サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

川崎フロンターレ VS. チェルシー 2019.7.19

Jリーグワールドチャレンジ2019。

日産スタジアムにやって来ました。↓



20190719213036f9f.jpg


ヨーロッパのチームは休み明けの試運転状態。
いつもならチケットが高いだけの親善試合はスルーしていたのですが、アザール見たさにカテゴリー3のバックスタンド前から16列目。前売6000円を費やし観戦することにしました。



でも、アザールは前売購入後にレアルに移籍してしまった😵💧。久保くんと一緒に練習してます


いっそのこと、レアルがアメリカツアーではなく日本に来て欲しかった❗️

ということで、今日は川崎を応援することにしよう‼️


一応、チェルシーで好きな選手は元バルサのペドロ。↓

20190719213026345.jpg


今日の観衆は61400人。良く入りました。↓


2019071921303581a.jpg


それはそうと、4日後のバルサVS.チェルシーは異常にチケットが高いので客の入りはどうなんだろう?
まだかなりチケットが余ってるみたいだし。


それでは選手入場キックオフ。↓

2019071921303198b.jpg


201907192130293a8.jpg


ペドロに注目。↓

20190719213033426.jpg


でも、一番の有名人は監督に就任したばかりのランパード。↓


20190719213038387.jpg

やっぱ、本物はスケールが違う。

シーズン真っ只中の川崎が休みボケのチェルシーを慌てさせるかと思いきや、川崎のショートパス攻撃をいとも簡単に分断。球際も強い。

ポゼッションでもチェルシー優位。
川崎相手にポゼッションを上回るのはJリーグではなかなかお目にかかれない。貴重。

川崎は10メートルくらいのパスばかりなので徐々に間を詰められ、攻撃が手詰まり。

一方、チェルシーは30メートルくらいのパスが多く、スピードも早く正確。更に受け手のトラップも上手い。

コレコレ、チャンピオンズリーグで良くみるパススピード

サイドチェンジも上手い。

言うなれば、狭い所でちょこまかパスを繋いでるだけであまり生産性が上がらない川崎に対して、ダイナミックな攻撃を仕掛けるのがチェルシー。

前半はスコアレスながら、休み明けでも大物の片鱗を見せたチェルシー優勢で終了。


後半は開始からメンバーチェンジが頻繁に行われ完全に親善試合ムード。両チームとも怪我でもしたら本末転倒とばかり、クラブワールドカップの鹿島VS.レアルみたいな真剣勝負と比べようもないまったりムード。

家でテレビ観戦でもしとけばと後悔。

ジルーも登場しましたが、本調子には程遠い感じ。↓

20190719213039351.jpg


そんな雰囲気をガラリと変えたのが


ミスターフロンターレ、中村憲剛❗️


残り時間が10分を切った所で、大声援に迎えられ交代出場。


すると、ゲームがしまり意表をつくパスなども。

極めつけは85分、混戦からファーサイドにいるレアンドロダミアンにふわりと優しいクロス。

それをレアンドロダミアンがヘッドで叩きつけ価千金のゴール。↓


20190719213044600.jpg


20190719213045668.jpg


これで勝負あり。

本気になったチェルシーも追い付くための時間が足りず試合終了。

やっぱ憲剛だなと思ったゲームでした


今日はチェルシーではなく中村憲剛に6000円を払った❗️
と納得して家路につく。





  1. 2019/07/19(金) 22:09:38|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<順天堂大学 VS. 法政大学 2019.7.20 | ホーム | FC東京 VS. 川崎フロンターレ 2019.7.14>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0923tpl.blog.fc2.com/tb.php/1140-3fb2658e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)