サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

日本代表 VS. トリニダードトバゴ代表

久保建英の代表初ゴールが見たくて急遽、名古屋遠征を決行。

昨年の11月に引き続き、豊田スタジアムに2回目の来訪↓


20190606060313d50.jpg


2019060606025555a.jpg


20190606060255ba8.jpg


20190605235635bf1.jpg



いいスタジアムです。


選手バスが到着後すぐに、なぜか3人だけピッチチェック。↓


201906060602554c9.jpg


2019060606025529f.jpg




選手のアップが始まります。↓



20190606060255ddc.jpg



残念ながら、久保くんはスタメンどころか、ベンチ入りすらせず。

無念じゃ‼️



そうなると、期待の星はやっぱり。↓

2019060606014692b.jpg

背番号10番問題は悩ましい。
今回10番の香川はベンチスタート。



暗転の演出から選手入場、キックオフ。↓



201906060601462dd.jpg


201906060605372eb.jpg




20190606060146b37.jpg



20190606060146e30.jpg


2019060606004811b.jpg


20190606060048102.jpg


20190606060048a8e.jpg


2019060606004874f.jpg


20190606060048c2e.jpg



あっVIP席に吉田麻也↓



2019060606014686b.jpg




と思ったら、メンバー外の川島、岡崎、中山、そして久保くんも皆いました。↓


20190606060146e91.jpg



まず驚いたのが森保ジャパン初の3バック。
CBを1人増やした影響でトップ下の南野が弾き出された格好。

格下のトリニダードトバゴ相手にトライする意味があったか甚だ疑問。今は攻撃陣のコンビネーションを熟成してもらいたかった。

まぁそんなこと言ってても、格下との親善試合が多いのでしょうがないか。


前線の枚数が1枚足りないので、攻撃のタクトを振るう柴崎もやりづらそう。

あと、長友と酒井宏樹がいつもより高い位置にいるので、ただでさえ中に切れ込むのが好きなサイドの中島翔哉と堂安が中にいることも多く、効果的なサイド攻撃が仕掛けられない。


対する、トリニダードトバゴは引いて守って、真ん中をガッチリ固めカウンター狙い。引き分けで御の字の弱者の戦い方。

日本はアジアの格下との対戦と同じく、守備を固められ、ボールを持たされるだけの退屈サッカー。

もう少し、サイドで数的有利を作って、相手の守備を拡げて、ボランチからの楔で局面を打開するプレーが欲しかった。

柴崎とコンビを組む守田は潰し屋タイプなので、今日みたいな引いて守る格下相手には勇気を持った縦パスが入れられる同じ川崎フロンターレの大島とかがいたら面白かった。

いない人を言ってもしょうがないので、タイプは違うが、目下絶好調のFC東京を支える橋本でも面白かった。


と言うわけで、コンビネーションで崩すプレーが少なく、やや強引な個人技からのシュートが多かった。

早い時間に先取点を取れると一方的なゲーム展開になったかも知れませんが。
前半をスコアレスで折り返し、相手も乗ってきて、時間稼ぎを織り混ぜて来るといよいよ日本代表は厳しい風向き。

交代カードを切って、打開を試みたもののゲームは動かず0-0で終了。

親善試合なので勝利より3バックの実験を優先させたゲームでした。

お金を出して見に来た立場からすれば、もう少し、練習でコンビネーションを研いてから披露してもらいたかった。

まぁ、集まれる時間も限られてる代表なのでこれも致し方無いと受け入れよう❗️


そんな、ショボイ試合も最高のスタジアムとゴール裏の最低ランクの自由席ながら早く並んでいい席で観戦出来たので


やっぱり来て良かった名古屋遠征でした。


20190606060048b3f.jpg




  1. 2019/06/06(木) 08:06:52|
  2. 日本代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京武蔵野シティFC VS. 松江シティFC | ホーム | 名古屋遠征 2019夏 2019.6.5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0923tpl.blog.fc2.com/tb.php/1116-bd069937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)