サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

川崎フロンターレ VS. 名古屋グランパス 2019.5.17

フライデーナイトJリーグ。
等々力にやって来ました。↓


20190517211903ebe.jpg


上位対決だけあり、チケットは平日開催でも前売で完売。
今日の観衆は24800人。

それでは、選手入場キックオフ。↓


20190517211903fe3.jpg


201905172119030d7.jpg


201905172119033ed.jpg


20190517211903159.jpg


20190517211903920.jpg



名古屋強い❗️


高い位置から川崎ボールホルダーに猛プレス。
DFラインも非常に高く設定しており全体がコンパクト。

川崎に時間と余裕を与えず、ポゼッションでは名古屋が優位。

名古屋は川崎相手でも堂々のパスサッカーを繰り広げ、ロングボールが飛び交うはずもなく、両者ほぼ地面を這うグラウンダーの応酬。

名古屋の組織的な動きが素晴らしく、とにかく攻守の切り替えが速い。

球際も激しく、ジョーのポストプレーも相変わらず脅威。
今の名古屋がACLに出てたら強いだろうなぁ~などと思いながら見ていると、前半終了間際にジョーの落としからマテウスがゴール右角に決め先制。↓



20190517212005c0e.jpg


20190517212005e55.jpg


201905172120058d0.jpg


スコア通り、名古屋優位で前半終了。


後半は川崎が前がかり攻めるしかなく、逆にカウンターからピンチも数度。

後半10分にいつもより早くレアンドロダミアンを投入。
その後、斎藤学も投入して巻き返しを図る。。

控えの選手層は川崎の方が厚く、徐々に川崎ペースに。

すると、24分、レアンドロダミアンが右サイドから右足を振り抜きボールはニアサイドへ。

名古屋GKランゲラックの手を弾きボールはゴールネットに吸い込まれる❗️

鬼木監督の采配ズバリ、1-1の同点に。↓


20190517212005094.jpg


201905172120059b6.jpg


20190517212034b95.jpg


20190517212034106.jpg



スタジアムは大盛り上がり。

その後はホームの川崎がイケイケ模様。

しかし、終盤、殊勲のレアンドロダミアンが足を痛め、蚊帳の外。
交代は3枚使いきっていたので、川崎は途端に劣勢。


しかし、その後は両者決め手を欠き、ゲームは1-1両者痛み分けのドローで終了。

監督同士の師弟対決でもあったこのゲーム。
意地と意地とのぶつかり合い。

死闘と呼ぶに相応しいゲームでもあり今シーズンのベストと言っても過言ではなハイレベルな試合でした。

レアンドロダミアンの故障がなかったらもっと面白かったかも知れません。


それにしても、名古屋はモダンでいいサッカーをしてます❗️





  1. 2019/05/17(金) 21:56:42|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<横浜Fマリノス VS. ヴィッセル神戸 2019.5.18 | ホーム | FC東京 VS. ジュビロ磐田 2019.5.12>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0923tpl.blog.fc2.com/tb.php/1103-27869b84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)