎といい、優位な立場の方が逆に硬くなりよそ行きのサッカーをしてしまうものなんですね❗


あと、川崎は風間監督の集大成を見せる舞台だったんですが、大舞台を前に小林悠、大島が離脱。
憲剛も体調が万全ではなく途中出場。大久保はシーズン序盤のキレがなく、若手の台頭はあるにせよクオリティは好調時のワンランク下というのも残念でした。



これで残念ながら来週の火曜日のチャンピオンシップ1stレグは観戦できず。
さすがに、仕事終わりで鹿島までは行けません。
ついでに週末も仕事でサッカー観戦不可。

あとは天皇杯、CWC、皇后杯、高校サッカーで今シーズンの私のサッカー観戦は終了です。

  1. 2016/11/23(水) 18:04:05|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 U-23 VS. セレッソ大阪 U-23  2016.11.20

今日はJ3最終節。
夢の島競技場にやって来ました❗

本当は優勝、J1昇格、J3降格、プレーオフなどいつになく最終節までもつれたJ2を観戦したかったんですがあいにく、ヴェルディ、町田、横浜、千葉は全てアウェイ。

あと、高校サッカー埼玉決勝と悩みましたがJ3にしました。



昨日、ベアスタでJリーグユースカップ決勝を戦ったので久保君はメンバー外と思いきやしっかりベンチに入っていました。↓


201611201509157c0.jpg


それでは選手入場キックオフ。↓


2016112015083252f.jpg


2016112015083259e.jpg


20161120150832e85.jpg


20161120150832fd8.jpg


20161120150832e58.jpg


20161120150915f0a.jpg


201611201508327a7.jpg



リーグ戦序盤は最下位争いをしていた東京でしたが、ミニラ監督の指導の甲斐もあり、後半は勝ち星を拾えるようになり、球際も激しく逞しくなって来ました❗

本日も相手を押し込み東京がゲームを優位に進める。

前半はスコアレスで折り返すものの後半4分、ユインスが先制ゴール。↓


20161120150915a6c.jpg


20161120150915a14.jpg



そして後半15分、久保君登場。↓


2016112015091509e.jpg





時折、センスあるパスは見せるもののあまり久保君にボールが回らずロスタイム。

相手GKのミスからまたもユインスがゴール。↓


201611201509153b3.jpg


相手の集中もキレた試合終了間際、今日一番の見せ場。
裏に脱け出した久保君がGKと一対一。
しかし、GKに弾かれ、Jリーグ初得点ならず。

2ー0で試合終了。
久保君のゴールは来シーズンまで持ち越しとなりました。




  1. 2016/11/20(日) 15:22:08|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本代表 VS. サウジアラビア代表

日本全国のサッカーファンが固唾を飲んで見守る今年最大の大一番がやって来ました❗

勝って普通、負ければ地獄、引き分けでもほぼ地獄。

今日はマスコミの報道通り本田がスタメンを外れ久保が抜擢。↓


20161115220816635.jpg


でも、私が期待しているのは絶好調の原口。↓


20161115220816932.jpg



スタジアムへの道すがら、本日の活躍を期待して原口のユニフォームを買ってしまいました❗

でも、旧モデルをセールで6600円。
このせこい買い物が吉と出るか凶と出るか?(笑)



今日の観衆は勿論満員御礼58000人オーバー。↓



20161115220816203.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓


20161115220816ef2.jpg


201611152208160fd.jpg


20161115220816d05.jpg


201611152209017fd.jpg


今回は親善試合を挟んで、準備期間が長く取れたので初戦のUAE戦のようなバタツキがない。

あとボランチに蛍が入ると中盤が安定。


そして、攻撃の中心は清武。↓

20161115220945d67.jpg


日本は何度かチャンスを作りシュートまで行くがあと一歩。
いつもながらの決定力不足。

それでも前半45分、サウジがハンドでPK獲得。
超ラッキー😆💕

私ならチビっちゃいそうなシチュエーションでも清武なら難なく角に決める。↓


2016111522090169c.jpg


20161115220901391.jpg


20161115220901360.jpg


20161115220901002.jpg



日本が押し気味にゲームを進めていただけに、いい時間帯に先制点が入り前半終了。



後半開始から久保に代え本田を投入。↓

2016111522090119f.jpg

その後、清武に代えて香川を投入。


ここでこの2人が活躍すると物語的には非常に面白くハリル監督も中々の演出家となるわけですが現実はそう上手くいかない。


それでも、後半35分に長友の折り返しに原口が落ち着いてシュート。待望の追加点。↓

20161115220945a7e.jpg


2016111522094539c.jpg


20161115220945975.jpg


20161115220945937.jpg


これで勝負ありだったんですが、後半45分に失点してしまい最後は冷や汗😓ながら試合終了。

ノルマの勝ち点3ゲット。

重ね重ね最後の失点が悔やまれる❗
それさえなければサウジの上の順位に行けたのに😡


それでも

なんと

なななんと!


我らのタイ代表が


強豪オーストラリアと2-2の引き分け❗

でかしたぞぉ~、良くやった❗

これで日本は2位に浮上。W杯圏内です❗

それでも来年中東でのアウェイが3つも有ります❗

まだまだ厳しい戦いは続きます❗


今日は私の祈りが伝わり原口大活躍。↓



20161116005507d16.jpg




20161116003519e67.jpg



やっぱり来年の大一番、8月のオーストラリア戦の前には験を担いで原口の最新モデルを買わなきゃダメだな❗



それより何より、今日のヒーローは日本の2位浮上を後押ししたオーストラリア戦2ゴールの


ティーラシン・デンダー⚽


201611160102411a6.jpg



2016111600351957e.jpg



原口が決めて、日本が勝ってティーラシンが2ゴール。ホントいい夜でした。



  1. 2016/11/15(火) 22:23:59|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. 浦和レッズ 2016.11.12

本日2試合目も天皇杯4回戦。

チャンピオンシップの予行演習的要素もある注目の一戦。↓

20161112222340662.jpg


今日の観衆は2万人。↓

20161112222340a7b.jpg


2016111222234062d.jpg


それでは選手入場キックオフ。↓

20161112222340e4f.jpg


20161112222340e66.jpg


201611122224285bc.jpg


20161112222340362.jpg


201611122224281cb.jpg


2016111222242820f.jpg


風間監督は浦和に対してミラーゲームを仕掛け、柏木にはマンマーク。
浦和対策はバッチリ❗

川崎の前線は売り出し中の三好と長谷川。スピードと運動量、テクニックがありイイデス。

浦和はいつもと勝手が違いやりづらそう。

球際の攻防が激しい見応えのあるゲームながら前半はスタミナたっぷりな両チーム。

中盤の激しい攻防がメインで前半はスコアレスで折り返す。

後半開始からレッズは李を投入。勝負手に出る。
その後、ズラタンを投入。
球際が激しい川崎にパワーで対抗。


すると、26分、興梠が裏に抜け出し先制ゴール。↓


20161112222428a84.jpg


201611122224283d5.jpg

その後、浦和は何度かチャンスがありながらも決めきれずにいると、後半41分、森脇がペナでファウル。
大久保がPKを決め土壇場で追い付く。↓

20161112222428d1a.jpg


2016111222255899b.jpg


それでも下を向かない浦和は直ぐの43分、李のヘッドをGKが弾いたがDFがオウンゴールで再逆転。↓

20161112222558fc8.jpg





201611122225586f3.jpg


201611122225581f8.jpg


普通ならこれで試合終了。でも川崎もしぶとい。
後半ロスタイムに森本が同点ゴール。↓


2016111222255872f.jpg


まさに死闘。

延長戦。
両者疲労困憊。

それでも延長前半7分、浦和は相手CKのこぼれから電光石火のカウンターで青木が勝負を決定付けるゴール。↓


2016111222255872e.jpg


2016111222263766d.jpg


でも、今日は何が起こるかわからない雰囲気。

やはり、延長後半12分、川崎がエドゥアルドのヘッドで三度ゲームを振り出しに戻す。↓


20161112222637e4c.jpg



勝負はPK戦へ。


今日の浦和は川崎に根負け、白旗という感じPKは4-1で川崎勝利。↓


20161112222637deb.jpg


浦和の3冠の夢は儚く消えました。

残念❗


それでも、今日の川崎の諦めない戦いぶり感動しました❗

年間1位を架けたリーグ戦最終節の取りこぼしがよっぽど悔しかったのでしょう‼

その悔しさを今日の浦和にぶつけた感じです。

対する浦和はこれで3冠を阻止された川崎に対して闘志がメラメラ沸いてきたことでしょう。

両者の対戦をチャンピオンシップで是非もう1度見たい❗



今日はメインスタンドSA指定席前売り2600円で観戦。
コスパの面では今シーズンNo.1のゲームでした❗


選手も必死で戦い、両監督の戦術、交代カードのメッセージなど試合展開以外にも見所満載の面白いゲームでした❗










  1. 2016/11/12(土) 23:17:26|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柏レイソル VS. 湘南ベルマーレ 2016.11.12

今日は天皇杯4回戦。頑張って2試合観戦。

まず1試合目は日立台。↓

20161112151840bf9.jpg


今日の観衆は6600人。もっと入ってる気がしますが。↓


201611121518401f2.jpg


20161112151840682.jpg




それでは選手入場キックオフ。↓



201611121518406ae.jpg




20161112151840364.jpg


201611121518408f4.jpg



湘南は、Jリーグ最終節の名古屋戦のような吹っ切れた感じの伸び伸びサッカーが出来るかに注目。


取り敢えず個人的には柏が勝つだろうと思って見てましたが、その通り柏は素早いパスワークでゲームの主導権を握る。




すると前半25分、柏は大きなサイドチェンジから輪湖がDFを交わし先制ゴール。↓


20161112151931efd.jpg


20161112151931186.jpg



湘南は時折カウンターを繰り出すものの噛み合わず前半は1-0柏の勝ちゲームの匂いプンプンで終了。



後半開始。それでも諦めない湘南は7分、セットプレーから最後はジネイが押し込み同点。↓


20161112151931b46.jpg


20161112151931a47.jpg




この1点でゲームの流れが変わり、湘南が盛り返す。
すると23分、湘南はゴール前でパスを細かく繋ぎ最後は高山がゴール。↓


20161112151931c10.jpg


201611121519318a7.jpg


なんと、湘南がゲームをひっくり返す!


その後、40分にも湘南は大槻が追加点。

終わってみたら3-1で湘南が見事勝利。


前半あれだけ押していた柏が後半まさかの3失点。
サッカーとは不思議なものです!

やはり、湘南の開き直った伸び伸びサッカーが炸裂したということでしょう!



  1. 2016/11/12(土) 15:43:34|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本代表 VS. オマーン代表 2016.11.11

来週の火曜日に大一番のサウジ戦を控えた前哨戦。
キリンチャレンジ杯。この時期に親善試合を組めることはハリルジャパンにとってはプラスでしょう❗

そんなこんなで本日は休みを取り鹿島サッカースタジアムへやって来ました❗


スタメン発表。

注目は新戦力の面々。↓

20161111215931c70.jpg


2016111121593182f.jpg


20161111215931881.jpg


20161111215931ef0.jpg



やはり、鹿島という事で永木と大迫の声援が取り分け大きい❗


今日の観衆は33000人。

平日で鹿島。こんなもんでしょう。↓


20161111215931113.jpg


201611112159315ca.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20161111220117dbc.jpg


201611112201176a1.jpg


20161111220117485.jpg




親善試合という事で、気楽に観戦。
興味は大迫と斎藤学の融合具合。

相変わらず本田は体が重そう。キレがない❗
フィジカルコンディションが万全でないのは一目瞭然。
相手に体をぶつけられるとバランスを崩しボールが収まらない。

同じくゲームから遠ざかっている清武はまずまず❗
ほぼ日本の攻撃は清武経由。
今後の日本代表は清武の調子の良し悪しで結果が左右されそうです。↓


201611112201174cd.jpg


圧倒的にボールを支配しながら決定打が出なかった日本だが32分、清武のクロスに大迫がドンピシャヘッド。日本先制。↓

20161111220117f46.jpg


20161111220212a18.jpg


2016111122021298f.jpg


新たなホットライン誕生の予感。

しかし、まだオマーンも元気があり日本の攻撃も停滞気味なので前半40分にトイレ&鹿島名物もつ煮込みの買い出し!


トイレで大歓声を聞いてしまいました。😢⤵⤵


前半終了。
スタジアムにいるのにYouTubeで大迫の2点目をチェック。またしても清武→大迫ホットライン!

これで明日の新聞の見出しは決まり!

えっつ 明日の見出しは侍ジャパン?!


ここは日本。世間の関心はハリルジャパンではなく小久保ジャパン!




後半も日本が圧倒的に押し込み、親善試合ならではの次々と交代選手投入。

そんな中、日本は19分PK獲得。
清武が冷静に決めて3-0。↓



20161111220212c1a.jpg


20161111220212477.jpg


その後、お役目ご苦労で清武が退くとゲームは停滞。
前線にFWが4人も並び、出し手が居らず受け手ばかり。
これではどうにもこうにも点の入る気がしない。

それでも、後半ロスタイムにうまくボールが溢れてきたところに小林祐希がズドンとミドルを突き差し4-0。↓


2016111122021262f.jpg


20161111220212ce6.jpg


201611112203206be.jpg

小林祐希はいいアピールになりました。


試合は親善試合ながらも危なげなく4-0日本の圧勝で終了。

ただ、今日のオマーンは腑抜け同然。
勝敗はほとんど意味を持ちません。


今日見えたこと。

清武→大迫のホットラインは最高❗
2人とも監督の信頼を勝ち得たでしょう❗

斎藤学はイマイチJリーグでの良さが出ず追試といったところ。
もっと、相手ゴール前で大胆にカットインからのシュートとか見てみたかった。

心配なのは本田のコンディション。

サウジ戦、左は原口で当確、大迫を1トップにして右に岡崎という手もある。


でも本田が復調しないとゲームを作れるのが清武しかいなくなるので厳しい。
多分、サウジは清武を徹底的にマークしてくるでしょう



いずれにしても岡崎、本田の同時起用はない気がします。

香川の出る幕は無さそうです。
長友は出て欲しいところ。高徳はたまにやらかすから。


さて、サウジ戦はどうなることでしょうか❗


来年の日本代表ベンチで采配をふるっているのはハリルそれとも手倉森?↓




20161111220320737.jpg


20161111220320994.jpg


20161111220320ace.jpg


201611112203204c7.jpg


201611112203208fd.jpg




若手の突き上げ、世代交代の波。
チームが強くなる上では大切なことです❗↓



20161111220339d1b.jpg


  1. 2016/11/11(金) 23:13:28|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. ホンダFC 2016.11.9

今日は天皇杯4回戦。ベスト16の争い。

薄手のコートを選択したことに後悔する真冬の寒さ。
味スタにやって来ました。↓


20161109211009c75.jpg



今日の観衆は6600人。相手はJFLだし。平日だし。極寒だし。↓


2016110921100925c.jpg

それでは選手入場キックオフ。↓

20161109211009a2c.jpg


201611092110097ba.jpg


20161109211009a67.jpg



ジャイキリなるか❗

出だしは東京が余裕で押し込む。

しかし、ホンダはそれを凌ぐと徐々に東京の攻撃にも慣れ反撃開始。


すると18分、ホンダ久野が抜け出しなんと先制ゴール。↓

20161109211009e16.jpg


20161109211042aa0.jpg


201611092110427cd.jpg



ホンダの久野が速いのか! 東京のDFがとろいのか!

いずれにしても、森重、丸山は代表で不在。


ホンダは俄然元気が出てきて良く走る。
東京は東がメンバー外なので動きだしが弱く、縦に奥行きのある攻撃が仕掛けられない。

残る頼みの綱は中島翔哉の突破のみ。


ホンダリードのまま前半は終了。
試合展開は東京が追いかける方が面白い❗


後半に入るとようやく自力の差が徐々に出始め6分、中島翔哉のシュートがDFに当たりGKの逆を突き同点ゴール。↓





201611092110429db.jpg



ホンダは反撃を試みるが、東京の攻撃の方が冴え、35分、室屋がオーバーラップからのゴール。↓


20161109211042af3.jpg


格下に先制を許しながらも90分でしっかり逆転。
ドラマのストーリーとしては100点満点の東京。

但し、ゲーム内容は天候同様お寒い感じでした!




  1. 2016/11/09(水) 21:38:25|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駒澤 VS. 東京朝鮮 2016.11.6

準決勝第2試合。

それでは選手入場キックオフ。↓


20161106154832acc.jpg


20161106154832bd7.jpg


201611061548324de.jpg


20161106154832ca6.jpg


20161106154832448.jpg


201611061548320ef.jpg




この試合も実力差がはっきり表れ、駒澤が前後半2得点づつ奪い、4-0の圧勝。↓

2016110615493592a.jpg


20161106154935994.jpg


2016110615493549d.jpg


20161106154935466.jpg


2016110615493560e.jpg


20161106154953e7c.jpg




来週の東京都Bブロックの決勝は帝京VS.駒澤になりました。

個人的にはフィジカル、プレーの正確性、仕上がり具合など駒澤優位かなと思ってます❗



201611061549350aa.jpg


  1. 2016/11/06(日) 15:57:05|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東大和南 VS. 帝京 2016.11.6

冬の風物詩全国高校サッカー選手権。
各都道府県の予選も大詰めを迎え、今日は東京都予選Bブロック準決勝2試合を見に西ヶ丘にやって来ました❗↓。


201611061523363c7.jpg


それでは選手入場キックオフ。↓

201611061523366e7.jpg


201611061523361ae.jpg



201611061523368ab.jpg


20161106152336707.jpg


20161106152424375.jpg


2016110615233619a.jpg




ブラスバンドにチアリーダー、コンバットマーチなどまるで甲子園。
でもそれがいい❗
だって高校サッカーだもの❗↓



201611061524242de.jpg



序盤は固さの見えた帝京であったが、時間の経過とともに徐々に実力の差を発揮。

得点こそありませんでしたが圧倒的に帝京優勢で前半終了。

後半、パワーでも帝京が上回りセットプレーからヘッドで2得点。↓


20161106152424e6e.jpg


20161106152424f68.jpg


20161106152424077.jpg


20161106152424601.jpg




終了間際にも帝京は追加点。↓

20161106152446229.jpg



相手を圧倒し3-0で帝京が決勝に進出しました。




  1. 2016/11/06(日) 15:40:24|
  2. 高校サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京U-23 VS. AC長野パルセイロ 2016.11.5

今日は久保健英を見に駒沢へ。↓

201611051515074a7.jpg


久々のJ3観戦。

マスコミも大挙押し寄せ今日の観衆はJ3では異例の7600人。↓

20161105151507886.jpg


長野には橋本がいました。↓


20161105151507193.jpg


ベンチスタートながらも久保君には大声援。↓

20161105151507d12.jpg


20161105151507c34.jpg


選手紹介の画像が幼すぎる❗(笑)
変えてあげないと可哀想。でも面白い❗↓



201611051515078dd.jpg


それでは選手入場キックオフ。↓


20161105151548084.jpg


20161105151548a2b.jpg


201611051515482a0.jpg


201611051515482f4.jpg


20161105151548a77.jpg


20161105151634892.jpg



マスコミの注目はピッチよりベンチ。↓

20161105151548d1e.jpg

ゲーム内容はパワーに勝る長野が優勢。


長野は17分、32分にセットプレーからヘッドで得点。↓


20161105151634b98.jpg


201611051516346d2.jpg



東京は良いところなく0-2で前半は終了。


いよいよ後半頭から久保君投入。↓


20161105151634542.jpg


20161105151634d69.jpg


2016110515163488e.jpg

20161105151659f92.jpg


久保君上手い❗

ボールタッチは小野伸二を彷彿。

東京は攻撃のリズムが出て25分、林がヘッドで1点を返す。↓

201611051516595ea.jpg



その後も久保君にボールが渡ると何か起きそうでワクワクしましたが、今日は何も起こらず試合終了。



久々に華のある選手の登場に胸踊らされました。



  1. 2016/11/05(土) 17:23:52|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 横浜Fマリノス 2016.11.3

泣いても笑っても2016年度J1リーグ最終節。
チャンピオンシップはあるにせよ今日で色々決定します。

浦和の年間1位を見届けるべく埼スタへ。↓


201611031608581dd.jpg

今日の観衆は満員御礼57000人。↓


20161103160858b2c.jpg


20161103160858ae8.jpg


20161103160858480.jpg



それでは選手入場キックオフ。↓


20161103160858fe7.jpg



201611031608581a2.jpg



20161103160935137.jpg




スタジアムの大声援で逆に気負いすぎたか、浦和はボールを支配するも帰陣の早い横浜相手に大事に行き過ぎいつも通りのアグレッシブな攻撃が出せない。


等々力では早くも川崎が2-0でガンバを圧倒。このままでは浦和の年間1位が遠のく感じで前半終了。



後半、浦和は早々に李を投入し勝負に出る。
両チームとも中盤がややルーズになりオープンな展開。
すると後半21分、浦和は波状攻撃から最後は柏木が押し込み待望の先制点。スタジアムは大変な盛り上がり。↓



20161103160935cd8.jpg


20161103160935d3f.jpg


20161103160935586.jpg


20161103160935097.jpg


時間の経過とともに浦和のお祝いムード。と時を同じく等々力ではガンバ3-2と川崎を逆転。

こりゃ決まったなと思ったら、40分、横浜はマルティノスのゴールで同点に追い付く。
横浜もなかなかしぶとい❗

しかし、その後は埼スタ、等々力ともゲームは動かず埼スタはちょっとしっくりこないながらも浦和年間1位を祝福する雰囲気で終了。

あとはチャンピオンシップと天皇杯。今シーズンも終盤を迎え段々寂しくなって来ました❗

名古屋は残念でした。
新潟はシブトイ!





  1. 2016/11/03(木) 16:37:46|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0