サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

浦和レッズ VS. 鹿島アントラーズ 2019.7.31

ACLの影響でリーグ戦の消化が1試合少なかったのでミッドウィーク開催。

埼スタにやって来ました。↓

201907312204505fb.jpg


今日の観衆は鹿島戦ということもあり、平日にも関わらず37300人。↓


2019073122045824b.jpg


201907312204550b2.jpg


2019073122045632c.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


20190731220459629.jpg


201907312204460c0.jpg


20190731220443bf8.jpg

浦和は監督交代から上向き傾向。

対する鹿島は首位を伺う勢いで目下、絶好調。


序盤はホームの浦和が優勢。

ドイツで芽が出ず、ベルギーを経由して今夏浦和に戻って来た関根が効いてる。

水を得た魚のごとく、スイスイとサイドを切り裂き、浦和の攻撃の起点となり、鹿島守備陣を翻弄。

それでも、浦和の決定力不足もあり前半はスコアレスで折り返す。


後半も浦和優勢、鹿島はしぶとく守るという構図が変わらないまま時計の針が進むが、後半25分を過ぎた辺りから、鹿島が一転して攻勢に出て、32分に伊藤翔が均衡を破るヘディングシュートを決め、浦和から1点をもぎ取る。↓


20190731220444062.jpg


こうなると焦る浦和。
試合巧者の鹿島はゆっくり時間を使い、ゲームを殺しにくる。

しかし、43分、浦和はクロスに興梠が反応してヘッドで同点ゴールを決める。↓


20190731220449f1a.jpg


20190731220448b98.jpg


20190731220453c23.jpg


その後、法政大学を退部して、1年前倒しで鹿島に加入した日本代表の大学3年生、上田綺世がJ初出場。↓

20190731220452867.jpg



しかし、その後ゲームは動かず1-1ドローで終了。

両者、勝ち点3を目指して攻め合った結果の引き分けなので、非常に面白いゲームでした。‼️



  1. 2019/07/31(水) 22:28:51|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日テレベレーザ VS. 浦和レッズレディース 2019.7.28

今日はなでしこリーグカップの準決勝。

AGFフィールドにやって来ました。

それでは選手入場、キックオフ。↓


20190728190815fba.jpg


201907281908134e9.jpg


201907281908129e5.jpg


20190728190818dec.jpg

今日の注目選手は先日の女子ワールドカップでは不完全燃焼ながらしっかりゴールも決めた日本代表のエース、長谷川唯。↓

20190728190816386.jpg



リーグ戦は前半戦を終了して中断期間。
その中でベレーザと浦和は同勝ち点で1位と2位。

という訳で、今日は日本女子サッカーの最高峰の戦い。


序盤から熱く激しい戦いが繰り広げられる。

浦和のプレスにベレーザが後手を踏み、浦和ペースでゲームが進む。

すると、浦和が前半の内に2点をリード。↓



20190728190821223.jpg


20190728190819c63.jpg

前半終了間際にベレーザがようやく籾木のゴールで1点を返し後半へ。↓


20190728190824332.jpg




後半は一転してベレーザペース。


クロスに宮澤が走り込み同点ゴール。↓


20190728190822ae9.jpg


ベレーザイケイケの中、裏に出たボールに浦和GKがペナを飛び出し思わずハンド。一発レッド。


浦和が一人少なくなったことで、ゲームの趨勢は完全にベレーザのものに。


そして今日のハイライト。

籾木がサイドを抜け出し、折り返しを田中美南がフリーで決め逆転成功。↓



20190728190809160.jpg


20190728190810e3b.jpg


一人少ない浦和に反撃する力は残っておらず、ゲームはそのまま3-2日テレベレーザの勝利で終了。


  1. 2019/07/28(日) 19:32:55|
  2. なでしこリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. 大分トリニータ 2019.7.27

今日は日産スタジアムでマリノスVS.マンCと悩みましたが、真剣勝負が見たく等々力へ。(本当は立て続けにチェルシーやバルサを見たので金欠のため(笑))↓


20190727214633854.jpg


今日の注目選手はタイ代表、大分のティティパン。残念ながらベンチスタート。↓



20190727214634ef2.jpg


20190727214648a29.jpg

それでは、選手入場キックオフ。↓


20190727214645afe.jpg


20190727214653a53.jpg


20190727214651fdc.jpg


20190727214659b1d.jpg

ようやく本来の調子を取り戻し、今ノリに乗ってる川崎。

向かうところ敵無しの様相。

今日も出だしから川崎優勢。

対する片野坂監督率いる大分は今シーズンの台風の目と言うべき活躍ぶりでJリーグを席巻。現時点で5位という成績は望外の結果。

という訳で、大分の守備とカウンターが組織だってていい❗️

川崎に主導権を握られるも、何とか凌ぎ、逆にカウンターから川崎をヒヤリとさせるシーンも2度ほど。

川崎はあと一歩の所で大分を攻略しきれずスコアレスで後半へ。


後半も引き続き川崎ペース。

川崎の前半のパスワークがジャブとなり大分の中盤が徐々に緩みはじめた所で、6分に川崎らしいパス交換から中央を崩し最後は齋藤学がゴール。↓



20190727214643b9d.jpg


20190727214642c21.jpg


20190727214640b3f.jpg


20190727214639cdd.jpg



これで気が抜けたのか、すぐの9分に入ったばかりの藤本に裏を取られ折り返しをオナイウが決め同点。↓



20190727214649cf9.jpg


20190727214646904.jpg

しかし、好調川崎は動じない。


16分に相手のミスから最後は小林悠が決め2-1。↓


2019072721465296b.jpg


201907272146555bd.jpg


20190727214636778.jpg


その後、ようやくティティパン登場も。↓


20190727214701b41.jpg

40分、レアンドロダミアンのアシストから阿部がダメ押しゴール。↓


20190727214658731.jpg


20190727214637812.jpg


3-1勝負あり。


川崎の圧勝でした。

今日のゲームを見る限り川崎の3連覇かな‼️




  1. 2019/07/27(土) 22:22:12|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バルセロナ VS. チェルシー 2019.7.23

夏の親善試合。楽天カップ。

三木谷社長の力技でバルセロナをブッキングもコパ疲れのメッシ、スアレス、コウチーニョ、ビダルを連れて来ることは出来ず。

消化不良の来日メンバーに対して、こちらも緊張の糸が切れたのか⁉️

痛恨のデジカメ忘れ‼️


今日は一番安い、ゴール裏上段(15000円)の席にしただけに望遠デジカメがないのはキツイ。


スマホだとこんな景色で観戦。↓


20190723215829158.jpg


今日の観衆は値段の高いメインスタンドに空席が目立つものの予想より入って51000人超え。


それでは選手入場キックオフ。↓

20190723215834761.jpg


20190723215835f12.jpg


先週、川崎とゲームをこなしているチェルシーの方が来日間もないバルサより動きがいい。

今日の選手の中でお目当てはバルサの新加入グリーズマン。

安部は残念ながら怪我のためベンチ外。

グリーズマンは見せ場を作れないでいると、ブスケッツのパスミスからチェルシーが先制。↓



20190723215831b6a.jpg

後半もチェルシーの攻撃の方がシンプルで効果的。

追加点を上げる。↓


20190723215832259.jpg


後半ロスタイムにバルサが1点を返しましたが、試合は2-1チェルシーの勝利で終了。

後半から出場のバルサの新戦力デヨングは良かった‼️


わかってはいましたが、高い金払ってわざわざ見に来なくて良かった試合でした。


でも、そこにサッカーがあるとついつい吸い寄せられてしまうのが悲しい性。






  1. 2019/07/23(火) 22:18:12|
  2. ヨーロッパリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町田ゼルビア VS. 徳島ヴォルティス 2019.7.21

今日は町田でJ2観戦。↓


201907212002487d5.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


201907212002529d2.jpg


20190721200249a21.jpg


201907212002513c5.jpg


2019072120025792e.jpg


町田は今シーズンからサイバーエージェントが資本に加わりJ1昇格へ勝負の年となるはずなのだが、現時点で下位に低迷。

どうも軸になる選手が見当たらない。
日本代表に定着しつつある横浜の畠中慎之輔とかがいた頃と比べると戦力ダウンは否めない。

やはり、この試合も徳島ペース。

町田の攻撃はちょっと雑な気がする。

あまりボールを大事にせず、すぐに一か八かの縦パスを入れがち。
なのですぐにボールを失い、相手ボールに。

おまけに、球際のデュエルの部分でも後手を踏み弱さが目立つ。

徳島とて、決して上位チームではないのにペースを奪い返せない。


そんな有り様の町田なので、17分にボールに寄せきれず、徳島の鈴木にフリーでミドルを打たれ先制を許す。↓

201907212002582d3.jpg



更に、集中力の欠如か前半アディショナルタイムのCKからヨルディバイスにヘディングゴールを決められ2-0で後半へ。↓


20190721200254556.jpg


後半に入っても、町田の攻撃は組織的に崩す連携はほとんど無く、相変わらず雑に縦に入れるだけ。
得点の気配無し。

すると、15分には徳島のカウンターがはまり小西がゴールを決め3-0勝負あり。↓

20190721200255fce.jpg


20190721200300a45.jpg


試合はそのまま、3-0徳島の圧勝で終了。


夏休みに突入した本日は子供連れも多く、7500人といつもより多い観衆。

その分、町田サポーターのため息もいつもより大きかった⁉️





  1. 2019/07/21(日) 20:40:30|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿島アントラーズ VS. サガン鳥栖 2019.7.20

今日は首都圏でJ1の開催は無し。午前中は味スタ横のAGFフィールドで大学サッカー観戦。

そのまま居座り、19時キックオフのヴェルディVS.愛媛という選択肢もありましたが、いっそのこと鹿島へ。

現役引退を1か月後に控えたトーレスを見れるのもこれが最後だと思うので。


Jリーグ開催は東京駅からスタジアムまでノンストップの直行便(予約制)があるので2時間かからず到着。↓


201907202041500ff.jpg



ちょうど、選手たちも到着。↓


20190720204212bba.jpg


今日はサントリーが協賛のサントリーデーということで、場外でコップ1杯のビールが無料で振る舞われた。

景気づけにまず1杯戴きました。↓

2019072020415297f.jpg


スタジアムに入ります。

鹿島スタジアムと言えば、スタグル充実。

中でももつ煮込みは絶品。
更に本日はサントリーデーということで、プレモルの生が通常700円が→500円。

こりゃ、飲むしかねぇ❗️

本日2杯目。↓


201907202042086e9.jpg


コンコースのグッズショップを覗くと。↓


20190720204205443.jpg


海外移籍で退団する鈴木と安部のユニフォームが全てサイン入りでの販売。

チームに利益をもたらすべく最後の置き土産としてたくさん書かされたのでしょう(笑)

先日、KAMOスポーツのサイトで安部のユニフォームをホームとアウェイの2枚注文していたので我慢。こんなことなら…

早まった


一応、ハーフタイムに確認したら安部は完売、鈴木は在庫あり。

ある意味残酷。

いよいよ、選手のアップ。

お目当てのトーレスはどうやらベンチスタート。↓

20190720204218f41.jpg


今日の観衆は25200人。↓

2019072020420178e.jpg


201907202041542b8.jpg


それでは選手入場、キックオフ。↓

20190720204216aef.jpg


20190720204204204.jpg


20190720204158c5d.jpg


20190720204202cd8.jpg


20190720204159b59.jpg



まずは、試合展開よりこの人の出番があるか気になる所。↓

201907202042114f8.jpg


イヤイヤ、試合に集中しよう。

毎シーズン、主力が海外移籍で抜けるアントラーズ。
でも強い。

トーレスの見納めが表のテーマなら、主力が抜けても尚強いアントラーズを探るのが本日の裏テーマ。

この夏も安部、鈴木、安西が海外へ。
ちなみに年初は昌子も海外移籍。


やっぱりクラブの伝統とスカウトをはじめチーム強化に携わる人たちが優秀なんでしょう。


あとやっぱ外国人助っ人が優秀(ジーコの睨みが効いているので、どのチームのブラジル人よりもサボらず一生懸命(笑))

今日の鹿島もいつもながら手数をかけない効率的な攻撃を仕掛ける。

特に相手ボールを奪ってからのカウンターが切れ味抜群。

そんな守から攻への切り替えの早さが実り、20分、ドリブルで持ち込みワンツーで抜け出したレアンドロが倒され鹿島はPK獲得。

蹴るのは倒されたレアンドロ。↓

201907202042141df.jpg


20190720204206bb9.jpg

見事決め、鹿島先制。↓

20190720204210b53.jpg


201907202042189bc.jpg


しかし、このあとすぐに鳥栖も意地を見せ、金崎が古巣相手に同点ゴールを決める。↓



2019072020415306a.jpg




同点に追い付かれても。バタつかず、落ち着いてるのが鹿島のすごいところ。



いつも通りの攻撃で35分、サイドを崩し、白崎が合わせ逆転ゴール。↓



20190720204156d22.jpg


前半は2-1鹿島リードで折り返す。


鹿島はリードを守るのも上手。

試合巧者ぶりは正に南米の強豪国みたい。
とにかく、勝負にこだわるし1点にもこだわる。

そんなこんなで時計は進み、1点差ながらも鳥栖は打開策が無く敗色濃厚。

ゲームも残り10分を切った所で、ようやくトーレスがスタンバイ。↓

20190720204301e91.jpg



やっと出てきてくれました。↓


201907202043018dd.jpg



ありがトーレス‼️ 見納めトーレス‼️


ゲームはそのまま、2-1鹿島の勝利で終了。


やっぱり鹿島は強かった。

優秀争いはFC東京、川崎、横浜、鹿島の4チームで今後ももつれそうです。


  1. 2019/07/20(土) 21:43:41|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

順天堂大学 VS. 法政大学 2019.7.20

総理大臣杯の予選も兼ねた関東大学サッカートーナメント。

今日は日本代表の法政大学、上田綺世が見れるかなと思い、マニアックな5位~8位トーナメントを観にAGFフィールドへやって来ました。

しかも、午前10時キックオフ。幸いにして薄曇り。
蒸し暑いが日差しはない。

それでは選手入場キックオフ。↓



20190720121022220.jpg


20190720121023dd7.jpg


20190720121021746.jpg


20190720121019d19.jpg


201907201210107b2.jpg


20190720121015d0a.jpg


残念ながら上田綺世はベンチにもいませんでした。おまけに来期FC東京内定の紺野の姿も無し。

先日のツーロン国際で大活躍して来期川崎入団が決まっている順天堂大学の旗手はベンチ入り。↓

2019072012101398c.jpg


つい先日、天皇杯2回戦でヴェルディに勝っただけあり法政大学が優勢。

すると、開始間も無く法政が放ったミドルがゴールに吸い込まれ先制ゴール。↓


201907201210121db.jpg



前半は終始法政ペースで1-0のまま後半へ。


後半は堀池監督の檄が効いたのか、開始から順天堂が巻き返しを図る。


すると、すぐさま同点ゴールが決まる。↓


20190720121016ec2.jpg


しかし、地力に勝る法政が逆転ゴールを決めゲームはそのまま2-1法政勝利で終了。

結局、旗手は出番無し。


  1. 2019/07/20(土) 15:06:48|
  2. 大学サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. チェルシー 2019.7.19

Jリーグワールドチャレンジ2019。

日産スタジアムにやって来ました。↓



20190719213036f9f.jpg


ヨーロッパのチームは休み明けの試運転状態。
いつもならチケットが高いだけの親善試合はスルーしていたのですが、アザール見たさにカテゴリー3のバックスタンド前から16列目。前売6000円を費やし観戦することにしました。



でも、アザールは前売購入後にレアルに移籍してしまった😵💧。久保くんと一緒に練習してます


いっそのこと、レアルがアメリカツアーではなく日本に来て欲しかった❗️

ということで、今日は川崎を応援することにしよう‼️


一応、チェルシーで好きな選手は元バルサのペドロ。↓

20190719213026345.jpg


今日の観衆は61400人。良く入りました。↓


2019071921303581a.jpg


それはそうと、4日後のバルサVS.チェルシーは異常にチケットが高いので客の入りはどうなんだろう?
まだかなりチケットが余ってるみたいだし。


それでは選手入場キックオフ。↓

2019071921303198b.jpg


201907192130293a8.jpg


ペドロに注目。↓

20190719213033426.jpg


でも、一番の有名人は監督に就任したばかりのランパード。↓


20190719213038387.jpg

やっぱ、本物はスケールが違う。

シーズン真っ只中の川崎が休みボケのチェルシーを慌てさせるかと思いきや、川崎のショートパス攻撃をいとも簡単に分断。球際も強い。

ポゼッションでもチェルシー優位。
川崎相手にポゼッションを上回るのはJリーグではなかなかお目にかかれない。貴重。

川崎は10メートルくらいのパスばかりなので徐々に間を詰められ、攻撃が手詰まり。

一方、チェルシーは30メートルくらいのパスが多く、スピードも早く正確。更に受け手のトラップも上手い。

コレコレ、チャンピオンズリーグで良くみるパススピード

サイドチェンジも上手い。

言うなれば、狭い所でちょこまかパスを繋いでるだけであまり生産性が上がらない川崎に対して、ダイナミックな攻撃を仕掛けるのがチェルシー。

前半はスコアレスながら、休み明けでも大物の片鱗を見せたチェルシー優勢で終了。


後半は開始からメンバーチェンジが頻繁に行われ完全に親善試合ムード。両チームとも怪我でもしたら本末転倒とばかり、クラブワールドカップの鹿島VS.レアルみたいな真剣勝負と比べようもないまったりムード。

家でテレビ観戦でもしとけばと後悔。

ジルーも登場しましたが、本調子には程遠い感じ。↓

20190719213039351.jpg


そんな雰囲気をガラリと変えたのが


ミスターフロンターレ、中村憲剛❗️


残り時間が10分を切った所で、大声援に迎えられ交代出場。


すると、ゲームがしまり意表をつくパスなども。

極めつけは85分、混戦からファーサイドにいるレアンドロダミアンにふわりと優しいクロス。

それをレアンドロダミアンがヘッドで叩きつけ価千金のゴール。↓


20190719213044600.jpg


20190719213045668.jpg


これで勝負あり。

本気になったチェルシーも追い付くための時間が足りず試合終了。

やっぱ憲剛だなと思ったゲームでした


今日はチェルシーではなく中村憲剛に6000円を払った❗️
と納得して家路につく。





  1. 2019/07/19(金) 22:09:38|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. 川崎フロンターレ 2019.7.14

チケットは前売で完売。
伝統の多摩川クラシコ。

今年は首位攻防戦ということもあり注目度抜群。

自分も湘南VS.神戸を諦め味スタにやって来ました。↓


20190714234854164.jpg


今日の観衆は42300人。味スタの4万人超えは迫力満点。↓



201907142348504f6.jpg


20190714234857d7b.jpg


201907142349033a7.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



201907142348536ff.jpg


201907142349007b3.jpg


2019071423490560e.jpg



2019071423490282b.jpg




序盤から川崎の動きがいい。

とにかく、前線からのハイプレス。憲剛もよく走る。
東京に時間と余裕を与えず、ミスを誘う。

川崎は攻守の切り替えが早いのでボールを取られてもすぐに取り返し、再び攻撃。

川崎にこういうサッカーをされると東京は厳しい。


そんな中、20分にCKから小林悠がヘッドを決め川崎先制。↓


20190714234848ab6.jpg



その後も、川崎は東京にチャンスらしいチャンスを与えず、攻守の歯車ががっちり噛み合って隙のないサッカーを披露し後半へ。


後半も試合は川崎ペース。

前がかりになる東京の隙を突き、齋藤学が追加点。↓



20190714234847985.jpg


20190714234845451.jpg


20190714234856fd3.jpg

さらに、24分もカウンターから最後は阿部が技ありゴールで勝負あり。↓


201907142348597a0.jpg


2019071423485147c.jpg


試合はそのまま3-0川崎の完勝で終了。

今シーズン、FC東京がこんなにやられたのは初めてです。

でも今日の川崎は本当に強かった。完璧でした。

これで、首位争いは混沌として来ました。

それにしても川崎の選手層は厚い。
今日のベンチに家長、レアンドロダミアン、長谷川、知念、脇坂。

さらにベンチ外には大島、守田も。

川崎の3連覇の確率がぐぐっと上がってきました‼️



  1. 2019/07/15(月) 00:20:44|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜Fマリノス VS. 浦和レッズ 209.7.13

今日から3連休。
あいにくの雨模様。日産スタジアムにやって来ました。↓


201907132152274f7.jpg

20190713215228aa9.jpg



スタジアムショップを覗いたら、先日ベルギーリーグに移籍が決まった天野純のユニフォームだけ20%オフ。ちょっと切ない。↓


2019071321525617c.jpg


今日もお目当てはティーラトン。どうやらタイからもお客さんが来ている模様。
そういえば、ティーラトングッズは品切れになっていた。↓


20190713215238862.jpg


20190713215241a5c.jpg


20190713215232cd8.jpg


今日の観衆は33700人。
それでは、選手入場キックオフ。↓



2019071321523583e.jpg


2019071321524968e.jpg


20190713215245545.jpg


20190713215253591.jpg


20190713215231dbb.jpg


20190713215247a23.jpg


20190713215229447.jpg



立ち上がりから横浜が優勢。

ポゼッションしかり、攻守の切り替えしかり、選手間の距離しかり、全てで浦和を上回る。

そこにスピードと切れ味抜群の遠藤渓太と仲川の両ウィングが攻撃にアクセントを加え、浦和の脅威となる。


そんな中、38分
遠藤がサイドから持ち上がり左足を振り抜き先制ゴール。↓


20190713215240d26.jpg


201907132152439ff.jpg


浦和は全く良いところなく、後半へ。

後半は浦和がやや盛り返したかに見えたが、14分に遠藤の折り返しをオフサイドながらも仲川が押し込み追加点。2-0。↓


20190713215237ae6.jpg


201907132152344f1.jpg

納得のいかない浦和は猛抗議。10分中断。

判定は覆らず、ゲーム再開。

するとすぐに浦和はサイドを揺さぶり意地のゴールで1点を返す。↓


20190713215250f60.jpg


しかし、その後も攻撃の手を緩めない横浜にハンドでPK献上。蹴るのはエジカルジュニオ。↓


20190713215255a16.jpg


201907132152465ce.jpg


20190713215324cf1.jpg


3-1これで勝負あり。

試合はそのまま横浜の完勝で終了。


微妙な判定があったにせよ、横浜が浦和を圧倒したゲームでした。


帰り道、浦和ファンの言葉に耳を傾けると、「まぁ、今シーズンは降格さえしなければいいや。」

ちょっと寂しい気がしました。

ACLも残っているし、浦和にはもうひと暴れして欲しいものです❗️




  1. 2019/07/13(土) 22:28:34|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京ヴェルディ VS. 法政大学 2019.7.10

今日は天皇杯2回戦。
西が丘にやって来ました。↓


20190710225543ae4.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



20190710225534676.jpg


20190710225540a55.jpg



201907102255436ea.jpg


2019071022554624c.jpg


20190710225543600.jpg


ヴェルディのスタメンは控え中心。
想定外はコパアメリカにも出場した法政大学の上田綺世(鹿島内定)がユニバーシアード代表で不在。あともう一人の有名選手のテクニシャン紺野(FC東京内定)も同じくユニバーシアード代表で不在。残念。↓


2019071022554375a.jpg


これでは法政大学の勝ち目はないかなと思っていましたが、ところがドッコイ。

法政大学、いいです❗️

陣形が非常にコンパクト。
ヴェルディの攻撃は中盤でことごとく潰される。

どっちがプロかわからないくらい、チャンス、シュートの数では法政大学が圧倒。

前半はスコアレスで折り返す。

後半も引き続き法政ペース。
サイドを起点にどんどんクロスを放り込んでくる。

継続は力なり。

12分に松澤がヘッドを決め法政先制。↓

20190710225546b3a.jpg




34分には前がかりのヴェルディに対してカウンターから橋本が追加点。

これで勝負あり。↓


20190710225548bf6.jpg

ゲームはそのまま2-0法政の勝利で終了。

昨年度の全国大学サッカー選手権を制しただけあり、法政は強かった。

上田、紺野抜きでもJ2中位の控えレベルなら大学チャンピオンの方が実力が上ということが証明された感じです。




  1. 2019/07/10(水) 23:24:32|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天津・北京の旅 2019夏 3日目(最終日) 2019.7.7

最終日の朝はのんびり。

10時の開店と同時に昨日も訪れたYOYOサッカーショップで頼まれものの買い物。レナトアウグストをマーキング。↓


201907080549239b9.jpg



その後、ホテルに戻りチェックアウト。

自分に課した本日のミッションは中国スーパーリーグで北京のもう一方のチームの北京人和のスタジアムを見に行くこと。

北京郊外にあるので、ホテルから地下鉄を乗り継ぐこと約1時間。

大井駅の目の前にスタジアムがありました。↓


20190708054921208.jpg


20190708054924179.jpg


2019070805491903f.jpg


201907080549184cc.jpg


201907080549163de.jpg


20190708054915062.jpg


もう1泊出来れば、本日の夜ここでゲームがあったんですが…

スタジアムを1周しましたが、レストラン以外、グッズショップみたいなのは一切何もありませんでした。


収穫ゼロでまた1時間かけてホテルに戻り、荷物をピックアップして空港へ。

17時間10分のフライトで羽田に戻りこの旅終了。


  1. 2019/07/08(月) 06:02:00|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北京国安 VS. 武漢 2019.7.6

昨日は中途半端なサッカー観戦だっただけに、本日は満を持してキックオフ2時間前にスタジアムへ。↓

20190707160719939.jpg


まずは選手の入待ち。↓


2019070716071903f.jpg


2019070716071951f.jpg


20190707160719449.jpg


レナトアウグストとファーストコンタクト。
任務完了。


午前中と違って、グッズショップは大にぎわい。↓

2019070716071956b.jpg


スタジアムに入ります。↓

2019070716081261b.jpg

残念ながら本日も雨。昼間は曇りで持ちこたえるも、夕方になると小雨。↓

20190707160719adf.jpg



更に文化の違いか、こちらでは傘をさしての観戦が許されてる?↓


20190707160812df2.jpg


見にくくてしょうがない‼


しかし、郷に入っては郷に従えという事で我慢。


選手のアップが始まる。

本日2回目のレナトアウグスト。↓

20190707160812f96.jpg


武漢には新潟や浦和にいたラファエルシルバがいます。↓

20190707160812001.jpg


浦和にACL優勝をもたらした決勝戦のゴールは今でも思い出すと鳥肌が立つほど鮮烈でした。


アウェイサポーターもそこそこいます。↓

20190707161038f58.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


201907071608122e5.jpg


20190707160812f56.jpg


20190707160906b84.jpg


2019070716090657a.jpg


201907071609062a2.jpg


20190707160906d3f.jpg


20190707160906d2c.jpg


20190707160906075.jpg


201907071610381ab.jpg


20190707161038a7b.jpg



ヴィッセル神戸がイニエスタのチームなら、この北京国安は紛れもなくレナトアウグストのチームでした。

ボールに触る回数が多いし、長短織り混ぜたパスは秀逸。

更に攻撃のスイッチを入れる縦パスから自らゴール前にも侵入。

対戦相手にとっては非常に厄介。守備もきちんとします。


北京は首位を走ってるだけありかなりいいサッカーをしてます。

すると14分 、サイドをえぐりジョナタンビエラが先制。↓

20190707161038798.jpg



20190707161038a67.jpg

このジョナタンビエラが小柄ながらアザールみたいに上手いんです。

レナトアウグストと同じくらい活躍。
ジョナタンビエラはリーガのラスパルマスで活躍していただけのことはあります。


武漢はいいとことろ無く1-0で後半へ。


引き続き北京優勢の中、58分にはPK獲得。

蹴るのはレナトアウグスト。↓

201907071610384dc.jpg

見事決まり2-0。↓


20190707161204131.jpg


201907071612047f6.jpg


20190707161204fd3.jpg


2019070716120405d.jpg


更に押せ押せの北京は75分にまたもジョナタンビエラが決めて3-0。↓


2019070716120467a.jpg


ゲームはそのまま3-0で終了。

北京の完勝でした。

この勢いで今シーズンは北京に優勝してもらいたい。

最悪でもまた来年のACLで来日はしてくれそうです。


  1. 2019/07/07(日) 17:37:03|
  2. 中国サッカーリーグ観戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天津・北京の旅 2019夏 2日目 2019.7.6

わずか12時間程の滞在だった天津に別れを告げ 、いざ北京!

昨日の逆のルートで8時5分の新幹線に乗り、本日宿泊するスタジアムの近くのホテルにに9時過ぎに到着。

ラッキーなことにチェックインさせてもらえて部屋に入れた。

早速、行動。

前回もお世話になったYOYOサッカーショップ恵新西街店へ10時の開店と同時に入店。↓



20190707085754599.jpg



前回から場所が移転していていました。


20190707085754fc1.jpg


ここで残念なことが…


マーキング入りのユニフォームも数枚あったので、「レナトアウグストXLプリーズ」と言ったらこの店にプリンター機械ないから出来ないと言われ小パニック🌀😱

しかし、ご安心あれ。

ここから地下鉄で6駅戻った東四駅に本店があり、そこならできるとのこと。この店も前回行ったことがありこの後に行こうとしていたので問題無し。

一応 、在庫の確認とこれから変な日本人がそちらに向かうことをお店の人に電話してもらい移動。



東四店↓


20190707085650ad3.jpg


20190707085650a81.jpg


20190707085650c37.jpg


20190707085650c3f.jpg



欧州物も充実。

階段を上り。↓

20190707085523771.jpg


2階はシューズコーナー。↓


20190707085523c01.jpg




一応、レナトアウグストのブラジル代表モデルや。↓



20190707085650b6f.jpg




中国女子代表。↓


20190707085650967.jpg



そんな中、思いもよらぬ掘り出し物発見。

レナトアウグストのマーキングをお願いしている間に店を隅々までチェック。

そうしたら、欧州物のセールコーナーに紛れてホームページにあった韓国代表の旧モデルのハデソン8番がありました。しかもサイズはXL1点のみ。↓


20190707085523e43.jpg


20190707085523ce0.jpg


ハデソンは北京国安在籍後にFC東京や名古屋グランパスにも所属。そして現在はFCソウル。

アジアをまたにかけるサッカープレーヤー。

私はアジアをまたにかけるサッカーおたくでユニフォーム収集家(笑)

この親和性。買わずにはいられない。


値段を聞いたら660元(11000円)と言われたので、自分はすかさずホームページがセールで399元になってると訴えたら399元(6500円)になりました。

更にこちらで北京国安の黄色のプラクティスシャツも購入し、これにもレナトアウグストをマーキングしてもらう。

表には北京の漢字もプリントしてもらいました。↓


20190707085523dcc.jpg


20190707085523eb5.jpg

一旦、ホテルに戻り今度はスタジアムへ。↓


20190707085344acc.jpg


201907070853446b5.jpg


さすがに昼間のスタジアムショップはガラガラ。↓


201907070853445a7.jpg

20190707085344379.jpg

20190707085344c7f.jpg

20190707085344563.jpg

20190707085228af1.jpg

20190707085228ad3.jpg

20190707085228103.jpg


私の読み通り、緑のホームユニフォームはサイズがMまでしかなかった。しかも、値段の高い細身のオーセンティックモデルのみ。

こちらでは何も買わず視察のみ。

只今13時。スタジアムの外は早くもバッタもんの出店が商売開始。↓


20190707085228cef.jpg


20190707085228dcb.jpg


ダフ屋もいっぱいいます。

人通りの多い交差点は目付きが悪くガラが悪そうな人が多いので回避。

更に3~4人で徒党を組んでるのも怖そうなので回避。

自分は道端に一人でひっそり佇み、人の良さそうなだふ屋が好きです。


ドンピシャな人が人がいました。


案の定、定価以下に値切れました。

チケットもゲットできたので安心してようやく食事。

スタジアム近くの繁華街のファッションビルにあるレストラン街をふらついた結果、賑わっていたこちらに決定。↓


20190707085228970.jpg



昔で言うお好み食堂的な感じ。


20190707085113562.jpg




まずはビール。(一番安い銘柄頼んだらバドワイザー)


201907070851139c7.jpg

あとはこんな感じ。↓



20190707085113ff2.jpg


2019070708511389f.jpg


20190707085113c38.jpg



小籠包以外はぬるい。
作り置きかも。

おまけにビールも冷え冷えじゃない(これは中国あるある)。

最後のは鶏肉の黒酢漬け。

全体的に味はまぁまぁだが70点くらいの評価。

とりあえず夕方までホテルに待機。

17時に再度スタジアムに向かい、19時35分キックオフの北京国安VS.武漢を観戦。↓


201907070851135e7.jpg



いつもの通りのサッカー尽くしで2日目終了。

  1. 2019/07/07(日) 10:08:41|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天津天海 VS. 広州恒大 2019.7.5

やっとの思いでたどり着いた天津オリンピックセンタースタジアム。

そして、チケットもサプライズで譲って(恵んで?)もらい無事スタジアムに入れて、ちょうど後半からの試合観戦。↓



20190706014331c49.jpg


もう1点づつ取り合い1-1です。

20190706014332946.jpg



お目当てのパウリーニョが出て来ました。↓


20190706014335d61.jpg


20190706014317bc4.jpg




それでは、後半キックオフ。↓



201907060143200ac.jpg


2019070601432398a.jpg

天津サポが着ている水色のユニフォームが欲しかったんですが、スタジアムにショップらしきものは見当たりませんでした。

飛行機が遅れたので、早めに来てスタジアム周辺を散策出来なかったことを悔やむ。

それでも天津の観客のユニフォーム着用率は低く(北京、上海、広州はみんな着てる)、ナイキの正規品を着ている人は皆無。そういうことからも正規品を売るショップはないのかも知れません。↓


201907060143088aa.jpg



中国あるある。アウェイサポーターは2階席の奥地に隔離。↓


20190706014311d86.jpg


広州の監督はカンナバーロ。↓


20190706014540325.jpg



もう一人のお目当ての、天津のレナチーニョ。フロンターレ川崎ではレナト。残念ながらベンチ。↓



20190706014329f05.jpg





天津のアランは昨シーズンまで広州に在籍。↓


20190706014314e0f.jpg


レベル的には大したことはない。

広州の方が戦術が整備されているが!この程度なら今度のACL準々決勝で鹿島が勝てそう。


天津天海は降格争いをしているのが納得の弱さ。


やっぱり広州のパウリーニョは流石の無双っぷり。

ボランチで有りながらも、トップ下からFWまでこなす大活躍。

すると、パウリーニョが攻撃のスイッチを入れる縦パスからワンツーで抜け出しサイドに展開。
パウリーニョはゴール前に走り込み折り返しをゴール。

綺麗な勝ち越しゴールで2-1。↓


20190706014524498.jpg



201907060145434c6.jpg


20190706014544e79.jpg


20190706014537696.jpg




終盤、ようやくレナト投入。↓


20190706014539166.jpg




しかしノーインパクト。川崎時代のキレッキレのドリブルからの火の玉シュート的なものは炸裂せず。


それより、前がかりな天津に対して広州は何度もカウンターから決定的チャンスを迎える。

そのうちの一つだけ決めて3-1勝負あり。↓


20190706014542b7c.jpg

試合はそのまま3-1広州の勝利で終了。

今回もパウリーニョに魅了されました。



試合終了後にスタジアムの外を撮影。↓


20190706014531a4f.jpg


20190706014532281.jpg


20190706014534f0e.jpg


まぁ、後半だけの観戦でしたが、何とか間に合って良かった天津サッカー観戦でした。

  1. 2019/07/06(土) 09:09:20|
  2. 中国サッカーリーグ観戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天津・北京の旅 2019夏 1日目 2019.7.5

毎度恒例の男のサッカー観戦ひとり旅。

今回は金曜に天津、土曜に北京で中国スーパーリーグを観戦すべくやや強行スケジュール気味の2泊3日の旅行に出発。


羽田発、朝8時半のチャイナエアーでまずは北京へ。↓

2019070601431257e.jpg


20190706014315663.jpg



最近の海外旅行はLCCが続いたので、フルキャリアの有難味をしみじみ実感。
ついついテンションも上がってしまい撮影。↓


201907060143347d1.jpg


20190706014305b9d.jpg


羽田→北京は約3時間のフライト。
中国は1時間時差があるので11時20分到着予定。


10時半頃から徐々に高度が下がり着陸準備。

その後、中国語で機内アナウンス。
機内は不穏な雰囲気。中国人が焦り出す。

その次、英語のアナウンス。

嫌な予感

最後に機内に一人だけ搭乗している日本人CAさんのアナウンス。


「北京国際空港は天候不純のため着陸することが出来ず、当機は間もなく青島空港に着陸いたします。」

「チ、チ、チ、チンタオ(青島)‼️」

「終わった…」

こんな一大事に日本語の説明はそれだけ(笑)



どうやら、北京の空港が激しい雷雨で閉鎖。北京と青島は東京と広島くらい離れてる。


簡単に言うと青島で雨宿り


いやぁ~長い雨宿りでした。
機内に缶詰めになること3時間。

結果、北京に着いたのが定刻より4時間遅れの15時半。

ゴールデンウィークに引き続き、またもや空港内を猛ダッシュ。

16時にエアポートエキスプレスに乗り、地下鉄に乗り換え、天津行きの新幹線が出る北京南駅に着いたのが17時過ぎ。

天津でのサッカー観戦、キックオフは19時35分。

しかし、ここで本日2回目の試練。

新幹線の切符売場が長蛇の列。↓


20190706014318166.jpg



20分並んでようやく自分の番が来た。
只今、17時半。

しかし、直近の天津行きは5本先まで満席。

最短で19時7分発でした…
キックオフは19時35分…


後半からの観戦に目標を切り替えよう(前向き‼️)



待合所も大混雑。ここで約1時間半も時間をつぶす。↓


2019070601432174a.jpg



ようやく新幹線に乗れます。↓


2019070601432518b.jpg


どうやら、この19時7分発もビジネスクラスしか空いてなかったんですね(笑)。今になって気付いたのですが170元、日本円で2800円。通りでちょっと高いと思った。
お菓子とソフトドリンクがサービスで付きます。↓


201907060143060a1.jpg


20190706014309748.jpg



19時40分に天津駅到着。
地下鉄に乗り換え6駅の天塔(天津テレビタワー)という駅がスタジアムの最寄り駅。


しかし、ここからまだ2キロほど。外は大雨。タクシー捕まらず。

とりあえず、駅前にタイのトゥクトゥクみたいなのが客を乗せてやって来たので、怪しいけど背に腹は変えられない。20元(340円)でスタジアムへ。

(※後で気がついたんですが、最近は地下鉄の路線も増えスタジアムに近い体育中心という駅がありました。)

只今、20時25分。試合はハーフタイム。

雨の中、前半も終わると辺りは閑散。
ダフ屋の姿も見当たらない。

中国サッカーは基本的に当日券の販売窓口はない。(当日券はダフ屋から買うしかない。でもそんなにぼられない)

途方に暮れて、入口 の係員にチケット、チケットと言っても言葉が通じないので翻訳アプリで「チケット欲しいです。」→「我要一張票」を見せたらアルバイトの若い子たちも私に群がりスマホ画面を覗きに来る。

そうこうしていると、雨に濡れ、リュックをしょい、おおよそサッカー観戦にはそぐわないコロコロを引いた大荷物のおじさんを不憫に思ったのか、その場をしきってるリーダー格の若い女性が


わかったわ。これあげるから中に入って良いわよ。(自分が感じとった勝手なイメージ)

そっと両手で私にチケットを差し出してくれました。しかも無料です。

このご恩、一生忘れません。謝謝(シェイシェイ)。


という訳で、何とか後半開始から無事サッカー観戦が出来ました。↓


20190706014332946.jpg



試合終了後、スタジアムに激近のホテルにチェックイン。

その後、ホテルのお隣にあるこんなお店で遅い夕食。↓



20190706014536330.jpg


一応、注文を受けてから手打ち麺を作ってます。↓


20190706014526964.jpg



20190706014524ab8.jpg

パクチーもきいたエスニック風味のラーメン。↓

20190706014528503.jpg



お会計はボトルウォーターも含め何と16元(260円)

お会計間違ってないのかなぁ。タイより安い。



最後はライトアップされた天津タワーを見て、ドタバタ珍道中だった1日目が終了。↓


20190706014529a29.jpg

  1. 2019/07/06(土) 03:21:42|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. 桐蔭横浜大学 2019.7.3

今日は天皇杯2回戦。
ここからJ1が登場。味スタにやって来ました。↓


2019070321095797b.jpg


201907032109572e0.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



2019070321095742c.jpg


20190703210957eb8.jpg


201907032109572d3.jpg


201907032110537f6.jpg


今日の注目選手は来期川崎フロンターレに入団が内定している桐蔭のイサカ・ゼイン選手。↓


201907032109575f8.jpg



今日のスタメンはこんな感じ。↓


20190703211053567.jpg


東京でいつものスタメンは橋本のみ。
あとは控えを飛び越えて、普段ベンチ入りすらしていない選手が半数。


だからこそ、今日出場のメンバーは絶対的にアピールしたいところ。


それにしても、昨今の大学サッカーのレベルは高い。
よく走るし、戦術も整備されている。特に守備戦術。


桐蔭はボールホルダーへの寄せが早い。すぐに3人くらいで取り囲み密集状態でボールを奪う。

ボールサイドに極端に寄せるので逆サイドががら空きになることもあるんですが、東京もいつものスタメンではないので、桐蔭のスキを突けず前半はスコアレスで折り返す。


東京は前半終了後にサポーターからブーイングが出る不甲斐ない内容。



後半に入ると、東京が攻勢に出て5分に内田が決め先制。↓


2019070321105380e.jpg


201907032110531d5.jpg



東京はその後もチャンスを作りながらも決めきれず、ゲームはそのまま1-0東京の勝利で終了。


感想としては桐蔭はよく頑張ったし、東京はいつものスタメンに割って入るようなアピールが出来た選手は皆無といった感じ。

まぁ、勝ったからよしとしよう❗️


  1. 2019/07/03(水) 21:43:54|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0