サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

FC東京 VS. 鹿島アントラーズ 2019.4.14

今日もJ1の上位対決。味スタにやって来ました。↓


20190414162031b6f.jpg



今日のお目当ては、今夏18歳を機にバルセロナに戻るのではないかと噂される久保健英。↓


201904141620319ff.jpg


この味スタで勇姿が見られるのもあと数試合だけかも…

今日の観衆は好カードだけあり38400人。良く入りました。↓



20190414162031fd9.jpg


20190414162031004.jpg


20190414162125efd.jpg


201904141620315f8.jpg



それでは、選手入場キックオフ。↓



20190414162031237.jpg


20190414162125153.jpg


20190414162125d36.jpg


20190414162125610.jpg


遂にFC東京の完成形を見たり❗


序盤からFC東京の連動性が半端ない。

全員が全員の動き出しを把握しているかのように、殆どが、ワンタッチ、ツータッチでボールが動き、相手ゴール前に襲いかかる。

鹿島は為すすべ無し。


早速の前半5分、サイドを揺さぶり、永井がドンピシャヘッドで早くも先制。↓



201904141621251a4.jpg


20190414162125ce6.jpg



20190414162221470.jpg



1点を奪い返さないといけなくなった鹿島に対して、東京は尚も攻撃の手を緩めず16分にはスルーに抜け出したディエゴオリヴェイラがGKとの一対一を冷静に決め2-0。↓




2019041416222195d.jpg


201904141622213ba.jpg


今日の東京はいつもと違う。完璧過ぎる立ち上がり。

更に29分、後ろから鹿島DFラインにふらっと上がったボールに対して、ディエゴオリヴェイラがクレバーな駆け引きからDFを交わし独走。
またもやGKとの一対一を制し3-0。↓



201904141622214e8.jpg


2019041416222189e.jpg


201904141622213f4.jpg


スタジアムのボルテージは最高潮。
鹿島相手に前半で大量リード。こんなこと本当にあっていいのという感じ。

東京はやや出来すぎの感もありながら3-0で後半へ。


後半は鹿島が攻勢をかけ10分にレオシルバが反撃の狼煙を上げるゴールで1点を返すが、その後はGK林を中心とした東京のDF陣は崩れること無くゲームを終わらせ。3-1の完勝劇でした。



2019041416223771d.jpg




名古屋もいいけど、今日のゲームを見たらFC東京の方が強いと感じさせるゲームでした。

  1. 2019/04/14(日) 17:01:09|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川崎フロンターレ VS. 湘南ベルマーレ2019.4.19 | ホーム | 横浜Fマリノス VS. 名古屋グランパス 2019.4.13>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0923tpl.blog.fc2.com/tb.php/1078-b3642acc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)