サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

湘南ベルマーレ VS. 清水エスパルス 2019.9.29

今日は湘南BMWスタジアムです。↓


20190929214910e10.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


201909292149159c9.jpg


2019092921490775a.jpg


20190929214859d55.jpg


20190929214908ac9.jpg


201909292148563c1.jpg


チョウ監督の活動自粛からどうも調子の出ない湘南。

対する清水は上向き傾向。

勝った方が降格争いから一歩抜け出せる大事な戦い。

序盤は一進一退の展開。

25分に、清水のエウシーニョが右サイドバックながらも中央に切れ込みながら持ち上がり、バイタルで西澤とワンツー。
見事そのリターンをシュートし、清水先制。↓



20190929214858654.jpg


更に、43分にも西澤とのパス交換からエウシーニョが連続ゴール。↓


201909292149057ff.jpg


エウシーニョの攻撃性能高すぎる❗️

セレソンのサイドバック並みに上手い❗️

エウシーニョを放出した川崎が今シーズン右サイドバックを固定出来ず苦戦。

何をか言わんや❗️

それからは、やや集中の切れた湘南に対してイケイケの清水祭り。


44分に河合がゴール。↓


2019092921490497c.jpg



前半ロスタイムに只今売り出し中の新人、西澤がゴール。↓


201909292149009b6.jpg





前半は何と4-0で折り返す。


後半に入っても清水は止まらない。

7分に湘南DFから金子がスライディングでボールを奪いドウグラスに繋ぎ、ドウグラスはDFを一人交わしてズドン。5-0。↓


201909292149021c5.jpg


トドメは11分に速攻からサイドをえぐり、折り返しを西澤が決め6-0。↓

20190929214911759.jpg


ゲームはそのまま6-0、清水の圧勝で終了。

清水にとってはこの前の札幌戦での0-8の完敗の傷がかなり癒えたゲームでした。

湘南はらしいアグレッシブさが無く、今後に不安を残すチーム状態でした。

  1. 2019/09/29(日) 22:16:35|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. ヴィッセル神戸 2019.9.28

今日は等々力で17時キックオフ。↓


20190928191931888.jpg


この試合からイニエスタ復帰は嬉しい限り。↓

20190928191934fc9.jpg



絶好調のビジャ。↓


20190928191926009.jpg





そして、最近の神戸の安定はこの人のおかげです。高徳。↓


20190928191930bb3.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


201909281919403f7.jpg


20190928191941d40.jpg


20190928191937283.jpg




神戸の守備がいい❗️

川崎のパスワークに翻弄されず、プレスも速いし、激しいし、帰陣も速い。


これぞ❗️ヨーロッパ仕様。


互いに狭いところを突くパスゲーム。

私好みのサッカースタイル❗️

イニエスタVS.憲剛。

ビジャVS.小林悠

高徳と家長のマッチアップ。

全てが贅沢過ぎる❗️


ポゼッションでは川崎優勢。

それでも、前半終了間際、自陣ゴール前で川崎の攻撃をカットして直ぐ様、裏に大きく蹴り出されたボールに神戸の古橋が食らい付き登里をぶっちぎり独走。

折り返しをビジャが決め、神戸が鮮やかなカウンターから先制。↓


20190928191939643.jpg


2019092819193217e.jpg


201909281919249a4.jpg


201909281919252b4.jpg



ビジャの決定力は半端ない。

狙った獲物は逃さない。

スナイパービジャと名付けよう❗️


堅い守備と切れ味抜群のカウンター。

いつの間にか鹿島アントラーズみたになチームになった神戸が1-0で後半へ。

リードしたことで余裕が出たのか、後半は圧倒的に神戸ペースのゲームに。

川崎は珍しく自陣に押し込まれ守備に追われる時間が増える。
全く反撃どころではない。

すると、25分、セットプレーからの攻め残りから神戸DFの大崎がヘッドを決め2-0に。↓



ロスタイムにようやく長谷川が一矢を報いるも時すでに遅し。↓


20190928191928c0e.jpg


川崎は全くいいところありませんでしたが、それより何より神戸が隙のないソリッドなチームに仕上がっていたことが驚き。

終盤になっても足が止まらず、序盤戦とは大違い。

勿論、その中心にはイニエスタ。

神戸サポートにとっては大満足のゲームでした。


  1. 2019/09/28(土) 19:26:44|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. ホンダFC 2019.9.25

今日は天皇杯4回戦。

埼スタにやって来ました。↓


20190925211739246.jpg

今日はバックスタンド真ん中の前から10列目。よく見えます。↓

20190925211733cbe.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓

201909252117342a8.jpg


20190925211745d67.jpg


2019092521174349b.jpg


20190925211742ae9.jpg



JFLの門番ことホンダFC。

今シーズンのJFLでは来期のJ3入りを手中に収めた2位の今治FCに大差を付けてぶっちぎりの1位。

ここまでJリーグ勢を倒してきただけあり実力充分。

予想通りホンダはいいチーム。
寄せが早いし、よく走る。球際も激しい。

控え中心の浦和はかなり手こずってます。



両者決定的なシーンは無く前半はスコアレスで折り返す。

それにしても、浦和の攻撃陣は噛み合わず得点の気配無し。情けない❗️


後半開始から浦和は武藤を投入し攻勢に出る。

しかし、ホンダもしぶとく守る。

これは延長もありかなと思っていたら38分にホンダがカウンターからゴール。↓


20190925211727601.jpg


2019092521172849c.jpg


20190925211730666.jpg


更に42分、浮き足立つ浦和に対しまたもやカウンターから追加点。2-0。↓


20190925211740333.jpg


20190925211737f06.jpg


201909252117315c5.jpg




浦和は終了間際に得たPKも杉本健勇が止められ万事休す。↓

201909252117360c0.jpg



前年度天皇杯の覇者の浦和は全くいいところ無くホンダにジャイキリを許しここで敗退。

事実上、来期のACL出場はほぼ不可能になりました。

それにしても、ホンダFCはいいチームでした。



  1. 2019/09/25(水) 21:44:13|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海旅行 2019秋 2日目 2019.9.23

2日目にして最終日。

それが弾丸旅行。
それでも、帰りのフライトは日付変わって9/24(火)未明なので本日は終日上海を満喫できます。

しかし、昨日ユニフォームも買ってしまったし、サッカーも観戦。

はっきり言って本日はやることが無い。
全くのノープラン。

とりあえず、食べるしかねぇ❗️

まずは、リーズナブルな食堂ということでこのお店が検索で引っ掛かりホテルの最寄り駅から2駅なので行ってみることに。↓


201909232212530bc.jpg



食券式で。↓


201909232212466a1.jpg



ネット記事の写真を見せながら適当に注文。↓


20190923221247023.jpg



20190923221258b1f.jpg


201909232212550da.jpg


20190923221256479.jpg



値段が安いぶん味もそれなり。


朝食にしては食べ過ぎだが、朝昼兼用と割り切り更に追い討ち。

昨日食べたスイーツチェーンがこの駅にもあったのでお汁粉を注文。↓


20190923221243efe.jpg


小豆はうまいが甘くない。
砂糖不使用。



これで今日は夕食まで何も食べなくていいだろう❗️

と自分に言い聞かせ、市内をブラつきホテルに戻り12時チェックアウト。


この後もノープラン。夜まで時間をもて余す。

観光や博物館、はたまた動物園でパンダなど色々考えましたがどれもピンと来ず。


バンコクだと色々とユニフォームを売ってるお店が点在しているので2~3日はあっという間ですが、上海は時間をもて余す。

街ブラ&お茶。↓

20190923221241d88.jpg


夕方6時にお待ちかねのディナータイム。

豫園にある小籠包の有名店の「南翔饅頭店」の支店(南京西路駅)にて↓


20190923221244287.jpg


201909232212509bd.jpg


20190923221252539.jpg


この旅で一番贅沢な食事。

それでも1500円くらい。

店の雰囲気も味も上品でした。

最終日はただ食べてただけでこの旅終了。
  1. 2019/09/23(月) 22:39:52|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海上港 VS. 河南建業 2019.9.22

19時半キックオフでスタジアムの入場は1時間前 の18時半から。

とりあえず、入口手前のグッズテントを物色。↓


20190923184606ba2.jpg


2019092318460360e.jpg


こちらでは、ユニフォームは販売していたがマーキングサービスは無し。

背番号入り無いの? と店員に尋ねるとストックからゴソゴソしてACLモデルでしかもフッキのマーキング入りが1点のみ出て来ました。

サイズは2XL。但し、細身のオーセンティックモデルだったのでその場で試着したらピッタリ。購入しました❗️


18時半になったのでスタジアムに入ります。↓


2019092318460082b.jpg






ダフ屋には1階席と言われたが、2階席のチケットでした。↓




20190923184622552.jpg


中国あるあるですが、1階席はバックスタンド全員とメインスタンドの1部はサポーターが立って観戦。

座ってゆったり観戦したい場合は2階席の方がいいかも知れません。↓


20190923184621b2b.jpg



選手がアップで出て来ました。

5日前の埼スタでは出場停止だったフッキ。↓


20190923184618b69.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓

20190925074538017.jpg


20190923184615572.jpg


2019092318460925f.jpg


20190923184612aba.jpg


20190923184625570.jpg



序盤からホームの上海が優勢。

河南は防戦一方。


上海は惜しいチャンスを決めきれずいたが、43分にいい位置でFK獲得。

蹴るのはオスカル。↓


20190923184607ace.jpg


2019092318460449b.jpg


20190923184601e7d.jpg

見事、GKの手をかすめポストに当たってゴールに吸い込まれる。上海先制。↓



201909231846195d9.jpg


20190923184616c26.jpg


201909231846130f8.jpg


上海ペースで後半へ。



後半は一転して河南が攻勢に。

後半3分に河南は目の覚めるようなカウンターからカランガが同点ゴール。↓

20190923184558d8c.jpg


20190923184610e67.jpg


2019092318462755a.jpg


201909231846249b7.jpg


20190923210900fca.jpg



その後は両者譲らず、攻守が目まぐるしく変わる面白い展開に。

決着がついたのは試合終了間際の90分、途中出場の上海のリーシャンロンが価千金のゴールで2-1。↓


20190923210900efc.jpg


20190923210900523.jpg


20190923210900d32.jpg



広州恒大が足踏みのため、優勝戦線に踏みとどまった上海でした。



  1. 2019/09/23(月) 21:11:10|
  2. 中国サッカーリーグ観戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海旅行 2019秋 1日目のお買い物

このユニフォームが欲しくて今回の旅行を決めたと言っても過言ではありません。


虹口スタジアムの小林ハウスで購入。

上海申花 エルシャーラウィ。↓


201909231556223c7.jpg


201909231556256f9.jpg










続いては、試合会場でACLモデルを購入。

リーグ戦モデルはマーキング対応してませんでした。

上海上港 ACLモデル、フッキ。↓


201909231556061c8.jpg


20190923155609ab4.jpg


こちらは、スリムタイプのオーセンティックモデル。


背番号入りは無いのかと尋ねたら、ストックからごそごそ出してくれて、まぐれでフッキのマーキング入りが2XLの1点のみだけありました。(細身のオーセンティックモデルなのでいつもはXLですが2XLで丁度良かった。ただし、値段が高くてビックリ。通常モデルの倍以上しました❗️)

あとは小さいサイズのエウケソン9番が2枚のみ。



今回はピーチで預け入れ荷物無しの航空チケット。

機内持ち込みは7キロまで。

行きの荷物チェックで既に6.6キロあったので帰りは少し重ね着必至(笑)‼️


  1. 2019/09/23(月) 18:17:06|
  2. ユニフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海旅行 2019秋 1日目 2019.9.22

毎度恒例の弾丸サッカー観戦&ユニフォームショッピングの一人旅。

今回は2年ぶりの上海。

まずは、9/22(日)未明。羽田からピーチで上海の浦東空港へ。↓


20190923155422e00.jpg


心配していた台風の影響もほとんど無く(20分遅れ程度)ほぼ予定通りAM5時に上海着。

市内への移動は地下鉄。↓

20190923155425995.jpg

始発はAM6時なので、駅の改札はシャッターが閉まってますがしばらく待機して始発で市内へ。↓


20190923155428677.jpg


7時過ぎにホテル着。フロントにパスポート提出(1回目)

チェックインは8時から出来る(本来は14時)と言われたのでしばしロビーで待機(ちょっとラッキー😃💕)。

ロビーに併設のカフェはこんな感じ。↓



20190923163427d31.jpg


8時になったので満を持してフロントへ(パスポート提出2回目)。

別の担当者が

クリーニング出来てる部屋が無いからチェックインは12時よ‼️

これぞ、アジアの笛ならぬ中国の洗礼(笑)


だったら、最初から言ってよーとツッコミたくなりながらも、しょうがないので荷物を預け朝食へ。俺の30分を返せ。

朝食はホテルから徒歩10分ちょっとのところにある毎回来ているお気に入りの小籠包屋さん。↓


朝の8時半でスゴい行列。↓


20190923155445d07.jpg


201909231554194b7.jpg


201909231554343c7.jpg


201909231554378c4.jpg

朝っぱらからビール。(160円)↓

20190923155433ae2.jpg



席に着いてからも結構待って、ようやく蒸し上がりました。↓


201909231554302de.jpg

12個入って300円弱。

未だこの店のを超える小籠包に出逢ってません‼️


その後、二年前とほぼ同じ行動経路で、虹口スタジアム駅に移動。↓



20190923155424d0f.jpg


20190923155443db6.jpg


スタジアム横のショップは試合開催日でないので閉まってますが。↓

2019092315544677c.jpg


20190923155432255.jpg



コンコースにあるサッカーショップ「小林ハウス」に10時の開店と同時に入る。↓



20190923155616b9c.jpg


201909231556137f1.jpg


201909231554428db.jpg


20190923155439890.jpg


こちらでは、お目当ての上海申花のエルシャーウィのユニフォームを購入。

その他、アウェイのモレノ10番のユニフォームもありましたが、小さいサイズしかなく断念。


今度は、本日夜に試合観戦する上海スタジアムに移動。(スマホにて撮影)↓



20190923155427c0a.jpg



ここで問題が…

色々写真を撮ろうと思ったら

あっ、デジカメが無い



どうやら、先程の小林ハウスでユニフォームを試着するときに首に架けていたデジカメを忘れて来た模様。

すぐに引き返そうかとも思いましたが、折角スタジアムに来たのでまずはスタジアムを満喫。

しかし、ユニフォームを売っているショップは無し。

ただ、午前中にも関わらず早くもダフ屋がいたので早速交渉&購入。

小雨がパラツキ、デジカメも少々心配だったので、いつもより値切りの切れ味が悪く、終始相手ペースで購入。

そして再度、虹口スタジアムへ戻り小林ハウスへ。

デジカメ、無事にありました。

お店の人がカウンターで預かってくれてました。謝謝(シェイシェイ)。


先程来た時には閉まっていた11時開店のオフィシャルショップを覗く。↓


20190923155619476.jpg


20190923155602569.jpg

20190923155604268.jpg



午前の部終了で12時過ぎにホテルに戻り、3度目のパスポート提出でようやくチェックイン。


本日のメインイベントのサッカー観戦のキックオフは19時半。

スタジアムへは18時位に行けばいいので時間はたっぷりあります。

少し、ホテルで休んで14時に上海第三のプロサッカーチームである上海申キンのスタジアムへ行こうと思います。


201909231556075da.jpg


2019092315561084e.jpg

陸上トラックはありますが、いいスタジアムです。

グッズ類のショップは無し。


ちょっと早いですが。上海スタジアムに移動して、近くにあるショッピングモールのフードコートで腹ごしらえ。↓↓

まずは、焼き小籠包。↓



20190923155624962.jpg


そしてスイーツ。↓

20190923155627dc5.jpg




20190923155614cf0.jpg

20190923155612ea7.jpg


こういう、アジアならではの小豆スイーツが食べたかったんです。

20190923155628718.jpg

そして悩んだ挙げ句注文したのは氷あずきチックな。↓


201909231556218b1.jpg


想像よりビッグサイズ(笑)


ここのフードコートは誘惑多し。有名チェーン店が目白押し。



胃袋のリミッターが外れた私は締めのエッグタルト。

こちらも有名店の「リリアンベーカリー」↓

20190923155418247.jpg


20190923155421a85.jpg


20190923155436cf5.jpg


カスタードが超濃厚でパイ生地サクサク。


これで、1個100円。

かなりのコスパ。

上海のリリアンベーカリーでは100円で幸せが買える❗️


これはいいキャッチコピーだ(笑)


夕方、6時にスタジアムへ。

19時半キックオフの上海上港VS.河南建業を観戦。↓


20190923155603371.jpg


試合終了後はホテルに戻り、深夜便だったこともあり即就寝。



  1. 2019/09/23(月) 17:33:13|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿島アントラーズ VS. 広州恒大 2019.9.18

昨日の浦和に続け❗️

ということで、本日は鹿島にやって来ました。↓


2019091821011114b.jpg


広州と言えばやっぱりパウリーニョ。↓

20190918210111ad6.jpg


あいにくの雨でも両サポーターは気合い充分。↓

20190918210111985.jpg


201909182101110f9.jpg



それでは、選手入場キックオフ。↓

20190918210111007.jpg



20190918210110ec9.jpg


20190918210107254.jpg


20190918210111f40.jpg


1stレグは0-0のドロー。

鹿島は勝利が必要だが失点は避けたい。
広州も先制点は取られたくないので両者慎重な立ち上がり。

鹿島のボール回しがスムーズでポゼッションでは鹿島優位。

広州はエウケソンのゴリゴリ感がスゴい。

鹿島の方がチャンスが多く優勢も決定打が出ず、徐々に広州も盛り返す。


そんな中広州は40分にCKからタリスカがドンピシャヘッドで先制。↓


2019091821011168d.jpg



20190918210111b0b.jpg


これで2点が必要となった鹿島。
一気に形勢不利。後半へ。


後半は開始から鹿島が攻勢に。

すると6分、レオシルバのシュートがセルジーニョに当たりコースが変わりGK反応出来ず。

鹿島が同点に追い付く。↓

20190918210110896.jpg


残り時間はたっぷり。

スタジアムの誰しもが鹿島の逆転勝利を信じてましたが、あと一歩及ばずゲームはそのまま1-1ドローで終了。

本日のアウェイゴールにより広州の勝ち抜けが決まりました。

この敵は浦和にとってもらいましょう❗️

でも、確実に広州恒大は昨日の上海上港よりも強いです。

  1. 2019/09/18(水) 21:25:05|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. 上海上港 2019.9.17

ACL準々決勝2ndレグ。

埼スタにやって来ました。↓


20190917215507cbe.jpg

今日は赤い旗でお出迎え。↓


201909172154554be.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


201909172154589d3.jpg


20190917215504a24.jpg


20190917215506539.jpg


20190917215455c1f.jpg

アウェイの1stレグを2-2で終えた浦和。

しかも、本日はその初戦で2得点の宿敵フッキが警告累積で出場停止。

浦和優位は揺るぎないが、負けてしまえば元も子もない。

上海にはまだ、オスカルというテクニシャンがいます。↓








20190917215455cdf.jpg


とにかく、得点が欲しい上海は序盤からハイプレス。

前へ前へ。

それに対して浦和は慌てず冷静に対処。

浦和は守り一辺倒ではなく、しっかり反撃。

結構チャンスを作る。

いつもながら、テクニック、クオリティでは浦和に軍配。

フィジカル、球際、ダーティーなプレーでは上海優位。


それでも、39分に関根のクロスに興梠がドンピシャヘッドで先制。↓


20190917215511107.jpg


2019091721550927b.jpg



浦和が俄然優位な状況で後半へ。



後半も浦和がいい感じでゲームをコントロール。

追加点のチャンスも伺う。

しかし、15分に浦和の守備網が乱れ、同点弾を喰らってしまう。

残り時間はたっぷり。

ゲームは途端にシビレル展開へ。


一瞬、やられたと思ったヘディングシュート。‼️↓

20190917215501dd4.jpg



ギリギリポストを外れて命拾い。↓


20190917215503f17.jpg


その後、浦和は何とか凌ぎ、ゲームは1-1ドローで終了。

2試合合計3-3ながらもアウェイゴールの差で浦和が見事ベスト4に進出です❗️↓

20190917215500513.jpg


20190917215457d25.jpg


結果的にフッキがいないことに助けらたかも…



さぁ、明日は鹿島VS.広州恒大。

明日は仕事が休みなので鹿島を応援しに行くぞ‼️

そして、準決勝は日本勢対決の実現を願う❗️

  1. 2019/09/17(火) 22:15:31|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. ジュビロ磐田 2019.9.14

今日は等々力。↓


201909142124504ca.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


20190914212131c6b.jpg


2019091421212732b.jpg


2019091421212750a.jpg


2019091421212394e.jpg


20190914212122713.jpg


今日も川崎のベンチメンバーは豪華。

憲剛、家長、レアンドロダミアン、田中碧、チョンソンリョン、登里。

代わりの先発陣も躍動。

磐田は最下位というだけあり、全体的にクオリティが低い。


川崎は選手の動き出し、距離感、ポジショニングが絶妙なのでパスが繋がるし、たとえカットされたにしてもセカンドボールも高確率で回収。

そんな厚みのある攻撃を仕掛け続けた結果、前半22分に脇坂、35分に山村が決め2-0で後半へ。↓



2019091421212032f.jpg


20190914212119f7d.jpg


20190914212133ef5.jpg



後半は開き直って攻勢に出た磐田の前に川崎はやや守備的になりながらも、要所を締めて、ゲームはそのまま2-0川崎勝利で終了。

やはり、上位陣のプレーは見ていて楽しい。

FC東京、鹿島、横浜、川崎。

この4チームの中ではFC東京がちょっと調子を落としている感じです。


リーグ戦はあと8試合。またも混戦の様相を呈して来ました❗️



  1. 2019/09/14(土) 21:43:52|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和レッズ VS. セレッソ大阪 2019.9.13

来週の火曜日にホームでACLを控えている浦和。

その為、リーグ戦は金曜日開催。↓



201909132208090f2.jpg



今日の観衆は平日であることと、最近の浦和の不甲斐ない戦いぶりと相まって22600人。↓



20190913220821c28.jpg


20190913220822bfb.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


20190913220807919.jpg


2019091322080600a.jpg


20190913220819621.jpg


2019091322081827c.jpg


序盤は堅い展開。

セレッソは最近の好調が継続。

ラインコントロールが絶妙で浦和に付け入る隙を与えない。

ロティーナサッカーの真骨頂。

まずは守備から。守備戦術の浸透が伺える。

前半は両者決め手を欠きスコアレスで後半へ。


後半、ゲームはいきなり動く。


2分にセレッソがカウンターから最後は松田陸がゴールを決め先制。↓



20190913220816b58.jpg


20190913220815ed7.jpg


浦和は汰木に代え荻原を投入。

15分にその荻原のポスト直撃のシュートの跳ね返りを興梠が押し込み同点。↓



20190913220813dac.jpg



ゲームは俄然面白くなるが、やはり今シーズンの浦和は攻撃の仕掛け、崩し、コンビネーションがイマイチで攻めあぐねる。



すると、ゲームはオープンな展開に。

セレッソの勢いを止めるべく浦和の阿部が2枚目のイエローで退場。


これで浦和のバランスが崩れたところをセレッソは見逃さず、39分に田中亜土夢が価千金の決勝ゴール。↓



2019091322081261e.jpg


20190913220810412.jpg



ゲームはそのまま2-1セレッソ勝利で終了。

細かいディテールまで突き詰めるロティーナ監督のいい仕事ぶりが垣間見えたゲームでした。


  1. 2019/09/13(金) 22:34:59|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリンピックチケット当選‼️

一昨日発表の敗者復活戦。

見事、第一希望の女子サッカー準決勝が当選しました❗️

👏👏👏👏👏

男子サッカーは札幌会場と仙台会場のみしか募集が無かったので女子サッカー準決勝で満足満足。↓


20190913214041eb7.jpg


チケットはいいお値段で21000円。


何とかなでしこには頑張ってもらって、日産スタジアムでの準決勝に進んでもらいたい❗️

仮に第二希望の陸上が当選してたらお値段67500円。

それはそれである意味びっくりしてたでしょう。



周りは今回もハズレている人多数。



一生に一度のオリンピック生観戦のチャンス。

これで、最悪一つはオリンピック観戦出来ます❗️

オリンピック観戦難民からの脱却。


今後の募集で何かしらもう少し見たい❗️

  1. 2019/09/13(金) 21:54:22|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC東京 VS. ガンバ大阪 2019.9.8

今日はルヴァンカップ準々決勝2ndレグ。

味スタが使えないので、NACK5スタジアムにやって来ました。↓


20190908185616dae.jpg


さらに、本日は夜に台風接近ということで、18時キックオフを16時30分キックオフに前倒し。

なので、まだ暑い。

それにしても、NACK5はピッチが近くて最高。

バックスタンド上段でも前から10列目でこの眺め。↓


20190908185613058.jpg



それでは、選手入場キックオフ。↓


20190908185610d99.jpg


201909081856294fc.jpg


20190908185628f10.jpg


20190908185627eb8.jpg


2019090818562554e.jpg



初戦をアウェイで0-1で落とした東京は無失点で凌ぎ、2-0で勝ちたいところ。

とにかく得点が必要な東京は序盤から攻勢に出る。

永井、橋本が代表で不在もディエゴ・オリベイラは健在。


前半20分、裏に出たイーブンのボールに一度はガンバDFが身体を入れボールをキープしたかに見えたが持ち前のフィジカルでディエゴ・オリベイラが吹き飛ばし、ボールを奪いGKとの一対一を股下シュートで先制。↓



20190908185622ca7.jpg

20190908185623e2b.jpg


201909081856208f0.jpg


20190908185619d89.jpg


これで、2戦合計でイーブン。


後半へ。


今日は雨が降ったり止んだり。

図った様に、ハーフタイムに豪雨。

後半開始にピタリと止み、虹が出ました。↓



20190908185617a4c.jpg




後半も勢いに乗る東京が優勢。


22分に途中出場の田川が決め2-0。↓



20190908185614f91.jpg


201909081856119b4.jpg


その後、東京はディエゴ・オリベイラを下げ逃げ切りを図るが、31分にパトリックがヘディングシュートを決め、2戦合計2-2ながらもアウェイゴールの差でガンバがゲームをひっくり返す。↓



201909081856323cc.jpg


その後はガンバが逃げ切り、東京はここで敗退。

ホーム&アウェイのトーナメントはスリリングな展開になるので面白いです❗️

  1. 2019/09/08(日) 19:25:17|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本代表 VS. パラグアイ代表 2019.9.5

今日はキリンチャレンジカップ。

鹿島にやって来ました。↓



20190905220713367.jpg


20190905220718100.jpg



アディダスのグッズ売店が全品50%オフだったので、マフラーとリストバンドを購入。それぞれ1200円と750円。↓



201909052207207c7.jpg


20190905220707471.jpg


20190905220710ba1.jpg


今日のスタグルも鹿島ということでもつ煮込み。↓


201909052207162ee.jpg



今日のお目当ては勿論、久保健英。↓


20190905220701bfb.jpg



鹿島と言うことで、大迫と柴崎に特別大きな声援がありました。↓


20190905220704d8f.jpg


201909052207004c5.jpg


久保くんはベンチスタート。↓


201909052207227fa.jpg



今日の観衆は平日の鹿島ということもあり、3万人に届かず。空席も目立つ。↓



20190905220709183.jpg


201909052207063bf.jpg


暗転の演出から選手入場、キックオフ。↓


2019090522072184f.jpg


201909052207158ee.jpg


20190905220712f0a.jpg


20190905220703fd9.jpg


20190905220659142.jpg


2019090522065741f.jpg



序盤から、日本優勢。

コンビネーション、選手の距離感ともにいい感じ。



いくつか惜しいチャンスを外しながらも、23分、長友からのグラウンダーのクロスに大迫がダイレクトで合わせGKのニアに打ち込み先制。↓



20190905220853d64.jpg


20190905220850604.jpg


その後もイケイケの日本は、今度は右サイドに出たボールに酒井が折り返し待ち構えていた南野が合わせ2-0。↓



20190905220849c97.jpg


201909052208489e1.jpg


20190905220846096.jpg


完全に日本ペースで前半終了。


後半スタートから久保くん投入。↓


20190905220844c6e.jpg




見せ場は、自分が倒されて得たFKを自ら蹴り。↓

201909052208438eb.jpg




惜しくも、GKに阻まれる。↓


20190905220841851.jpg



ゲームはその後、惜しいシーンはありながらもスコアは動かず2-0日本の勝利で終了。


2次予選前の調整としてはまずまずの結果でした。

でも2次予選はどのチームも格下だから自陣にへばりついてゴール前を固めて来るから今日の試合とは別モンでやり辛いんだよなぁ~


201909052208526a2.jpg


20190905220840d79.jpg


201909052208372e2.jpg


2019090522083872c.jpg




  1. 2019/09/05(木) 22:58:09|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎フロンターレ VS. 名古屋グランパス 2019.9.4

今日はルヴァンカップ準々決勝1stレグ。

等々力にやって来ました。↓


201909042117453d5.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


20190904211743ce1.jpg


20190904211741910.jpg


201909042117406b7.jpg


2019090421175051b.jpg

選手層の厚い川崎はリーグ戦から半分くらい入れ替え。

川崎は知念など久々の先発出場となった選手たちが奮起。


序盤から名古屋を圧倒。

名古屋の最終ラインはかなり高めの設定のため、川崎に面白い様に、裏を取られピンチの連続。

川崎の決定力不足もあったが、15分、知念の裏抜けにドンピシャなパスが通り先制ゴール。↓



20190904211749d73.jpg


20190904211748797.jpg


劣勢の名古屋は31分に温存していたジョーを早くも投入。

これで少し息を吹き返し後半へ。


後半は一転して名古屋が押し込む展開となったが、16分に川崎の電光石火のカウンターが炸裂。

レアンドロ・ダミアンが持ち込み、最後は脇坂が決め2-0。↓


20190904211746389.jpg


その後は川崎が上手くゲームをコントロール。

アウェイゴールを奪われることなく、ゲームをそのまま終わらせる。


控え中心 ながら、久々に川崎のスッキリした勝ちゲームが見れました。

対する名古屋はどうも守備に難があるようで、最近のゲームでは失点が多いのも納得。

シミッチとエドゥアルドネットのダブルボランチはボールを配給するのは得意だが、ボール奪取やスペースを埋めたり、最終ラインとの連携などあまり機能していないようでした。

米本が怪我から復帰すればバランスが取れそうです❗️

  1. 2019/09/04(水) 21:38:23|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湘南ベルマーレ VS. 浦和レッズ 2019.9.1

早いもので今日から9月。
サッカー観戦数も順調に伸び8月末で89試合。

何とか今月中に100試合到達したいところ❗️

今日は湘南BMWスタジアムです。↓


2019090121173396e.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓



20190901211731bb4.jpg


2019090121173096b.jpg


20190901211728375.jpg


20190901212510b36.jpg

20190901211726078.jpg


前半2分、ゲームはいきなり動く。
武藤がサイドに開きながら裏に抜け出しボールを呼び込み、中央に走り込んだ興梠にグラウンダーでドンピシャの折り返し。

興梠はちょこんとボールに触れて角度を変えただけの先制ゴール。↓



20190901211725da5.jpg


20190901211723fc8.jpg



今日のレッズは久々に面白く楽しいサッカーを見せてくれるのか⁉️



しかし、その後はいつものレッズ。


相手のハイプレスにボールを上手く繋げず、どちらかというと湘南の方が優勢。

ただ湘南とて、浦和を脅かす程の切れ味はない。


浦和1点リードで後半へ。

後半も浦和はのらりくらりでピリッとしない。
攻撃のオートマチズムは皆無。

行き当たりばったり感が半端ない。


そんな感じなのでサッカーの神様は浦和に微笑まず。
後半45分、土壇場で浦和はPKをとられる。

蹴るのは梅崎。↓

201909012117228a8.jpg


201909012117217f4.jpg


見事決め同点。↓

20190901211734eaa.jpg


まぁ、Jリーグの10位(湘南)、11位(浦和)対決という様に、内容の薄いゲームでした。

  1. 2019/09/01(日) 21:24:58|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0