サッカー観戦ジャンキー

tpl footballのブログです

浦和レッズ VS. 鹿島アントラーズ 2019.7.31

ACLの影響でリーグ戦の消化が1試合少なかったのでミッドウィーク開催。

埼スタにやって来ました。↓

201907312204505fb.jpg


今日の観衆は鹿島戦ということもあり、平日にも関わらず37300人。↓


2019073122045824b.jpg


201907312204550b2.jpg


2019073122045632c.jpg


それでは、選手入場キックオフ。↓


20190731220459629.jpg


201907312204460c0.jpg


20190731220443bf8.jpg

浦和は監督交代から上向き傾向。

対する鹿島は首位を伺う勢いで目下、絶好調。


序盤はホームの浦和が優勢。

ドイツで芽が出ず、ベルギーを経由して今夏浦和に戻って来た関根が効いてる。

水を得た魚のごとく、スイスイとサイドを切り裂き、浦和の攻撃の起点となり、鹿島守備陣を翻弄。

それでも、浦和の決定力不足もあり前半はスコアレスで折り返す。


後半も浦和優勢、鹿島はしぶとく守るという構図が変わらないまま時計の針が進むが、後半25分を過ぎた辺りから、鹿島が一転して攻勢に出て、32分に伊藤翔が均衡を破るヘディングシュートを決め、浦和から1点をもぎ取る。↓


20190731220444062.jpg


こうなると焦る浦和。
試合巧者の鹿島はゆっくり時間を使い、ゲームを殺しにくる。

しかし、43分、浦和はクロスに興梠が反応してヘッドで同点ゴールを決める。↓


20190731220449f1a.jpg


20190731220448b98.jpg


20190731220453c23.jpg


その後、法政大学を退部して、1年前倒しで鹿島に加入した日本代表の大学3年生、上田綺世がJ初出場。↓

20190731220452867.jpg



しかし、その後ゲームは動かず1-1ドローで終了。

両者、勝ち点3を目指して攻め合った結果の引き分けなので、非常に面白いゲームでした。‼️



  1. 2019/07/31(水) 22:28:51|
  2. Jリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FC東京 VS. セレッソ大阪 2019.8.3 | ホーム | 日テレベレーザ VS. 浦和レッズレディース 2019.7.28>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0923tpl.blog.fc2.com/tb.php/1147-dc1db5a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)