サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

湘南ベルマーレ VS. セレッソ大阪 2019.6.30

早いもので、今日で今年の半分が終了。
今年は100試合ノルマを優に越えるハイペースで観戦数を積み重ね、この試合が今年67試合目。

このままのペースだと年間134試合。😲
まぁ、そんなに上手くはいかないと思いますが、過去最高の108試合は更新するでしょう❗️


そんな訳で、小雨が降ったり止んだりの湘南BMWスタジアムにやって来ました。

今日はセレッソのゴール裏で観戦なのでビジュアルが見辛い。↓


201906302117224e1.jpg


20190630211722eb8.jpg


今日の観衆は12800人。

それでは、選手入場キックオフ。↓



201906302117220d6.jpg


2019063021172289c.jpg


20190630211722483.jpg



ゴール裏からのアングル。↓



201906302117223e6.jpg


前半は互いに抑え気味に入り堅い展開。

湘南はいつものような走力を活かしたハイプレス&アグレッシブな球際の激しさがない。


前半はスコアレスで折り返す。


後半に入ると、徐々にセレッソがゲームを支配。


6分にセレッソの松田のクロスが大きすぎ、湘南GKの頭上を越える。しかし、これがゴールポスト角に当たり跳ね返りを奥埜が決めラッキーなゴールでセレッソ先制。↓


20190630211804f81.jpg


201906302118043f3.jpg



その後もセレッソがゲームを支配し、38分には清武が自らボールを運びDFを一人、二人と綺麗に交わしビューティフルゴールで突き放し勝利を決定付ける。↓


20190630211804d92.jpg


201906302118045de.jpg



試合はそのまま2-0セレッソ勝利で終了。


今日のセレッソは昨年のヴェルディのように、後半勝負のロティーナサッカーを遺憾なく発揮してくれました❗️

  1. 2019/06/30(日) 21:40:14|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久保建英壮行セレモニー 2019.6.29

ある程度覚悟はしてましたが、早くも別れの時が来てしまいました…↓



20190629224500708.jpg

横浜サポーターも含め観客はほとんど帰らず、セレモニーの開始を待ちわびる。

久保くん登場。↓


2019062922462383d.jpg


20190629224623890.jpg


201906292246239f0.jpg


20190629224623374.jpg


今までの活躍ぶりを映像で振り返ることからスタート。

その後、久保くんの挨拶開始。
東京のゴール裏サポーター向けにセッティングされたマイクを180度反転させ先ずは、昨シーズン半年間レンタルで武者修行に出た横浜のサポーターに向けに感謝の意を述べる。


大人だなぁ


確かに、昨シーズンの序盤はセンス技術は折り紙付きもフィジカルや守備が長谷川健太監督の求めるレベルに達しておらずくすぶっていた時に横浜に移籍して試合に使ってもらうことで、現在の久保建英の土台が出来上がったと言っても過言ではない。


その後、東京サポに向けてもしっかりご挨拶。

キャプテン東から花束をもらい、場内1周。↓



20190629224623f59.jpg



横浜サポからのこういった横断幕も胸が熱くなります。↓


20190629224623f8b.jpg



20190629224659cec.jpg


201906292246598a5.jpg


20190629224659378.jpg


早くレアルで活躍してもらい、自分はその勇姿を生で見届けるということを今後のモチベーションにしていこうと思います❗️


サンチャゴベルナベウへ行くぞ‼️








  1. 2019/06/30(日) 07:34:39|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. 横浜Fマリノス 2019.6.29

今日は味スタで首位攻防戦。↓


201906292241335c7.jpg


今日もティーラトンはスタメン。コパアメリカで気を吐いた三好はベンチスタート。↓


201906292241337e6.jpg



さらに、本日は試合後に久保建英の壮行セレモニーを予定。↓


2019062922413332a.jpg


201906292242380bc.jpg


そんな盛りだくさんの首位攻防戦に集まった観客は雨にも関わらず33700人。↓


20190629224133f57.jpg


2019062922413392f.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


20190629224133b99.jpg


20190629224344a33.jpg


20190629224344d84.jpg


2019062922423809f.jpg



リーグ戦連敗中の首位東京と勝ち点3差まで猛追してきた好調の2位横浜。

序盤から球際も激しく、攻守の切り替えが速いスピーディーな展開。

レベル高し❗️


早くも今シーズンの1、2を争う好ゲームということが実感出来る展開。

見に来て良かった。超当たり試合。


先手は横浜、15分にスピードスター仲川の突破からの折り返しをマルコスジュニオールが決め先制。↓


20190629224238c30.jpg

連敗中の東京はこれでズルズルいってしまうかと思われたが、今日の東京は違った。

直ぐの17分に、ナサンホが放ったシュートに横浜のGKが勢いに押されやや後逸気味で同点。↓


20190629224238621.jpg


201906292242385cb.jpg

これで東京も息を吹き替えし、息のつまる一進一退の攻防が続く。

横浜は好調たる所以か、アウェイであっても守備にまわることなくアグレッシブな姿勢を継続。

そのため、東京のカウンターが何度も炸裂。

すると38分、高萩が裏抜けした永井にピッタリ合わせGKとの一対一をループで決め東京が逆転に成功。↓



20190629224238f7b.jpg


20190629224344d38.jpg


それにしても永井のスピードは化け物級の速さ。
長谷川健太監督は選手の長所を引き出すのが上手い。


前半は2-1東京リードで後半へ。


後半は勢いの増す東京と前がかりに為らざるを得ない横浜。

結果は東京に軍配。


10分と17分にディエゴオリベイラが決め試合を決定付ける。↓


20190629224344fa4.jpg


201906292243445b4.jpg


2019062922450057e.jpg


2019062922450008b.jpg



終盤、横浜は仲川が1点を返すも時すでに遅し。↓

201906292245003d8.jpg


ゲームはそのまま4-2、FC東京が首位をガッチリキープ。

しかしながら、スコアほど両者の実力に差はなく、横浜も非常にいいサッカーをしていて今後に注目です。


いつもなら、試合終了と同時に直ぐ帰るのですが、今日はセレモニーに備え待機。選手の挨拶も見ました。↓


201906292245007f6.jpg


201906292245008e2.jpg




  1. 2019/06/30(日) 06:15:11|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベガルタ仙台 VS. 名古屋グランパス 2019.6.26

仙台駅から地下鉄で15分。駅からも近く非常に便のいいスタジアム。

ユアテックスタジアム仙台にやって来ました。
こちらは今回で2回目の来訪。↓



20190626224108ad1.jpg


201906262241080f6.jpg


20190626224108005.jpg

全面屋根に覆われ、ピッチも近い最高のスタジアムです。↓



20190626224108393.jpg


仙台のサポーターの中心はゴール裏ではなくバックスタンドのホーム寄りゾーン。↓


20190626224232ea2.jpg


20190626224108760.jpg



1stレグを2-0で勝利した名古屋はジョー、シャビエル、シミッチを控えにした余裕の布陣。↓



20190626224232c58.jpg


20190626224323561.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



20190626224108430.jpg

201906262242329ff.jpg


201906262242324d3.jpg


20190626224232e95.jpg


201906262242323b1.jpg


最低でも90分で2点が必要な仙台であったが攻撃が噛み合わず、返って名古屋の攻撃の方がアイデア豊富で見ていて面白い。

前半は大した見せ場のないまま名古屋のプラン通りスコアレスで折り返す。

後半も仙台はなかなかいい形が作れず。


しかし、終盤の総攻撃からようやく1点を返す。↓


2019062622432338e.jpg



スタンドは今日一番の盛り上がり。



しかし、あと一歩及ばずゲームはそのまま1-0で仙台が勝利したものの2試合トータルでは2-1で名古屋の勝ち上がりが決まりました。


それにしても、今日は平日で観客も6000人と少なかったのですが、生観戦はいつだって格別です。↓


20190626224323852.jpg



  1. 2019/06/26(水) 23:00:15|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台遠征 2019夏 2019.6.26

本日は仕事が休み。
近場でのサッカー開催は無し。

そうだ。仙台へ行こう❗️



仙台ではルヴァンカップ決勝トーナメント1回戦の2ndレグ、ベガルタ仙台VS.名古屋グランパスの試合がある。

お金はあまりかけたくないので、今回も激安高速バスの旅。
往復なんと4千円ポッキリ。

その代わり、片道6時間の長旅。

Oh! Crazy


バスタ新宿、朝7時40分発で本日の遠征スタート。

途中サービスエリアで3回の休憩。

2回目の休憩地は栃木県の那須高原。↓


20190626211831a48.jpg


13時40分に仙台到着。↓

20190626211831d25.jpg


到着後すぐにやることはただ一つ。

旅のお楽しみ、仙台メシを食らう❗️


綿密なリサーチ(笑)により牛タン東山に決定。↓


20190626211831eb5.jpg

ランチの東山セット。↓


20190626211831830.jpg


タンシチューも付いてお得。単品でとろろも付けて税込1800円くらいでした。

肉厚で味は文句無し‼️
コスパも最高。

一つ目的を達成したので暫し街ブラ。↓

2019062621193688a.jpg


商店街にベガルタ仙台の看板。↓


20190626211936979.jpg


途中、お約束のサッカーショップ巡り。

仙台駅前のPARCO7階にあるKAMOスポーツ。↓


20190626211831ca4.jpg


20190626211831712.jpg


カモに対抗してヒロスポーツ⁉️↓


20190626211936ead.jpg




夕方になったのでスタジアムに向かいます。


地下鉄の中吊りにベガルタ仙台。↓


20190626211936916.jpg


19時キックオフの仙台VS.名古屋を観戦後、時間を潰して23時20分の夜行バスで新宿に戻ります。





20190626211936a6e.jpg
  1. 2019/06/26(水) 22:34:14|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大邱旅行でのお買い物

今回のお買い物はユニフォームのみ。


事前に大邱FCのショッピングサイトで下調べ。
何を買おうか悩んでました。

ホーム&アウェイのフィールドプレーヤーとゴールキーパー用で4種類。

更にACL用も含めると計8種類。目移りします。


サプライヤーは今シーズンから韓国の新興スポーツメーカーのFORWARD。


まずは、その8種類をご紹介。

リーグ戦用のフィールドプレーヤーのホームの水色とアウェイの白。↓



20190624212111da8.jpg


20190624212111ca2.jpg



ゴールキーパー用のホームの赤とアウェイの黒。↓


20190624212111d11.jpg


201906242121116c2.jpg



ACL用はユニフォームのカラーがグラデーションになっていてオシャレ。
スポンサーロゴはハングルから英語に。

フィールドプレーヤー用。↓


20190624212141af8.jpg


201906242121114b6.jpg



ゴールキーパー用のホーム黒とアウェイの赤。↓


20190624212111cad.jpg


201906242121414d1.jpg


熟考を重ねた挙げ句4枚に絞りました。




リーグ戦モデルのホームに西翼選手をマーキング。↓


20190624211034fa9.jpg


2019062421103428c.jpg

キャプテン翼みたい。

今シーズンのリーグ戦では昨シーズンの韓国FAカップのチャンピオンパッチを付けていたので同じ様にしました。↓


20190624211034421.jpg



更にACL用のホームも西翼選手にしました。↓


201906242110347e5.jpg


2019062421103452e.jpg

ACL用は黒のフォント。前にもナンバーが付くのが良いです❗️


GK用はリーグ戦の黒が欲しかったのですが、購入後マーキングの時点でチョヒョンウのマーキングが品切れ。やむを得ずホームの赤に変更。↓



20190624211157460.jpg


201906242110342e2.jpg


リーグ戦のGKは袖の切り替えがグッド‼️


最後は一番のお気に入りのACL用の黒。こちらもチョヒョンウ↓


201906242111579ad.jpg


20190624211157efa.jpg



ACL用のフォントは影があり立体的でカッコいい。


20190624211157f15.jpg


ACL用は韓国国旗付き。↓

2019062421115782d.jpg


2019062421115748b.jpg



最後に観戦チケット。↓


20190624215608252.jpg



  1. 2019/06/24(月) 22:01:12|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大邱FC VS. FCソウル 2019.6.22

何とかチケットをゲットしてスタジアムに入れました。↓


20190623111325add.jpg



観客席とピッチが非常に近いサッカー専用スタジアム。

キャパシティからいうと柏レイソルの日立台と同規模。↓


20190623111142b8b.jpg





2019062311114292e.jpg



ビールはストロー付き。↓




201906231111422c8.jpg


注目選手は大邱の韓国代表GKチョヒョンウ。↓


20190623111142af3.jpg



対するFCソウルはパクチュヨンと昨シーズン、セレッソ大阪にいたオスマル。↓


20190623111142ffa.jpg



今日の観衆は前売でチケット完売。
満員御礼12000人。↓



20190623111142815.jpg



それでは、選手入場キックオフ。↓



201906231113255f2.jpg


20190623111325624.jpg


20190623111325df4.jpg


201906231113253fc.jpg


20190623111325614.jpg



大邱の観客は熱い❗️

何てこともないプレーでも大歓声。

激情型応援。
チャンスと見るやメインスタンドの観客も総立ち。


両チームともそんな観客に煽られる感じで縦に速い攻撃サッカーの応酬。

序盤から攻守が目まぐるしく入れ替わるので、見ていて楽しいサッカー。


そんな中、FCソウルが少ないチャンスを確実に決め2点を先行。↓



20190623111448add.jpg


20190623111448967.jpg




ハーフタイムにKポップの歌姫❓️↓



20190623111448c1e.jpg



後半は2点ビハインドの大邱が反撃。

その甲斐あって、1点を返す。↓


20190623111448d51.jpg



スタジアムはヒートアップ。

その後も大邱が圧倒しあと一歩のところまでソウルを追い詰める。

しかし、ソウルが凌ぎ切りゲームはそのまま1-2ソウルの勝利で終了。

白熱の3位VS.4位対決は3位のFCソウルに軍配が上がりました。


  1. 2019/06/23(日) 13:09:40|
  2. 韓国サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大邱旅行 2日目 2019.6.22

明日の早朝、帰国なので2日目にして事実上の最終日。
それが弾丸旅行。

2日目は衝撃の事実を突き付けられて始まる。↓


201906230834150d4.jpg



朝、何の気なしに大邱FCのホームページを覗いたら本日開催の大邱FCVS.FCソウルのチケットは前売で完売。当日券の販売はないとのこと。


ショックでかすぎる😱


どうやら今シーズン6度目の前売完売らしい。
完全に大邱FCをなめてた。

今シーズンから街中の新スタジアムに移り、キャパシティが12400人に縮小。韓国第三の都市なのにプロ野球チームがない。

サッカーに入れ込む熱量は相当なものだとか…

それでも、自分の過去のKリーグ体験から導き出された結論は


当日券で余裕っしょ‼️

いずれにせよ、韓国語サイトで事前に前売チケットをゲットするのは至難の業。相当前からこの旅行を計画していたのでどうすることもできない。


後は非合法のダ○屋狙いか。そもそも中国ならいざ知らず、韓国サッカーにダ○屋が存在するのか未知数。


悲しみにうちひしがれながら、朝の散歩がてらホテルから徒歩8分の大邱フォレストアリーナへ。↓


201906230509170a1.jpg


20190623050917df1.jpg


201906230509178fb.jpg


今春竣工したばかりのピッカピッカのスタジアムです。

20190623050917513.jpg


20190623051031475.jpg


201906230510311e8.jpg


20190623051031f7f.jpg


20190623051239ba2.jpg


20190623051239acf.jpg


201906230512391c5.jpg


チーム1の人気選手の韓国代表GK、チョヒョンウ。↓

2019062305123986a.jpg


ACLでメルボルンの本田圭佑を抑えて一躍名を上げた日本人プレーヤーの西翼。↓


20190623051031e26.jpg

残念ながら、先日靭帯断裂の大怪我を負い、今シーズンは絶望に。
1日でも早い復帰を祈ります。



20190623051401147.jpg


20190623051401f47.jpg


20190623051401da9.jpg


20190623051401481.jpg



本当は今日の夕方ここでチケットを買うはずが…↓



201906230512392bb.jpg


20190623051239c4c.jpg


試合は見れなくてもユニフォームは買って帰ろう❗️↓



20190623051031c50.jpg


201906230509175ae.jpg


20190623050917200.jpg

開店前のショップを覗くだけでも胸が高鳴る。ワクワク。

一旦、ホテルに戻り妻と市場に朝食を食べに行く。

昨日も訪れた、西門市場のカルグクス(韓国風うどん)の人気店へ。↓


20190623051401d77.jpg


いりこ出汁の効いた、朝食に持って来いの優しい味。更にモチモチの手打ち麺。

備え付けのカクテキ&キムチも最高。






201906230514016d7.jpg




201906230516151b7.jpg

午前中は昨日に引き続き妻と街ブラ。

大邱FCのツイッターで本日のスタジアムショップの開店が15時ということが判明。

予定を前倒し、昼食は七星市場にある「タンゴル食堂」で豚プルコギ定食。↓


20190623051615c1a.jpg


20190623051615c91.jpg

練炭の炭火焼きなので豚肉が香ばしく美味。


大急ぎで、ソウルではいつもお世話になっているかき氷屋の「ソルビン」大邱店に移動して。↓



20190623051615e04.jpg



スタジアムに向かいます。


かき氷が余計だった模様で15時10分にスタジアムショップに到着したら既に大混雑。↓



20190623094508cb3.jpg


20190623094508cbc.jpg


20190623094508bdf.jpg


201906230945080b3.jpg


2019062309450818c.jpg


まずは、店内で並んでユニフォームのお会計。リーグパッチやらマーキングもここで支払い。

その後、店の外の特設マーキングコーナーで支払い済みのレシートを見せてお好みの選手名を告げてマーキング開始。ここもかなりの行列。


30分くらい並んで、チョヒョンウや西翼のマーキングをしてもらう。ACLモデルやリーグモデルなど4枚購入。


只今、午後4時過ぎ。
ここからが、ある意味本日の本当の勝負。
チケットゲットなるか⁉️


絶対に負けられない戦い。 byテレビ朝日



一応、ワールドカップの観戦漏れサポーターよろしく紙に

Please Give Me Ticket

なる文句を書いて持ってきたものの勇気が出ず、リュックの中にしまったまま。

スタジアム周辺をうろつくこと30分。
らしい(笑)オヤジを発見。しかし、こちらも勇気が出ずなかなかコンタクトとれず。

オヤジが誰かに声をかけた!

これで自信が確信に変わりました。by松阪大輔


しかし、まだ話しかける勇気が出ない。
相手も韓国語がしゃべれない変な日本人が話しかけたら煙たがり、うまくいかない可能性大。

オヤジをロックオン状態で暫し静観。


午後、5時を過ぎた時に動きが。
一般人がオヤジに近づき指2本。

オヤジはスタジアムの反対側を指差し、一般人はそちらへ向かう。

自分はその一般人を尾行。

その後はご想像にお任せして割愛。


17時半にゴール裏自由席を2枚ゲットしました❗️
キックオフは19時半なので一旦ホテルに戻り、再度妻と一緒にスタジアムへ。


無事、大邱FCVS.FCソウルを観戦。↓



20190623051615fa2.jpg



白熱したゲームを観戦後、ホテルに戻り、明朝6時の便で成田に戻ります。

結果オーライのサッカー観戦旅行でした。


  1. 2019/06/23(日) 05:35:32|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大邱旅行 1日目 2019.6.21

ゴールデンウィークの韓国旅行で地方都市のサッカー観戦にはまってしまい、この時期の大邱までの航空券が激安(往復12700円)ということもあり弾丸旅行を決行。

従来通り、自由気ままな男のサッカー観戦一人旅といきたいところだったのですが、今週に入って急に妻も参戦する事になり、自由がやや制限される2人旅となりました。

まずは、11時55分、成田発のエア釜山で大邱へ。↓


201906220540446b7.jpg

14時20分に大邱到着。

空港から街中のホテルまでタクシーで15分と近い。
チェックインを済ませ、15時間半から妻と大邱散策へ。


本当は明日観戦予定のホテルから近いスタジアムへ一目散に視察に行きたかったのですが本日は妻を優先し我慢。

とりあえず、街中にあったこれで我慢(笑)。↓


20190622054044ce2.jpg

地下鉄で大邱一番の大きな市場「西門市場」へ。

バンコクのBTSみたいなモノレールも一応大邱の地下鉄路線のうちのひとつ。↓



20190622054044cb9.jpg


ここからは修行タイム。(笑)

妻の気の向くままに入っていくお店に付いていったり、外で待ったり。


夕方5時半に市場内にある大邱名物のチムカルビの有名店、「サンミ食堂」へ。

細い路地を入り。↓

20190622054044e46.jpg


いい感じの店構え。↓


20190622054044402.jpg



2人前2600円。ビール2本とライスも付けてお会計は3500円。↓


2019062205404452e.jpg

見た目より辛くなく、ニンニクの効いた旨辛味でした。


食後も妻の街ブラに付き合い、韓国コスメなどを物色しました。↓



20190622054135535.jpg




そんな苦行に耐えた本日のご褒美として、締めのピンス(かき氷)へ。

繁華街にある「軟雲堂」という人気店。↓


20190622054135e2e.jpg



キウイ🥝のピンスを頂きました。↓


20190622054135a5a.jpg



先ほど食べた口いっぱいに広がるチムカルビのにんにく臭を正常化。


今日は早めに就寝。明日に備えます。

  1. 2019/06/22(土) 06:13:38|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 蔚山現代 2019.6.19

今日はお楽しみのACL。決勝トーナメント1stレグ。

埼スタにやって来ました。↓



20190619215519489.jpg


20190619215519bab.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



20190619215519fa9.jpg


20190619215519491.jpg


20190619215614efa.jpg


20190619215519de3.jpg


201906192156144ef.jpg



今日は久々先発の杉本健勇に注目。

いい加減、浦和にフィットしてくれないと…↓



20190619215519b4c.jpg


今日は良くも悪くも今シーズンの浦和を象徴するようなゲーム。

いい感じでボールはキープ出来ても決定的チャンスは作れず。

攻撃にキレがない❗️



それでも、37分にサイドを攻略し最後は杉本がヘッドで押し込み浦和先制。↓



201906192156146a1.jpg


20190619215614b4c.jpg


20190619215614f65.jpg


お目当ての健勇が決めたので自分的にもニンマリ。

スタジアムもヒートアップ。


しかし、この後が頂けない。

せっかく先制してゲームの主導権を握った浦和が42分にエベルトンの集中を欠いたミスパスから速攻を食らいすぐに同点に追い付かれる。↓



201906192156147cf.jpg



後半へ。


後半、浦和サポーターは再度チームに奮起を促す。↓


201906192156436f8.jpg



浦和は惜しいところまでは行くんですが決めきれずにいると、35分、またも浦和のミスからボールを奪い高速カウンターから逆転ゴールを許す。↓


201906192156435b0.jpg


ゲームはそのまま1-2浦和の敗けで終了。

浦和はアウェイゴールを2点も奪われての痛恨の敗戦でした。
来週の2ndレグはかなり厳しいものとなりました。


要は蔚山の攻撃はキレがあり、浦和は攻撃、守備共に今シーズンのJリーグ同様に噛み合わず、キレもなくといった感じ❗️

  1. 2019/06/19(水) 22:16:52|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. ヴィッセル神戸 2019.6.15

自分にとって今シーズンの神戸戦3戦目にしてようやくイニエスタ見参。


味スタにやって来ました。↓

201906152120213f1.jpg


久しぶりに見れました。↓


20190615212021cdb.jpg


しかも、今回はビジャと一緒。↓


20190615212021217.jpg


201906152120215e6.jpg



今日は満員御礼。38500人。


それでは、選手入場キックオフ。↓


20190615212021c2d.jpg


20190615212122ebf.jpg


20190615212021ea0.jpg


20190615212122d8d.jpg


20190615212122498.jpg



神戸は完全にイニエスタのチームでした❗️


戦術はまずイニエスタに預ける。

すると高い確率でいいことがおきる。(笑)


序盤は神戸がポゼッションで優位に進め、東京は守備を固めカウンター狙い。

神戸は監督が代わって最初の試合。
みんなアピールしようと躍起で神戸のメンバーはいつもより3割増しくらいで動きがいい。


前半は東京が我慢のサッカー。
スコアレスで後半へ。


後半4分に今日のハイライトが訪れる。

神戸が東京陣内で揺さぶりをかけ、最後はイニエスタが狙い済ましたゴールで先制。↓



201906152121224ac.jpg


20190615212122738.jpg


2019061521212267d.jpg


20190615212138443.jpg


東京は怪我で欠場の永井とコパアメリカに召集されてる久保建英の不在が響き、攻撃がイマイチ。

試合はそのまま1-0神戸の勝利で終了。

改めてイニエスタのすごさと久保建英の偉大さがわかったゲームでした。



  1. 2019/06/15(土) 22:29:48|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. コンサドーレ札幌 2019.6.14

川崎もACL決勝トーナメント進出を予定していたのでしょう。金曜日に組み込まれた一戦です。等々力にやって来ました。↓


20190614212110a74.jpg



今日はメインスタンドで観戦。↓



20190614212110d1f.jpg




怪我明けのチャナティップ、武蔵が揃ってスタメン。↓


20190614212110ea8.jpg


今日の観衆は22600人。↓

201906142121107d5.jpg


201906142121105ce.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



201906142121107f7.jpg


2019061421220655c.jpg


2019061421220664a.jpg


2019061421220632a.jpg


201906142122061e2.jpg



川崎が優勢にゲームを進め、25分に長谷川が倒されPK獲得。

蹴るのはレアンドロ・ダミアン。↓


2019061421220698d.jpg

なんと止められてしまった。


これでゲームの流れが変わり39分、今度は札幌がPK獲得。

蹴るのは鈴木武蔵。↓


2019061421230685f.jpg


2019061421230630f.jpg


20190614212306669.jpg



見事決め札幌先制。後半へ。


後半開始から川崎はキャプテンの小林悠を投入。

後半は一方的に川崎がゲームを支配し、札幌を自陣に釘付け。

すると、24分にサイドから出たボールに小林悠がボレーで合わせ同点に追い付く。↓



2019061421230602a.jpg


20190614212306cbf.jpg

その後もホームの川崎が終始押せ押せでいつ逆転ゴールが決まってもおかしくない展開になりながらも札幌が何とか踏ん張りゲームはそのまま1-1ドローで終了。


川崎は先制のチャンスだったPKを外したのが痛かった。

首位のFC東京を追撃するにはどうしても勝ちたかったが、惜しい試合でした。

  1. 2019/06/14(金) 21:43:13|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京武蔵野シティFC VS. 松江シティFC

今日は武蔵野陸上競技場でJFL第10節。↓


2019060915014640e.jpg



今日の観衆は1100人。J3昇格には平均2千人の観客が必要です。


それでは、選手入場キックオフ。↓



201906091501463b1.jpg


20190609150146eb6.jpg


201906091501461e9.jpg


201906091501467f8.jpg


20190609150146467.jpg


20190609150239861.jpg


20190609150239a6e.jpg


前節終了時点で3位の武蔵野。かなりの好位置。
俄然、応援にも力が入る。


昨日、上の順位2チームとも勝利し本日の対戦相手の松江は目下最下位。
是が非でも勝ち点3が欲しいところ。

武蔵野の武器は今シーズン学芸大学から加入した右サイドバックの大竹選手。

的確な攻め上がりとクロス。
そして、最大の売りはロングスロー。


そんな大竹のロングスローから水谷が決め武蔵野先制。↓

20190609150239d82.jpg

幸先よく点が入り1-0のいい流れのまま後半へ。


しかし、後半開始早々、松江の突破にペナでファウル。
松江にPK献上。↓


20190609150239b83.jpg


2019060915023973f.jpg


20190609150239176.jpg



見事決まり、ゲームは振り出しに戻る。


その後、武蔵野は惜しいチャンスがありながらも決めきれず、試合はそのまま1-1ドローで終了。


今日は残念でしたが、今年の武蔵野は案外いいところまでいきそうです。

J3ライセンス獲得には色々と壁がありそうですが、早くJ3での勇姿が見てみたい❗️




  1. 2019/06/09(日) 16:56:50|
  2. JFL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本代表 VS. トリニダードトバゴ代表

久保建英の代表初ゴールが見たくて急遽、名古屋遠征を決行。

昨年の11月に引き続き、豊田スタジアムに2回目の来訪↓


20190606060313d50.jpg


2019060606025555a.jpg


20190606060255ba8.jpg


20190605235635bf1.jpg



いいスタジアムです。


選手バスが到着後すぐに、なぜか3人だけピッチチェック。↓


201906060602554c9.jpg


2019060606025529f.jpg




選手のアップが始まります。↓



20190606060255ddc.jpg



残念ながら、久保くんはスタメンどころか、ベンチ入りすらせず。

無念じゃ‼️



そうなると、期待の星はやっぱり。↓

2019060606014692b.jpg

背番号10番問題は悩ましい。
今回10番の香川はベンチスタート。



暗転の演出から選手入場、キックオフ。↓



201906060601462dd.jpg


201906060605372eb.jpg




20190606060146b37.jpg



20190606060146e30.jpg


2019060606004811b.jpg


20190606060048102.jpg


20190606060048a8e.jpg


2019060606004874f.jpg


20190606060048c2e.jpg



あっVIP席に吉田麻也↓



2019060606014686b.jpg




と思ったら、メンバー外の川島、岡崎、中山、そして久保くんも皆いました。↓


20190606060146e91.jpg



まず驚いたのが森保ジャパン初の3バック。
CBを1人増やした影響でトップ下の南野が弾き出された格好。

格下のトリニダードトバゴ相手にトライする意味があったか甚だ疑問。今は攻撃陣のコンビネーションを熟成してもらいたかった。

まぁそんなこと言ってても、格下との親善試合が多いのでしょうがないか。


前線の枚数が1枚足りないので、攻撃のタクトを振るう柴崎もやりづらそう。

あと、長友と酒井宏樹がいつもより高い位置にいるので、ただでさえ中に切れ込むのが好きなサイドの中島翔哉と堂安が中にいることも多く、効果的なサイド攻撃が仕掛けられない。


対する、トリニダードトバゴは引いて守って、真ん中をガッチリ固めカウンター狙い。引き分けで御の字の弱者の戦い方。

日本はアジアの格下との対戦と同じく、守備を固められ、ボールを持たされるだけの退屈サッカー。

もう少し、サイドで数的有利を作って、相手の守備を拡げて、ボランチからの楔で局面を打開するプレーが欲しかった。

柴崎とコンビを組む守田は潰し屋タイプなので、今日みたいな引いて守る格下相手には勇気を持った縦パスが入れられる同じ川崎フロンターレの大島とかがいたら面白かった。

いない人を言ってもしょうがないので、タイプは違うが、目下絶好調のFC東京を支える橋本でも面白かった。


と言うわけで、コンビネーションで崩すプレーが少なく、やや強引な個人技からのシュートが多かった。

早い時間に先取点を取れると一方的なゲーム展開になったかも知れませんが。
前半をスコアレスで折り返し、相手も乗ってきて、時間稼ぎを織り混ぜて来るといよいよ日本代表は厳しい風向き。

交代カードを切って、打開を試みたもののゲームは動かず0-0で終了。

親善試合なので勝利より3バックの実験を優先させたゲームでした。

お金を出して見に来た立場からすれば、もう少し、練習でコンビネーションを研いてから披露してもらいたかった。

まぁ、集まれる時間も限られてる代表なのでこれも致し方無いと受け入れよう❗️


そんな、ショボイ試合も最高のスタジアムとゴール裏の最低ランクの自由席ながら早く並んでいい席で観戦出来たので


やっぱり来て良かった名古屋遠征でした。


20190606060048b3f.jpg




  1. 2019/06/06(木) 08:06:52|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋遠征 2019夏 2019.6.5

昨日の夕方に急遽、本日休めることが判明。

それならば代表戦を見に行こう❗️
しかし、残念ながらチケット完売。

ウ~ン、諦めるしかないか😓

一応、チケットショップのサイトをチェックすると、上野に日本代表VS.トリニダードトバゴの出物あり。

カテゴリー5の指定席(5階席の最上段)が前売4100円のところ4000円とゴール裏自由席(1階席)が前売3600円のところ5000円の2種類あり。

悩んだあげく、豆粒にしか見えない5階席より間近に見えるゴール裏を取り置きして会社帰りにピックアップ。
すぐさま、往復の高速バスも手配。



と言うわけで、バスタ新宿7時30分発の名古屋行きで本日の名古屋遠征はスタート。


途中、足柄のサービスエリアで休憩。ここは富士山のビュースポットでも有名。↓


2019060523162654d.jpg





午後1時半に名古屋到着。↓


201906052316269fe.jpg



まずは、腹ごしらえ。


名古屋に来たからには名古屋メシを喰らう❗️


今日は本場のひつまぶしにしよう❗️


色々検索して、しら河に決定。↓


20190605231626712.jpg


201906052316265ea.jpg



ひつまぶしセット3380円。

最後にお茶漬け用に出てくるお出汁がアツアツで美味‼️





今日は自由席なので早めに豊田スタジアムへ向かう。


午後4時過ぎに到着。↓


20190605231626953.jpg


16時半の開門前から並んだ甲斐あり、カテゴリー1(8200円)とのキワキワのいい席に陣取る。↓



20190605235635bf1.jpg



19時半キックオフの日本代表VS. トリニダードトバゴを観戦。↓


201906052316262f7.jpg


試合終了後、また名古屋に戻り24時15分発の夜行バスで東京に戻ります。





  1. 2019/06/06(木) 00:00:07|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京ヴェルディ VS. 京都サンガ 2019.6.2

本日2試合目は徒歩数分の味スタに移動してJ2。↓



20190602162832308.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



20190602162832c05.jpg


201906021628323b0.jpg


20190602162832188.jpg


20190602162832999.jpg


20190602162832921.jpg



J2とはいえ上位争いしているチームは強い。

前半は京都が圧倒。

コンビネーションでサイド攻撃から裏に抜け出し、折り返しを中央で確実に仕留める。↓



201906021629200e9.jpg


20190602162920c83.jpg


20190602162920006.jpg


このパターンで京都は前半の内に3得点。

特に京都の小屋松が仕掛けの急先鋒。
既にJ2のレベルを遥かに凌駕しているスピードとテクニックと切れ味。



ヴェルディ守備陣はなすすべなし。後半へ。


後半に入り、ヴェルディは早めに交代カードを切り、攻勢に。


小池が1点を返す。↓


20190602162920a38.jpg




しかし、ヴェルディは終了間際にダメ押しゴールを食らい4-1京都の圧勝で終了。↓



20190602162920737.jpg


ウ~ン。今日みたいな感じだと今シーズンのヴェルディは厳しいなぁ。


  1. 2019/06/02(日) 17:30:23|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日テレベレーザ VS. アルビレックス新潟レディース 2019.6.2

今日も頑張って2試合観戦。

まず1試合目はAGFフィールドでなでしこのリーグカップ戦。↓



20190602152404af7.jpg



今日はバックスタンドというか芝生席で観戦。↓


20190602152404bc6.jpg



20190602152404755.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓

20190602152404f7f.jpg


201906021524040df.jpg


201906021524041a5.jpg


ベレーザは5日後に迫ったフランスワールドカップに大量の10名が代表に選出されているため、控えメンバー+ユース選手という布陣。

惜しくも代表に漏れた田中美南のキックオフで試合開始。↓


20190602152501782.jpg


主力不在のベレーザはいつもの様な圧倒的な力の差を見せつけられません。

それどころか、6分に新潟に先制を許す。↓


201906021525017d2.jpg


ベレーザの攻撃はチグハグでそのまま前半終了。


後半は一転してベレーザが攻勢。

7分のCKから土光がヘッドで合わせまず同点。↓



20190602152501252.jpg




更に攻勢を強めたベレーザは4分後、相手のオウンゴールを誘い逆転。↓


20190602152501232.jpg



その後ベレーザは安定した試合運びで追加点は奪えなかったものの2-1で勝利しました。


王者ベレーザは主力10人が抜けたくらいで丁度他のチームとどっこいの戦力という感じでした。


  1. 2019/06/02(日) 16:25:56|
  2. なでしこリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. 浦和レッズ 2019.6.1

本日2試合目は等々力19時キックオフ。↓



20190601212126b67.jpg



川島と板倉が古巣にご挨拶。↓


201906012121265da.jpg



今日も前売りで完売、25600人。↓


20190601212126ff0.jpg



20190601212126630.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


20190601212126d0b.jpg


20190601212236ab9.jpg


201906012122363ce.jpg



監督交代というカンフル剤を打った浦和。
組長復帰で結果は如何に⁉️

先発も若干いじり、浦和の気合いだけはサポーター共々充分素晴らしい出来。


ただ、気合いだけでは勝てないのがサッカー。

前半はデュエル勝負に挑んだ浦和の術中にはまり、川崎はいつものパスサッカーを封じ込められる。

ここまでは浦和のプラン通りか。

しかし、浦和の策はここまで。

如何せん、浦和は攻撃のクオリティ、アイデア、パターン等が全て脆弱。川崎とは雲泥の差。

川崎が浦和の圧に慣れ、徐々に掻い潜れるようになると浦和は劣勢に。

前半は何とかスコアレスで折り返すも後半9分、川崎は登里のクロスにレアンドロダミアンがフリーで待ち構え難なくゴールで先制。↓


20190601212236f01.jpg


2019060121223633a.jpg



それにしても、レアンドロダミアンのゴールへの嗅覚というか、ポジション取りはこれぞストライカーの為せる技。完璧でした。

その後、川崎は焦る浦和を尻目に大人のサッカー。

上手く時計を進め、時折カウンターで追加点を伺う。

浦和の攻撃はチグハグ。


しかし、浦和は今日のテーマ⁉️の気合いと根性と諦めない姿勢は忘れてなかった。


ロスタイム50分、ラストワンプレーのCKから粘り最後は森脇が魂のこもった奇跡の同点ゴールで試合終了。


もう試合は決したと思い、デジカメを片付け出口で確認。

反対側のゴールでの出来事。何が起こったか、サッパリ(笑)

スマホ画像です。↓


20190601212126dd2.jpg



川崎は勝ちゲームをドローにされ、勿体ないゲームでしたが、ゲーム内容、選手の動きは全くもって心配ないので今後も楽しいパスサッカーで優勝争いを繰り広げてくれそうです。

対する浦和は最後は意地で引き分けに持ち込めましたが、選手&サポーターの熱い気持ちとは裏腹にゲーム内容はお寒いの一言。

ニューヒーローが一人か二人出てこないと、この低空飛行は暫く続きそうです。



  1. 2019/06/01(土) 21:56:26|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. 大分トリニータ 2019.6.1

今日から6月。
6月も沢山サッカー観戦するぞ‼️

ということで、本日は久々の2試合観戦。
しかも、2試合ともJ1。

まず1試合目は味スタ。上位対決。↓


20190601162026d29.jpg


大分には個人的に注目しているタイ代表のティティパンがいます。しかし、ベンチスタート。↓



2019060116202628a.jpg


今日の観衆は25200人。↓



20190601162026b3a.jpg


2019060116202678e.jpg



それでは、選手入場キックオフ。↓


20190601162026a5f.jpg


20190601162026941.jpg


20190601162137896.jpg


20190601162137e58.jpg


201906011621371a3.jpg


20190601162137370.jpg



この試合を最後にコパアメリカなどの代表召集で暫くチームを離れる久保建英。
果たしてゴールは如何に⁉️


前節、セレッソ大阪に今期初の黒星を喫した東京。
まずは連敗せずキッチリ勝ちきることが大事。

大分はチームとしての統率感があり守備やビルドアップなどの約束事が整理されていて連携がスムーズ。いいチームです。

それでも東京の方がスピードがあり、対人も強く、アイデアも豊富。

要はFC東京の方が強いということ


30分に室屋のクロスに橋本がドンピシャヘッドで先制。↓


201906011621373bf.jpg


20190601162137685.jpg



39分には久保が左サイドから振りが小さくGKがタイミングの取りづらいシュートを放ちゴール。2-0。↓



20190601162629628.jpg


20190601162629965.jpg


20190601162629124.jpg

久保くんのゴールには華がある。


FC東京はいい流れで後半へ。


後半19分にFC東京はちょっとした隙からオナイウに決められ2-1。↓


20190601162629a6b.jpg


その後は東京が要所を締めロスタイムに突入。


前がかりの大分に対して、東京のカウンターが炸裂。

裏に出たボールに久保が反応。
前に出すぎの大分GKを交わし無人のゴールに流し込む。3-1。↓



2019060116262963b.jpg


20190601162629d3c.jpg


201906011627229fc.jpg


20190601162722892.jpg


本日も久保くんのゴールを期待して見に来た訳ですが、何とドッピエッタ。

チケット代の元が取れたという問題ではなく、倍くらい払ってでも見る価値のある2ゴールでした。


今日の東京も強かった。
その中心に久保建英がいるのは紛れもない事実。


これで、暫く生で久保くんが見れないのは残念ですが、代表での活躍も期待しています❗️


  1. 2019/06/01(土) 17:45:36|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0