サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

浦和レッズ VS. FCソウル 2016.2.28

今シーズンの浦和ホーム開幕はACL。
相手は宿敵のライバルFCソウル。↓

201702282201481d4.jpg




浦和はACL初戦は勝ったもののゼロックス、Jリーグ開幕戦ともいいところで勝利を逃し未だ国内未勝利。

今日の観衆は19300人。↓

20170228220148ff8.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



20170228220148935.jpg


201702282201485b9.jpg


20170228220148a2a.jpg


今日の浦和は柏木、阿部が欠場。そして4バック。
でもそれが反ってスムーズ。いつものように柏木にワンクッション入らないのでボールはすぐに前線の武藤や興梠に入り、シンプルにサイドに展開。でもそれがスピーディーでソウルは後手を踏む。


ソウルにとってはこんな筈じゃないと思っているうちに9分、バイタルでパスが繋がり最後は武藤が先制ゴール。↓

20170228220248f0b.jpg


20170228220148b2b.jpg


今日の浦和は勢いが止まらない。ソウルのDFが修正出来ないでいると、11分には李。↓


20170228220331894.jpg


20170228220248d9e.jpg


20170228220248795.jpg




14分にはパク・チュヨンにスーパーFKを決められるも。↓


20170228220248cd1.jpg




15分には関根が追加点。↓

20170228220248739.jpg



浦和はゲームの流れを渡さない。


ソウルはされるがままのサンドバック状態。

21分には宇賀神が早くもだめ押し。↓

20170228220248070.jpg


201702282203311ee.jpg


201702282203314c1.jpg




前半終了間際には駒井が5点目。↓


201702282203310c0.jpg


5-1で前半を折り返す予想外の展開。なんだか楽しい❗



後半は打って変わってマッタリモード。


ロスタイムにソウルが1点を返しただけで試合は5-2浦和の圧勝。


それにしても前半の浦和怒濤の攻撃は凄かった❗

  1. 2017/02/28(火) 22:30:41|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町田ゼルビア VS. ジェフユナイテッド千葉 2017.2.26

今日はJ2開幕。
カズの誕生日ゴールでも見ようと思ってましたが、FC横浜VS.松本はチケット完売。
仕方なく保険(笑)の町田。↓

20170226163057227.jpg


とはいえ、昨年のJ2序盤戦の話題をさらった町田。
相馬イズムの堅守速攻は今年も健在でしょうか。


今日の観衆は8100人。さすが開幕戦。町田にしてはよく入りました❗↓

2017022616305777e.jpg


20170226163057c4c.jpg


20170226163057e67.jpg




それでは、選手入場キックオフ。↓


2017022616305750c.jpg


201702261631301ab.jpg


2017022616305744d.jpg

千葉にはこの冬の高校選手権で優勝した青森山田の高橋が先発。↓


201702261631303e0.jpg


個の力、やってるサッカーの完成度、チーム力は千葉が上。
町田は運を味方に付けないと勝ち点3は厳しい感じ。


千葉が優勢にゲームを進め、前半40分カウンターから町田也真人が決め千葉が先制。↓


20170226163130974.jpg


20170226163130224.jpg


後半に入っても町田の攻撃は単発。厚みがない。押し上げがない。

どうやら、先年の序盤戦のセンセーショナルな戦いを期待して来ましたが、昨年の中盤戦以降の得点力不足の守りきれない町田が継続中という感じで試合はそのまま1-0千葉が勝利しました。


もう少ししたら、ヴェルディ、横浜FC、町田、千葉、湘南この中から今シーズンのJ2観戦贔屓チームを決めたいと思います。

  1. 2017/02/26(日) 16:58:08|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

横浜Fマリノス VS. 浦和レッズ 2017.2.25

Jリーグ2017シーズンの開幕です。

日産スタジアムにやって来ました。↓

2017022515093519a.jpg

今日の観衆は39200人。↓


20170225150935084.jpg


2017022515093512d.jpg


20170225150935377.jpg



それでは、選手入場キックオフ。↓

20170225150935f98.jpg


201702251510250e5.jpg


2017022515102559e.jpg


火曜日にシドニーでACLを戦った浦和。
疲労は如何程か?

対する横浜は序盤から元気モリモリのハイプレッシャー。
浦和対策の常套手段。
しっかりはまり、浦和はボールを前に運べない。

すると13分、横浜は斎藤学か切り込み、マイナスの折り返しを新加入のバビドダビンスキーがしっかり決めて先制。↓


2017022515093532d.jpg


20170225151025780.jpg


前半は横浜優勢、1-0で折り返す。

後半は攻守が目まぐるしく入れ替わり面白い展開。
両チーム決定的チャンスを外しながらゲームは進み、後半18分、浦和はサイドを崩しラファエルシルバシルバがまず1点。↓

20170225151025cf2.jpg


20170225151025303.jpg


201702251510256e6.jpg


更に2分後、今後は柏木のロング縦パス1本にまたもラファエルシルバが点で合わせ2点目。↓

2017022515111666a.jpg


20170225151116589.jpg


2017022515111656b.jpg



浦和が一瞬にしてゲームをひっくり返す。

横浜万事休す。

しかし、チームの危機を乗り越えようと横浜は底力を発揮。

後半41分、CKから新加入のウーゴヴィエイラがニアで合わせゲームを振り出しに戻す。↓


20170225151116a0e.jpg


201702251511168b2.jpg



そして、ロスタイム。オープンな展開の中、横浜がカウンターから最後は途中出場の前田が決めて劇的勝利。↓

20170225151116eb7.jpg


2017022515113412b.jpg


戦前の下馬評通りにはいかない❗
だから、勝負事は面白い。


今シーズンもこんなスリリングなゲームを沢山見せて欲しい❗
  1. 2017/02/25(土) 15:40:22|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿島アントラーズVS. 蔚山現代 2017.2.21

先週末、仕事だったので今日は代休。
今シーズンの公式戦の観戦一発目にふさわしいACL初戦、昨年その先にあるクラブワールドカップのファイナルまで戦ったアントラーズ。

鹿島スタジアムにやって来ました。↓


2017022121172403b.jpg



今日の観衆は7860人。平日の鹿島はこんなものでしょう。↓



20170221211724e76.jpg


20170221211724860.jpg


20170221211724a25.jpg

それにしても今日はチケットが安い。バックスタンド指定席が前売り全て1500円。これなら東京駅からの高速バス代往復3860円も吸収でき財布に優しい。





それでは、選手入場キックオフ。↓

20170221211724500.jpg


2017022121172443f.jpg


20170221211818365.jpg



先週のゼロックスを獲った鹿島には余裕が感じられます。

対する蔚山は全北の失格による棚ぼた繰り上がり。
やっぱりKリーグ5位とう感じで、先日見たFCソウルと比べても球際イマイチプレーも粗さが目立つ。

それでも前半はスコアレスで折り返す。


後半、徐々に試合は鹿島ペース。
すると、19分CKから金崎がドンピシャヘッド。
鹿島先制。↓

20170221211818112.jpg


2017022121181827b.jpg


20170221211818912.jpg


2017022121181864d.jpg


これで益々、鹿島ペース。
37分には裏を取った鈴木が追加点。↓

20170221211818f6e.jpg


20170221211842bcb.jpg


201702212118425fb.jpg


これで、勝負あり。
鹿島が順当に勝利。


  1. 2017/02/21(火) 21:45:24|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

浦和レッズ VS. FCソウル 2017.2.12

今日はさいたまシティカップ。奇しくもACLの前哨戦となってしまった浦和VS.FCソウル。

昨年の激闘も記憶に新しい好ゲームが期待出来る一戦。

浦和駒場スタジアムにやって来ました。↓


20170212153140b1a.jpg

ソウルと言えば、パク・チュヨンと↓


20170212153140e10.jpg



デヤン・ダミヤノビッチ。↓


20170212153227751.jpg



それでは選手入場、キックオフ。↓


20170212153140ce9.jpg


201702121531400e0.jpg


20170212153140e5e.jpg


20170212153227d57.jpg


2017021215314048d.jpg


201702121532274ef.jpg


201702121532279d5.jpg

前半の浦和はほぼベストメンバー。

ソウルの球際は相変わらず強い。
そして、韓国人特有の体幹というかフィジカルも強い。

浦和はJリーグ相手のようにパスワークでいなせず、剥がせず、持ち味出せず。


まだ、調整段階とはいえ今シーズンのACLも苦戦必至と悟った前半38分、ソウルに先制を許す。↓


201702121532272a7.jpg


2017021215322724a.jpg


20170212153307a9d.jpg


後半は両チームともガラリとメンバーを入れ替え、浦和は槙野以外全員控えメンバー。


相変わらず浦和の攻撃は噛み合わず、敗戦濃厚。

それでも、後半39分、クロスのこぼれ球に新加入の長澤が反応し同点ゴール。↓

20170212153307b2b.jpg


2017021215330763b.jpg



浦和が辛くも引き分けに持ち込んだゲームでした。

  1. 2017/02/12(日) 16:05:51|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柏レイソル VS. ジェフユナイテッド千葉 2017.2.11

プレシーズンの風物詩。ちばぎんカップ。今年は柏ホームです。↓


20170211154934cfa.jpg


20170211154934e33.jpg


2017021115493435b.jpg




それでは、選手入場キックオフ。↓


2017021115493462e.jpg


20170211154934154.jpg


201702111549345ac.jpg


一応、千葉ダービーのカップ戦。
両チームともスタメン起用。たぶん(笑)
柏はブラジル人トリオの3トップで迫力満点。

千葉は清武弟が加入したりして、またメンバーが様変わり。

序盤は千葉が前線から激しく行き、柏陣内へ攻め込む。

しかし、時間の経過とともに実力差通りに試合は柏ペース。

柏は何度か決定的チャンスを作るが決めきれず、前半スコアレスで折り返す。



後半に入っても、千葉は柏の決定力不足に助けられ何度も命拾い。

それでも、後半15分にクリスチアーノがゴールを決める。↓



20170211155023e85.jpg


201702111550234a6.jpg


20170211155023796.jpg


20170211155023d8d.jpg


20170211155023682.jpg


これで勢いに乗った柏はすぐの18分にディエゴ・オリヴェイラが決め勝負あり。↓


20170211155023b13.jpg


20170211155047e4c.jpg


20170211155047f34.jpg


ゲームはそのまま2-0柏勝利で終了。

ブラジル人の3トップ。はまれば大爆発!
最近のJリーグチームには珍しい、助っ人依存度の高いチーム。まるで中国リーグのチームみたいです。

それでも柏は若手CBの2人とGKの中村が安定しているので鹿島、浦和、ガンバの牙城を崩す可能性も。


いよいよ、Jリーグ開幕です。


  1. 2017/02/11(土) 16:19:04|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイリーグ 2017ユニフォーム

タイリーグも新シーズンの開幕を間近に控え、各チームの新ユニフォームも出揃って参りました。

そこで、私的に気になるユニフォームをランダムにご紹介します。

まずは、ACLでも来日する昨年度のチャンピオン、ムアントンユナイテッド。↓


201702052216583f2.jpg

201702052214326ba.jpg


20170205221432052.jpg


今年はモノトーンを買おうかな❗



そして今年はストライプが復活したチョンブリ↓

20170205221836259.jpg


20170205221836c4d.jpg


20170205221836254.jpg


20170205221526c22.jpg


これは絶対に買いでしょう❗



続いてもチョンブリと同じくナイキのバンコクグラス↓


20170205221622f5e.jpg

こちらもストライプ復活。これまた絶対に買いでしょう!


後は、画像の連打。
いつの間にダッサコーンが加入し、チーム名もポリステロに変わりましたが、ユニフォームはいつもながら。↓

20170205221622621.jpg



20170205221622cde.jpg



いつになったらサプライヤーが付くの?なブリラム。↓

20170205221432877.jpg


今シーズンはプミポン国王崩御で、全体的にモノトーン多目な気がします。


そんな一例、スパンブリー。↓


20170205221622460.jpg


2017020522165808c.jpg


サプライヤーは昨年来、勢力を伸ばしてきたWARRIX。


しかし、今シーズンはAriの攻勢が凄い。

バンコクユナイテッド。↓

20170205221526f65.jpg


201702052215269b7.jpg


2017020522162263f.jpg


20170205221338afd.jpg


2017020522133874d.jpg



今年は赤のグラデーション。


ラチャブリーもモノトーン気味。↓


20170205221338072.jpg


201702052213385e0.jpg


トレーニング用?↓


20170205221432c8e.jpg



シーサケットまでもAri。↓



20170205221338d0a.jpg



続いては、こちらもノンサプライヤーなネイビーFC。↓



201702052215268a1.jpg


ムアントンからタイ代表のホープ、タナブーンが加入したチェンライ。↓

20170205231343381.jpg

残念ながらこちらもノンサプライヤー。




リーグ1から昇格のウボンUMTユナイテッド。↓

20170205221622b3c.jpg


kappaからKELAに変わってちょっと残念なタイホンダ。↓



2017020522183666f.jpg


20170205221836edb.jpg



リーグ1からは毎年気になるチェンマイFC。↓


201702052215264e0.jpg


20170205221526a48.jpg


201702052214327a6.jpg



Vというサプライヤーが気になる❗



初心を忘れず、タイらしい物を買おうかな‼
ガイヤーン(焼き鳥)のチェーン店のロゴが素敵なカセサートFC。今年からリーグ1に参戦です。




20170205221338b3b.jpg




最後に、レア物を。タイ代表のスズキカップ優勝記念ユニフォーム。これも自粛ムードのせいか地味目。でもそれがカッコイイ。↓


20170205221658074.jpg



今年も、結構買っちゃいそうです❗


  1. 2017/02/05(日) 22:05:49|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4